2019年04月21日公開

2019年06月16日更新

嫉妬深い人の特徴と心理的原因は?嫉妬深い彼氏・彼女の対処法・治す方法

嫉妬深い性格で悩んでいませんか?彼氏彼女が嫉妬深くて困っている人もいるでしょう。嫉妬感情は恋愛につきものですが、必要以上に嫉妬深いと、自分も相手も苦しむ事になります。今回はそんな嫉妬深い人の特徴や治す方法、嫉妬深い彼氏彼女の対処法をご紹介していきます。

恋愛にはつきものな嫉妬感情

お付き合いしている彼氏や彼女が、ちょっとでも他の異性と話しているのが耐えられない。そんな嫉妬深い自分にうんざりしていませんか?また彼氏や彼女が嫉妬深くて困っているという人もいるでしょう。 恋愛には嫉妬がつきものです。他の異性に嫉妬してしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。嫉妬は少しくらいなら可愛いヤキモチです。しかし度が過ぎて嫉妬深い性格になると、相手の負担になります。相手の愛情が醒めてしまう原因にもなりかねません。 今回は、そんな嫉妬深い人の特徴や性格、嫉妬深い性格になる心理的な原因についてご紹介します。また嫉妬深い性格を直す方法や、嫉妬深い彼氏彼女の対処法、あなたの嫉妬深さ診断についてもお伝えしていきますので、ぜひ確認してみてください。

嫉妬深い人ってどんな人?

嫉妬深い人とは、嫉妬する気持ちが強かったり、嫉妬しやすい人のことを言います。嫉妬とは、他人が自分より優れている部分をうらやましく思ったり、妬たんだりすることです。恋愛面では、相手が他の異性と親しくしているのを見た時などに、嫉妬深くなりやすいです。 自分だけの彼氏彼女だから、他の人に気軽に笑顔を向けないで欲しい気持ちや、相手が自分を裏切るかもしれないという疑いの気持ち、他人に取られてしまうのではないかという焦りなど、嫉妬にはさまざまな感情が入り混じっています。 嫉妬深い人の中には、街を歩いている異性を目で追っただけで、怒りだす人もいます。嫉妬深い性格は、ネガティブなものです。自分にとっても相手にとっても良いものではありませんので、克服したいと思っている人も多いでしょう。

嫉妬深い人の特徴・あるある

人は恋愛の場面で、嫉妬深い人になりやすいことがわかりました。では嫉妬深い人にはどんな特徴があるのでしょうか?ここでは、嫉妬深い人の特徴、あるあるをご紹介していきます。

他の異性と話すのを嫌がる

嫉妬深い人は、彼氏彼女が他の異性と話したり、関わっただけで機嫌が悪くなります。「なぜその人と話したのか、相手はどんな人なのか?」としつこく聞いてきたりします。 嫉妬深いのは好いてくれている証拠だとわかっていても、異性と会話しただけでいちいち不機嫌になられては、面倒くさく感じてしまいます。世の中の半分は異性ですし、どうやっても会話を避ける事は難しいのです。 相手が同じように嫉妬深い人なら気持ちを分かってもらえるかもしれません。しかし大抵の人は、自分が信用されていないと感じてしまうでしょう。

独占欲が強い

嫉妬深い人は彼氏彼女が自分のものだという意識、独占欲が強いのが特徴です。自分の大切なものは誰にも渡さない、他人に取られるような隙を与えてはいけないと考えて、相手を囲い込むような行動をとります。嫉妬深い人がこういった行動をとるのは、嫉妬してしまう状況を避けたいからです。 また嫉妬深い人は嫉妬心や独占欲を愛情表現だと思っている場合があります。自分はこんなにも好きなんだ、だから相手にも応えて欲しいと、無意識に強要しているのです。 そういった要求は必ず相手に伝わります。あまりに嫉妬深くなると相手が息苦しく感じ、離れていく事にもなりかねません。

被害妄想が強い

嫉妬深い人は、疑り深くて被害妄想が強いのが特徴です。例えば他の異性を褒めただけで、「そんなに好きならそっちと付き合えば?」などと勝手に決めつけたように言ったりします。そんなことはないと否定しても、納得してくれないことも多いでしょう。 相手が異性からモテると感じていると、特に嫉妬深くなる傾向があります。気を抜いたら他の人にとられるんじゃないかという不安が強く、悪いほうにばかり考えて卑屈な態度になってしまいます。 こういった場合、どのような対応をしたらいいか困ってしまうかもしれません。原因は思い込みですから、相手が大丈夫だと思えるように、誠意をもって対応していくしか方法はありません。

裏切られて傷ついたトラウマがある

裏切られて傷ついたトラウマが、嫉妬深い性格の原因になることがあります。小さい頃に、親に期待を裏切られた経験なども、原因の一つかもしれません。 例えば小さい頃、両親と休日に遊園地に行く約束を楽しみにしていたのに、突然父親が仕事で行けなくなったというような経験は、良くあることかもしれません。そんな時、他の子は家族で色んな所にお出かけしているのに、どうして自分だけと嫉妬の感情が生まれてしまいます。 仕事だから仕方がないですが、子供には理解できません。信じていた親に裏切られると、人によってはひどくショックを受けてしまいまいます。 こういった経験から、嫉妬の感情を覚えて、嫉妬深い性格になってしまうのです。

