2019年04月16日公開

2019年06月15日更新

温和な性格の人の特徴・心理。温和になるためには?

温和な性格の人に対して、どのような印象がありますか。温かい優しいイメージがあるのではないでしょうか。ここでは、温和な性格の人の特徴や心理を解説し、温和になるための方法を紹介します。あなたの温和な性格度診断もありますのでぜひ、診断をやってみてください。

場を和ませてくれる温和な人

温和な人は、その場にいるだけで、ほんわりと場の雰囲気を柔らかくしてくれます。場の雰囲気を和ませてくれる、抜群の癒し効果を持つ存在です。そんな温和な人は、老若男女問わず、誰からも好かれ、必要とされる人物です。それでは、「温和」についてもっと掘り下げて見ていきましょう。

温和の意味とは?温和な人とはどんな人?

「温和」には、「気候が穏やかで、激しい変化がないこと」、「性格が落ち着いていて、優しく穏やかな様子」、「角が立たずに物事が相手に受け入れられやすいこと」という3つの意味があります。どの意味にも、穏やかで丸いニュアンスが含まれていることがわかります。 つまり、温和な人とは、落ち着いていて、穏やかで、優しい人のことを指します。温和な人は、怒ることが滅多になく、人当たりのいい人です。 「温和」と同様に「おんわ」と読む漢字が違う「穏和」という言葉があります。どちらも穏やかな様子を表しているという点では同じですが、気候に対して「穏和」は使いません。 「おんわな気候」のときは、「温和な気候」というように、こちらの「温和」を使います。気候以外には、「温和」と「穏和」どちらを使っても良く、同じ意味を表します。

温和な人の特徴

温和な人は、一緒にいるだけで自分も優しい気持ちになって、穏やかな時間を過ごすことができる不思議な力を持った人です。誰に対しても平等に優しく、いつも落ち着いている温和な人には、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

気が利く優しい人

温和な人は、とても優しいことが特徴です。温和な人の心には、いつでも余裕があるので、周囲に気を配ることができます。自分のことでいっぱいになって、起伏が激しくなることもありません。いつでも、人を優しく包み込んでくれます。 温和な人は、周囲をいつも気にかけているので、誰が何を考えているか、何を望んでいるのか、何に悩んでいるのかを察することができます。だから、温和な人は気が利くのです。

物事を冷静に落ち着いて考えられる人

温和な人は、物事を冷静に落ち着いて考えることができます。心に余裕があるので、一歩引いて客観的に物事を捉えることができることが特徴です。 温和な人は、どんなときでも落ち着いて物事を見ているので、迅速に対応する力もあります。また、周囲の意見に流されることなく、自分の考えをしっかりと持っています。その場の雰囲気に流されることなく、的確な判断ができるというのも温和な人の特徴です。 そんな温和な人は、周囲からとても頼りがいのある人物として周知されています。

聞き上手な人

温和な人は、人の話を真剣にしっかりと聞くことができるという特徴があります。温和な人は心に余裕があるので、相手を受け止めること余裕も持っています。温和な人は、相手に対しての思いやりや気遣いにあふれているので、話を肯定的に聞く姿勢があり、の相手言葉1つ1つを注意深く聞いています。 温和な人は、常に落ち着いているので、相手の話の内容を、整理してしっかりと理解しています。だから、相づちや質問も的確で、それが相手に「ちゃんと聞いてるよ」という合図になるので、相手からの信頼に繋がります。

滅多に怒らない人

温和な人は、イライラしたり些細なことで怒ることはありません。滅多に怒ることがないのが、温和な人の特徴です。常にイライラしてる人や、ちょっとしたことですぐに怒る人、不機嫌になる人には自分から声をかけたり、話をしたりするのが億劫になってしまい、親しくなりにくいですよね。 温和な人には、そんなちょっとややこしいなと敬遠してしまうような面はありません。たとえ、少し気に障るようなことがあったとしても、すぐにカッとなったり不機嫌になったりせずに、温和な人は、相手の意図を読み取ろうとして、相手の気持ちを考えます。

また、温和な人は、気持ちをすぐに切り替えることができるのが特徴なので、怒ることが滅多になく、いつでも笑顔で穏やかなのです。 ただし、温和な人は、滅多に怒らない分、怒るととても恐いです。滅多に怒らない温和な人が、怒るということは相当な理由があるはずですので、しっかりとその理由を考えましょう。

温和な性格の人の心理は?

