2019年04月16日公開

2019年06月16日更新

楽天家の6つの特徴とその性格・心理。楽天家になるには?

どんな時でも明るく、前向きな楽天家。失敗したって立ち直りが早く、何度でも挑戦できる心のタフさがあります。常にポジティブな楽天家を目指すあなたへ、楽天家の特徴・性格をまとめてご紹介します。楽天家になるためのヒントがここにある。

ポジティブに物事を考えられる楽天家になりたい!

先のことが不安だったり、嫌なことを引きずってしまったり。どうしても気持ちがネガティブになってしまう。誰しもそんな経験があると思います。 自分も楽天家のようにいつもポジティブで明るく、人生を楽しみたい。そう思う方のために、楽天家の特徴や性格、心理をまとめました。楽天家とそうでない人の違いはなんなのか?人生を楽しむ考え方とは? 楽天家からポジティブに生きるコツを学び、ネガティブ思考の人生から抜け出しましょう。

楽天家の意味とは?楽天家の人ってどんな人?

楽天家という言葉には『物事を楽観的に考える人』という意味があります。それじゃあ楽観的とはなんだ?となりますよね。楽観的の意味は、『物事がうまくゆくだろうと明るい見通しを持つさま』となります。 つまり楽天家は、物事の未来が上手くゆくと考え、常にポジティブでいられる人のことを指します。逆境でも、なぜか平気でいられる人がいますよね?楽天家は逆境の中にも楽しいことを見つけられる人たちです。

楽天家な人の6つの特徴

常にポジティブ思考の楽天家には、どんな特徴があるのでしょうか?まとめてご紹介します。

気持ちの切り替えが早い

楽天家は気持ちの切り替えが早いです。たとえ失敗してしまっても、すぐに立ち直ります。失敗は変えられない過去です。いくら悩んでも結果は変わりません。考えてもどうしょうもないのです。 いつまでも変わらない過去を悔やんでいるより、「いい勉強になった」と失敗を糧にして、さっさと前に進むべきだと楽天家は考えます。失敗に目をつぶるのではありません。失敗を受けとめて、軌道修正するのです。 現状を受け止め、学ぶべきことは学び、いち早く現状から脱出する。楽天家は切り替えの早さから何も考えていないと思われがちですが、このように合理的な一面を持っています。

友人が多い

楽天家は友人が多いです。普段から前向きな発言が多く、心が広くて他人を責めたりしない。必然的に楽天家は愚痴や悪口よりも、物事や他人を褒める言い方が多くなります。 誰だって愚痴ばかりの人よりも、楽しい気持ちになる発言をしてくれる人と仲良くしたいですよね?楽天家の周りには自然に人が集まります。

小さいことにこだわらない

小さいことにこだわらない楽天家はその分心が広く、自分を客観視できる余裕があります。心に余裕がある分視野が広く、気にすることが少なく思い切りもよいため、他の人がためらうようなことにも挑戦できます。 特に新しいことにチャレンジするときは、小さいことにこだわらずに飛び込む姿勢が重要です。

他人の間違いを責めない

楽天家は、他人の間違いを責めたりしません。人は間違うものであり、それは自分にも当てはまると楽天家は思っています。そのため、楽天家には他人の間違いを許せる心の広さがあります。間違いを受け止めたうえで、その先どうしてくのかという前向きな考え方ができるのです。 楽天家にとって重要なのは、間違ったあとにどうするのかなのです。

ものごとを冷静に判断できる

心の広い楽天家は感情的になりにくく、落ち着いているため、ものごとを冷静に判断することができます。楽天家がどっしりと構えている印象を持たれやすいのは、このような特徴からきています。

失敗はチャンスだと思っている

楽天家にとって、失敗はチャンスです。失敗は新たな気づきを得られ、成長するきっかけになると考えているからです。楽天家は失敗を恐れないことから、萎縮することなく実力を発揮することができるのです。 試合などでも「いつもどおりやれば大丈夫!」などと言ったりしますよね?それを自然に実践しているのが楽天家です。

