2019年04月18日公開

2019年06月16日更新

頭の回転が速い人の9つの特徴と頭の回転を速くする10の習慣

頭の回転が速いことはメリットが多く、憧れる人は多いです。しかし、頭の回転を速くすることはできるのでしょうか?頭の回転を速くすることは難しくなく、習慣を変えることで頭の回転を速くすることができます。頭の回転が速い人の特徴や頭の回転を速くする習慣をご紹介します。

頭の回転を速くしたいあなたへ

頭の回転が速くしたいと考える人は多いです。頭の回転を速くすることをテーマにした書籍は非常に多く発売されており、現在でもその数は増え続けています。それだけ、頭の回転を速くすることに関心がある人が多いのです。 頭の回転の速さは生まれつきではないかと言われることもあります。しかし、頭の回転の速さには明らかに後天的に身につく部分もあり、頭の回転の速い人の考え方や生活習慣を真似することで頭の回転を速くすることは可能です。 頭の回転が速い人の特徴や頭の回転を速くする習慣についてまとめてみました。

頭の回転が速い人ってどんな人?

頭の回転が速い人とはどんな人でしょうか?「頭の回転が速い」に似た意味で、「賢い」や「頭がいい」があります。「頭の回転が速い」というのは情報を処理するのが速く、素早く色々なことに気づいたり、理解力の高い人を言います。 あまり頭の回転が速いと人が何を考えているか簡単に見抜いたりするので、怖いと思われることもあります。また、他の人に合わせるが苦手な人もいます。一方で、頭の回転の速さを活かして、わかりやすい説明をする人や問題が発生すると素早く解決できるような頼りになる人もいます。

頭の回転が速い人の9つの特徴

頭の回転が速い人ことはあまり性格とは関係なく色々な人がいますが、頭の回転が速い人には特徴があります。頭の回転が速い人の特徴についてまとめてみました。

自然と口調が速くなる

頭の回転が速い人の特徴としてしゃべるのが速いというのが挙げられます。頭の回転が速い人は早口の人が多く、周りの人がついてこられないほど早口の人も珍しくありません。頭の回転が速い人は、頭の中で考えていることの方がしゃべるより速いのです。 頭の回転が速い人はしゃべるのがもどかしく感じやすいので、自然としゃべるのも速くなってしまうのです。

物事を速く理解できる

頭の回転が速い人は、理解力が高く理解するスピードも速いです。人の話を聞いている途中で結論まで分かってしまったり、本の内容を理解するのも非常に速いです。途中でも結論が分かってしまうのは、頭の回転が速い人は結論や全体像をイメージするのが習慣になっているためです。 常に結論や全体像を予想して話を聞くので、途中でも結論を理解したり、情報が不足した内容でも自分で補って理解することができます。また、表面的な理解だけでなく、頭の回転が速い人は物事を本質的に理解するのも得意です。 ただし、理解するスピードが速すぎるため人の話を最後まで聞こうとしなかったり、最後まで本を読もうとしない人もいます。

会話でうまい切り返しができる

会話でうまい切り返しができるのも、頭の回転が速い人の特徴の1つです。会話の中で相手の話題にうまい切り返しやツッコミをしたい人は少なくありません。しかし、その場では考えられないで、後になってうまい切り返しを思いつくことが多いのではないでしょうか? 頭の回転が速い人は、その場でうまい切り返しを言うことができるのです。単にうまい切り返しができるだけでなく、相手の話への切り返しを瞬時に何種類も思い浮かべて、その中から選んでいる人もいるのです。 うまく切り返しができない人から見ると信じられない話かもしれません。しかし、前もってどんな切り返しをするか準備することで、こんな芸当も可能になるようです。

多面的に物事を捉える

頭の回転が速い人は物事を多面的にとらえるのも特徴です。人間はどうしても一つの考えにこだわることが多く、複数の考えがあることを忘れやすいです。しかし、頭の回転が速い人はカーナビが目的に向かう複数のルート考えるように、複数の道筋を頭に浮かべています。 思考のスピードが速いだけでなく、複数の見方ができるため人よりも頭の回転が速いのです。固定観念に囚われない人が多いため、斬新な解決法を提案することも多いです。