温和な人はどうして誰にでも易しく、いつでも落ち着いて、周囲の人に気を配ることができるのでしょうか。温和な人の特徴を知った上で、次は、温和な人の心理にせまってみましょう。

温和な人は心に余裕がある

温和な人は、いつでも自分の心に余裕を持っています。だから、相手を受け止めることもでき、ハプニングが起っても慌てることなく落ち着いていることができます。

温和な人は、人は誰でも失敗もするし、間違いもあるということをちゃんとわかっているので、常に完璧でないといけないという概念に縛られていません。 温和な人は、良い意味である程度は諦めているのです。常に完璧でいることが不可能であることをわかっているので、自分に余裕を持つことができ、他人に対しても寛容な心を持つことができるのです。

また、温和な人は、常に完璧であることを求めないので、失敗を引きずることはありません。失敗することが悪いことだという考えはなく、失敗をどう活かすかが大切だと思っているため、失敗しても気持ちを切り替えることができます。

このように、温和な人は、一つ一つのことにいちいち振り回されることがないので、いつでも余裕を持っていることができるのです。

温和な人はポジティブな思考の持ち主

温和な人の基本的な物事の考え方は、ポジティブです。いつでも前向きに考えることで、物事が良い方向へ進むという考えを持っています。ですから、暗い顔や深刻な顔をして、ネガティブな思考になるよりも、笑顔で笑っている方が良いと考えています。 そのため、どんな場合でも温和な人は、笑顔を絶やしません。心配事があっても、難問にぶち当たっても、笑顔を忘れません。笑顔でいることで、自然と心に余裕が生まれていきます。そんな温和な人の笑顔で周囲の人も癒やされ、安心します。 そうすると、相乗効果で全体の雰囲気が良くなり、物事も良い方向へ進んでいきます。周囲の人全体に余裕を生み出すことになり、物事をポジティブに考える空気を作り出すのです。

温和な人は、失敗をしても、失敗が起っても、チャンスと捉えて果敢に挑む力も持っています。普段、穏やかな落ち着いた温和な人からは、想像できないようなアクティブな一面を見ることができます。

温和な人は自分の感情をコントロールできる

温和な人は、滅多に怒ることはなく、イライラしたりすることもありません。ささいなことで不機嫌になることもありません。それはどうしてでしょうか。 温和な人も、人間なので、イラッとすることや、気に障ることは誰にでもあります。温和な人は、鈍感というわけではなく、自分の感情をうまくコントロールする力を持っているのです。

温和な人は、変化を恐れず、むしろ変化を喜んで受け入れることができます。温和な人は、ポジティブな思考の持ち主なので、変化は自分が成長するチャンスだと捉えるのです。だから、予期せぬアクシデントが起っても、突発的な変化をプラスのこととして受け止めることができるので戸惑うことはありません。

温和な人は、相手の感情に対しても興味を持っているので、気に障るようなことや腹立たしいことがあっても、相手のその言動について知ろうとします。温和な人は、相手の感情を考えて自分の感情を見つめることができるため、自分の感情のみで突っ走ることはありません。

温和な人は、慌てたり不機嫌になってしまいそうな予期せぬハプニングに巻き込まれたときは、そのことを良い方向に切り替え、イライラするような出来事があった時は、相手の思いや感情を考えるので、自分の感情をコントロールすることができるのです。

あなたは温和な人?温和度診断

ここまで「温和な人」の性格や特徴などを解説してきました。ではここで、あなたは温和な人なのか、あなたの温和度を調べてみましょう。 以下の問いにYes/Noで答えてください。Yesの数が多いほど、あなたは「温和な人」ということになります。

