2019年04月16日公開

2019年06月11日更新

感性が豊かな人の特徴は?豊かな感性をを磨く6つの方法も紹介

感性が豊かというと芸術家を想像するかもしれません。才能が豊かで繊細な人というイメージもあり、感性が豊かな人に憧れることも多いでしょう。感性は生まれつきのものではなく、養うこともできます。感性が豊かな人の特徴や感性を磨く方法について見ていきましょう。

感性を養って素敵になりたいあなたへ

感性が豊かな人は人の気持ちの変化を敏感に察したり、人が気付かないようなわずかな変化に気づくことができます。また、人の気持ちを理解して、親身に相談に乗る優しい人が多いです。 感性というと生まれつきの能力のようにも思えますが、実際は習慣による影響が大きいです。色々な方法を実行することで感性を養うことができます。感性の意味や感性が豊かな人の特徴、感性を養う方法についてご紹介します。

感性の意味とは?感性が豊かな人ってどんな人?

感性とはどういう意味でしょうか?感性が豊かと言われる人は、感情が豊かで物事を感覚で捉えるようなイメージがあるかもしれません。 しかし、感性の意味は漠然としていて、具体的にはわからないのではないでしょうか?感性の意味や感性が豊かな人についてご紹介します。

感性は外からの情報を受け取る能力のこと

辞書を引くと、感性の意味は外界の刺激に対する感受性などと書かれています。単純に行ってしまえば、感性は、自分の外からの情報を感じ取る能力です。古代から、人間は五感で情報を感じ取ると考えられていました。 現在は、感覚はもっと細かく分けられると考えられていますが、感性は五感の鋭さとも深い関係があります。

感性が豊かな人は情報を受け取る能力の高い人

感性が豊かな人は、五感が鋭く外からの情報を受け取る能力が高いです。しかし、それだけではありません。外からの情報に感動して涙を流したりすることも、感性が豊かと言われます。 感性は情報を受け取る能力だけでなく、その情報に対して心が反応する能力でもあります。感性が豊かな人は、感覚が鋭く感情が豊かな人と言えます。

感性が豊かな人の特徴

感性が豊かな人は、受け取る情報量が多いです。そのため、色々なことに気づいたり、非常に感情豊かだったりと様々な特徴があります。感性が豊かな人の特徴についてまとめてみました。

幅広いものの見方ができる

感性が豊かな人は、物事を様々な角度から多面的に見ることができます。物事を一面的にしか見ることができなかったり、自分以外の考えを受け入れることができない人は多いです。これは、受け取る情報が少ないから、それ以外のことに気づかないためとも言えます。 感性が豊かな人は、普段から人よりも多くの刺激を受け取っています。そのため、受け取る情報量も多く、人が気づかないようなことに理解することもできます。その分、様々な角度から物事を見ることができるようになるのです。

人が何を考えてるか見抜ける

感性が豊かな人は、人のが何を考えているか見抜くのが得意です。感性が豊かな人は細かなことに気づくため、その人の変化に気づいています。その分、人の感情の変化にもかなり敏感です。 ちょっとしたしぐさで、その人が何を考えているか見抜いてしまうこともあります。もちろん、嘘をついているかどうかにも敏感です。

人の気持ちに共感する

感性が豊かだと人の気持ちに共感しやすいです。相手が何を考えているのか理解できるだけでなく、自然と相手の気持ちに共感してしまうのも感受性が鋭い人の特徴です。相手が悲しいそうにしているのを見ているだけで、自分もその気持ちに同調してしまいます。 また、人の話を聞いていると自分がその人になったように感じて、その人の気持ちになりきってしまうことも珍しくありません。

感情移入しやすい

感性が豊かな人は、感情移入しやすいです。共感しやすいということは、感情移入しやすいことでもあります。感動的な映画などを見ていると、すぐに泣いてしまいます。人間や生き物だけでなく、物にも簡単に感情移入してしまう人が多いです。 そのため、物を大事にする人が多いですが、物を生き物のように感じてしまう人も少なくありません。

感動することが多い

感性が強いと感動しやすいです。感情移入しやすいことと関係ありますが、感性が豊かな人はすぐに感動して涙を流します。感性が豊かな人は、普通の人間よりも多くの情報を受け取っています。 同じものを見ても、普通の人よりも色が鮮やかに見えていたり、音を豊かに感じていたりします。感性が豊かな人は単純に感激しやすいわけではなく、世界がドラマチックに感じられるのです。

