2019年04月16日公開

2019年06月12日更新

焦る時の心理と心を落ち着かせる5つの方法。焦らずに生きるには?

普段私たちの生活の中でつい焦ることは少なくはないのではないでしょうか?そんな、日常生活の中で焦る時の心理や特徴を始め、心を落ち着かせるための方法をいくつか紹介します。普段よく焦ることが多くて困っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

色々なことに対して焦ってしまうあなたへ

本当は焦りたくないのに、色々な場面で焦ってしまってとても困ってはいませんか?そして、その焦ることを何とかしたいと思っていませんか? 今回は、そんな、焦ってしまうことに悩んでいる人に向けて、焦る人や焦りやすい人の特徴や心理、どのように対処したら良いのかの対処法を紹介します。 日頃よく焦る人はぜひ参考にしてみてくださいね。

焦りやすい人の特徴・性格

焦りやすい人の特徴や心理を5つに分けて詳しく紹介します。どのような時に焦るのかをここできちんと整理していきます。すぐに焦る人、焦りやすい人は自分がまずこの中のどれに当てはまるのかを考えてみてくださいね。

1.前もって準備が十分にできていない

焦る人によくみられる特徴・性格として1つめに挙げられるのが、前もって十分な準備ができていないということです。具体的には、仕事のプレゼンテーションなどで焦ってしまったせいで思い通りにいかなかったなどということはありませんか? 仕事をしていく中で、忙しくてなかなか準備する時間が十分に取れないということもあるかもしれませんが、準備を十分にすることで、焦ることを回避できる場合もあります。 普段よく焦る、焦ってしまう時がある人は、一度自分が納得できるまで準備の時間を作って準備をするようにしてみてください。それで焦ることなく仕事が終えられたら、準備位不足というこなので、これから準備する時間をゆとりを持って作るようにしましょう。

2.自己評価が低い

焦る人によくみられる特徴・性格として2つめに挙げられるのが、自己評価が低いということです。自己評価が異常に高いのも、プライドが高いとみられたりもするのであまりよくはないですが、自己評価が低いのも問題です。 自己評価が低いと、本当はできるはずの物事ができなかったり、本当は相手に譲ってはいけないようなところで相手に譲ってしまったりします。さらに、自分はできないと大きな発表の場などでは焦る人が多いです。 さらに、普段何かと焦ることが多い人は、自分はすぐ焦る人間だということも原因で自己評価が余計に低くなっていることはないでしょうか?実際は、すぐ焦るからといって自己評価を低くしなければならないということはありません。 しかし、発想の転換で自己評価が低いからこそ、「どうしよう」と焦ることがあるとも考えられます。

3.何事にもこだわりが強い

焦る人によくみられる特徴・性格として3つめに挙げられるのが、何事もこだわりが強いということです。こだわりがあるのはとても良いことなのです。しかし、「こうしなければならない」と自分で厳しいルールを決めたとします。 それに従って行えた場合は良いですが、そのルールを守れなかった時、とても焦る、動揺するという結果を生むことがあります。つまり、自分流というのにこだわってルールを作ってしまうとそれに縛られた自分がプレッシャーを感じてしまい、焦るということが起こるのです。

4.きちんとできないと見放されると思ってしまっている

焦る人によくみられる特徴・性格として4つめに挙げられるのが、自分が何事もきちんと行うことができなければ、周りの人に見放されてしまうと考えてしまうことがプレッシャーになり、焦るということです。 このケースは、特に自己評価が低い人にみられることです。物事を完璧にやるからこそ、誰かに認めてもらえると考えている節はありませんか?しかし、人間はどこかしら間違えてしまったり、うまくいかないこともある生き物です。 周りがどれだけ「できなくても見放されないから焦ることはない」と言っても、どうしても疑心暗鬼になってしまい、さらに焦るということもないでしょうか? このような場合は、できる限り自分の今取り組んでいることそのものに集中して、周りのことを考えなくて済むように、一度取り組んでみてください。

