2019年04月16日公開

2019年06月12日更新

気後れする人の特徴と心理的原因。気後れせずに生きる方法5つを紹介

人前に立つ時、新しいことを始める時、魅力的な人を前にした時…。気後れしてしまった経験は誰にでもあると思います。ではどのような時に人は気後れしてしまうのでしょうか?また、気後れしない方法はあるのでしょうか?考察していきたいと思います。

気後れする原因を理解しよう

「気後れする」とは何かをしようとする時に、うまくいくかどうかが不安だったり失敗するのが怖かったりして、なかなか行動できずにいる状態のことです。では気後れする時の特徴とは何でしょうか?また、気後れする原因はあるのでしょうか?見ていきましょう。

そもそも気後れの意味とは?

気後れとは、弱気になって尻込みすることをいいます。つまり、自信が持てなくて心がひるんでいる状態です。

気後れの使い方・例文

気後れの使い方として、例えば「大勢の人の前に出ると気後れしてうまく話せない」「デートに誘いたいけれど美人なので気後れしてしまう」などは、失敗するのが怖かったりできるかどうかが不安でいつものように振る舞えないということです。 また何かに挑戦したり何かを始めようとする時に怖気づいている人などに対して、周囲の人が「今のあなたなら気後れする必要ないよ」などと励ます時に使います。

気後れの類語

気後れの類語には「気が引ける、ひるむ、怖気づく、尻込みする、萎縮する、二の足を踏む、びくびくする、おどおどする」などがあります。

気後れする時ってどんな時?

気後れする場面というのは意外と多く、誰でも気後れした経験はあると思います。では実際に気後れする時とはどのような時なのか見ていきましょう。

経験不足の時

例えば普段あまり行かないような高級なレストランに行った時に、気後れしてしまったことはありませんか?気軽に入れるようなお店と違って店員さんやお客さんの服装がかしこまっていたり、テーブルマナーのあるお店に慣れていなかったら少し緊張すると思います。 また、人前で話す時なども同じです。大勢の人の前で話したことのある経験がないと、緊張してしまう人が多いのではないでしょうか。恋愛経験が少なくて異性との関わり方がわからない場合も、気後れして声をかけるのに勇気がいりますね。 いずれの場合も、経験することによってどうしたらいいのかがわかってくるので、必要以上に気後れすることもなくなってきます。しかしまだ経験不足で要領がわからない時に、人は気後れしてしまうことがあるのです。

自信がない時

うまくいくかどうか自信が持てなくて、消極的になっている時も気後れしている状態といえます。自分の実力や魅力、経験などに満足できていない時に引け目を感じてしまうのです。 例え周囲から十分に能力があるように見られていても、本人が自信を持っていなければ気後れしてしまうでしょう。自分より優れている相手やあまりに魅力的な異性を目の前にして、うまくいきそうにないと感じた時に意欲を失ってしまえば、気後れしている状態といえます。

苦手なことをする時

苦手だと感じていることをする時に、人は気後れしていまいます。うまくいかなかった過去の体験があったり、なかなか上達できないことがあると、それを苦手なものだと認識します。 するとそれをしようとする時に、テンションが下がってきたり緊張してきたりします。となれば、当然なかなか積極的に行動できません。気後れして萎縮してしまっているのです。

失敗するのが怖い時

気後れする時は、失敗する覚悟のない時です。「どうせできない」「苦手だから」「傷つくのが怖い」など、考えも後ろ向きで臆病になっているのです。 過去に失敗して落ち込んだ経験があれば、また失敗したらどうしようと不安になることもあると思います。実際には失敗は悪いことばかりではないのですが、恐怖に心がとらわれていると気後れしやすくなります。

気後れしやすい人の特徴

気後れしやすい人はどんな人なのでしょうか。誰でも新しいことを始める時や、初対面の人と会う時には多少不安になったり身構えたりするものです。 しかし必要以上に気後れしてしまってなかなか行動に移せなかったり、言いたいことも言えないようでは困ってしまいます。では気後れしやすい人の特徴を見ていきましょう。

人の目を気にしている

気後れしやすい人は、人からどう思われているかを気にしすぎている人が多いです。もちろん人間関係の中で相手の気持ちを考えることは大切です。しかしそれが過剰にマイナスに働くと、怖くなって逃げ腰になってしまうのです。 「できないと思われる」「下手だと思われる」「おもしろくないと思われる」など、人からこう思われているのではないかということは、実は同時に自分でも自分のことをそう思っていることでもあります。 自分の欠点だと思う所にばかり目が行き、自信を失っているから気後れしてしまうのです。