全体像を意識している

人間はどうしても狭い範囲しか意識することができず、視野が広くなりがちです。しかし、頭の回転が速い人は広い視野で全体像を意識して物事を進めていきます。自分が今している作業が全体の中でどんな意味があるかを常に意識しているため、無駄なく効率よい作業ができるのです。 頭の回転が速い人は単純に思考のスピードが速いわけでなく、全体が見えているため無駄がありません。

記憶力も高くなる

頭の回転が速い人は記憶力にも優れています。見たものをそのまま映像として記憶してしまう人がいますが、頭の回転が速い人の記憶力はそういったものとは違います。人間は基本的に自分の知識と新しい知識の共通点を見つけることで記憶します。 頭の回転が速い人は、多面的な見方ができるため様々な点に気づきます。そのため、新しい知識と自分の知識の共通点を簡単に見つけることができます。頭の回転が速い人は、共通点を複数見つけることも得意です。 そのため、自分の知識と新しい知識の結びつきも強くなりやすいです。頭の回転が速い人は、速く覚えて忘れにくい記憶を持つことができるのです。

色々なことに興味が持てる

頭の回転が速い人は、幅広いものに興味を持つのも特徴です。好奇心旺盛とも言えます。頭の回転が速いは多面的な物の見方が自然にできるので、興味を持つ対象も自然に広くなるのです。その分、自然と多くの情報を吸収するため知識も豊富になるのです。

結論から逆算して考える

頭の回転が速い人は、問題を解決する際に結論から考えるのも特徴です。問題を解決する際は、結論から逆算して問題を考えた方が素早く解決できます。日本人は問題を完璧に解決しようとして、情報収集に時間をかけすぎてしまうことが多いです。 頭の回転が速い人は、無駄に時間をかけないので素早く問題を解決できるのです。また、本を読んだり人の話を聞く場合でも結論を意識しているので、途中で結論にたどり着くことが多いのです。

要点をまとめるのが得意である

頭の回転が速い人は要点をまとめるのが得意です。理解力が高いのも自然と話や文章の内容などの要点を整理して、まとめてしまうからです。そのため、要領を得ないで周りが理解できないような話も、頭の回転が速い人は分かりやすく説明することができます。 長くてわかりにくい文章を短く要約して、わかりやすくすることも得意です。しかし、頭の回転が速い人は、人の話を勝手にまとめてしまい嫌がられる場合もあります。

頭の回転が速い人と遅い人の違い

頭の回転の速さは単純に情報処理のスピードだけでなく、色々なことに影響します。そのため、頭の回転の速い人と遅い人ではかなりの違いが出てきます。頭の回転の速い人と頭の回転が遅い人の違いについてご紹介します。

理解の速さと深さ

頭の回転が速い人は理解が遅く、頭の回転が遅い人は理解も遅いです。頭の回転が速い人は視野が広く全体像を意識しているので、先を見通すように結論まで予想してしまうことも珍しくありません。そのため理解が非常に早く、人が考えていることを口にしなくても当ててしまうこともあります。 逆に、頭の回転が遅い人は視野が狭く、一部しか意識できません。そのため、意識している部分を正確に理解していたとしても、全体として繋がりません。そのため、以上に時間がかかったり、とんでもない誤解をすることがあります。 因果関係を理解できないこともあるため、なぜ人が怒っているか理解できない場合もあるのです。頭の回転が違うだけで、驚くほど理解力の差が生まれる場合があります。

段取りに無駄が多いか少ないか

頭の回転が速い人は段取りが良いですが、頭の回転が遅い人は段取りが悪いです。頭の回転が速い人は全体像を把握して物事を進めていくので、無駄がなく段取りが良くなります。 逆に頭の回転が遅い人は1つ1つの作業も遅いですが、今している作業しか意識できません。そのため、無駄な作業が増えてしまいます。

とっさに機転が利くかどうか

頭の回転が速い人は思考のスピードが速いため、何か不測の事態があった場合でも即座に対応できる余裕があります。そのため、咄嗟の機転を利かせることもできます。しかし、頭の回転が遅い人は思考のスピードが遅いので、何かあった時には対応できません。 パニックにもなりやすいですし、酷い場合は何があったのか理解することができないことも考えられます。

頭の回転が速いことのメリット

頭の回転が速いと人より速く考えたり、理解するのが速くなります。それだけではなく、視野も広いので色々なメリットがあるのです。頭の回転が速いことのメリットについてご紹介します。

