2019年04月16日公開

2019年06月12日更新

薄情な人の特徴は?人が薄情になる心理的理由・薄情な人との付き合い方

「薄情な人だなぁ」と言われると傷ついてしまう言葉ですが、薄情な人はあなたの周りにもたくさんいませんか?あまり他人に干渉したくない冷たいイメージのある薄情な人の特徴や、人が薄情になってしまう心理的な理由、薄情な人との付き合い方をご紹介いたします。

あなたの周りにも薄情な人はいませんか?

思いやりをもたずに人との関係性よりも自分のことを大切にするような薄情な人にあなたも出会ったことがあるはずです。協調性にかけている人が多く「なんでこの人はこんなに薄情なんだろう?」と怒りを覚えてたこともあるはずです。 薄情な人は一体なぜそうなってしまうのでしょうか?今回は薄情な人の心の中について見ていきましょう。

そもそも薄情の意味とは?

薄情な人だなぁとつかう場面はたくさんありますが、そもそも薄情とはどんな意味があるのかをご紹介いたします。

薄情の使い方・例文

薄情とは人間味に欠けていて、人に対して思いやりがないことをさします。周りの人への配慮にかける言動をしたり、愛情がなく冷たい様子をあらわします。 例文としては「あの人が困っていた時に自分は助けてあげたのに、こっちが困っていてもなんとも思わないなんて薄情者だ」や「あんなにいい子をふって薄情な男だよね」など冷たい人をさす時に使います。

薄情の類語

薄情の類語には「冷淡」「冷酷」「冷血」「冷たい」「無慈悲」「残酷」があります。いいイメージがない言葉ばかりですね。

薄情の対義語

薄情の対義語には「親切」「厚情」「情け深い」があります。周りの人に対して優しくいいイメージのある言葉ですね。

薄情な人の特徴

多くの人と出会うと優しい人も冷たい人もいますよね。冷たいイメージがある薄情な人にはどんな特徴があるのかご紹介いたします。

協調性がない

薄情な人は基本的に自分のことしか考えていないので、周りと合わせて頑張っていこうとする協調性がありません。みんなで頑張ってこの壁を乗り越えよう!と思っていても、薄情な人は自分が加わろうとはしませんよね。 職場や学校など団結感が必要になる場面でその輪にくわわることなく向上心がみられないために薄情な人だな、と距離を置いてしまいたくなります。

自分のことしか考えていない

他人のことなど興味がなく、そもそも自分のことしか考えていない人が薄情だと言われることがあります。自分さえよければそれでいいという考えが強いため、他の人がどうなっても自分には関係ないと思っています。 彼女がいても「彼女のためにこうしてあげたら喜ぶだろう」などとは考えてはくれません。それよりも「彼女にこうしてもらうのは当たり前だ」と傲慢に考えているので薄情な男だと周りに思われているでしょう。

挨拶や感謝の言葉が言えない

薄情な人は基本的な挨拶やありがとうやごめんなさいなどの言葉が言えずに、うまくコミュニケーションができずに薄情者だと思われてしまいます。挨拶をするのが面倒臭いと思っている薄情な人は多いです。 職場で挨拶をしなかったり、何かをしてあげたときに感謝の言葉を言ってもらえないと寂しい気持ちになりますよね。薄情な人はそんな気持ちをわかってくれていません。だからこそ薄情者だと言われてしまいます。

裏切ることをなんとも思わない

友達や恋人を裏切るのはひどい行為ですし、それによって傷つく人もいるのに薄情は人は友達や恋人を裏切ることはなんとも思わないので平気で人を裏切ります。薄情な人はそれを他の人に「薄情者だ」と非難されてもなんとも思いません。 ずっと仲良くしていたはずの友達でも、自分の都合で友達を裏切る薄情的な行動を平気でしたりします。薄情な人から友達が離れていっても「自分は悪くない」という意識が強く、薄情な人は同じことを何度も繰り返します。

困っている人を助けない

薄情な人は他の人を助けようという気持ちがまったくないので、近くに困っている人がいても助けません。助けるという行為が面倒で、自分が行動にでなくてもどうにかなるだろうと見放して考えています。 友達になにか相談ごとをされても「自分の人生ではないのでどうでもいい」という薄情的な考えが強いので、友達のためにサポートしようなどとは一切考えてくれません。そのため友人の間では「あの人は薄情だ」と距離をおかれてしまいます。

