2019年04月17日公開

2019年06月12日更新

人柄がいい人の7つの特徴と性格・心理。人柄の良さが成功を引き寄せる理由

人柄の良い人は人を選ばず、周りの人のためを思った行動ができる人です。あなたの周りにもいつもチームメイトを気にかけてくれる人はいませんか?この記事では人柄が良い人の特徴・性格・心理や、人柄が良い人になるための心がけをご紹介します。

あなたの人柄は人生を大きく左右する

人の性格や人柄はその人の人生を大きく左右します。 どんなに持っている能力が高かったり才能があったとしても、周りの人を不快にさせる言動ばかりとっていたり傷付けるようなことばかりしていては、その人に力を貸してくれる人は現れず、孤立してしまいます。 人生において自分が求める成功を手に入れるためには自分自身の努力が必要なことはもちろんですが、人から力を貸してもらえるようになる人柄も必要です。この記事では「人柄が良い人」とされる人の特徴や「良い人柄」を手に入れるための心がけなどをご紹介します。

そもそも人柄の意味とは?

人柄とは「その人の性質・気質・品格」のことを言い、平たく言えばその人の性格のことです。 つまりその人の性格は人の人生を大きく左右し、成功を掴み取れる人物と能力はあるもののチャンスや人に恵まれずに一生を終えていく人の二通りに分かれることになります。

人柄の類語

「人柄」の類義語としては「性格」「気質」「性質」「品格」などがあります。 「性格」「気質」「性質」については人柄とほぼ同義でその人の精神的な特徴のことを言いますが、「品格」は「人柄」とほぼ同義で使われる場合の他にその人の「優れた気質」というポジティブなニュアンスで使われることもあります。

人柄を表す言葉

人柄を表す言葉はポジティブなもののとネガティブなものがあります。 ポジティブな人柄に関する言葉には「おおらか」「明る」「仲間思い」「優しい」「人懐こい」などがあり、どれも直感的に親しみやすそうな人が連想されます。 一方で、ネガティブな人柄に関する言葉には「神経質」「暗い」「自己中心的」「ふてぶてしい」などがあり、どれも気難しそうで関わりづらそうな人柄が連想されます。

人柄が良い人の特徴

人柄が良い人は周りにいる人を自然と惹きつける魅力があるので、友達が多く異性からモテたり、いざという時についてきてくれる人がたくさんいます。 こうした人柄を持つ人にはいくつか共通した特徴があります。ここでは人柄が良い人によく見られる典型的な7つの特徴をご紹介します。ふとした瞬間にここにあげる人柄がにじみ出ることがあります。

聞き上手

人柄が良い人はとても聞き上手で、相手の話を真剣に聞いてくれます。 自分の意見を主張することよりも相手のことを理解して、共感したり必要な情報を与えたり、抱えている課題を解決出来ないかということを常に真剣に考えてくれています。 ただ漫然と相手の話を聞いているのではなく本心から相手の話に興味を持ち、その人のことを理解したり協力できることはないかと常に考えているので、親身になって人の話を聞いてくれます。

人のことを否定しない

人柄が良い人は自分と意見や価値観が合わない人がいても、むやみに人のことを否定しません。 人柄が良い人はどんな言葉をかけたり行動をすると相手がどう感じるかということを敏感に感じ取れる人で、自分の言葉によって相手を傷つけたりしないように常に配慮しています。 明らかに間違っていることがあった場合にも頭ごなしに相手のことを否定するのではなく、相手の意見や主張を受け入れつつ、「こういう考え方もあるのでは?」と投げかけてみて考え方を改めるように働きかけてくれます。

損得勘定で動かない

人柄が良い人は打算的に考えて、目先の利益を得ようとする行動はしません。 人柄が良い人は目先の自分の利益を得るために打算的な行動をとることは、相手との人間関係にヒビが入ってしまうことをよく理解しています。またそうした行動を続けていると自分の周りから人が離れていってしまうことも直感的に理解しています。 そのため普通の人なら自己中心的になって目先の利益の獲得に向けて行動してしまいそうな瞬間でも、人に譲ったり争いごとになるくらいならその場から身を引こうとします。