楽天家な人の性格・心理

楽天家の性格や心理は、どんなものなのでしょうか?楽天家がいつも前向きでいられる理由をさがしてみましょう。

どんなことでもポジティブに考える

どんなときでも楽天家はポジティブです。なぜなら楽天家は、ポジティブ思考の方が物事がうまくいくと信じているからです。 例えば何か失敗したとき、うまくいかなかった過去にこだわり、いつまでも悩んでいたって現状は変わりません。それならばすぐに失敗の原因を調べ、改善に向けて動くほうが良い未来があるはずです。 これから起きる未来の不安にとらわれ、悲観的になるだけでなにもしない。不安で動けないくらいなら、未来はうまくいくものだと「決めつけて」しまい、今できることを全力で頑張ったほうがうまくいく未来が来る可能性は高くなります。 悩む時間があるならさっさと行動した方が物事は上手くいく。すぐに行動できる性格は、前向きであること。それに気づいているからこそ、楽天家はポジティブに振る舞うのです。

苦しい状況でも楽しむことができる

楽天家はどんなに苦しい状況でも楽しむことができます。「これを乗り越えればまた一つ成長できる」そう考え、苦しい中でも自分のプラスになることを見つけて前向きになれるのです。 苦しい状況を楽しむことができなければ、諦める気持ちが生まれてしまい、そこで止まってしまいます。もしかしたらすごく自分が成長できるチャンスだったかもしれないのに、自分からそのチャンスを放棄しているかもしれないのです。 楽天家のポジティブ思考は、成長するために必要な要素になります。

まわりに感謝している

まわりに感謝の気持ちを忘れないのが楽天家です。感謝しているからこそ不平不満を言うことがなく、前向きな発言ができるのです。 仲間が失敗して楽天家に迷惑がかかっても、その人を責めるようなことはしません。今回はこの人のせいで迷惑がかかったが、いつもは助けてもらっている。と楽天家は考えるからです。

他人をすぐ信用する

楽天家は他人をすぐに信用するため、騙されやすい性格です。怪しい人間が近づいてきても、その人の良い点を探す傾向があるので簡単に「いい人そうだ」と判断してしまいます。そのため、だまされることが多くなってしまうのです。 だまされたとしても「いい勉強になった」と前向きにとらえてしまうため、楽天家のだまされやすい性格が治ることはありません。 他人を信用することは生きていくうえで必要ですが、ポジティブすぎるがゆえの警戒心の低さは楽天家の短所ともいえるでしょう。

楽天家と悲観的な人は何が違う?

楽天家と悲観的な人を比較する際によく使われる例が、「コップの水」の話があります。コップの中に半分の水が入っていて、「まだ半分あります」と捉えるのが楽天家、「もう半分しかありません」と捉えるのが悲観的な人です。 同じ物事を表現しても、正反対な印象になってしまうわけですが、楽天家と悲観的な人の何が違い、このような捉え方になってしまうのか?その理由と人生にもたらす影響をご紹介します。

楽天家より悲観的な人の方が長生き

楽天家を悲観的な人で比べると、悲観的な人の方が長生きするという研究結果があります。楽天的な人は自分の能力を過大評価し、リスクを過少評価する傾向にあるからです。 楽天家の人が自分の健康に自信を持って健康管理を怠りがちになるのに対し、悲観的な人は、自分の健康や将来に不安を持ち、健康に気を配る行動を行います。 将来に不安があるゆえに人生設計の計画性が高く、結果的に長生きになるということです。

人類の八割は楽天家

『楽観主義バイアス』というものがあります。これは人間心理に関する用語で、ものごとを自分にとって都合よく解釈するというもの。危険な物事を目にしても、自分には危険がないと判断してしまう心理のことです。 人は日常生活における心理的ストレスを軽減するため、無意識に行うものとされています。そしてこの『楽観主義バイアス』は、人類の約八割の人が持っているものなのです。個人差はあれど、ほとんどの人が物事を楽観的に考える。楽天家の素質を持っています。

悲観的な人はストレスの影響を受けやすい

楽天家が自身の不摂生からくる体調不良などにかかりやすいのに対し、悲観的な人は精神的ストレスを受けやすい特徴があります。これは楽天家よりも不安が多く、気分が落ち込む頻度が多いためです。 ストレスによる精神的な問題は、ものごとをプラスに考えている楽天家には無縁なものなのかもしれませんね。

リスクをとって前に進めるか?リスクを恐れて行動できないか?