効率よく仕事ができる

頭の回転が速い人は効率よく仕事ができます。頭の回転が速い人は単純に仕事をするペースも速いです。それだけではなく広い視野で全体像を意識しながら、作業をするため無駄がなくなります。 非常に効率よく仕事ができるようになるです。

短い時間でも余裕をもって選択できる

頭の回転が速い人は短い時間でもきちんと考えて選択することができます。頭の回転が速い人は非常に決断が速いです。外食時のメニュー選びなどでろくに考えずに選んでいるように見えても、頭の回転が速い人はきちんと考えた上でメニューを選んでいる場合があります。 選択する時間がほとんどないような状況でも、頭の回転が速い人はきちんと考えて選択することができるのです。

会話に余裕ができる

頭の回転が速い人は余裕をもって会話を進めることができます。頭の回転が速い人は早口でどんどん進めてしまうため、人に理解してもらえない人もいます。しかし、相手のペースに合わせることができれば、余裕をもって話をすることができます。 相手の話を聞きながらでも、自分が次に何を話すかを考えることができるので会話が非常に楽になるのです。

頭の回転の診断!あなたは頭の回転が速い人?

あなたが頭の回転が速いかどうかチェックするための質問を用意しました。イエスが多いほど、頭の回転が速いと言えます。全部で10問あるので、チェックしてみましょう。 1.自分では十分時間をかけて考えているのに、良く考えた方が良いと言われたことがある 2.相手が結論を言う前に、何を言おうとしているかわかることがよくある 3.早口すぎるといわれることがある 4.計画を立てることが得意である 5.予想が当たることがよくある 6.人の話のどこに穴があるか、わかることがよくある 7.色々なものに興味がある 8.全く違いものの共通点を見つけるのは得意である 9.記憶力は良いほうである 10.本の内容を要約するのは得意である

頭の回転を速くするための10つの習慣

頭の回転が速い人の考え方や習慣を真似することで、頭の回転を速くすることができます。頭の回転を速くするための習慣をまとめてみました。

十分な睡眠をとる習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、十分な睡眠時間を確保することも大切です。睡眠不足になると、確実に頭の回転は鈍くなります。睡眠不足だと集中力が低下して、簡単なミスをしやすくなることは誰でも納得できるでしょう。 頭の回転を速くするというよりは、パフォーマンスを下げないための方法ですが重要なことです。逆に眠り過ぎるとかえって頭の回転が遅くなることあります。適度な睡眠を取るようにしましょう。 睡眠は7時間以上必要と言われることが多いですが、短時間の睡眠で十分な人もいれば10時間以上寝ないと調子が悪くなる人もいるのです。自分にとって最適な睡眠時間を把握して、十分に眠るようにしましょう。

軽い運動をする習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、軽い運動をすること習慣にしましょう。頭の回転には酸素の供給量や体調も影響します。軽い運動を行うことは体の血流を良くして健康にいいだけでなく、脳に送られる酸素の供給量も増やします。 運動が激しいと無酸素運動になってしまうので、ウォーキングのような有酸素運動を行うことで頭の回転が速い人に近づくことができます。小説家や学者が散歩を習慣にしていることが多いのも、歩くのが効果的だからです。 頭の回転が速い人になりたいなら、ウォーキングはかなり有効です。ストレッチなどでも効果があります。

頭に浮かんだことをアウトプットする習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、頭に浮かんだ事をアウトプットする習慣を持ちましょう。頭に浮かんだこと言語化したり、行動に移すことは意外と難しいものです。頭の回転が速いというのは、頭に浮かんだことをアウトプットするスピードが速いということでもあります。 頭に浮かんだことを全てアウトプットするのは不可能に近いですが、できるだけアウトプットすることを意識しましょう。面白い考えが浮かんだ場合はすぐにメモをとったり、ボイスレコーダーに録音するなどしましょう。 テーマと制限時間を決めて、頭に浮かんだことを次々に書き出していくのも頭の回転が速い人になるためには有効です。頭に浮かんだことをアウトプットする習慣をつけましょう。

複数の根拠を考える習慣を持つ

欧米では自分の考えを述べる際に、根拠は3つあるというのが習慣になっています。これは、頭の回転が速い人になるためには有効な習慣です。しゃべりながら考えている人も多いそうですが、時間内に根拠を考えるのは頭の回転を速くするトレーニングになります。 最初は、こじつけのようになってしまいますが、根拠を考えることを繰り返しているうちに論理的な思考が身についてきます。また、複数のことを根拠を感がることで多面的な思考も身についてきます。

