2019年04月18日公開

2019年06月16日更新

皮肉屋の人の特徴・性格と皮肉を言う心理。皮肉屋の上手な対処法

皮肉屋の人とは、会話の端々に皮肉や嫌味を織り交ぜてくる人のことです。こういった人との付き合いは、表面上の言葉の他の意味を探ってしまい、疲れが生じて来ますよね。皮肉屋の人の特徴や心理を知り、皮肉屋の人との付き合いに役立てていきましょう。

すぐ嫌味を言う「皮肉屋」周りにいませんか?

あなたの周りに、すぐに嫌味をいう「皮肉屋」の人はいませんか?一見、なんの問題もないような言葉でも、よく考えたら「今のって皮肉じゃない?」と思うことがあると思います。 皮肉に対して返す言葉は、すぐには思いつかないものです。なので、皮肉屋の人との付き合いは、気疲れしてしまうのでしょう。 今回は、皮肉屋の人の特徴や心理に触れて、皮肉屋の人とどんな風に接していけばいいのかを、ご紹介します。

皮肉屋の意味とは?皮肉屋な人ってどんな人?

皮肉屋とは、会話の端々に皮肉や嫌味を織り交ぜてくる人のことを指します。表面的には、温厚に見えるのが特徴です。ニヒリストや現実主義とも呼ばれることがあるのが、皮肉屋です。共通点は、言葉の要所にトゲがあることです。 「褒められているようで、実はけなされている?」と感じたことはありませんか?思ったほどの成果を出せなかった時に、「君にしては頑張ったね」などと言われると、褒められているというよりは、自分はあまり期待されていなかったのかも知れないと感じます。 相手を傷つけたいわけではないけど、正直に的を射た発言をするので、時に非難する形になってしまいます。それが、皮肉屋です。

皮肉屋な人の特徴と性格

皮肉屋な人というのは、珍しい存在ではありません。あらゆる場面で、皮肉屋な人と遭遇する確率は多いでしょう。皮肉屋について、少しでも知識があれば、対処できることもあります。 では、皮肉屋な人の特徴とは、どんなものがあるのでしょう。皮肉屋な人の性格にも触れながら、ご紹介します。

余計な一言が多い

皮肉屋な人と接していると、「一言多い」と感じることがあります。その一言がなければ、素直に喜べることも多いでしょう。人を素直に褒めるということに抵抗があるので、どうしても最後には皮肉めいた一言がつきます。 「今回のプレゼンすごくよかったよ、いつもこれくらい出来るといいのにね」など、途中までの褒め言葉で、つい浮かれてしまっても最後の一言で気分は台無しです。 わざとであってもなくても、皮肉屋な人は自然とこの一言がついてくることを覚えておきましょう。皮肉をいっている自覚がない人は、当たり前のようにさらりと余計な一言を付け足します。

ネガティブになりやすい

皮肉屋な人には、ネガティブになりやすい特徴があります。自分のことよりも、人のことに意識を向けがちなので、人に対してネガティブな発言をしやすいのです。その発言は、皮肉を含んでいることも多いでしょう。 夢や目標を持ち、輝いている人をみたりすると、その輝きが気に入らないので、相手から輝きを奪うような発言をします。そして、いうだけでなく心でも、ネガティブな気持ちを抱えています。 人の気持ちをばかにして、砕くような発言の中には、寂しさも表れています。自分がそれほど、輝けないことを知っているからです。皮肉屋な人は、自分がネガティブなことばかり口にしているのを、しっかり自覚しているのです。

危険を冒さない

危険を冒さないのも、皮肉屋な人の特徴です。皮肉屋な人は、失敗を恐れるので、リスクを伴うことには手を出しません。自分の身を守ることを、優先的に考えます。 最初から手を出さなければ、失敗もしないので人から責められません。人が手を出して失敗すると、思い切り人のせいにできるので、大体は人任せにすることが多いでしょう。 自分の身を守るためなら、人がいやな思いをしてもかまわないといった気持ちもあります。危険を冒す勇気はないのと同時に、ずる賢くもあるのが、皮肉屋な人の特徴です。