5.ストレス耐性が弱い

焦る人によくみられる特徴・性格として5つめに挙げられるのが、もともとストレス耐性に弱いということです。ストレスにどれくらい耐えられるかには個人差があります。人にはそれぞれキャパシティーがあるように、ストレスに耐えられるキャパシティーというものがあるのです。 そのキャパシティーをこける範囲のことをしてしまうと、焦る、動揺する、お腹が痛くなるなどの心理的な症状や、体の症状が起こる場合があります。自分で、あまりストレスの耐性がない方だと感じる場合は、ストレスをできるだけ感じないような私生活を心がけたり、十分な休養が必要です。 しかし、あまりに普段からよく焦る、動揺する結果、動悸や息切れというような症状も表れるような場合には、一度かかりつけの医師や、心療内科の先生に相談してみることもおすすめします。

人が焦ってしまう心理的原因は?

人は焦る生き物ですが、焦るのには心理的な原因がいくつか挙げられます。ここでは大きく分けて4つ紹介します。普段からすぐに焦る、焦ってしまう傾向がある人は、どれに当てはまるかをチャックしてみてくださいね。

1.完璧じゃないといけないと思ってしまっている

人が焦る心理的原因として1つ目に挙げられるのが、何事も完璧じゃないといけないと思ってしまっているということです。 完璧主義者は一定数いますが、自分の仕事のキャパシティーを超えてまでその完璧さを貫こうとしてしまうと、「やらなければいけない」という気持ちが焦る原因になってしまう場合があります。 さらに、思い通りにいかなかった場合も、「これではダメだ」という気持ちや「このままではいけない」という気持ちになってしまい、結果焦るということも少なくありません。 ミスがないことに越したことはありませんが、完璧を追求しすぎるのは、心理的な負担をかけてしまい、焦る原因にもなる他、お腹が痛くなる過敏性腸症候群などにもなりかねません。 完璧主義の人は、自分の体や心と相談する必要があることを忘れないようにしましょう。

2.自分に自信がない

人が焦る心理的原因として2つ目に挙げられるのが自分に自信がないということです。これは小さい頃からの積み重ねの場合が多いです。 具体的には、小さい頃から何かができるようになる経験が少なかったり、親から以上に怒られたりした場合、自分に自信がなくなってしまうというケースがみられます。 その結果、「どうせ自分にはできない」と思いが自分をつい焦る結果にしてしまったり、「自信はないけれどこれくらいできなければならない」と焦ることがあります。

3.誰かに怒られると思ってしまう

人が焦る心理的原因として3つ目に挙げられるのが、結果がでないと上司や親など、自分より立場が上の人に怒られてしまうと思ってしまうことです。職場の上司や同僚、親などがとても怖いということはないですか? そして、その人に何か失敗をしたり結果を出せなかったら怒られてしまうという怖さが、心のどこかにありませんか?もし、怖さがあるようなら、その怖さが、焦るという結果を生んでしまいます。

4.できないことがダメだと思ってしまっている

人が焦る心理的原因として4つ目に挙げられるのが、できないことがダメなことだと思ってしまっているということです。どれだけ準備したとしても自信が持てず、できないかもしれないという怖さが焦りを生んでしまいます。 本当はできないことはダメではありません。できないからといって焦る必要もないですよ。できない場合はできない理由を考えて、誰か信頼できる人に頼る努力をしてみましょう。

焦ること自体に意味はない

人間はどうしても焦る生き物ですが、現実は厳しく、焦ることで得られるものはありません。むしろ、焦ることで失敗してしまうということの方が多いです。 だからこそ、何かとよく焦る人や、焦ることがある人は、焦らずに済むように自分の考え方を少しずつ変えたり、焦った時の対処法を考えるなど小さな工夫が必要です。 では、具体的に焦ることがないようにするためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか?焦ることがないような工夫を、以下で紹介します。

焦らずに生きるための6つの方法

焦ることがないように生きるための6つの方法を紹介します。普段よく焦る人は、自分の傾向や癖を一度きちんと見直して、自分がどういう時に焦るのかを思い返してみてください。 その上で、焦らずに生きるための6つの方法を読んで、焦る回数が減るようにぜひ参考にしてみてくださいね。