恩を仇で返す

人間は一人では生きていけません。なにかしら周りの人に支えられていますが、薄情な人は他の人に恩を感じませんし、むしろ恩を仇で返します。薄情者は誰かになにかをしてもらってもそれを忘れてしまうというより何も感じていません。 薄情な人は職場でミスをした際に誰かに助けてもらってもそれは当然のことだと感じているので、恩にきることはしません。誰かがミスをした際にはそれを助けたりなどはしません。恩を仇で返された人は薄情な人をもう助けようとは思わないですね。

損得で動く

薄情な人は自分のメリット・デメリットを一番に考えているため、周りを助けている時には「今この人を助けることで利益になるな」と考え、「この人を助けても自分は得しないな」と思ったら何もしない損得で動く人が多いです。 一緒に住んでいる彼氏が職を失ってしまって自分が頑張らないといけない時でも、お金がない彼氏には用はないから新しい彼氏を見つけようとする薄情な女もいますね。薄情な女からすれば、自分にとって都合のいい彼氏でなければ必要がないのです。

屁理屈がおおい

薄情な人は自分の考えが一番大事で間違っていないと思っているからこそ、薄情な人は他の人に注意されたときに屁理屈を言いだしたりします。自分が正しいということを他の人に納得させようとしてきます。 家族や友達や恋人に「その性格をなんとかした方がいいんじゃない?」と直球的に言われても「でも自分はこうだから」と自分の意見を正当化させるために屁理屈を並べていきます。それがわかっているからこそ周りの人は薄情な人に何も言いたくなくなりますよね。

薄情な人の性格

協調性がなく自分の思い通りにしか行動しないような薄情な人はそもそもどんな性格をしているのかをご紹介いたします。

自己愛が強い

薄情な人は自分のことが大好きです。自己愛が強いからこそ、周りの人はどうでもよくてそれよりも自分が一番いいようにすべて物事を運んでいきたいという性格です。冷たい人と思われても自分一番なのです。 自己愛が強いために弱っている人や助けを求めている人がいても、そんな人なんてどうでもよく自分のサポートをしてくれと思っています。彼氏や旦那が薄情で自己愛が強ければすぐに別れたくなってしまいますよね。

割り切っている

友達は友達、仕事は仕事、家族は家族、恋人は恋人と割り切って考えているからこそ薄情な人だなと思われてしまいます。職場だけの関係だから送別会や歓迎会などの職場の飲み会へも参加したりせず「あの人は薄情だよね」と言われてしまいます。 割り切って考えることが大切な場面もありますが、薄情な人は割り切り方が大胆で周りの人からはもっと思いやりを持ってほしいと思われています。

人間も動物も愛せない

薄情な人はそもそも他の人間や動物さえも嫌いで愛することができません。誰かが困っていたり、悲しい気持ちでいるのを見ていることがむしろ好きな人もいます。DVや動物虐待などしてしまう人もいますね。 人間や動物を愛するという気持ちがないのでひどいことや冷たい行動や薄情的な態度をすることで、周りが傷つくだろうという考え方も薄情な人はできません。

自分の気持ちを知られたくない

自分がどう思っているのかを周りの人に知られたくないからこそ、薄情な人ほど周りの人を付け放してしまい薄情だなと思われてしまいます。薄情な人は本心を知られることが怖く周りの人へ冷たい態度を自然ととってしまうのです。 本当は優しくしたいという気持ちがあっても自分の中に踏み込んでほしくないと思って、周りの人を薄情的な態度で自ら遠ざけてしまい、その気持ちを知らない周りの人たちには「薄情者だ」と思われてしまいます。

薄情な人が冷たくなる心理的理由は?

薄情な人は愛や友情など感情に対して鈍感な人と、そういった感情に敏感だからこそ他の人に冷たく薄情的な態度で接してしまう人がいます。心理的な理由としてはどちらの薄情な人も他の人を信じることが怖いと考えています。 他の人を信じるよりも自分の考えや価値観を一番に信じて生きていきたいと薄情な人は思っていて、他の人にそれを否定されることを恐れています。薄情な人は否定されることが嫌だからこそ、逆に周りの人を否定して生きていこうとしてしまいます。 薄情な人には過去に人に裏切られたことがあったり、幼少期から人に愛されずに過ごしたり、誰かに愛されすぎて周りの人の気持ちに鈍感になって薄情な態度になってしまったりと様々なケースがあります。

裏切れれたことがある人はもう二度と他の人に裏切られたくないからこそ、協力して生きていくのではなく薄情と思われても自分の力で生きていきたいと思っています。裏切られる想いをするのなら自分が薄情な人間になって人を裏切っていくほうがマシだと考えてしまいます。 また、誰かに愛されすぎてしまった事で「自分はなにをしても許されるんだ」という気持ちが芽生えてしまい、自己中心的な考えになってしまい薄情に思われてしまう場合もあります。自分が薄情的な態度でも相手は自分から離れていかないだろうという気持ちがあるからです。

日本人は薄情?