なかなか行動に移さない

気後れしやすい人は、先のことを考えすぎて結局なかなか行動できないということが多いです。何かいいアイディアが浮かんだりやりたいことが見つかっても、「失敗したらどうしよう」とか「うまくいかなくて笑われたらどうしよう」などと考え始めてしまいます。 行動に移すまでに時間がかかればかかるほど、良くない事態が色々思い浮かんでしまってますます怖気づいてしまうのです。そうなると、絶対に失敗しないと確信できるかもしくは失敗しても大丈夫だと安心できなければ気後れしてしまうでしょう。

失敗を引きずる

気後れする人は失敗を引きずる傾向があります。過去に失敗したことがあった時に落ち込んでしまったり、くよくよしてなかなか前向きになれなかったことはありませんか? うまくいかなかった時に残念に思うことはあっても、上手に回復することができればトラウマにはなりません。しかしそのまま混乱してしまったり、自信をなくしてしまったりなどすると、またそんな思いはしたくない!とつい二の足を踏んで気後れしやすくなります。

最初から諦めている

気後れしやすい人は、何かを始める前から「どうせダメだ」と諦めていることがあります。過去に何かうまくいかなかった経験があったり、その後にうまく立ち直れなかったことがあると、チャレンジしていくことが億劫になっていきます。 「恥をかきたくない」「傷つきたくない」などの思いが強くなって、いい未来が想像できずに最初から諦めてしまうのです。その結果、行動する前から腰が引けて気後れしてしまうのです。

人が気後れする心理的原因は?

人が気後れするのは、堂々とできずになかなか思い切った行動がとれないからだといえます。ではどのような時に自信を持って行動することができなくなってしまうのでしょうか。気後れする心理的な原因を見ていきましょう。

不安や緊張が強い

不安や緊張が強い人は気後れしやすくなります。苦手なことや経験の少ないことに取り組む時は誰でも不安になるものです。ですがあまりにも不安が強くなると、失敗するのではないかと気になり出して緊張してくるのです。 絶対に失敗してはいけないという完璧主義的な考え方だったり、人から拒絶されるのが何よりも怖いことだったりすると、行動を起こす前に緊張するのは当然です。結果、心がひるんで気後れしてしまうのです。 緊張しているといつも通りに実力を出すのが難しくなるので、思っていたような結果が得られません。そしてその結果がまた次のことをする時の不安に繋がるという悪循環が起こります。 こうして不安と緊張はセットで起こることが多く、どこかで克服できないと自信を持てずに気後れしやすい人になってしまうのです。

自分の悪いところを見せたくない

気後れする人は、自分のいいところばかりを見せて認められたいという意識があります。これは人より優位に立ちたいという見栄の表れです。 自分のダメな部分を認めることができていないので、人にそれを見られることは耐えられません。また、自分でもコンプレックスを感じてしまうような状況になりたくないと考えています。 なので自分より優れている相手を目の前にすると相手の雰囲気に圧倒されてしまったり、苦手なことに取り組む時に自信を持つことができずに気後れしてしまうのです。

自己評価が低い

気後れしやすい人に多いのが、自分に対しての評価が過剰に低いということです。客観的に見て素敵な人であっても本人は自分に魅力がないと感じていたり、充分な能力があるのに自分はまだまだダメだと思っていることがあります。 マイナス思考で、できている所やいい所があってもそこにはなかなか目がいかず、ダメな所ばかりに目が行くのでいつも自信が持てません。人と比較して「あの人はできるのに自分はダメだ」などと必要以上にくよくよ考えてしまう傾向にあり、気後れしやすくなります。 また、「どうせダメなんじゃないか」などと最初から悪い思い込みをしていることも多いです。なので新しいことに挑戦する時に勇気が出なかったり、自分よりも魅力があるように見える人を前にするとびくびくして気後れしてしまうのです。

気後れせずに生きるための5つの方法

気後れせずに新しいことにチャレンジしたり、やりたいことをやれたら嬉しいですよね。でも経験したことのないことをやる時には不安を伴いますし、過去に失敗したことがあるものは自然と恐怖も湧いてきてしまうと思います。ここではどうしたら気後れせずに生きていけるのかをご紹介します。