何かと嫉妬しやすい

皮肉屋な人は、「そこも?」といいたくなるとこまで、嫉妬しやすいところがあります。自分と他人を比べることが大前提なのですが、相手の幸せな姿や笑っている姿をみると、勝手に劣等感を抱いてしまいます。 この劣等感から皮肉や嫌味を口にするのですが、相手が自分よりも明らかに不幸な場合はどうでしょう。不幸な場合でも、実は嫉妬しています。そしてやはり、皮肉を言います。 相手が自分よりも明らかに劣り、不幸だと思っても、周りから同情されたり、救いの手が伸びることが面白くないのです。結局は、あらゆる面で嫉妬しやすいのが、皮肉屋な人です。

噂話が多い

自分の話よりも、他人の噂話ばかりする人っていますよね。そういった特徴も、皮肉屋な人がもつものです。皮肉屋な人は、他人の噂話や陰口にはとても敏感で、そういった噂話で盛り上がることが大好きなのです。 噂話をしたいがために、常に情報収集をしているところもありますが、それらの話が全て本当のことだという根拠もありません。皮肉屋な人は、少し話を膨らませて面白おかしく話すこともあります。 噂話の内容よりも、その噂話に皮肉を含ませて盛り上がることが、楽しくて仕方がないのです。

感情のまま動く

皮肉屋な人は、感情のままに発言します。そして、感情のままに行動します。これは、自分が皮肉屋だという自覚がない人に多い特徴です。 自分が皮肉屋だと気付いてはいませんが、人の気持ちを考えながらしゃべるわけでもないので、あとから「言わなきゃよかった」と思うこともあります。率直な言動は、正直すぎて、相手には皮肉に感じることだってあるのです。 こうした性格は、周りに指摘されるまで気付かないことが多いです。指摘されない以上は、人の気持ちに気付かないまま、突っ走ってしまうことになるでしょう。

皮肉屋になってしまう心理的原因は?

皮肉屋の人と話していて、「この人はどうして皮肉ばかり言うのだろう」と思ったことはありませんか?皮肉屋の人は、それだけことあるごとに皮肉を口にします。皮肉屋の人の心理は、とても気になりますよね。 皮肉を言わない人と、皮肉屋な人の心理にはどんな違いがあるのか、見てみましょう。もしかすると、あなたの中にある心理と、通じているものもあるかも知れません。

他人を認めたくない

皮肉屋な人は、他人を認めたくない心理を持っています。具体的に言うと、自分よりも上であると認めることがいやなのです。それは、自分が格下なのを認めることになるからです。 相手が自分よりも勝っていると、面白くないので、皮肉屋は皮肉を言います。それは相手の欠点でもあるので、欠点を見つけたことですかっとしていますが、そのことで相手が落ち込んだりすると、更に爽快感を感じます。 自分の皮肉で相手が動じたり、ダメな部分が露呈すると、指摘できるだけの能力がある自分が、勝っていると実感します。それは、皮肉屋な人の自信にもなるのです。

自意識過剰になりがち

皮肉屋な人は、皮肉に悪意がなく、ただのユーモアだと思っている場合もあります。場を和ませたり、人を笑わせることのできる自分の能力だと過信しています。確かに、皮肉は時に面白いものになり、場の空気をよくすることもあります。 ですが、これは全ての人に面白いと受け止められるわけではありません。一部の人は、面白くないし、嫌な気持ちになっています。それに気づかず、「自分は人を笑わせられる」と自意識過剰な面をエスカレートさせると、皮肉もエスカレートします。 エスカレートした皮肉は、取り返しのつかない傷となって、人に残ることがあります。皮肉が本当に笑いだけで終わるのか、気を付けて判断しましょう。