親身になって相手に向き合う

人柄が良い人は親身になって相手に向き合います。 人柄が良い人は誰かから相談を受けた時には自分の仕事を一旦止めて話を聞いてくれたり、辛いことがあって話を聞いてくれた時には一緒に涙を流して辛さや苦しみに理解を示したり共感してくれます。 そして、こうした行動の後に見返りを求めることはせず、本心から共感していて心の底から相手の悩みに共感することやそれが解決することを望んでくれています。そして自分にできることがあれば積極的に協力してくれます。

間違いはハッキリと指摘してくれる

人柄が良い人は間違っていることはその人のためを思ってハッキリと指摘してくれます。 人柄が良い人は共感力が高く相手の話を親身になって聞いてくれますが、決してイエスマンになっていたり自分の意見がないわけではなく、その人の人生が少しでもいい方向に向いていくことを望んでいます。 そのため話を聞いている中で明らかに間違っていたり方向性を誤っていることがあればハッキリと指摘してくれます。ただその際も相手の話を遮って思ったままに言うのではなく、相手の心情や状況を考えながら言葉を選んで指摘してくれます。

筋を通す

人柄が良い人は自分のしたことの後始末や、お世話になった人に対しての筋を通します。 人柄が良い人は自分の行いが人の迷惑になったり傷付けることにならないように日頃から注意していますが、もし自分が間違った行動をとってしまった場合は自分の非を認めてちゃんと誤ります。 またお世話になった人や協力してくれた人にはお礼や挨拶をするのはもちろんですが、毎年 の挨拶として年賀状を欠かさずに送ったり、お世話になった人に何かがあった時にはすぐに駆けつけて自分に出来ることをしようとします。

人によって態度を変えない

人柄が良い人はどんな人とでも平等に接するので、人によって態度を変えません。 人柄が良いと言われる人はどんな人とも平等に付き合ってくれます。日頃から付き合いのある友人や後輩に対しても全員と同じように接することが出来ます。誰かを優遇したり取り立ててひいきするのではなく平等に接してくれます。 人柄が良い人は先輩に対しては当然の礼儀として敬意を払いますが、友人や後輩との付き合い方と基本姿勢は変わらず、目上の人であっても「あの人とは一緒にいたい・一緒にいたくない」ということは考えずに平等に接してくれます。

人柄が良い人の性格・心理

「人柄が良い人の特徴」に見られる人柄が現れる人は、全て周りの人のことを考えて少しでもプラスになることがあればと考えて行動していることが分かります。 この章ではさらに人柄が良い人のことを深く理解するために、人柄が良い人が普段どんなことを考えているかや価値観について解説していきます。人柄が良い人の考え方を身に着けたい方は是非参考にしてみて下さい。

おおらか

人柄が良い人はとてもおおらかです。 普通の人ならイラッとするようなことも、「人柄が良い」と言われる人はあまり気にしていないか、場合によっては気付いていないこともあります。 ある意味「鈍感」とも言えますが、人柄が良い人は些細なことに過敏に反応すること無く「そんなこともあるか」くらいに考えて、自分がやらなければいけないことに戻ります。もしくは周りの人からすれば焦ったり驚くことも意に介さずにいることがあります。

前向き

人柄が良いとされる人はポジティブでいつも前向きな姿勢を貫きます。 人柄が良い人も一人でいる時は何らかのストレス発散をしている可能性もありますが、ネガティブなことは必要以上に考えません。またネガティブなことを考えたとしても引きづらないで「今の自分はそういう状態なんだ」と客観的に捉えるくらいです。 人柄が良い人は難しい状況でも「なんとかなる」と前向きに楽観的に考えるので、気に止みそうなことがあってもその悩みにこだわらず、やるべきことに戻ります。

人の役に立ちたいと思っている

人柄が良い人は常に人の役に立ちたいと考えています。 人柄が良い人は自分のことよりも「周りの人の手助けが出来ないか」と考えていることが多く、時には周りの人から「もっと自分のことも考えようよ」と言われるくらいにお人好しと思われることもあります。 人柄が良い人は、例えば半年前にした悩み事をずっと覚えていて、久しぶりに連絡が来たと思ったら「この前話したことはなんとかなった?」と気にかけてくれることもあり、周りの人からは「本当に良い人なんだな」と思われます。

