2019年04月16日公開

2019年06月15日更新

すぐ真に受ける人の特徴・性格と心理。他人の言葉を真に受けずに生きる方法

すぐ真に受ける人は真面目で一生懸命です。しかし、他人の言葉をすぐ真に受けてしまうことで自分自身が損をすることもあります。だから人間関係に疲れてしまうこともあります。すぐ真に受ける人の特徴や心理から、真に受けずに生きる方法を見ていきましょう。

社交辞令やいじり…なんでもかんでも真に受けてしまうあなたへ

日本はお世辞や社交辞令の文化があります。そんなお世辞や社交辞令を真に受けてしまった経験はありませんか?真に受けるのは悪いことではありません。しかしなんでもかんでも真に受けてしまうと「冗談が通じない」と思われて自分が傷つくことだってあります。そんな状況が続くと精神的に疲れてしまいます。 すぐ真に受ける性格の人には特徴があります。真に受ける人の特徴や心理を知って真に受けずにすむ生き方を探していきましょう。そうすれば、人との付き合いで疲れにくくなります。

真に受けるの意味とは?すぐ真に受ける人とはどんな人?

真に受けるは「言葉通りに受け取る」「本気にする」という意味です。嘘や冗談を真実であると考えるという意味もあるので「真に受ける=冗談が通じない」と思われる傾向にあります。 「間に受ける」という漢字違いの言葉もあります。これはほとんど明確な違いがありません。ここでの「間」は「あいだ」ではなく「その場の様子や具合」という意味で使われています。 「間に受ける」は間違いではないのですが実際のところ「真に受ける」の方を使う人が多いでしょう。そのため「間に受ける」は間違っていると思われることがあります。

真に受けるの類義語

真に受けるの類義語は「鵜呑みにする」「信じて疑わない」があります。どれも他人を信じる真面目な人という印象を与えます。

すぐ真に受ける人とは?

すぐ真に受ける人は、一言でいうと何事にも一生懸命で真面目な人です。些細なことにも真面目に考えられる人だから、一生懸命でいられます。 真に受けるということは人を疑いません。つまり、すぐ人を疑ったりせず人を信じられる人なのです。

なんでも真に受ける人の特徴・あるある

社交辞令や冗談などなんでもかんでも真に受ける人がいます。そんな真に受ける人にはどのような特徴があるのでしょうか?すぐに真に受ける人の特徴・あるあるを紹介します。

誘いが社交辞令か本気かわからない

「今度飲みにいきましょう」「また連絡してくださいね」こんなことを言われて本気か社交辞令かわからず困ったことはありませんか?実際に飲み会に誘ってみたら「忙しいから」と断られたことはありませんか? 社交辞令は社会生活において便利なものです。なぜかというと、本気で飲み会や食事会に行く気がなくても「あなたと仲良くなりたいです」という気持ちを伝えることができるからです。 恋愛では異性に「今度連れて行ってください」と言われると真に受ける人は本気にします。でも相手から具体的にいつにするか提案がない場合は社交辞令のことが多いです。なので、真に受けてしまう人は一旦相手の動きを見てみるといいでしょう。

「冗談が通じない」と言われる

真に受ける人は「冗談が通じない」と思われてしまいます。そう思われるのには2つの理由があります。 1つ目は冗談だと気づかずに言葉通りに受け取ってしまうからです。真に受ける人は良くも悪くも鵜呑みにするという特徴があります。そのため冗談だと気付づかずに真に受けてしまうのです。 2つ目は冗談だと気づいても返し方がわからず真に受けたようになってしまうからです。すぐ真に受ける人はコミュニケーションが苦手な人が多いです。だから冗談だとわかっていても冗談で返すことができず「冗談が通じない」と言われてしまうのです。

嘘にだまされてしまう

誰かをだますときに人は嘘をつきます。真に受ける人は嘘にだまされやすいです。なぜかというと、真に受ける人は言葉をそのまま受け取るし、相手のことを疑わないからです。 例えば「今日○○に芸能人が来るんだって」という嘘に対して、すぐ真に受けない人はまず疑います。しかしすぐ真に受ける人はその嘘を信じて疑いません。嘘をつく人は人をだましてからかうことが多いので真に受ける人はからかわれてしまいます。

いじりを本気にしてしまう

背が低い・ぽっちゃりしているというような外見、話し方が特徴的というようなことでいじられているのを見たことがありませんか?本気で傷つけるつもりはなくても、冗談半分でいじってしまう人もいます。 すぐ真に受ける人は、そんないじりを本気で受け取ってしまい傷つきやすいという特徴があります。いじられると傷つく上に相手に対して苦手意識や嫌悪感を抱くこともあるでしょう。 真に受ける人は冗談でも相手を傷つけるようないじりをしません。それだけ、すぐ真に受ける人は痛みを知っているのです。

