2019年04月19日公開

2019年06月16日更新

注意力散漫になってしまう人の特徴とその原因は?注意力を高める改善方法を解説

あなたは注意力散漫な人ですか?つい注意力散漫になってしまう人の特徴やその原因とは一体どのようなものが考えられるでしょうか。今回は注意力を高める改善方法について詳しく解説していきます。周囲や自身の注意力散漫な状況に悩んでいる人の力になれたらと思います。

注意力散漫になってしまうあなたへ

あなたは注意力散漫になってしまうことはありませんか?自分では気を付けたい、治したいと思っていても、つい注意力散漫になってしまってなかなか治すことができませんよね。 今回は、つい注意力散漫になってしまう人の特徴やその原因とともに、注意力が高まる方法をお伝えします。

そもそも注意力の意味とは?

そもそも、注意力とはひとつの物事に集中させる能力のことです。今まで生きてきた中で、誰かしらにあなたの「注意力」について言われたことがあるはずです。 良くも悪くも、注意力は本人の性格であり気質です。

注意力散漫な人の特徴

では、注意力散漫な人はどのような特徴が挙げられるのでしょうか。具体的に説明して行きたいと思います。

同時進行が苦手

注意力散漫な人は、物事の同時進行が非常に苦手です。例えば、お湯を沸かしながら洗濯機を使い、掃除機で掃除をするという3つ同時進行の日常よくある行動の作業パターンですが、これを作業の途中で失念してしまう人がいます。 また、キッズルームに子どもを預けて買い物をして、そのまま子どもを預けたことを忘れて帰宅してしまった例などもあります。 注意力散漫な人は、「作業を始めた」段階で満足ているのです。「作業を終わった」所まで想像をしていないので、失念してしまうのです。注意力散漫な例は挙げたらキリがないのですが、笑えない例もたくさんありますし、悩んでいる人も多くいるでしょう。

計画的進行が苦手

注意力散漫な人は、物事の計画的進行が非常に苦手です。故、一日の計画を立てて行動するのが非常に苦手です。 注意力散漫な人は、自分でいざ実行しようとして時間を定めても、それを周囲の人に定めて貰っても、すぐに気が散ってしまうので計画そのものが破綻してしまう可能性が非常に高いです。 長期休暇の課題を休暇中に消化できない人は、こういうタイプなのではないでしょうか。

整理整頓が苦手

注意力散漫な人は、整理整頓が非常に苦手です。職場のデスクやカバンの中がぐちゃぐちゃな人はいませんか?そういう人はたいてい、自分の家の部屋も散らかっていて、人を招くスペースも無いはずです。 注意力散漫な人は自己管理が出来ていない人が多いので、乱れきったデスクやカバンの中をまた乱して物を探します。 周囲の人にも迷惑をかけているという思いは無いので、悪びれる様子はありません。

思いついた事を行動に移す

注意力散漫な人は、計画的進行が苦手なので、実行しているものごとからふいに気が逸れることが多々あります。 試験勉強をしなくてはならない日にふとスマートフォンで動画を観はじめたら気が付いた時には2時間経過していたなんてこと、ありますよね。 一緒に行動していたはずなのに、気が付いたら連れの友人がいなくなっており、散々探したらひとりでに別の場所に行っていたり。 注意力散漫な人は決めた約束や行動などの最中でも、ポンと頭に浮かんだ衝動を実行してしまうクセがあります。

ながら作業

注意力散漫な人は、ながら作業をしている人が大変多いです。ながら作業は大変注意力を欠く行為であり、作業によっては危険な行為です。 ひとつの物事に集中して行動すれば良いものを、ながら作業は同時進行しながら行っているので、結果注意力散漫になっていることが多々あります。

注意力の4つの種類

注意力と呼ばれるものには下記の4種類あります。

空間的注意

「空間的注意」とは、空間上にある特定の場所を認識する注意の事を指します。上下、左右、奥行きと言った限りなく広がる世界に向く注意です。

集中的注意

「集中的注意」とは、特定の対象に向ける注意の事を指します。物事を継続させるために必要な注意と言って良いでしょう。 勉強を続けるための注意や運転し続けるための注意などが挙げられます。

選択的注意

「選択的注意」とは、何に対して優先的に注意を払うべきかを選択する注意力のことを指します。 騒々しい場所でも自分に必要な会話を拾うことは可能ですよね。そういう時は選択的注意が働いています。

分割的注意

「分割的注意」とは、2つないし3つ以上の同時進行の作業を並行して行う際に必要な注意力の事を指します。 例えば、運転をしながら車内で音楽を聴きながら歌うという行為ですが、この時には3つの分割的注意を払っていることになります。気持ちよく運転するためには、それぞれ適度に注意を払う必要があります。

注意力散漫になる原因は?