結論から考える習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、結論から考えることを習慣にしましょう。日本人は、完璧主義で情報がない状態では問題を解決しようとしません。しかし、情報がない状態でも、結論を予想して取り組むことで問題を解決できるケースは意外と多いです。 情報を集める時間がない分、問題を速く解決することができます。また、会話でも相手が何を言いたいのか予想することで、より話が理解しやすくなります。頭の回転が速い人になるには、結論を予想する視点を持つようにしましょう。

優先順位を明確にする習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには優先順位を明確にする習慣を持ちましょう。人間にとって、複数のことをしなければならない機会は多いです。しかし、全てのことを同時にこなすことはできません。 例え、マルチタスクをこなせる人でも優先順位を決めて、どれから手をつけるか決めて行動しています。頭の回転が速い人は優先順位を決めるのが速いですが、頭の回転が遅い人は中々決められません。 優先順位を決められずに、悩んでいるとますます頭の回転が遅くなります。日頃から、簡単なことでも優先順位を意識しましょう。自分の中で、優先順位を決める基準を明確にしておきましょう。迷わなくなる分、頭の回転が速くなります。

要点をまとめる習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、要点をまとめる習慣を持ちましょう。頭の回転が速い人は理解が速いですが、それは与えられた情報を整理して重要な点をまとめることができるからです。 頭の回転が速い人は、無意識に要点をまとめることができるのです。本を読んだら、要約を書くようにしましょう。人の話を聞いた場合でも、話の内容を一言でまとめることを意識しましょう。 頭の中で考えるよりも書き出した方が、見直すこともできるので効果が高いです。日記をつけるのも有効です。もちろん、ただ一日の出来事を書くのではなく、短くポイントをまとめないと効果がないのでこの点には注意しましょう。

全体像を考える習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、全体像を意識する習慣を持ちましょう。日記で一日をまとめることは、一日の全体像を意識して要点を抜き出すことになります。人の話を聞いている時なども。今話している箇所が全体の中でどんな意味を持つのか考えるようにしましょう。 全体像を意識することで先が見通せるようになりますし、情報の抜けに気づいたり、結論も予想できるようになります。頭の回転が速い人になることができるのです。

知識をメタ化する習慣を持つ

知識を単なる知識に終わらせず、幅広い状況でも活かせるような知識に変えることを知識のメタ化と呼び、応用力のある本質的な知識をメタ知識と呼びます。 頭の回転が速い人になるには、知識をメタ化する習慣を持ちましょう。 知識や経験を増やすことでどんどん成長し、自分が経験したことがない分野でも活躍する人がいます。一方、専門バカと言われるように自分の分野では実力があっても、未知の分野では通用しない人もいます。 この差は、知識や経験を違う状況でも活かせないかと考えていないせいです。頭の回転が速い人は、自然とメタ知識を増やしています。知識のメタ化を意識することで、頭の回転が速い人に近づくことができます。

意識しないでできることを増やす習慣を持つ

頭の回転が速い人になるには、無意識でできることを増やすことも大切です。複数のことを同時に行うマルチタスクは集中力や作業効率を下げるため、逆効果と言われる場合があります。しかし、これは極論です。 自動車に乗ったばかりの人は、ギアチェンジやアクセルを踏むことを1つ1つ確認しながら行います。しかし、運転に慣れた人なら、流れるように全ての作業を行えます。人間は簡単な作業なら、誰でもマルチタスクを行っているわけです。 マルチタスクをすると作業効率が下がるのは、無意識でできるほど作業に慣れていないからです。複雑な思考でも何度も繰り返すと単純なイメージに置き換えて、無意識に素早く行うことが可能になります。無意識でできること増やすと頭の回転が速い人になれるのです。

頭の回転を速くするには日々の積み重ね

頭の回転が速い人の特徴や頭の回転を速くするための習慣についてご紹介しました。頭の回転が早い人に追いつくには、日々どのように頭を使うかの積み重ねが重要です。 日々あなたが生活している中で、もっと多角的に見れるものはないか、頭を使えるようなところはないか、模索しながら頭を鍛えていけば、きっとあなたも頭の回転が速い人になれるはずです。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

kgrrf339

心理学の専門家ではありませんが、丁寧にリサーチして書いていきます。よろしくお願いいたします。...

人気記事

新着記事