お世辞をそのまま受け取ってしまう

「とても〇歳に見えない」「かわいいね」なんていうお世辞を聞いたことがある人も、言ったことがある人もいるでしょう。すぐ真に受ける人はこの言葉をそのまま受け取ってしまいます。 相手の反応を探るためにお世辞をいう意地悪な人もいます。お世辞を言われて「ありがとう」と言うと「あの人はすぐ真に受けちゃって」と言われてしまうこともあります。 他人に褒められたら「ありがとう、でもあなたの髪形も素敵よ」と相手にもお世辞をいうといいでしょう。真に受けるだけの人から粋な人になります。

真に受ける人の性格

真に受ける人はそもそもどんな性格なのでしょうか?真に受ける性格の人は仕事でも恋愛でも特徴的な性格の持ち主です。

誠実な性格

真に受ける人は誠実な性格です。真に受ける人は嘘にだまされやすい、社交辞令をそのまま受け止めるという特徴があります。そんな真に受ける人は他人に嘘をつくようなことはしません。 なぜ真に受ける人は嘘をつかないのでしょうか?それは、自分が嘘にだまされて傷ついた経験があるからです。痛みをわかる人は他人を傷つけないように心がけます。そのため、真に受ける人は他人を傷つけまいと誠実な性格になるのです。

恋愛では相手に盲目になる性格

真に受ける人は恋愛においてはますます真に受け、相手に盲目になる性格です。特に女性に多いです。好きな人を思うあまり相手の言うことを何でもかんでも真に受けてしまいます。 この時真に受ける人は相手の言動がすべてなので、いいことも悪いことも聞き入れてしまいます。片思いなら相手も自分が好きだと信じます。 交際している場合は相手の言うがままにお金を貸してしまったり、都合のいい女になってしまうこともあるかもしれません。いずれにしても、恋愛においてなんでもかんでも真に受けてしまうのは自分が傷つく恐れがあるでしょう。

誰かに依存しやすい性格

真に受ける人は誰かに依存しやすい性格です。他人の意見を真に受けるので、仕事では自分以外の誰かに従います。依存して他人の意見を真に受けているうちに他人の意見に振り回されることもあるでしょう。 仕事でいつも誰かに従っている人を見たことはありませんか?そういう人は自分の意見をもっていたとしても自信がなくて誰かに依存しているのです。

「今度ご飯にいきましょう」という言葉に悩む性格

真に受ける人は「今度ご飯にいきましょう」という言葉に悩みます。これだけでなく、「ひまなときに連絡してね」「遊びに来てね」という社交辞令も真に受けます。 「私から誘いの連絡入れたほうがいいのかな?」「本当に遊びに行ってもいいのかな?」と他人の言葉に惑わされます。しかし真に受ける人が悩むのは意識の根底に「本当は気が乗らない」というのがあることが多いです。だからこそ悩むのです。

真に受けてしまう心理的理由は?

真に受ける人は「冗談が通じない」「あの人はすぐ真に受けちゃって」とマイナスな見方をされがちです。では、すぐ真に受ける人はどのような心理で真に受けているのでしょうか。

自分に自信がない

すぐ真に受ける人は自分に自信がないことがあります。自分の意見があったとしても他人に「これはこうだよ」と言われると真に受けてしまいます。自身のない自分の意見よりも、他人の意見を信じてしまうからです。 特に強く助言するような人には真に受けやすいです。強く言われるほど相手の自信を感じてその人の言葉が正しいと信じて疑いません。 そうやって真に受けている人を見て周囲の人は従わせようとすることもあります。それは真に受けている人が自信がないことを察しているからです。

物事をネガティブにとらえている

すぐ真に受ける人は長年そういう性格のためいじられることがあります。自分に対して否定的な言葉を見聞きするとすべて真に受けてしまいます。そのためネガティブな思考に向かいやすくなります。 一旦思考がネガティブになると悪循環でちょっとした冗談も「自分は嫌われている」ととらえることもあります。

嫌われるのを恐れている

他人にお世辞を言われたとき、返事に困ることはありませんか?「スタイルがよくてうらやましい」と外見のことをほめられたとします。「ありがとう。よく言われるの」なんて返事をしてしまうと「調子に乗っている」と思われることがあります。 お世辞を言う人は相手をいい気持ちにさせようとしています。しかしその反面、相手の様子をうかがおうともしているのです。すぐ真に受ける人は自分の返事によって相手に嫌われるのを恐れて真に受けるのです。