1.イライラしたり、怒ることはほとんどない Yes/No 2.自分の話をするより、人の話を聞く方が好き Yes/No 3.気が利くとよく言われる Yes/No 4.ちょっとやそっとでは、驚いたり、慌てたりしない Yes/No 5.チャレンジ精神が旺盛である Yes/No 6.人の悪口は言わない Yes/No 7.気持ちの切り替えをすぐにできる Yes/No 8.感受性が豊かである Yes/No 9.物事をポジティブに考える事ができる Yes/No 10.家族や友人、周囲の人を大切にしている Yes/No

温和になるためには?

温和な人のことを知って、あなたも温和な人になりたいと思ったのではないでしょうか。温和な人には、たくさんの人を寄せ付ける魅力がたくさんあることがわかったと思います。では、ここからは、温和な人になる方法をご紹介します。

規則正しい生活をする

温和な人になるために、まずは規則正しい生活をするようにしましょう。しっかりと睡眠を摂り、3食しっかり食事を摂って、適度な運動をしましょう。穏やかに過ごすためには、体調管理が重要です。 体調が整っていないと、穏やかな気持ちになることも、ポジティブな考え方もできません。体が疲れていると、心に余裕を持つことが出来なくなります。 科学的にも、睡眠不足になると「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンという物質が不足し、心の安定を損ねることに繋がると言われています。このセロトニンという物質には、心を安定をさせる役割があり、セロトニンが不足するとイライラしたり怒りっぽくなってしまいます。 「幸せホルモン」であるセロトニンを増やすためには、規則正しい生活をすることが大切になります。

ネガティブな発言をしない

温和な人には、周りをも穏やかにする力があります。それは、温和な人が前向きで心に余裕を持っているからです。 ポジティブではない人が、急にポジティブに考えるようになるのは少しハードルが高いですよね。ネガティブな人は、無意識に悪いことを考えて、その負の感情を口に出してしまいがちです。 「言霊」というものをご存じでしょうか。「言霊」とは、「言葉に宿る力」のことを言います。つまり、口に出したことがその通りになってしまうということです。だから、ネガティブな発言をしてしまうと、ネガティブな方向へ向かってしまうのです。 ポジティブな考え方になるには時間がかかるときは、ネガティブな発言は控えて、ポジティブな発言をするように心がけましょう。ポジティブな言葉を口にするだけで、物事がうまく進むような気がして、心に余裕を持つことができます。そのことが良い結果へと繋がっていきます。 ネガティブな発言をせず、ポジティブな発言で気持ちに余裕を作りましょう。

自分自身をよく理解する

温和な人になるために、自分自身のことをよく理解しましょう。 心に余裕を持つためには、自分の限界を知ることが大切です。自分の限界以上のことをしようとするとパンクしてしまいます。自分の限界を知り、限界めいいっぱいのことをするのではなく、なにか不測の事態が起っても対処できるように、限界の8分目までで止めるようにしましょう。

また、自分が何をしたいのか、自分の幸せは何かなど、自分がそういう事に対して、そうんな感情を抱くのかをしっかりと理解することが大切です。 自分の感情を理解すると言うことは、自分の得手不得手をわかるということです。得意なことと不得意なことを理解することで、自分の感情を予測することができるようになり、自分の感情をコントロールできることに繋がります。

自分の感情をコントロールすることができれば、些細なことで怒ったり、イライラしたり、不機嫌になることもありません。いつでも穏やかな温和な人に近づくことができます。

誰もが憧れる温和な人

いかがだったでしょうか。温和な人を知って、温和な人になりたいと憧れたのではないですか。温和な人は、誰からも好かれる人気者です。周囲の人たちを癒やす力を持っています。そして、温和な性格には、その人自身が幸せに毎日を送る効果もあります。 あなたも、温和な人になって、たくさんの人に囲まれて、穏やかな気持ちで幸せな毎日を送ってください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事