傷つきやすい

感性が豊かな人は傷つきやすいです。感性が鋭いと、色々な情報を人よりも多く受け取ります。その分、不愉快な刺激に対しても、普通よりも強く反応してしまいます。人のことでも自分のことのように感じるので、人が傷つくのを見ると自分も傷ついてしまいます。 また、人間が不愉快に感じる強い光や音、臭いなどに対してもより強く反応するためダメージを受けやすいです。

愛情深い

感性が豊かだと愛情が深く優しい人が多いです。感性が豊かな人は気持ちの変化に敏感なだけでなく、自然に相手の気持ちに共感してしまいます。そのため、相手の立場や気持ちになって考えることができます。 本心から、相手のことを考えるのが当たり前になるので、自然と愛情深く優しい人が多くなるのです。

人から信頼を得やすい

感性が豊かなだと人から信頼を得やすくなります。感性が豊かな人は相手の気持ちに共感しやすく、相談されると真剣に話を聞きます。一緒に泣いたり、笑ったりすることで自然と相手の気持ちを掴むことができます。 相手の考えを感じ取り性格も理解できるので、当たり前に気遣いができるようになります。そのため、人から信頼されやすいのです。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手

感性が豊な人は、自分の気持ちを言葉にするのが苦手なことが多いです。感性が豊かだと、五感から多くの情報を受け取ります。五感で得る情報は感覚的なものですから、簡単に言葉にすることはできません。 更に、感性豊かな人は大量の刺激を受けやすい分、混乱しやすいのです。言葉にするのが難しい感覚的な情報を大量に受け取るため、感性が豊かな人は自分の気持ちを言葉にするのが苦手になりやすいのです。 ただ、感性が豊かな人が必ず自分の感情を言葉にするのが、苦手なわけではありません。感性が豊かな人は非常に多くのことを感じています。その分、自分の感情を言葉にする努力をして、非常に豊かな表現力を身につける人もいます。

人が不快感を感じている理由を見抜ける

感性が鋭いと人が不快感を感じる理由を簡単に見抜けることがあります。人間は、わずかな変化で不快感を感じることがあります。しかし、本人は何故不快感を感じるのか、その理由に気づけないことも珍しくありません。 例えば、照明の光が不快なのに、そのことに気づけないのです。しかし、感性が鋭い人は、ちょっとした変化に敏感な分不快感を感じやすいですが、原因にも敏感です。人が不快感を感じていると、そのことに本人より早く気付くことはよくあります。

好奇心旺盛

感性が豊かな人は好奇心旺盛です。感性が豊かな人は多くのことに気づく分、普通は気づかない魅力に気づくことも多いです。その分、色々なこと興味を持つことができます。常に新しいことに興味を持っているので、周りからは飽き性と思われる場合もあります。

イマジネーションが豊か

感性が豊かな人はイマジネーションも豊かです。1つのことを見ても色々な考えやアイディアが浮かぶことも多く、空想癖がある場合もあります。突然、意味の分からないことを言い出すこともあるので、周囲からは何を考えているのか分からない人と思われることもあります。 その分、独創的なアイディアなどを思いつくこともあるので、うまく能力を活かすことができれば只者ではないと思われる人もいます。

芸術的センスを持っている人が多い

感性が豊かな人は芸術的センスに恵まれている人が多いです。感性が豊かな人は物の感じ方が独特で、思ったことをそのまま表現しようとします。そのため、表現の仕方も独創的で芸術的になりやすいです。 センスはその人独自のものなので、周囲から芸術的センスがあると評価されるかどうかはわかりません。しかし、感性が豊かな人の表現は、独特で芸術的な感じになることが多いです。

感性が豊かな人と乏しい人の違いは?

感性が豊かな人と乏しい人の違いは何でしょうか?感性が乏しい人はどんな人なのか、感性が豊かな人と乏しい人の違いはどこにあるのかについてまとめてみました。

感性が乏しい人はどんな人?

感性が乏しい人はあまり感情を表に出すことがなく、自分の意見を言うことも少ないです。色々な変化にも鈍感で、ほとんど気付かないような人たちと言えます。感性が乏しい人は、外からの刺激から情報を受け取らず、反応自体も鈍いです。 一言で言ってしまえば、感性が豊かな人と正反対の人ということになります。

感じたことを表現しないと感性は乏しくなる

感性が豊かな人は感情の起伏も豊かですが、感性が乏しい人は感情の起伏にも乏しいです。感性は自分の外側からの刺激を受け取る能力と言われていますが、実は外から感じた刺激に対して感じる感情が感性と言われています。 外からの刺激に対して、何も感じない人間はいません。しかし、その感情を抑制してしまうと、反応はどんどん鈍くなってしまうのです。つまり、感情と感性は根本的に同じもので、抑制することで乏しくなってしまいます。 感性が豊か人と乏しい人の違いは、感じたことを表に出すか抑制してしまうかの違いなのです。