では、注意力散漫になってしまう原因はあるのでしょうか。注意力散漫は出来れば治したいところ。その原因が判明すれば、あなたやあなたの周囲に居る注意力散漫な人の症状が改善されるかも知れません。

空間的注意が散漫になってしまう原因

「空間的注意」とは、飛んできたボールに対する注意であったり、空飛ぶ鳥に対する注意のような、空に在る物事に対する注意のことを指します。これらに向けられる注意は、別の物事に気を取られたりするなどして削がれることがあります。 ここ最近、「ながらスマホ」という行為が社会問題になっています。外を歩きながらながらスマートフョンを操作していると、歩行者を避けきれずぶつかったり、自転車と衝突したりする場合があります。 これは、スマートフォンに注意が向くあまり、空間認識が甘くなり、空間的注意が散漫になってしまう一例として挙げられます。

集中的注意が散漫になってしまう原因

「集中的注意」とは1つのことを集中して行うことが出来る注意の事ですが、これが散漫になってしまう原因として、生活環境の乱れや、誘惑の多さが挙げられます。 例えば、生活空間である部屋やデスクの上が散らかっていたり、スマートフォンやタブレットが身近に置いてある状態でデスクに座っているなどしたら、気が散って当然だとは思いませんか? また、テレビをつけっぱなしにして勉強できる人がどれだけ存在するでしょうか。集中したいけど気が散って仕方がないと言う人は、そういう誘惑を絶ってみてください。

選択的注意が散漫になってしまう原因

「選択的注意」の代表例として、「カクテルパーティー効果」というものが挙げられます。 カクテルパーティー効果とは、音声に関する選択的注意であり、パーティー会場のような騒がしい場所においても、特定の人物との会話に注意を払うことが可能な現象の事です。 ここでいうカクテルパーティーとは、立食形式のパーティーのことで、大勢の人が雑談している状況を表す単語として使用されています。 また、選択的注意力が低下する現象に、睡眠不足傾向が挙げられます。睡眠不足に陥ると、集中力が低下し、注意力散漫になるとのこと。睡眠不足に陥ると、カクテルパーティー効果も薄れるそうです。 最高のパフォーマンスが求められている前夜など、しっかりと睡眠を取ってから挑みたいですね。

分割的注意が散漫になってしまう原因

「分割的注意」とは、複数の作業や対象に対して、注意力を配分して行動を同時進行させたり、切り替えたりすることを言います。 複数の作業、対象に対して配分できる「注意」はそれぞれ限界があり、それを超える「注意」は向ける事が出来なくなります。 例えば、運転をする作業に向ける注意と、会話をする時に向ける注意はそれぞれ限界値があります。運転に集中し過ぎると車内で会話が成立しません。会話に集中し過ぎると危険運転になります。どちらも疎かには出来ませんが、適切な注意力の配分が求められるのです。 また、音楽を聴きながら勉強をするという人も多いでしょう。しかし、分割的注意の配分が上手くない人は自分の都合の良い方に注意を向けがちなので、思ったより勉強に身が入らないと言う人も多いかも知れません。 ながらが苦手だと思う人は、作業の同時進行を辞める勇気を持ちましょう。作業全てが「ながら」になってしまうので、注意力散漫な人にとっては高いパフォーマンス結果が残せるとは言えないでしょう。

注意力散漫になってしまう原因は分かりましたか? あなたやあなたの周囲の人の注意力散漫具合は、だいたいどの部分に当てはまりましたか。こういう場面で注意力散漫になってしまうのだというあたりを付けることが出来たら、回避することも出来るので、苦手分野に関わる時にはより一層気を引き締める事が大切です。

注意力がある人は意識している

注意力がある人は、常に物事に対して意識しています。 注意力がある人はスケジュール管理をしっかりと行ったり、時間を気にしたり、果てや相手のことを気に掛けたり。注意力散漫な人に比べて注意力のある人は様々な部分にアンテナを張っています。 注意力散漫な人は、すぐに気が散ったり忘れたりするので、身の回りが汚れたり何かを忘れてしまっても後になって気が付くことが多いのです。 注意力散漫な人は、少しだけ注意力のある人を見習って、姿勢を正した方が良いかもしれません。

