2019年04月16日公開

2019年06月15日更新

鈍感な人の特徴・性格。鈍感な人との恋愛を成功させる方法は?

好きになった人が鈍感!何をやっても気づいてくれない!わかりやすいアピールをしているはずが、伝わっていない!そんな鈍感な人相手の恋愛に苦労している人のために、鈍感な人の特徴や性格を探ってみました。鈍感な人との恋愛を成功に導くためには、こうすればいい!

鈍感な相手が自分の好意に気づかない!

鈍感な人を好きになってしまって、お困りでしょうか?人からの好意に対して、ものすごく鈍感な人、いますよね。バレンタインデーに、明らかに本命のチョコをあげているのに、義理だと思っているとか。「可愛い」ってその子だけに何回も言っているのに冗談だと思っているとか。 これ以上のアピールは、もう告白するしかない。でも告白するには相手の気持ちも探りたいのに、こちらの好意には気づいてくれない。そんなアプローチのしにくい鈍感な人相手に苦戦している方へ、鈍感な人の特徴や性格、そしてうまく恋愛成就にいたる方法をお伝えします。

鈍感の意味とは?鈍感な人ってどんな人?

「鈍感」とは、感じ方がにぶいことを表します。つまり、色々なことに対して、あまり気が付かない人のことを鈍感といいます。逆の言葉は「敏感」です。 人は周りの視線や言葉、雰囲気など様々なことから情報を得ています。鈍感な人は、そういった情報を得ることがあまり得意ではありません。ちょっとしたことには当然気が付きませんし、大きな変化であっても人から指摘されるまで気づかないことが多いです。 鈍感な人は「えー、気づいていなかったの!?」と人からびっくりされることが多いです。

鈍感な男性の特徴

鈍感な男性は以下のような特徴を持っています。あなたの好きな相手は、鈍感な男性の特徴に当てはまりますか?

穏やか

鈍感な男性は、とても穏やかな人が多いです。穏やかということは、あまり周りからの刺激に反応していないということです。つまり周りをあまり気にしていない=気づいていないということなのです。 感情の起伏もあまりなく、ニコニコしていることが多いです。恋愛に対してだけでなく、仲間に馬鹿にされたりしていることにも気が付きにくいです。そのため、あまり対人関係で悩んでいることがありません。

流行にのっていない

鈍感な男性は、恋愛だけでなく他の面でも鈍感です。今どんな服が流行しているのか、どんな髪型が流行しているのか、そんなことには無頓着です。服は着られればいいし、髪型はだいたいいつも同じです。ちゃんとオシャレすればかっこいいのに…ということもよくあります。 鈍感な男性は、最近流行っているものの話をしても、たいがい知りません。また知らないことに対して、特に焦りはなく、「へ~、そんなの流行ってるんだ~」程度の興味しか示さないことが多いです。

自分が鈍感だとは気づかない

鈍感な男性は、自分が鈍感であるということにも、当然のことながら気づきません。かとって、自分が敏感だと思っているかというと、そうではありません。自分が敏感な人であるか鈍感な人であるか、といったことに対して興味がないのです。 そのため友人から「鈍感すぎるだろ!」と言われても、いったい何を指してそう言われているのか見当もつきません。説明をされて、びっくりするようなことが多々起こります。

あまり人に興味がない

鈍感な男性は、割と人に興味がない人が多いです。興味があると、観察したり話を聞いたり、相手のことを知ろうとする行動をします。でも鈍感な男性は、たいして人に興味がありません。好きになった相手であれば多少は興味もありますが、鈍感ではない男性に比べたら、全然関心がないくらいです。 人が嫌いなわけではないので、友達はいますが、あまり自分から誘って出かけるということはなく、誘われたから行く程度です。 また街中で誰もが二度見するような面白い人を見かけて、「さっきの人、こうだったね」と話しても、たいがい「え?そんな人いた?」と気が付いていません。そのくらい人に興味がありません。

自分の話は嬉しそうにする

鈍感な男性によくいるのが、自分の話はとても嬉しそうにする人です。これは相手がどんな顔をして聞いているのか、そこはあまり関係なく話します。相手が「こっちの話も聞いてほしいなあ」と思っていても気が付きません。自分の話をすることに夢中です。 相手の気持ちとズレていることが多い割に、そのことに気が付いていません。鈍感な男性は「今日のデートは楽しかった」と思っているのに、フラれた…なんてことも、起こります。