感性が豊かだとこんなにも人生は変わる

感性が豊かなことは、自分の外の世界から多くの情報を受けることができます。もちろん、デメリットもありますが、感受性が豊かなことは人生そのものを豊かに変えることができるでしょう。感受性が豊かになることで、どんな変化が起きるのかご紹介します。

世界が変わる

感性が豊かな人になると、世界が変わったと感じるようになります。感受性が豊かだと人が気づかないことに気づくことができるようになるだけでなく、ちょっとしたことにも心を動かして感動することができるようになるのです。 感受性が鋭くなることは、世界の素晴らしさをより強く感じることができるようになります。ただし、苦しみや悲しみなどネガティブな部分も強く受け取ってしまうので、この点は注意が必要です。 感受性が鋭くなり今までよりも刺激を受けやすくなった分、自分を守るためにネガティブな刺激はある程度遮断することを考えましょう。

人間関係が豊かになる

感性が豊かになると豊かな人間関係を気づけるようになります。人の気持ちが良く理解できるようになることで、信頼されやすくなります。その分、友人とも深い関係を築けるでしょう。ただし、感性が豊かになると相手に共感する能力が高くなる分、相手の気持ちを考えてしまいがちです。 自分の言いたいことを言えなくなってしまったり、人と人の間で板挟みになるデメリットもあります。いくら、相手に共感しても自分の意見をきちんと持ち、それを口にできる言える強さを持つことを忘れないようにしましょう。

積極的になれる

感性が豊かになると積極的になれます。好奇心が旺盛になり、色々なことに興味が持てるようになるのです。その分、趣味を増やしたり知らない土地に出かけたりと、色々なことを積極的に楽しむことができます。 新しい人間関係を作ることもできるので、交友関係も広がるでしょう。

人間的に成長できる

感性が豊かになると、人間的に成長できるようになります。感性が豊かになると様々なことに気づくようになり、吸収できる情報量が増えます。これは、傷つきやすくなるデメリットもありますが、多くの学びを得ることでチャンスが広がります。 感性が豊かになったことで受ける情報をしっかり吸収することによって、人間的に成長していくことができるのです。

あなたは感性が豊か?診断してみよう

あなたが「感性が豊かな人」かどうかを判断するための質問を10問用意しました。全てYESかNOで答えられる内容になっています。YESが多いほど、感性が豊かだといえるでしょう。 1.好奇心は強い方ですか? 2.色や香りの微妙な違いに気づきますか? 3.些細な音に動揺することはありますか? 4.感動しやすい方ですか? 5.すぐに物語に感情移入できますか? 6.空想にふけることがありますか? 7.人が何を考えているのかなんとなくわかることがありますか? 8.近くにいる人の気持ちに左右されやすいですか? 9.悲しい映画を見るのは苦手ですか? 10.味や香りの強い料理は苦手ですか?

感性を磨くための8つの方法

感性が豊かかどうかは生まれつきの面もありますが、習慣による部分が非常に大きいです。感性を養う方法についてまとめてみました。これらの方法を行うことで、確実に感性を磨くことができます。

幅広い知識を持つ

感性を磨くためには、幅広い知識を持つようにしましょう。知識を増やすことでも人間は世界を広げ、様々な視点からものを見ることができるようになります。同じものを見たり聞いたりしても、知識が多いほど多くのことを感じることができるのです。 これは、受け取る情報量が増えることで、感性を磨くことそのものです。ただし、一つのジャンルの知識ばかり増やすのはいけません。1つのことに凝り固まると思考を硬直化させ、かえって感性を鈍らせてしまいます 感性を磨くためには、狭い範囲の知識を増やすのではいけません。全く関連性がないような幅広いジャンルの知識を増やすことで、感性は磨かれていくのです。

五感を鋭くする

感性を養うには、五感を鋭敏にすることが大切です。人間は日常生活で色々な刺激を感じていますが、なんとなく受け流して閉まっていることが多いです。そういった日常の刺激に気を配るだけでも、五感を鋭敏にすることはできます。それほど、難しく考える必要もありません。 料理をいつもよりも味わって食べるなど、五感から受け取る刺激に対して気を使うようにしましょう。もちろん、料理の匂いを楽しむことも大切です。他にも音楽を聞く場合は音の変化に敏感になって聞いたり、お風呂に入る際にお湯の感覚を楽しんでみましょう。 五感を感じる場面は、日常生活に満ち溢れています。日常の変化に気を配るだけでも、五感は鋭敏になり感性が磨かれていきます。ちょっとした変化に、感動を見出すことができるようになるかもしれません。