争いごとは何も生まないと思っている

人柄が良い人は争いごとは何も生まないと考えている人もいます。 争いごとはどちらかが負けるか、両者とも負になるかです。人柄が良い人はそうした状態になることは望んでいないため、争いごとが起きた時にはその収束のために動いてくれたり、そもそもそうした状況にならないように日頃から気を配ってくれます。 また人柄が良い人がいる場合にはその人の一言のおかげで「あの人が言うなら」となり、争いごとの当事者がぞれぞれの主張をやめることもあります。

本気でその人を救いたいと考える

人柄が良い人はピンチに立たされた人がいると本気でその人を救おうとして動いてくれます。 人柄が良い人は周りに危機的な状況に陥っている人がいると、その人から協力して欲しいと持ちかけられる前にその状況に気づき、状況ややるべきことを整理したり、一緒にその解決に取り組んでくれたりします。 人柄が良い人は周りに困っている人がいると放って置けなくなり、なんとかしたいと思うため、こうした行動を取ることがあります。

良い人柄が成功を引き寄せる理由

人のことを真剣に考えて行動出来る人柄が良い人は、そうでない人と比べて成功を引き寄せやすいと言われます。 これは人柄が良い人の普段の行いや人間性を認める人たちが、本人の知らないところで動いていたり、積極的に協力しようと考えるようになるからです。 ここでは人柄が良い人の周りにいる人の心理に着目しながら、なぜ成功しやすくなるかについて5つの理由をご紹介します。

協力したくなる

人柄が良い人が成功を引き寄せる1つ目の理由は周りの人が協力したくなるからです。 普段から見返りを求めずに人を支援してくれる姿勢は周りの人も感じ取っており、その人が困難な状況に立たされた時は自然と人が集まって助けてくれます。直接人柄が良い人から助けられたのではない人も「あの人には成功してほしい」と思い自然と手を貸してくれます。 また人柄が良い人が困難な状況に立たされた時も、それまでに助けられた人やその人柄の良さを知る人達が集まり、危機的な状況を脱するために自分的に出来ることを自発的に考えて手を貸してくれるようになります。 

関わる人を大切に扱うので人柄が良い人も周りの人から大切にされる

人柄が良い人のように普段から関わる人を尊重して大切に扱う人は周りの人からも大切にされます。 周りの人の行動や言動は「自分の写し鏡」と言われますが、普段自分が周りの人にやっていることは自分に返ってきます。人柄が良い人は日頃から周りの人と一緒に目的の達成を成し遂げたいと考えて行動します。 人柄が良い人のこうした意識や行動が周りの人にも十分認識されているため、「一緒に仕事がしたい」「あの人の役に立ちたい」と思う人が周りにたくさん出来、その人一人の力ではない大きな力が動くき、結果として大きなことを成し遂げられるようになります。

チャンスを与えたくなる

人柄が良い人が成功しやすい3つ目の理由は周りの人がチャンスを与えたくなることがあります。 全く同じ能力スキルを持つ二人の人がいて自分勝手な人と人柄が良い人がいれば、当然人柄が良い人にチャンスを与え用途思います。 周りのことを考えながら仕事を出来るチームワーク精神の高い人は人望も厚くなります。経営陣は管理職としての地位を与えればチームが円滑に行動できると考えるので出世しやすくなったり、成功に近づきやすくなります。

成長につながる意見を与えたくなる

人柄が良い人には成長につながる意見を与えられる機会が多くなります。 人柄が良い人は真面目に仕事に取り組みますし、人からの指摘に素直に従って成長につなげていくので、先輩や目上の人もこの人だったら自分の意見をいか知るだろうと思い、価値ある意見を与えてくれる機会も多くなります。 人柄が良い人はその意見に対して素直に感謝出来、もらった意見をどう活かすかも真剣に考えられるので、意見を与えた人もその様子を見て満足度が高まり、「また何か教えてあげよう」と思うので、さらに価値ある意見が集まるようになります。

いざという時に助けたいと思う

人柄が良い人にはいざという時に助けてくれる人がたくさんいます。 大きな成功を成し遂げるためには自分一人の力では不可能です。危機的な状況も一人の力ではどうにもならないことも起こりえます。そうした場合にも人柄が良い人から協力を求めなくても自然と人が集まってきます。 また起業のような、人生の勝負をかけるような時にも人柄が良い人には積極的に協力してくれる人がたくさんいて、能力が高い人も集まってくれるので成功しやすくなります。