よく年配の方が「現代の日本人は薄情者が多い」という声を聞いたりはしませんか?携帯電話やインターネットの普及によって、昔と比べ現代は人付き合いが希薄になっているといわれています。簡単に遠く離れた人と友達になれてしまう時代ですよね。 昔はインターネットなどはなく、各町内や村内のコミュニティの関係性を人間関係として大事にしてきました。もちろん今もそういったコミュニティはありますが、昔に比べて現代ではそういった人付き合いは少なくなっていますね。 そういったことが薄情な世の中になったなぁと言われてしまう原因なのではないでしょうか。マンションやアパートに住んでいて、隣に住んでいる人が誰かもわからないのは昔の人では考えられないことです。近所付き合いがないのは薄情だと思われてしまうのでしょう。

海外の人からみると日本人は電車内で席を譲らなかったり、弱者に優しく接しないという部分で薄情だと思われているケースも少なくありません。ですが全員が全員、そういった薄情な人なわけではなく周りを気にかけて生きている人もいますね。 例えば外国人観光客に道を英語などで聞かれたらあなたはどうしますか?英語や外国語がわからない場合知っている道でも教えてあげることができずに逃げてしまうかもしれませんし、身振り手振りや地図アプリをつかったり実際にその場所まで一緒にいくこともできます。 その時のシュチュエーションにもよりますが、これから先、日本では外国人観光客は増えていくと予想されているので、日本にきた外国人に「日本人は薄情者だからもう日本には行かない!」なんて思われたくはないですね。

薄情な人との付き合い方

自分の周りにいる薄情な人と今後どのように付き合えばいいのか悩むことはありませんか?職場や人間関係の中でどうしても薄情な人と付き合っていかなければいけないときがありますよね。薄情な人との付き合い方をご紹介いたします。

浅く付き合う

薄情だなと思っている人には心を開き過ぎずに浅い関係を保ちましょう。自分のことを深く話す必要はありませんし、薄情な人に深入りする必要もありません。ドライな関係に思いますがそのくらいがちょうどいいです。 職場で業務連絡など仕事の話をすることはもちろん大切ですが、同僚以上の関係を求めないようにしましょう。仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切った考え方が必要です。だからといって極端に冷たく接してしまえば自分が薄情者に思われてしまうので気をつけましょう。

内緒の話をしない

人には誰にも秘密があり、それを誰かに「これは内緒にしてほしいんだけど…」と話してしまうことがありますよね。ですが薄情な人に内緒の話をしないようにしましょう。秘密にしてほしいと頼んでも簡単に他の人にばれてしまう可能性があります。 話題を選び、薄情な人にはこの話はしない方がいいなと自分の中でストッパーをかけるようにしましょう。これは他の人に言わないでと言っても意味がありません。秘密の話は自分の心にしまっておきましょう。

期待をしない

「この人はきっとこうしてくれるだろう」と期待をすることはやめましょう。あなたが思っている通りには薄情な人は動いてはくれません。期待をしてしまうと裏切られたときのショックが大きくなってしまいますね。 薄情な人になにかを任せる時にも期待を込めて任せてしまうのではなく、「この人の力量はこのくらいだから、このくらいのことを任せよう」と自分の中で判断をしてから任せることが大切です。

相手のいいところを探す

薄情な人といっても人間ひとつはいいところがあるでしょう。相手のいいところを探してみてください。仕事の飲み会や付き合いはしないけれど頼んだ仕事はしっかりやってくれるならそれは仕事上の付き合いなら問題ないですね。 冷たく周りの人に優しく接しない人に見えても、自分のしっかりとした考え方をもっている人も多いので話を聞いてみると「薄情者だと思っていたけど本当はそんな風に思っていたんだ」と気づく場面もあるでしょう。