色彩感覚を鍛える

感性を養うには、色に興味を持ちましょう。視覚は五感の中でも、最も多くの情報を受け取る感覚と言われています。その視覚で受け取る情報の中でも、色は特に重要なものです。昔から、人生が楽しくなることを世界に色がついたと表現するように、色は人生の豊かさを表すために使われています。 あまり、色に興味を持ったことがないのなら、身の回りの色彩を意識するだけでもセンスを磨くことができます。自然の色を観察することは、色彩センスを養うには効果的です。 紅葉を見に行くのは、視覚以外の五感を養う意味でもおすすめです。

毎日新しい発見をする

感性を鋭くするためには、毎日新しい発見をすることが大切です。同じことばかりしていては、同じ刺激しか受けることはできません。当然、感性は鈍くなっていきます。意識的に、新しい発見するような生活を送ることが大切です。 普通に生活をしているだけでも、周囲では常に小さな変化が起こっています。毎日通る道に、小さな花が咲いているのを見つけるだけでもいいのです。そして、発見したらそのことを喜びましょう。 毎日、新しい発見をすることを意識して、感動体験を増やしていけば確実に感性は養われていきます。

新しいことを始める

感性を養うには新しいことを始めてみましょう。毎日の生活の中で新しい発見を見つけるだけでなく、今まで一度も経験がないことに挑戦してみましょう。新しい趣味を始めるのもいいですが、ごく簡単なことでいいのです。 今まで、一度も聞いたことのないジャンルの音楽や見たことがないジャンルの映画を見るなど、簡単なことでも感性を養う効果はあります。今までにない刺激が感性を鋭くすることができるのです。

感情を素直に表現する

感性を磨くには感情を素直に表現するようにしましょう。いくら、色々な刺激を受け取っても、そのことに対する反応を無視すると感性は鈍くなってしまいます。湧き上がる感情は表に出すことが大切です。 感動したり、悲しくなったら我慢しないで素直に泣くようにしましょう。感情を無理に抑え込んでしまうと、感性はどんどん鈍くなっていきます。怒りなどそのまま表に出さない方が良い感情は確かにあります。 しかし、喜びや悲しみなどを素直に表現しないと、感性を養うことはできません。子供っぽいと思わずに自分気持ちに素直になることが大切です。

アウトプットする

感性を鋭くするには、アウトプットが大切です。感情を表に出すこととも関係ありますが、インプットが多くなってもアウトプットしないと感性を養うことはできません。新しいことに触れたり、知識を増やしたら自分なりの形でアウトプットしましょう。 新しい発見をしたら、そのことを改めて確認しながら自分の言葉で表現してみましょう。日記をつけてもいいですし、人に話すだけでも問題ありません。ただ、経験するだけでなく、自分で言葉で表現することを習慣にしましょう。 自分なりに表現することで、その経験はより深く自分のものなります。別に、言葉で表現することにこだわる必要はありません。音楽や絵など、言葉以外で表現しても感性を養うことができます。

自分の感性を肯定する

感性を豊かにするには、自分の感性を肯定しなければいけません。感性を豊かにするには、自分の感じたことをそのまま表に出す必要があります。しかし、自分の感じたことをそのまま出すには、抵抗があることがほとんどでしょう。 これは、自分が感じたことが間違っていたら嫌だという考えたり、人に馬鹿にされたらどうしようという考えているからです。誰かに、自分の感性を発表する必要はありません。まず、感じたことを少しずつ表に出すようにしましょう。 だんだんと、自分の感性を表現することに抵抗がなくなっていきます。自分の感性を肯定できれば、感性はますます磨かれていきます。

感性はどんどん豊かにできる

感性が豊かな人の特徴や感性を磨く方法についてまとめてみました。感性は抑制することによって、どんどん乏しくなっていきます。しかし、感性は感じたことを表に出すことで、どんどん鋭くすることも可能です。 感じたことをそのまま表に出さない方がいいこともあります。しかし、表に出すことで感性を養うことができ、人生を豊かにすることができるのです。感性を養って豊かな人生を楽しみましょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

kgrrf339

心理学の専門家ではありませんが、丁寧にリサーチして書いていきます。よろしくお願いいたします。...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事