あなたの人柄は?診断してみよう

人柄が良い人は常に周りの人のことを考えて行動し、自分だけが抜け駆けしたり成功しようとはせず、全員で目標を達成しようとします。 ここではあなたがそうした人柄を備えているかどうかを診断する「人柄が良い人診断」を要ししました。 10項目の質問を用意していますが6個以上「はい」という回答があれば人柄の良い人と言えます。「人柄が良い人」と診断されなかった場合は次の章で人柄が良い人になるための3つのポイントを初回していますのでそちらを参考にしてみて下さい。 1、自分一人だけがうまくいくことに興味がない。 2、争いごとが嫌い。 3、困っている人がいると助けてあげたくなる。 4、いつも前向きである。 5、人に嫌なことをされてもそんなに気にならない。 6、先輩のことは立てる。 7、聞き上手と言われたことがある。 8、一度人から相談を受けると、解決出来たか気になる。 9、気分が悪い自分を客観視出来る。 10、気付いたら周りの人が協力してくれることがある。

人柄の良い人になるための3つのポイント

「人柄が良い人診断」で「人柄が良い人」と診断されなかったとしても落ち込む必要はありません。 人柄は日々の心がけで変えていくことが可能です。普段の自分の考え方を人柄が良い人とお同じようにしていくことで、次第にその考え方が身にしみていき性格も変わっていきます。 ここでは人柄が良い人の性格を身につけるために意識すると良い3つのポイントについてご紹介します。周りの人と今以上に良好な関係を築きたいと思う方はぜひ参考にしてみて下さい。

損得勘定で考えない

人柄が良い人になるためには損得勘定で考えることをやめましょう。 人は自分の利益になることがあると誰でも飛びつきたくなるものですが、人柄が良い人になるためには、それを手に入れることが本当に自分の利益につながるかを考えてみましょう。 「目の前の利益を手に入れることで周りの人との関係や状況が悪化しないか?」「その利益を得るために躍起になるのは自分が求める生き方なのか?」などを考えてみることで、人柄が良い人の行動に軌道修正が出来て、成功を手に入れやすくなるかもしれません。

まずは人に与えることを考える

人柄が良い人になるためには自分が何かを手に入れる前に、まずは人に与えることを考えてみましょう。 「損得勘定で考えない」にも通じますが、人柄が良い人は見返りを求めずに人に与えること・尽くすことを考えます。自分が相手にしたことに対する見返りのことは一旦忘れましょう。 ビジネスをやる人でも目先の利益を得ようとして、出会う人全てにセールスをかけている人はなかなか上手くいかないものです。一方で自分が売りたいものがあって、も本気で相手が抱えている問題を理解して、自分の利益にならなくても解決方法を提示出来るような人柄の人の方が結果的には成果を残せます。

人を選ばない

人柄が良い人になるためには人を選んではいけません。 人柄の良い人になるためにはみんなと平等に接するように普段から意識することが大切です。もちろん関わる人全員を好きになることは非常に難しいですが、苦手な人と接する時もあからさまに態度を変える人には、相手も「この人とは関わりたくないな」と思ってしまいます。 慣れないうちは難しいかもしれませんが、今苦手だと思っている人にも「好きになれるところがあるかもしれない」と考えながら接してみましょう。「苦手な人」とレッテルを貼って関わるよりは相手の良いところを見つけて、いい関係を築けるようになれば人柄の良い人に近づけます。

自分の利益を考える前に周りに尽くしてみましょう

「人柄が良い」と言われる人は人を選ばず、通すべき筋を通し、本気で人の役に立とうと常に意識しています。 こうした人柄を手に入れるためには自分のやるべきことはしっかりとこなしつつ、周りにいる人への気配りを忘れず、フォローに入れる時には積極的にフォローに入れるように心がけておきましょう。 日頃からそうした行動が取れる人にはチャンスが巡ってきたり、本当に人の手を借りたいと思った時に積極的に手を貸してくれる人がたくさん出来て、自分の目指す目標に近づきやすくなります。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事