髪型の変化など気づいたためしがない

鈍感な男性は、人の変化にも全く気が付きません。髪の長かった女友達が、急に丸刈りになっていたら、さすがに気が付きます。でも、そのくらいの変化でなければ気が付きません。人の印象を非常にぼんやりとしかとらえていないためです。 服装のテイストの変化やネイル、お化粧など女性が気づいてほしいようなところには、絶対に気が付かないと言っても過言ではないくらい気が付きません。

鈍感な女性の特徴

女性は悪いと鈍感ではない人が多いですが、それでも鈍感な女性は存在します。鈍感な女性はどのような特徴があるのでしょうか?

可愛いのに恋愛経験は少ない

見た目にとても可愛らしいのに、恋愛経験は少ないという女性いますよね。そういう女性は、割と鈍感な女性であることが多いです。 可愛らしいということは、それなりにアプローチをかけてきていた男性がいたはずです。それなのにあまり恋愛に発展しなかったということは、気づいていなくてそのまま終わったというパターンが多い可能性が高いのです。

天然と言われている

鈍感な女性は、基本的に「天然」と呼ばれる部類に入ります。ぼんやりしているため、空気が読めなかったり、うっかりミスを連発していたりします。そしてそれを自覚していません。自覚している人は、意識的に天然や鈍感を演じています。 鈍感な女性というのは恋愛関係だけではなく、日々の暮らしでも鈍感さを発揮しているのです。忘れ物も多く、探し物をしている場面もよく見かけます。それが鈍感な女性の特徴です。

自分に自信がない

鈍感な女性の特徴として、自分に自信がないというのも挙げられます。傍目にはモテそうに見えても、本人はそう思っていません。自分に自信がないため、男性が自分に好意を寄せてくれているということに全く気が付かないのです。 そういう鈍感な女性は、好意を寄せていると伝えると、ひどくびっくりします。「わたしなんかのどこがいいの?」と聞いてきたりもします。

自分に合わない服を着ている

鈍感な女性は、自分がどういう雰囲気を持っているのかわかっていません。周りの目を気にしないため、自分の雰囲気に似合うかよりも、好きかどうかで服を選びます。 そのため、ふわっとした女性らしい恰好が似合いそうなのに、なぜかパンクっぽい恰好をしていたりします。割と雰囲気と服装が合わないのが、鈍感な女性に見られる特徴です。

スマホが使いこなせない

元々女性は電子機器には弱いのが定番ですが、鈍感な女性はもっと弱いです。なぜかというと、恋愛に対して鈍感ということは他の部分も鈍感だからです。つまり、世の中の流れに乗っていないため、未だにガラケーを愛用していたり、スマホでも最低限しか使っていなかったりします。 鈍感な女性は、SNSのID交換なども非常に手間取ります。めったに使わない機能だったりは、一回教えても覚えません。それは、そういったものを使っての交流に興味がないからです。

人が鈍感になる理由は?

そんな鈍感な人達。でもどうして鈍感になってしまっているのでしょうか?鈍感な人の性格や心理面を深く見ていきましょう。

マイペース

鈍感な人は、マイペースな性格をしています。それはつまり、人よりもゆっくりと生きているということです。ゆっくり生きているがゆえに、普通人が気づくスピードでは気が付きません。周りがみんな気づいたあとで、なんとなく気づき始めるくらいのスピード感なのです。 また、鈍感な人は、そのマイペースさを、ずっと許されてきた人です。ゆっくり進んでいても、見守ってくれる穏やかな親の元育っていることが多いです。家族全体がマイペースなこともよくあります。

面倒くさい

鈍感な人は、「面倒くさいな」と感じることが多いです。気を張れば、人並みに色々気が付くこともできるのですが、気を張って過ごすことに面倒くささを感じてしまうのです。そんな無理をして気を張って色々なことに気が付くことに意味を感じません。 そんな気を張っていたら疲れてしまうし、疲れることはしたくないと考えています。よく言えば、とても肩の力が抜けているリラックスした状態で生きることができている人と言えるのです。

