2019年04月15日公開

2019年06月12日更新

知性を磨くための7つの習慣。知性を磨くのが大切な理由

知性を持っている人は実に魅力的に写るものです。知性を持っている人に憧れる人も多いのではないでしょうか?今回の記事では、知性のある人とはどういった人をいうのか、知性のある人の特徴、知性を身につける方法を紹介していきますね。

知性のある人になりたいあなたへ

知性のある人って実に魅力的ですよね。「知性のある人になりたい」と考える人も多いのではないでしょうか? 知性を磨くことの恩恵は周りからの見られ方意外にもたくさんのメリットがあります。知性を磨くということは自分の考えかたや人との関り方、生きかたを磨くということ。知性を磨く行為は人生を好転させる行為と同義です。 しかし、知性はすぐに磨けるものではありません。明日から「知性的な人になろう!」と思ってなれるものではないんですね。 知性のある人になるには、まず知性のある人とはどういった人のことをいうのか、しっかりと理解しておく必要があります。以下で見ていきましょう。

知性のある人とはどんな人?

知性のある人とはどういった人のことを指すのでしょうか?知性のある人を理解するには、まず「知性」についてきちんと把握しておくとよいでしょう。 知性とは物事を知り、考え、判断する能力のことです。つまり、知性のある人とは、たくさんのことを知っていて、思考力と判断力が高い人のことを指すんですね。 また「知性」と似た言葉に「知能」があります。知能について理解しておくことも、知性を正しく理解することに一役買ってくれるでしょう。 知能とは決まった答えのある問いに対して、答えを導き出す能力のことです。答えを出すのが早かったり、複雑な問いに対して答えを出したときに、「知能が高い」と表現しますね。 逆に、知性は答えのない問いに対して、答えを考え続ける、自分なりの答えを出す能力です。例えば「人間の幸せ」のように答えのない問いに対して、誰もが納得するような答えを出すことができれば知性が高いということになります。

知性のある人の特徴

次に知性のある人の特徴を見ていきます。

知識が豊富

たくさんの知識を持っているのは、知性のある人の特徴です。様々な問いに関して、何かしらの答えが返ってくると「この人は本当にたくさん勉強しているのだな」と周囲の人から思われます。博識ともいいますね。

先を読んで行動できる

知性のある人の特徴として、先を読んで行動している点が挙げられるでしょう。先を読んで行動しているので常に冷静でいられますし、不測の事態に周りがあわてている状況でも知性のある人にとっては想定の範囲内だったということもありえます。

空気が読める

知性の有る人の特徴として、空気が読める点も忘れてはいけません。どんなに頭がよくても周囲から悪い意味で浮いているのであれば、知性のある人であると呼ぶにはふさわしくないかもしれません。 周囲を不快にさせてしまう。それだけで知性のある人とは呼ばれなくなってしまう点には注意が必要ですね。

自分と異なる意見を尊重できる

知性のある人は、自分と異なる意見を尊重します。相手が意見をしている途中でさえぎるようなことはしません。 知性のある人は客観的で、自分の主張や意見が常に正しいとは限らないこと、自分は無知であることを知っているからです。仮に自分の意見が正しいと感じても、価値観や考え方の違いがあることも把握しています。

話上手・聞き上手

知性のある人にはユーモアがあるひとが多いです。誰も予想しなかった行動や発言できるのは知性があるからなんでしょうね。 ユーモアといえば芸人さんですが、芸人さんは喋りが面白く、ネタをつくって、それを披露する能力があります。そんな姿をみていて「知性があるな」と思うのは僕だけでしょうか?