あなたも薄情?診断してみよう

自分が薄情者だなぁと自己嫌悪してしまうときはありませんか?薄情な人間なのか簡単な診断をご紹介いたします。はい/いいえで答えてください。

・人に相談ごとをされるのが苦手だ はい/いいえ ・自分の気持ちが一番大切だ はい/いいえ ・正直周りに合わせて生きたくない はい/いいえ ・恋人が泣いていてもなにも思わない はい/いいえ ・予定を立てて動きたくない はい/いいえ ・自分が悩んでいても人に相談しない はい/いいえ ・行動する前に自分の損得を考える はい/いいえ ・ボランティアや慈悲事業に興味がない はい/いいえ ・子供や動物が好きではない はい/いいえ ・人の話を聞くのが苦手だ はい/いいえ

いかがでしたでしょうか?「はい」が多い人ほど薄情者だと周りに思われてしまっている可能性が高いです。これを機会に薄情だとまわりから思われないような人になれるよう一歩ずつ努力してみてはいかがでしょうか。

薄情な自分を変えるための5つの方法

自分のことを薄情者だなと感じていてそれをなおしたいと思っている場合どのようなことをしたらいいのでしょうか。周りから好かれる優しい人になるための、薄情な自分を変える方法をご紹介いたします。

人の話をちゃんと聞く

自分本位な考え方になってはいませんか?周りの人の声に耳をかたむけずに、自分のことばかりを話してしまっては周りに薄情な人だなと思われてしまいます。人の話をちゃんと聞いて、自分の話はそのあとにしましょう。 周りの人の話を聞くことで今まで見えなかったことが見えてくるはずです。自分のことを相手に伝えることももちろん大切ですが、自分の話ばかりになってしまえば相手もこの人は薄情だなと思ってしまいます。

困っている人に手を差し出す

薄情な人は人助けをすることが苦手ですよね。周りに困っている人がいたら勇気をだして、自分にできることはないか聞いてみましょう。自分がサポートをすることで相手を助けることができることもあります。 困っている人を無視してしまえば薄情者だと思われてしまうのは仕方ないですね。電車の中で席を譲るのも薄情者から抜け出す第一歩です。人に席を譲るのはなかなか勇気がいることですが、譲ったあとに「ありがとう」と言われるのは嬉しいですよね。

感謝の気持ちを大切にする

人間関係をうまく築いていくには感謝の気持ちはなによりも大切です。感謝の気持ちを大切にするだけではなくて、何かをしてもらったら「ありがとう」と言葉に出して相手に伝えるようにしましょう。 薄情者だと思われてしまうのは恩をしっかりと感じていないことが原因のひとつです。自分が仕事のトラブルなどで助けてもらったのなら、次は自分が助ける立場になろうと考えましょう。

自分の気持ちを話す

言葉が少なく、自分が考えていることをきちんと話せないせいで薄情な人だと思われてしまう場合もあります。「今、自分はこう考えているからこう動きたいと思います」と言葉に出して相手に伝えるようにしましょう。 無口な人ほど冷たく薄情な印象を与えてしまいます。自分の考えを話すことで、認めてもらえたりアドバイスをもらえたりします。その際にも、しっかり相手の話をきちんときくようにしましょう。一方的に話すだけでは薄情な印象になってしまいます。

損得を考えないようにする

損得勘定で動く人はどうしても薄情な印象になってしまいます。もちろん自分が損をしたくないという気持ちは、薄情な人以外でも誰にでもあることですね。ですが損得を考えずに行動をしてみることが大事です。 何かを頼まれた時にそれをすることで自分が特をすることでなくても、相手に喜んでもらえたら嬉しいですね。それは自分にとってもプラスになる行為です。損得勘定で動いてしまい薄情者だと思われてしまえば、次のチャンスがなくなってしまうかもしれません。

薄情な人との距離感を大事にしよう

今まで薄情な人と出会って縁を切ったことはありませんか?薄情な人にも長所がありますし、上手に付き合っていくこともできます。相手を変えようとは思わずに適度な距離感を大切にして接していきましょう。 自分が薄情者ではないかと不安になってしまうときには、周りにいる薄情な人を反面教師にして自分はもっと周りの人を大切にしようと考えていきましょう。友達でも職場でも家族でも上手に付き合っていくことであなたの未来をサポートしてくれます。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

ぐりこここ

ぐりこここ

キャバクラや信販会社、化粧品売り場など様々な職業を体験してきました。...

人気記事

新着記事