1.時間に余裕を持つ

焦ることがないように生きるための方法の1つめは、時間に余裕を持つことです。例えば、朝の通勤・通学で間に合うかどうか焦ることが多い人は、いつもより10分ほどお早めに家を出るなどの対策が必要です。 もし、10分早いだけではいつものように焦る場合は、15分、20分と余裕を持って家を出るようにしましょう。また、制限時間内で何かをしないといけない場合も焦る人が多いです。このような場合は、時間を作ってなんども納得できるまで予行演習をするように心がけましょう。 また、自信がないということでも焦ることがないように、信頼できる人に予行演習を見てもらうのも良いでしょう。

2.充分な時間をとって準備する

焦ることがないように生きるための方法の2つめは、プレゼンテーションや試験の時には前もって十分な時間をとって準備することです。上記で予行演習をと書きましたが、プレゼンテーションの時に焦ることがないようにするためには、前もった準備がとても大切です。 ここでいう準備とは、実際の発表原稿はもちろん、その時に配布するものやその他必要なものをさします。必要なものをゆとりを持って準備することで、焦るようなポイントを減らすことが可能です。 さらに、学校などの試験の場合はきちんと前もってテスト勉強をすることで、テスト数日前やテスト本番で焦ることを減らすことが可能です。特に、テスト数日前にテスト勉強中に焦るという人は、2週間前など、普段よりももっと時間をとって準備してみましょう。

3.できないことは悪くないという意識を持つ

焦ることがないように生きるための方法の3つめは、できないことは悪くないという意識を持つことです。できないことは悪いという意識を持ち続けてしまうと、できないかもしれないと感じただけで焦るということが起こり、結果的にやり遂げられなかったということも十分にあり得ます。 できないこと自体は、全く悪くありません。人には長所と短所があり、できないこともあって当たり前なのです。できない部分はカバーし合うのが大切なのです。 できないならば、できる人に聞いてみましょう。できる人に聞いて、次から少しずつできるようになれば良いのです。

4.自分を少しでも肯定してあげる

焦ることがないように生きるための方法の4つめは、少しでも自分を肯定してあげることです。自分を肯定することと、焦ることにどのような関係があるのかと思う人もいるかもしれませんが、できると自分を信じてあげることで、案外焦ることがなくなるものです。 しかし、自分を肯定することは意外に難しいものです。「自分はどうせできない」と日々思っている人にとっては、いきなり全てを肯定することは大変でしょう。だからこそ、自分を肯定しようと思い詰める必要はありません。 ただいつもよりも少しできるようになれば、そのことに対して自分は頑張ったと褒めてあげるように心がけてみてください。物事は小さなことの積み重ねが大事と言いますが、自分を褒めるということも積み重ねが大事です。 少しずつでも自分を褒めることで自分に対する自信がつくので、焦る回数は頻度は少なくなりますよ。

5.ストレスが溜まらないように休むことも大切にする

焦ることがないように生きるための方法の5つめは、ストレスが溜まらないように休むことも大切にすることです。どうしても日頃忙しくて焦る時間がなかなかないという人は多いです。 しかし、人は休む時間が取れないとそれだけでイライラしやすくなってしまったり、焦ることが増えてしまう傾向にあります。よく焦る人は、焦らないようにと物事の準備に時間をかけるかもしれませんが、出来るだけ休養もきちんととるように心がけることも必要です。 自分を心理的にも身体的にもあまり追い込むことがないようにするのも、焦ることがないようにするための一つの大切な方法です。

6.周りの人はできなくても怒らないという意識を持つ

周りの人が怖くて、物事を失敗すれば怒られると思って焦る人は、「周りの人はできなくても怒らないから大丈夫」という意識を持つように心がけましょう。できなければ怒られるという心理は、幼い頃の経験や大人になってからの経験が原因になっていることが多いです。 今自分が置かれている環境でも必ずしも怒られるとは限りません。失敗しても怒らない上司の可能性も十分にあります。その場合、素直に上司に焦るタイプだと悩みを打ち明けても良いでしょう。 もし、自分の上司や親が失敗すると怒るような人ならば、その人にもし怒られても焦る必要はないという意識を持つことから始めてみましょう。焦る必要がないという意識を持つことは最初はとても難しいかもしれません。しかし、その意識にずっと引っ張られ続けるのもよくはありません。 難しいことかもしれませんが、ぜひ努力してみてくださいね。