自己承認欲求が強い

自分を認めて欲しいと言う心理も、皮肉屋な人は持っています。自分が認められることで、満足して、満足すると皮肉を言わなくなります。逆に言えば、自分が認められるためなら、皮肉や嫌味をいうことに、抵抗がないのです。 こういった自己承認欲求は、他人を尊重するよりも、何事にも自分を一番に置いて考えるようになります。 プライドが高くもあるので、自分が認められないのに、他人が認められたとなると、逆恨みもしやすくなります。この逆恨みが、皮肉に変わり人を攻撃するようになります。

強いコンプレックスを隠したい

皮肉屋な人は、自分の抱えるコンプレックスを隠すために、皮肉を口にすることもあります。自分のコンプレックスをつつかれる前に、先回りして、皮肉で人のことを馬鹿にします。 学歴が低い、容姿に自信がない、こういったコンプレックスを持つ人は「学歴がある人って頭が固くてやりにくいよね」「美人て性格悪くても許されるからいいよね」といような皮肉を口にします。 自分は学歴がないことも、美人でないことも承知の上で言っているので「あなたはどうなの?」と言い返されえることがないことも、知っています。コンプレックスをいじられる前に回避しようという、心理の表れです。

プライドが高い

皮肉屋な人のプライドは高く、そのプライドを砕かれることは、我慢なりません。なので、人には弱みを知られたくないし、自分が人より劣っていると思われたくありません。 努力をしてきて、実績も積んできた人は特に、人の成功を喜びません。「この人も努力したはず」とは思えずに「出し抜かれた」と思ってしまうのです。こういったプライドの高さは、人を見下し、自分の評価を下げることもできません。 気に入らない人に皮肉を言ったり、噂話をあちこちでして、張り合う人の評価を下げ、自分は安定した位置を保つのです。

皮肉屋の対処法!皮肉屋の嫌味に上手に切り返すには?

皮肉屋の人が、皮肉を言うたびにいやな思いをするのだとすると、その皮肉には上手な切り返しが必要です。皮肉を言われるだけでは、もやもやした感情を抱えたままで終わってしまいます。 皮肉屋な人の嫌味や皮肉に、どう切り返していけばいいのか、参考例をご紹介します。

会話を終わらせる

皮肉屋の人との空間が苦痛になってきたら、その会話を終わらせるようにします。話題を変えるでもいいですね。会話を強制的に終わらせるにも、空気を壊さない終わらせ方が望ましいです。 「その話はもうしたくない」とシャットアウトするのではなく、「なるほど、参考になりました、覚えておきます」と、言葉を受け止めた意思表示はしましょう。そしてこちら側で締めくくってしまい、終わらせます。 そうすることで、皮肉屋の人も言いたいことを聞き入れてもらえたと思うので、場の空気も、互いの気持ちも悪いものにはなりません。無難に会話を終えることができます。

ポジティブな言葉で返す

皮肉屋の人は、相手を羨ましく思う気持ちや、言い負かしたい気持ちから皮肉をいうこともあります。あえてポジティブな言葉で返すと、皮肉屋の人は、どんな皮肉も通じないと、逆に言い負かされた気分になります。 例えば「専業主婦はいいよね、家にいて好きなときに好きなことができるし」と言われたら「専業主婦はいいですよ、忙しい分効率よく家事を片付けられます」と返します。皮肉屋の人は、どちらが大変かを比べているので、あっさりとポジティブに認められてしまうと、言い返す言葉が見つかりません。 皮肉が皮肉として通じないことが、皮肉屋の人には消化不良で終わります。「何を言っても通じない」と判断すると、自然と皮肉をいうことも少なくなるでしょう。