鈍感が心地いい

鈍感な人は、鈍感でいる自分に心地よさを感じています。なぜかというと、鈍感であると、人との関わりで起こる摩擦に気づかずいられるからです。鈍感であるという自覚はありませんが、今の状態が楽であることは知っています。 鈍感でいることが心地いいため、特に頑張って敏感になろうとか、気が付くよう努力しようとかそういった動きにはならないのです。

好奇心があまり湧かない

鈍感な人は好奇心があまり湧きません。例えば「のぞくな」と書いている穴があったら、好奇心の強い人なら必ずのぞくと思います。でも、鈍感な人は、その穴の存在にすら気が付きません。気づいたとしても、特にのぞきたいとは思いません。 それは鈍感な人は、これってどうなっているのか気になるという好奇心が弱いからです。別の言い方をすると、興味の幅が狭いです。好きなことや趣味はなくはないですが、それほど多岐に渡ることはありません。 ひとつのことを、ずっとやり続けていたりすることが多いです。

鈍感な人と上手に恋愛するには?

そんなアンテナの少ない鈍感な人相手と、上手に恋愛していくには、どういうコツが必要なのでしょうか?

鈍感な彼氏・彼女とうまく付き合うには?

あなたの彼氏や彼女が鈍感である場合、相手の鈍感さが原因でイライラすることがあるでしょう。察してほしいのに、全く気付いてくれない。それで怒っても、まったく響いている感じもしない。そういったことが付き合っていく中で、よく起こります。 鈍感な人は穏やかなので、それで喧嘩にはなりませんが、気づいてもらえない方はストレスが溜まりますよね。でも鈍感さというのは、先ほども言った通り、治せるものではありません。しかも、その鈍感さがその人の良さを引き出しているのです。 鈍感な人と、うまく付き合っていく中で、かかせないことは「はっきり言うこと」です。自分のして欲しいことや、気づいてほしいことは、ちゃんと言葉にして伝えることが必要です。 はっきり言ってしまうのは負けたような気持ちになってしまうかもしれません。またはっきり言わないと気づかないのは愛情がないからだと感じてしまうかもしれません。でも違います。愛情がないから気が付かないのではないのです。愛情があるけど、気がつけない人なのです。

だから、鈍感な人には、はっきりと伝えてあげることが一番大事なのです。どうしても気持ちを察してもらいたいのであれば、敏感な人でないと難しいです。

好きな人が鈍感な時に振り向かせるには?

鈍感な人を振り向かせるというのは、一番の難所だと思います。なんせ相手は、なかなか気が付かない人です。今までアプローチしているつもりだけど気が付いていないということは、それは相手にとってはわかりやすいアプローチではないということです。 鈍感な人相手の時は、まず自分を異性として意識してもらうことが必要です。そうしないとその他大勢の中に埋もれてしまいます。それには、もう告白しているくらい非常にわかりやすいアプローチを、幾度も重ねてかけていくことが有効です。 一回では、冗談かと思う可能性があります。幾度も重ねることで、「あれ?もしかしたら」と意識し始めてくれます。意識してくれて、初めて土俵に上がれたくらいです。でも意識してくれたら、あとは真剣であることを伝えればいいのです。

鈍感な人相手の恋愛は、自分という存在に気が付いてもらうというステップが入ることが通常の恋愛とは違います。鈍感な人は、色々なことをぼんやりとしかとらえていないので、ちゃんと存在をアピールしないと、本当に背景と同じように思っている時すらあります。 だからこそ、その部分を念入りにやっていくことが、鈍感な人を振り向かせるためのコツです。

鈍感度診断!あなたも鈍感かも?

もしかしたら、あなた自身も鈍感なのかもしれません。鈍感度を診断してみませんか?以下の質問に<はい/いいえ>でお答えください。 ①よく忘れ物をする ②人の名前と顔がいまいち覚えられない ③友達の髪型の変化にほぼ気が付かない ④あまりいじめというものに遭遇したことがない ⑤マイペースだねとよく言われる ⑥今流行っているお笑いが誰か言えない ⑦天然だねとよく言われる ⑧恋愛経験は少ない ⑨授業中にぼんやりと空を眺めていることが多かった ⑩あまり感情的にならない 6個以上当てはまるようなら、鈍感な人の可能性があります。もしかしたら、知らないうちに想いを寄せられていたことがあったかもしれません。もし8個以上当てはまるなら、確実に鈍感な人です。周りに自分が気づいていなくて困ったことがないか聞いてみてもいいでしょう。

鈍感な人が上手に恋愛するには?