焦ってしまった時に心を落ち着かせるための5つの方法

焦ることがないようにと思って色々と対処していても、結果的に焦ることになってしまったということも少なくはないですよね。今回は、焦ってしまった時に心を落ち着かせる対処法を紹介します。 対処法にも色々なやり方があるので、ぜひ自分にぴったり合う対処法を探してみてくださいね。さらに、自分なりに以下の紹介する方法を組み合わせてみるのもぜひ試してみてください。

1.音楽を聞く

焦りたくはなくても、焦るという事態が起きた時の対処法として1つめにあげられるのが、音楽を聴くことです。大人数でいるときはこの焦る時の対処法は使いにくいですが、一人でいる時などはとても便利な方法です。 特に、焦る時に聴くようの音楽として何かしら自分で決めておくのがベストと言えます。自分で決めた音楽を焦る時に聴くことによって、これで自分が落ち着けるという自信を持つことができるとともに、冷静になることができます。 一人でいる時に焦ることがよくある人はぜひこの方法を試してみてくださいね。

2.いつもカバンの中に落ち着くものを入れておく

焦りたくはなくても、焦るという事態が起きた時の対処法として2つめにあげられるのが、いつもカバンに何かしら落ち着くものを入れておくことです。そのものは焦る気持ちが落ち着くものならなんでも構いません。 カバンに入らないくらい大きなものになると困るので、出来るだけ小さいものにするように心がけましょう。幼い頃から常に持っていたハンカチや大切な人がくれたものなどは特に持っていて落ち着くという意見が多いです。 人が大勢いる時でもこの方法は比較的やりやすい方法なので、人が多いところにいる場合が多い人はぜひこの方法を試してみてくださいね。

3.一度深呼吸する

焦りたくはなくても、焦るという事態が起きた時の対処法として3つめにあげられるのが、一度しっかりと深く深呼吸することです。深呼吸と焦る気持ちを抑えることになんの関係があるのかと思うかもしれませんが、焦るときは鼓動も呼吸も早くなってしまうことが多いです。 そのため、一度深呼吸をすることで今までの呼吸をリセットすることができます。深呼吸するときは、大きく、ゆっくり息を吸って吐くことを心がけるようにしましょう。 この方法も、比較的人が多いところでもやりやすいので、ぜひ一度人混みの中で焦るようなことがあれば試してみてくださいね。

4.お手洗いなどで一人になる時間を作る

焦りたくはなくても、焦るという事態が起きた時の対処法として4つめにあげられるのが、お手洗いなどに行き一人の時間を作るというものです。焦るような気持ちの時は、人の視線が気になりますよね。 そのような時に人の視線を遮断することができて、少々ゆっくりいても問題のないお手洗いの個室は打って付けです。お手洗いに行って、深呼吸をしてみたり、ゆっくり伸びをしてみたりするなど、自分が落ち着く方法を探してみてください。

5.自分なりのルーティーンを決めておく

焦りたくはなくても、焦るという事態が起きた時の対処法として5つめにあげられるのが、自分なりのルーティンを決めておくということです。ルーティンとは、自分なりの動く決まりを指します。 スポーツ選手が試合前に行う決まった動きとして最初の方は有名でしたが、最近では広くルーティンという言葉が普及しました。よく焦る人は、焦ってしまった時のために自分なりのルーティンを決めてみましょう。 自分なりに何かルーティンを決めておくことで、焦った時にこの動きをすれば、この行動をすれば良いのかというのがすぐにわかるので焦った時に落ち着きやすいというメリットがあります。 普段よく焦るという人は、ぜひ焦る時の自分のルーティンを決めてみましょう。

出来るだけ焦ることのない毎日を

焦る人の特徴や焦る人の心理を始め、焦る時の対処法について詳しく紹介していきました。この記事を参考に、自分なりに焦らないようにする方法を探してみてください。今よりも、焦らない日々を送れるようになりますよ。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

橘 梨花

橘 梨花

心理学、哲学などの勉強を通し、人の心についてて日々思考を重ねています。...

人気記事

新着記事