笑顔のみで言葉を発しない

皮肉屋の人は、皮肉をいった時の相手の反応を、よく見ています。表情が曇ったり、言い返せない様子で、皮肉が響いていると認識します。そこで、笑顔を意識するといいでしょう。 何を言われても笑顔で対応すると、自分の皮肉が響いていないと感じ、だんだん相手が何を考えているかわからないと思うようになります。内心は言い返したくても、言葉を発しないで、笑顔のみで切り返しましょう。 一度言い返してしまうと、皮肉屋の人もどんどん皮肉や嫌味を盛り込んできます。笑顔で、うんうんと頷くだけで皮肉屋の人は、気まずくなってしまいます。

アドバイスを求める

皮肉屋な人の言葉で、言い負かされてしまうのではなく、そこからアドバイスを求めることも、上手な切り返しの手段です。皮肉を受け止め「どうしたらいいですか?」とアドバイスを聞いてみましょう。 皮肉屋な人は、自分の言葉が正しいと信じています。そして相手の言葉は正しくないと信じています。皮肉の言葉で、それを思い知らせようとするのです。そこで、皮肉を一旦受け止めます。 皮肉が聞き入れられ、さらに意見を求められると、皮肉屋の人も得意げになるので悪い気分にはなりません。実際にアドバイスされた時に、聞き流すだけでも構わないので、相手の気分をよくして、それ以上皮肉を言わせない状況にしましょう。

毅然とした態度を崩さない

皮肉屋な人に毅然とした態度で接すると、皮肉屋の人は自信をなくします。皮肉を言う時は、相手が自分の皮肉で動じるのを期待しています。自信のある毅然とした態度は、皮肉が通じなさそうという印象を持たせます。 皮肉を言われてカチンときても、動じないぞと背筋を伸ばし毅然とした態度を貫くと、皮肉屋な人は、皮肉自体を思いつかなくなります。 目線を外さないことも大事です。目線を合わせてはきはき話すだけで、今度は皮肉屋な人の方が自信をなくしていくでしょう。

皮肉屋診断!あなたも実は皮肉屋?

皮肉屋の人との付き合いは、難しいなと思いますよね。ですが、あなたも実は周りから、皮肉屋だと思われている可能性は、0ではありません。皮肉屋の人は、皮肉を言っている自覚はないのですから。 ここで、あなたにも皮肉屋の要素があるのか、10の診断でテストしてみましょう。当てはまる項目が多いほど、あなたは「皮肉屋」ということになります。 ・素直じゃない ・負けず嫌い ・今の自分に不満が多い ・口喧嘩になりやすい ・人間観察が好き ・上げ足をとるタイプ ・一言多いと言われやすい ・頭の回転が速い方 ・根に持ちやすいタイプ ・人の幸せ祝福できにくい いかがでしたでしょうか?何気ないことでも、実は皮肉屋の要素になってしまうのですね。この診断で、あてはまるものがあるのなら、そこにあてはまらなくなる努力をすることが、皮肉屋から遠ざかる道なのでしょう。

皮肉屋になってしまう自分を治すには?

あなたが、皮肉屋である自覚があり、その皮肉屋な部分を治したいと思うのであれば、自分の発言や考えを見つめなおす必要があります。どこかを変えないと、治るものでもありません。 自分の皮肉で、相手がどんな気持ちになるのかも、考えながら、皮肉屋を治す方法を考えてみましょう。参考になる方法も、ありますよ。

周りと比べない

皮肉屋の人は、無意識のうちに自分と周りを比べています。比べた上で人を評価しています。自分と周りの違いを見つけて、それを指摘することが皮肉や嫌味になってしまいます。 まずは、自分と周りを比較することをやめて、皮肉や嫌味で差を埋めようとすることを避けます。自分は自分、他人は他人と考えるようにしましょう。 比べないことで、相手を見る目も変わります。相手を認めることにもなるので、皮肉っぽい言葉も自然と減るようになります。