何かをはじめるとき、失敗してもいいからやってみようと考えるのが楽天家。失敗を恐れるあまり、行動できないのが悲観的な人です。 楽天家は失敗も成功もどんどん経験し、自分の中に情報を蓄積していきます。悲観的な人はそもそも行動できないため、失敗も成功も経験できません。現状維持はプラスマイナスゼロに感じるかもしれませんが、時代が変わる中での現状維持は緩やかな後退です。 どんどん経験を積める分、楽天家の方が成長は早いといえます。

楽天家になるためには?

楽天家になるには、普段どのようなことに気をつければいいか?楽天家になるために心がけることをご紹介します。

失敗を引きずらない

楽天家は失敗を引きずりません。過ぎたことにいつまでもとらわれるのは時間の無駄。後悔ではなく反省をしっかりして、今後に活かしましょう。失敗したのではなく、勉強したのです。

感謝の気持ちを忘れない

感謝することを忘れないようにしましょう。感謝するということは、物事や人の「良い部分」に助けてもらっているという気持ちです。つまり感謝ができる人は、物事や人の良い部分を見つけるのがうまいと人だということです。 良い点ばかりに注目するということは、必然的に前向きな発言が多くなります。感謝の気持ちを忘れない楽天家は、「良い点」探しの達人なのです。

自分がしていることを他人に求めない

人は自分ができること、気をつけていることを他人がしてくれないと、「なぜやらないいんだ」と思いがちです。自分がしていることを相手にも求めることをやめましょう。相手もできて当然という考えがあるからこそ、他人の失敗が目につくのです。 楽天家はいい意味で人間関係を割り切って考えます。他人は他人、自分は自分。相手に同じことを求めないからこそ失敗しても許せますし、「かわりに自分が不得意なこれを〇〇さんにお願いしよう」という発想が生まれます。 失敗をいつまでも責めるより、長所を活かして前に進む方法を考えるのが楽天家です。

ポジティブ思考を心掛ける

楽天家になるためにはポジティブ思考を心掛けましょう。ものごとをネガティブにとらえると、あきらめの気持ちが生まれます。あきらめるとは、可能性を探すことをやめるということ。 楽天家が困難な状況でも楽しいことを見つけようとするのは、さまざまな可能性を考え実行し、ものごとがうまくいく確率を引き上げる行為なのです。 楽観的に考えることは、うまくいくことを運任せにしている訳ではないのです。それはただの能天気です。そうではなく、うまくいく結果を引き寄せるために最善を尽くす姿勢。その結果がポジティブ思考なのです。

悩んでないですぐ行動する

起きたことは変えられない過去。不安に思っていることは、起こらないかもしれない未来です。いま動けると判断したのなら、未来はうまくいくと決めつけて実現のために全力を尽くしましょう。楽天家は悩む暇があるなら行動します。「悩んでたってしょうがない」が、楽天家の合言葉です。

楽天家とは前向きで失敗経験を活かせる人

楽天家についてご紹介してきました。リスクを恐れずものごとに取り組み、たとえ失敗してもすぐに立ち直り何度でも挑戦する。楽天家は失敗も成功もどんどん経験します。この経験量が、悲観的な人との大きな差ではないでしょうか。 もしあなた自分を悲観的な人だと思っても、あきらめてはいけません。ポジティブ思考は普段から心がけていれば必ず身に着けることができるからです。 失敗がどうしても怖いときは、心の中でこう唱えましょう。『大丈夫、失敗しても命までは取られない』失敗するたびに命が危ういなら、楽天家は命がいくつあっても足りませんよね。 悲観的に考えることは悪いことではありません。前に進めないくらいに悲観的なのが良くないだけです。悲観的な自分に楽天家の良い部分を取り入れて、人生を明るく楽しく生きましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

カガタクヤ

カガタクヤ

フリーライターのカガです。 前職(接客業・営業職)のスキルアップのために学んだ、 コミュニケーシ...

人気記事

新着記事