落ち着きがある

知性のある人は常に冷静で、落ち着きがあります。些細なことでは動じません。問題に対しても、落ちついて対応するので、周りの人から頼りにされることも。クールな印象がある人ってなんだか知的に見えますよね。

知性を磨くことが大切な理由

ここでは知性を磨くのなぜ大切なのかを紹介します。

自分で考える場面は何度もあるから

上記で説明したとおり、知性とは答えのない問いに対して、自分なりの答えを導き出す、導き出そうとする力です。この先生きていく中で、自分なりの答えを出さなくてはいけない場面は数え切れないくらいたくさんでてきます。 「いつ、誰と結婚するんだろうか?そもそも結婚するんだろうか?」 「どこで過ごすのが自分にとってよいのだろうか?」 「どんな仕事が自分に向いているのだろうか」 1日単位で見ても、日々たくさんのことを考えて、選択して生活しているはずです。 「今日はどんな風に過ごそうかな」 「今日は何をたべようかな」 「今日は誰と過ごそうかな」 人生は選択の連続とはよく言ったもので、この先たくさん選択をしていかなければならないということは、つまり知性を磨くことは選択の質を上げる行為です。 自分の選択によって幸福度は大きくかわります。最適な選択をするには知性が必要になるんですね。

周りに人との関係が良好になるから

知性を磨くと、空気が読めるようになったり、相手とのコミュニケーションがうまくとれるようになるため、人間関係が良好になります。人間は社会的な生き物ですから、人間関係は良好なほうが過ごしやすいですよね。

成功のためには欠かせないから

知性を高めることは何かを成し遂げて成功するには必要なことです。 この記事を読んで貰っている方の中には何かしら夢をもっている方もいるかもしれませんね。 「アーティストとして有名になる」 「起業してたくさんお金を稼ぐ」 「若いうちからガンガン出世したい」 夢を実現するには、闇雲に努力するだけではだめです。どんなに頑張って畑を耕してもアーティストにはなれませんからね。適切な努力が必要になってきます。いまどんな行動をとるのが適切なのかは自分の頭で考えなくてはいけません。つまり、知性が必要になってくるんですね。

知性を磨くにはどうすればいい?

上記で、知性を磨くことの大切さは分かっていただけたと思います。では、知性はどのようにして磨かれるのでしょうか?知性を磨く上で抑えておきたい考え方を2つ紹介させていただきますね。

知識を知恵に変える

知性のある人をなぜ知性があると認識できるのでしょうか?それは振る舞いや態度といった行動として表に出てきているからです。知識の量だけでは知性があるとはいえないのです。知性のある人を理解するためには「知識」と「知恵」の違いを理解するとよいでしょう。 「カラスの知恵」という話があります。紹介されていたカラスは木の実を食べたかったのですが、殻が非常に固くて食べれずにいました。そこで、カラスは道路に木の実を放置します。すると通過した車が殻を割り、木の実が食べられるという話です。非常に賢いと思いませんか?これが知恵です。 ここで伝えたいのは「知恵」は実際に生活に恵みをもたらすものだということ。木の実を道路に放置すれば食べられるようになると知っているだけで、行動におこさなければ、ただの「知識」です。知識は知恵の種なんですね。 知性の有る人とは知識をたくさん持っている人ではなく、知恵をたくさん持っているひとということです。知っているだけでは、ただのノウハウコレクター。行動へと落とし込まなければ知らないのと大差ありません。

知性を磨く習慣を身につける

知性はすぐに磨けません。長期的な目線で考える必要があります。長期的に知性を磨くには、知性を磨くような行動を習慣化すればいいのです。 あなたは毎日歯をみがきますよね、お風呂にも入りますよね、これらの行動を幾度となくとってきたのは習慣として根付いているからです。知性を磨く行為も習慣にしてしまえば長期的に取り組むことが可能になります。 習慣化に必要な日数は諸説ありますが、およそ66日間。つまり2ヶ月以上継続して取り組めば習慣になるといわれています。では具体的にどのような行動を習慣にすればよいのでしょうか?

知性を磨くための7つの習慣

ここからは、知性を磨くために習慣にすべき行動を7つ紹介します。全てを一気に行なうのは大変なので自分のできることから始めてみてください。

読書する

知性を磨こうとなった時に誰もが最初に思いつくのは読書ではないでしょうか?読書は体系的に知識を学べますし、語彙力や文脈を理解する能力、今まで自分が知らなかった世界のことを知れるのでおすすめです。 とはいっても、普段から読書の習慣がない人にとってはなんだか堅苦しいような感じがしますよね。活字に抵抗がある人なら、最初はマンガから入るというのも一つの手です。 名著と呼ばれている本の中には、読みやすさを考慮してマンガ版が作成されているものがあります。入門辺としてマンガから入って、関心を高めていくのはよい手です。 ためしに図書館や書店をぐるりとしてみてください。必ず自分の関心のあるジャンルや今抱えている悩みを解決してくれる本が見つかるはずです。例えば今この記事を読んでいるあなたであれば、知性を身につける本とか。 知性を磨くために読書は非常にゆこうな手段です。