しっかり準備をする

今いる状況をしっかりと把握できていないと気後れしやすくなるので、気後れしないためにはしっかりと事前に準備をしておくことが重要です。例えばプレゼンの前であればどんな質問が来るかを予想してレジュメを見直したり、初めて行くお店であったら駅からの道順やドレスコードを調べるなどです。 充分に準備をしたと思えると不安を減らすことができます。すると気後れしにくくなります。あまり考え過ぎるのは良くありませんが、行動した先にどんなことがあり得るのかをある程度予想しておくのです。 行動した結果に待ち受けるであろう恥ずかしさや惨めさや恐怖などを受ける止める覚悟をする、つまり心の準備も整えておくということです。結局自分が何を怖がっているのかをはっきりと見つめることができると、得体の知れないモヤモヤとした不安が次第に落ち着いてきます。 そうすると気後れせずに課題に取り組むことができます。

失敗を悪いことだと決めつけない

気後れしている時、失敗は悪いことだと思い込んでいると思います。失敗して自信をなくしてしまった経験もあるかもしれません。辛い気持ちを伴うことも多いでしょう。 しかし失敗は成長のプロセスであり、経験値です。失敗した時は、改善すべき点を見つけ次はどうすればいいのかを考えることで成長していけるいい機会なのです。 失敗が悪いことだとばかり思い込んでいれば、失敗しないように緊張して気後れしてしまうのは当たり前です。しかもそのせいでいつも通りの力が出せずに失敗の可能性が上がってしまいます。 失敗してはいけないと思い過ぎて力が入っているなと気づいた時は、「失敗は成功のもと」だと思い出して深呼吸をしてみましょう。自分なりにリラックスする方法を覚えれば気後れしにくくなります。

行動してから考える

気後れしやすい人は行動する前にあれこれ考え過ぎてしまう人が多いですが、準備が整ったらとにかく一度実行してみましょう。行動してみて初めて見えてくるものがあります。 次への課題が見つかることもあれば、怖がっていたことは何も起こらなかったということもあるかもしれません。いいアイディアが浮かんだり興味のあることが見つかった時には、その熱意が冷めないうちに行動を起こしてみて、考えるのはその後からでも遅くはありません。 行動した後の結果を成長に繋げていくことができると、気後れせずにどんどん挑戦していけるようになります。失敗してもその時になったら考えたらいいのだと、楽に前向きに捉えてみてください。

人からの評価を気にしない

気後れしないためには、人からの評価を気にしないことです。私達は小さい頃から兄弟と比較され、学校に入ればテストで人と比較され評価されるので、自分でも人と比較してしまう癖がついています。 しかし人はそれぞれ見た目も違えば能力も違います。長所と短所もそれぞれ違うのです。それなのに「あの人はできるのに自分は…」などと人と比べて自分の方が劣っていると思っていては、気後れして消極的になってしまうのも無理はありません。

人は人、自分は自分、という軸をしっかり持つ必要があります。また、人をどう見るかという視点も人それぞれなのです。人の評価はその人が感じたものであり、こちらがどうすることもでませんし、人の評価というものは変わりやすいものです。 そのたびに振り回されていては、いつまでも気後れして自分のしたいように動けなくなってしまいます。完璧である必要はありません。まずは自分で自分のありのままを受け入れ、行動の結果も受け入れる覚悟をしましょう。 人が何と言おうと、人からどう思われようと、いつでも自分が自分の味方でいられればこれほど心強いことはないのです。見栄を張らずに自信を持って、気後れせずに自分の直観の通りに行動していけるようになります。

経験を積む

仕事や恋愛などどんな場面でも、経験が少ないと自信が持てずに気後れしてしまうものです。しかし過去に経験があると、不安があっても過度に緊張せずに落ち着いて振る舞うことができます。失敗から学んでいくことも大切です。 過去に何度も経験して場馴れしてくると、自然と気後れせずに挑むことができるようになります。最初からうまくいく人はなかなかいません。失敗も次への糧にして、考えすぎずにどんどん動いて経験を積んでいきましょう。

どんな出来事も経験値!失敗を怖がらずに場数を踏もう

気後れする人の特徴や気後れしないための方法を見てきました。気後れしてしまうのは自信のない時。経験を積めば慣れてくることが多いです。 また、人と同じようにできる必要も、人から認められなくてはいけないということもありません。どんな結果も、行動したからこそ得られる成長の糧です。 失敗さえも怖いことではないと知ったら、気後れせずに色々なことに挑戦したいという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

ofusawa

ofusawa

日々心について学び実生活で活かしています。...

人気記事

新着記事