注意力を鍛える5つの方法

ここで注意力を鍛える5つの方法をお伝えします。注意力散漫な自覚がある人は是非実践して欲しいです。 これを実践することで、あなたの注意力散漫さが軽減される事に間違いはないでしょう。

生活環境を整える

注意力を鍛えるためにまず必要な事として、生活環境を整えることが大切です。あなたのデスクや部屋は散らかってはいませんか? 会社のデスクは私物や使わない資料でいっぱいになってはいませんか?また、帰宅した先、あなたの部屋はきちんと整理整頓されていますか?誰かに見せられる場所ですか? 汚い場所で仕事をしても進みませんし、汚い場所で生活してもリフレッシュされませんよ。 注意力散漫な人に比べて、注意力のある人の方がどちらも整理整頓されているはずです。注意力のある人は常に「見られている」という意識がありますし、整えられた環境で過ごしたいと考えています。 整えられた環境で過ごすことにより、より冴えわたり良質な結果を出すことが出来るのです。

確認作業を習慣化

注意力散漫な人にオススメしたいのが確認作業の習慣化です。 朝家を出る時に「ガスの元栓は締めた」「窓の鍵は締めた」「鍵は持った」など、一言一句言葉にして外に出るのです。すると、今まで外で思い出していたウッカリ現象が激減します。 これは職場でも同じで、「今日しなければならない作業」を全てアウトプットしましょう。済めば斜線を引けば一目瞭然です。 注意力がある人はアウトプットしなくても覚えていますが、注意力散漫だと自覚している人は、すべきことを書き出しておいた方が業務遂行しやすいでしょう。

スケジューリング

注意力散漫な人は、すべきことをスケジュール管理しましょう。ただし、余裕を持ったスケジュールを組むこと。 余裕を持ったスケジュールを組むことで、焦りも無くなり、気持ちにゆとりがある状態で作業に取り組むことが可能です。 あれもしなきゃ、これもしなきゃ、とならないためにあらかじめスケジューリングをしっかり組んでおき、いざ実践という時にアウトプットして実行するのがポイントです。 注意力のある人と比べて自分が劣っているのを自覚するのが一番です。

生活習慣を見直す

自分の生活習慣をしっかりと見直すことから始めましょう。朝同じ時間に起きてみたり、朝食をしっかりと取ってみたり。朝食を取る習慣を付けるだけで午前中の脳の働きが違いますよね。 早めに帰れる日は一駅分歩いてみたり、逆に早く帰宅してランニングに出てみるのも良いでしょう。 夜は早い時間に軽めに済ませ、ゆっくりと入浴して、あまり遅くならないように入眠を心がけると、翌日もすっきりとした気持ちで起きることが出来ます。 注意力がある人は整えられた生活習慣の中で生活しています。

自分と向き合う時間を設ける

注意力散漫な人は、「自分のどういうところがいけないのか」という自己反省を行う事がありません。故、同じ過ちを繰り返してしまうのです。 自分自身と向き合う時間を作ることで、何がいけないのか、何を反省すべきなのか知ることができます。向き合うための時間はなんだって構いません。入浴時間でも良いですし、瞑想時間でも良いです。 反省すべき点を踏まえ次に生かすことが出来たら、その反省点はクリアと言えるでしょう。

注意力散漫な人から注意力がある人になろう

誰にでも注意力散漫な時は誰にだってあります。しかし、その注意力散漫な状態で居続けるのか否かで、人間としての質も周囲の反応も変わってきます。 落ち込んでいる時にモチベーション高く居れる人はそう多くはないでしょう。そういう状態の時には注意力散漫になりがちですよね。しかし、気持ちを立て直そうとする姿勢が大事なのです。 注意力がある人は、日頃から周囲に気を配っています。集中したい時は眼前の物事しか見ません。デート中は隣にいる人しか気にしないので、余程じゃない限りスマートフォンには触れません。

注意力散漫な人は、スマートフォンをいじりながら勉強しようとしたり、本を読むと言ってスマホを確認したり無駄な動作が多いです。また、デート中でもしばしばスマートフォンを確認したりしています。 注意力散漫な人が注意力を高めるためには、物事の意識から変えていく必要があるのではないでしょうか。部屋を掃除したり、生活習慣に気を気を付けてみたり、物事にメリハリを持ってみたり。 物事の意識を変えていくだけで、きっと多くの事が得られ、注意力を高める結果に繋がると思います。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

澤 依知

澤 依知

学生時代に心理学を専攻していました。趣味は音楽鑑賞と映像鑑賞と読書です。人間の内面が伺える内容が好み...

人気記事

新着記事