動画鑑賞する

今は動画が普及しているので、知性を磨く方法として動画を通して情報を吸収するのも一つの手です。読書に抵抗がある人も、動画なら少しは入りやすいのではないでしょうか? 動画であれば音と目で情報に触れられるので、より知識が記憶に定着しやすくなります。 ただし注意しないといけないのは、YouTube等を利用していれば、特に何の教養にも繋がらない動画にもアクセスできてしまう点です。アニメをみていたら3時間経っていたなんてことにならないよう気をつけましょう。

知性のある人と過ごす

周りいる人間は自身の考え方や価値観に大きな影響を与えます。もし、知性のある人になりたいのであれば、知性のある人と交流するのは重要になってきます。 周りに知性のある人がいないのであれば、SNS等を利用して交流を図るのも一つの手です。フォローする人間をかえればタイムラインに表示される投稿もかわります。知性の有る人をフォローして常に自分によい影響を与えてくれるような環境をネットにつくるのはいかがでしょうか。

たくさんの挑戦をする

知性のある人には落ち着きがあります。なぜ知性のある人が落ちつているのかといつとたくさんの経験を積んでいるからです。 落ち着きは、本人の性格の他にも経験の有無や経験の数が影響している場合があります。たくさんの経験を積むにはたくさん挑戦するのが手っ取り早いです。 経験の少ないことや、初めてのことに挑戦するのは勇気のいる行為ですよね。しかし、経験を積むことで自信がつきますし、だんだんと挑戦することに抵抗がなくなってきます。

自分とは異なる意見を一旦受け入れる

知性のある人は客観的ですし、知識に貪欲です。自分の意見を押し付けるのではなく、他人の意見を一旦うけいれてみてから冷静に判断してみるのはいかがでしょうか。もしかしたら、自分が間違っていたと感じるかもしれません。 自分が間違っていると感じたときに相手の意見を素直に受け入れることができれば、また一つ成長できます。知性のある人は、知性的な判断でさらに自身に磨きをかけるんですね。

知識をアウトプットする

知的な人になるには、知識をアウトプットするくせをつけるといいでしょう。 知識を知恵に変えることの重要性は上記で述べたとおりです。そして知識を知恵に変えるには、実際にアウトプットしてみるのが一番手っ取り早いですね。行動することで知識が正しいのか確認できますし、行動したときに旨みを得れば二度と忘れません。 例えば「毒蛇にかまれたときはすぐに毒を抜くのが大切」という知識をもっているとします。そして、実際かまれてしまったときに持っていた知識を実践して助かった経験があれば、助かった人は二度と忘れないですよね。知識を実践して助かったという旨みを得たからです。 実践することにリスクがないのであれば、どんどんアウトプットしてみましょう。

メモを取る

人間は残酷なほど忘れる生き物です。自分のミスや大切だとおもったことはドンドン忘れます。知性を磨いて自身を高めていくには、実践と同じくらいメモをとって振り替える習慣が重要です。 的に玉を当てるには、玉を投げた後に角度や投げたつよさ、軌道を確認して修整する必要があります。目隠しをしたまま、的に玉を当てるのは難しいですよね?メモをとらないのは目隠しをしたまま玉をなげている行為と同じです。 知性を磨くために、普段からメモを取る習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

人間すぐには変わらないから少しずつ変えていこう

知性のある人に憧れて頑張るのはとても素敵なことだと思います。しかし、すぐには知性のある人にはなれません。1ヶ月、半年、1年とゆっくり時間をかけて自分をそだてていく必要があります。 知性にある人になるために、まずは小さなことから始めてみるのはいかがでしょうか?人の意見をさえぎっていたなと思うのであれば、人の話を聞こうと心がける。全然挑戦してないな、と思うのであればそれこそ読書に挑戦してみるのもよいかもしれません。 知性のある人になるには日々の努力がなによりも大切なのです。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

hirase

人気記事

新着記事