そもそも本気で冗談やいじりが通じていない

冗談やいじりを真に受けようと思って真に受けるのではない人もいます。それは本気で冗談やいじりが通じていない人なのです。 なぜかと言うと他人の言葉の中に「自分に当てはまる」と思うことがあるからです。口癖や話し方をまねされてムスッとしたことはありませんか? 相手は冗談だったり笑わせようとしていじったのかもしれません。でも自分の話し方にコンプレックスを抱いているために真に受けるのです。

好意をもつ相手が自分を好きだと信じたい

恋愛で盲目になるとすぐ真に受けてしまう人がいます。それは、好きな相手が自分を好きだと信じたいという心理からくるものです。 期待しているから「今度飲みに行きましょう」という社交辞令を真に受けてしまいます。「かわいいね」「素敵なヘアスタイルだね」というお世辞も自分に好意を示していると受け取ってしまいます。 社交辞令やお世辞を真に受けて好意があると信じてしまうので、振られたときに余計傷ついてしまうのです。

冗談を聞く余裕がない

真に受けるとき、実はストレスや忙しさで冗談を聞く余裕がないこともあります。普段はそんなことない人でもストレスで考えが狭くなることがあります。 いつものように冗談を言ったりいじったりしたら相手が怒ってしまったことはありませんか?そういう時はストレスや忙しさで気持ちに余裕がなく、冗談を真に受けて怒っているかもしれません。

全ての言葉を真に受けていると精神的に疲れてしまう

全ての言葉を真に受けてしまうと精神的に疲れてしまいます。人の言葉を真に受けるということは、いいことだけでなく否定的な意見も受け入れてしまうからです。それに世間には真に受ける人をからかったり、馬鹿にしたりする風潮があるのも現実です。 インターネットが普及して多くの人がSNSを利用しています。不特定多数の人が見ているところに否定的な書き込みをする人もいます。自分のことが書かれていたらショックを受けるのは当然のことです。でも、すぐ真に受ける人はもっと深刻に受け止めてしまうのです。 SNSに書かれた悪口を受け流すことはなかなかできることではありません。でも全ての言葉を真に受けてしまっては自分が追い詰められてしまうだけです。

他人の言葉を真に受けずに生きるための方法

他人の言葉をすべて真に受けると、否定的なことまで受け入れて精神的に疲れてしまいます。真に受ける性格の人は真面目で純粋な人が多いので、それ自体が悪いわけではありません。しかし精神的に疲れないように他人の言葉をすべて真に受けないように生きることも必要です。

真に受けることを取捨選択する

真に受けること自体は悪いことではありません。でも全てを真に受けていては疲れてしまうので他人の言動をどう受け入れるか取捨選択する必要はあります。 否定的な意見や単なる悪口は真に受ける必要はありません。自分にとってプラスになることは真に受けて、マイナスになることは受け流すようにしましょう。 すぐ受け流すことは難しいでしょう。それまで真に受けてきたのですから。少しづつでも真に受けないことができれば気持ちが楽になるはずです。

「自分が思うほど他人は自分に興味がない」という思考をもつ

真に受ける人は他人から嫌われるのを恐れたり他人の言葉に惑わされたりします。真に受けやすくて精神的に疲れている人は他人の目を気にしすぎてはいませんか?嫌われないようにと振る舞うために真に受けるのは大変なことです。 お世辞や社交辞令に惑わされるのも疲れてしまいます。言った人は挨拶がわりだったり、覚えていないことだってあります。 つまり、自分が思っているほど他人は自分に興味がないのです。そう思えば気持ちが楽になりませんか?悪口を言われた人はずっと覚えているのに言った人はすぐに忘れるのと同じです。

SNSから離れる時間をつくる

インターネットが普及してSNSを利用している人も大勢います。SNSでは本人にその気がなくても投稿した内容が他人を傷つけていることもあります。 仲のいい友人が女子会をしたというSNSの投稿を見てどんなことを思いますか?そこに「ずっと変わらない友情」なんて書かれていたら気にしませんか?誘われなかった自分に落ち込んでしまうかもしれません。 真に受ける人はSNSを見てその投稿をネガティブに受け止めてしまうことがあります。それならいっそのこと、見なくて済むようにSNSから離れてみるといいかもしれません。

真に受けること自体は悪いことじゃない

真に受けること自体は決して悪いことではありません。なぜなら他人に誠実で正直だからです。 しかし、なんでもかんでも真に受けていたら自分自身が疲れてしまいます。他人の言動をすべて真に受けず、受け止めるものと聞き流すものを選択するようにしましょう。意外と相手は意識していないこともあります。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

いいお

看護師、保健師の資格を持っています。現在看護師として働いています。学生時代、新人時代にうつで辛い日々...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事