では今度は逆に、実は鈍感であったことに気が付いた人が、上手に恋愛をするにはどういったコツがあるのでしょうか?

先に言っておく

鈍感な人が上手に恋愛するには、相手に先に自分が鈍感であることを伝えておくといいでしょう。鈍感だから、あまり気が付いていないことが多い。だから思ったことがあったら、はっきりと言ってほしいと言っておけば、相手もはっきり言ってくれます。 そうすることで、気づいてくれなかったと責められることもありませんし、愛情がないと泣かれることもありません。また逆に愛情がないから気づいてくれないのではと変に相手を不安がらせる心配もありません。

はっきり言うようにする

鈍感な人が上手に恋愛をしたいときは、自分からはっきり言うようにするといいです。日頃から照れずに「好きだよ」「幸せだよ」「一緒に居たいよ」と伝えていると、相手も同じようにやってくれるようになります。 また日頃から気持ちをはっきり伝えることで、相手が気が付かないから愛情がないと誤解することを防げます。きちんと気持ちを言葉にしておくということは、とても有効です。最初は照れるかもしれませんが、相手のためと思って、ここは頑張ってやってあげましょう。

友達に助けてもらう

自分が鈍感であまり気が付けないと思うときは、友達の手を借りるのも有効です。友達が気づいた変化を教えてもらうのです。「髪型が変わったよ」とか「新しい服を着ていたよ」とか。そういったことを前もって教えてもらうと、褒めることができます。 気づいてほしいというのは、つまり褒めてほしいということです。だからこそ自分が鈍感だと気づいた人は、友達の気づける目を借りて、相手の変化を褒めましょう。

自分の鈍感さを直すには?

鈍感さはなかなか直らないと言いましたが、それでも直したいという人のために直す方法をいくつかあげます。

敏感な友達と過ごす

敏感な友達と過ごすと、敏感な人がどういったことに視線をやって気が付いているのかという学びになります。街中を一緒に歩いていても、鈍感な人は、ぼんやりと風景を見ていますが、敏感な人は様々な情報を得ています。どこをどう見て情報を得るのか教えてもらうのです。

形から入る

鈍感な人は流行にのらないと言いました。ということは最先端の雑誌などを見ることも鈍感さを治すには有効です。新しいもの、今みんなが興味を持っているものに、あえて触れるようにするのです。そしてお店に出かけましょう。流行の服を着ることで、少し見える世界が変わるかもしれません。 服だけでなく、その時に流行っているものを体験してみるのもいいと思います。興味がないと思っても、やってみたら意外と楽しいということはあります。

感覚を鍛える

鈍感な人は、たいがいの感覚が、良くも悪くも鈍いです。なので、色々な刺激を受けるようにすることはおすすめです。音楽鑑賞に出かけたり、美術館に出かけたり、時には絶叫マシーンに乗ったり。あえて非日常の中に飛び込んでいくようにしましょう。 感覚というのは少しずつ鍛えることができるものです。時間はかかるかもしれませんが、刺激を増やすことで鈍感さを直すことを期待できます。

鈍感さは生きる力

鈍感な人を好きになってしまって、アプローチに難渋しているかもしれません。でも鈍感さというのは生きる力です。鈍感な人は、とてもたくましい精神を持っています。きっとそういう安定したところに惹かれたのだと思います。たくましい精神は、なかなか得られるものではありません。 とはいえ、あまりにも鈍感すぎるのは考え物ですよね。たまには気づいてほしい時もあるでしょう。基本は鈍感でも、時々鋭いくらいが一番いいのかもしれません。 もしあなたの好きな人が鈍感が過ぎる人だったら、ぜひどんどん遊びに連れ出してあげてください。感覚を刺激することで、少し鈍感さがやわらかくなります。もしあなた自身が鈍感で困っている人なら、意識的に色々なことにトライしてみましょう。 鈍感な人との恋愛は、始まるところまでが難しいです。お付き合いが始まってからも、その鈍感さ故にすれ違いが起こりやすくなってしまったりもします。でも鈍感な人だからこそ、ゆったりと力を抜いて接することができることも事実です。ぜひ上手に鈍感な人を振り向かせてくださいね!

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

aiirococco

公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。自分のことを知れば、もっと生きやすくすること...

人気記事

新着記事