発言を見直す

皮肉屋の人は、皮肉や嫌味が自然と出るようになっています。思いついたままに発言をしているので、口にしてかた皮肉だったと気付くことも多いはずです。そこで、一度自分の言葉を見直します。 最初から、皮肉を言わないぞと思っても、ぱっと思いつく言葉が皮肉なので、コントロールは出来ません。会話をしていて、自分が発しようとしている言葉を、いったん飲み込みましょう。 飲み込んだ言葉を、自分の中で繰り返して皮肉になっていないか確認します。考えなしに発言してきた皮肉屋の人には、少し我慢が必要な過程ですが、皮肉屋を治すためには必要なことです。自分の発言を見直しましょう。

自分の性格を把握する

自分がどんな性格か把握して、皮肉屋であることを認めるのも、大事なことです。本来の性格が、皮肉屋だと認めると、言葉に気をつけるようになります。 皮肉屋であることを認めるのは、簡単なことです。そこで開き直ってしまうと、皮肉屋な性格は治りません。謙虚な気持ちで受け止め、自分の発言が皮肉ではなかったかを思い返しましょう。 皮肉や嫌味を言ってしまったあとでも、自分の性格を把握して皮肉屋を認めていれば、「今のはいけなかったな」と思うことができます。そうすると、次に気をつけるきっかけにもなりますし、人が落ち込んだ時に、反省することもできます。

アドバイスと皮肉を間違えない

皮肉や嫌味を言っている自覚がなく、相手のためだと思っている皮肉屋の人もいます。自分の発言に他意はなく、相手のためだと思っているのです。 ですが、言われた方がアドバイスだと受け止めているとは限りません。言葉自体に裏を含んでいると、相手は皮肉だと受け止めます。そうすると結果的に、あなたは皮肉屋のままです。 自分の言葉が、本当に相手のフォローになるアドバイスなのか、ただの皮肉になっているのか、しっかり判断しましょう。

相手の気持ちを読み取る

皮肉屋の人は、頭の回転が速いです。そのため、ぽんぽんと言葉を思いつきますし、多くは的を射たものです。そこで、相手の気持ちにも意識を向けてみましょう。 皮肉屋の人の言葉は、自分の目線であることが多いです。相手の性格をしっかり捉え、自分はこう思うけど、相手はどう思うか?といった部分に視点をおくと、自分の発言は相手にとっては皮肉化かも、と気付くことができます。 自分と周りを比べないことにも通じますが、自分は自分、他人は他人です。それを忘れずに、相手にも考えや気持ちがあることを、知っておきましょう。

皮肉屋は頭が良い一面も持っている?

マイナスなイメージもあり、人からは避けられがちに思える皮肉屋ですが、実は皮肉屋は頭がいいと考えられてもいます。 皮肉と言うのは、一見皮肉だと判断しにくく、よくよく考えたら皮肉だったということがほとんどです。この判断しにくい皮肉を、ぱっと思いつき判断出来る皮肉屋は、頭脳が明晰で、頭の回転が速いということになります。 また、その人の本質を見抜く能力に長けているからこそ、皮肉が言えるという見方もあります。皮肉屋の人には、分析する力があるのです。これらのことから、皮肉屋の人は頭がいいのだと、考えられます。

皮肉屋と上手に付き合おう

皮肉屋の人と接する上で、傷つくこともありますが、いい刺激を受ける部分もあると思います。皮肉屋の人が口にする、的を射た発言は必ずしも、悪いことばかりではありません。物事を前に進めるために、必要な皮肉もあります。 もしもあなたが、皮肉屋の人と接して、ばかにされたと思っても、その皮肉が悪口なのか、必要なものなのかを考えてみてはいかがでしょう。人が皮肉で傷つくこともあると分かったら、自分も皮肉屋かもしれないと思ったタイミングで、言葉に気をつけることもできます。 皮肉屋の人は、時として人を傷つけますが、大事なことを気付かせてくれることもあります。ここで一度、皮肉屋の人に対する見方を、変えてみるのも大事なことかもしれませんね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

96neko

多感な時期にメンタルケアに触れる機会もあり、自分の中で日常的に心理学や偉人の言葉を考える事が当たり前...

人気記事

新着記事