相手を束縛する

嫉妬深い人は、彼氏彼女を必要以上に束縛します。相手から裏切られるのがこわいので、自分が相手をコントロールしておくしかないと思っているのです。そのため度が過ぎる要求をしてしまうことがあります。 例えば、相手に対して、異性がいる集まりに行くなと言ったり、他の異性と話すことを禁止したりします。ひどい場合は、彼女に短いスカートを履くなと言うなど、理不尽な要求をすることがあります。 相手もなんとか応えようとしますが、さすがに束縛ばかりだと不自由を感じます。やがてうんざりされてしまうでしょう。

嫉妬深い人の性格

好きだからこそ独占欲が強くなったり、束縛をしてしまうのが嫉妬深い人です。ここでは、そんな嫉妬深い人の性格について、いくつかご紹介していきます。

自己中心的

嫉妬深い人は、自己中心的なところがあります。自分が傷つきたくなくて嫉妬深くなりますが、心に余裕がなく、相手が傷つくかもしれないとまでなかなか考えられません。 また嫉妬深い人は、愛情を歪んでとらえている場合もあります。恋人なら嫉妬深くなるのは当たり前だし、お互いを縛り合って当然だと思っているところがあります。 いくら好きな人とはいえ、相手が自分と同じ価値観を持っているわけではありません。考え方が独りよがりになっていないか、常に相手の気持ちを考えるように気を付けましょう。

悲観的

嫉妬深い人は、考え方が悲観的な傾向があります。嫉妬深い感情の根底にあるのは、大切なものを失うかもしれない恐怖心です。そこにばかり強く注目してしまっています。 本来、恋愛は楽しいものです。しかし嫉妬深い人は失うことに対する心配ばかりしていて、せっかくの楽しい恋愛も辛いものになってしまいがちです。 悲観的になると、相手も悲しい気持ちになってしまいます。お互いのためにも出来るだけ楽しいほうに目を向けるように変えていきましょう。

負けず嫌い

嫉妬深い人は負けず嫌いです。恋愛面での負けは、彼氏彼女を他人に取られることです。このような結果は自分のプライドが許さないので、絶対に避けたいのです。 負けたくない気持ちは、他人に対する嫉妬深さが原因となっています。彼氏彼女を好きな気持ちももちろんあるのですが、それとは別に、他人と比較して勝ち負けを意識する気持ちが、前面に出てしまいがちです。

怒りっぽい

嫉妬深くなるのは、怒りっぽい性格による場合もあります。嫉妬感情から怒りが生まれるからです。怒りっぽい人は、常に自分はもっと尊重されるべきだと感じていて、その怒りを相手にぶつける傾向があります。 恋愛の場面では、嫉妬と怒りはセットです。「なぜ恋人である自分が尊重されないのか」と不満を感じて、怒りを爆発させます。 誰かに怒りをぶつけるとスッキリしませんか?そんなことから、怒りをぶつける事が病み付きになっている人もいます。このような人は、常に怒りをぶつける原因を探しています。そういった理由で嫉妬深い人になっている可能性もあります。

感情が豊か

感情が豊かな人はさまざまな感情を感じやすいため、嫉妬の感情も感じやすいのです。そのため嫉妬深い性格になりやすいでしょう。嫉妬の感情が湧くのは正常なことですし、持っていても構いませんが、それを表に出すとトラブルの原因になってしまいます。 もともと感情的な性格なので、感情を抑えるのが難しいかもしれません。しかし先のことを考えると、感情を爆発させるのは避けたいところです。

嫉妬深くなる心理的原因は?

嫉妬深い性格はダメだとわかっているのに、人はなぜ嫉妬深い人になってしまうのでしょうか?ここでは、嫉妬深い人になってしまう心理的原因を、例を挙げてご紹介していきます。

自分に自信が無い

嫉妬深い性格になってしまうのは、自分に自信が無いことが原因の一つです。他の人に比べて自分はダメだと思っているため、他人に対して嫉妬深くなってしまうのです。 嫉妬は自分と他人を比べることで起こる感情です。自分に自信があれば他人は気にならなくなり、嫉妬深くなることはほぼ無いのです。 ですから嫉妬深い性格は、相手が好きだからという理由の他に、もともとその人自身が抱えている問題でもあると言えるでしょう。

人を裏切ったり裏切られた経験がある

過去に裏切られたことがある人も、自分が人を裏切った事がある場合も、嫉妬深い性格になりがちです。 自分の経験から、人は簡単に裏切るということを良くわかっているからです。ですから恋人もいつ裏切るがわからないと思っているため、少しのことでもマイナスに捉えて、嫉妬深くなってしまうのです。 どうせ裏切るに決まっているという思い込みが、常に頭の中にあるような状態です。そのため相手が少し異性と話したり、話題にしただけで嫉妬して「やっぱり裏切る気だな」と確信するのです。

恋愛に依存している

恋愛に依存している場合も、嫉妬深い人になりやすいです。思い入れが強ければそれだけ恋愛に影響を受けるからです。 恋愛に依存している人は、恋愛が生きがいになっています。もし相手に裏切られたら自分には何も無くなると思ってしまうくらいに、執着しています。そのため、全く関係ないような出来事でさえ、恋愛と結び付けて考えてしまい、思い込んで嫉妬深い性格になることもあるでしょう。 例えばメールの返信が少し遅いだけで、「浮気してるのかもしれない」などと、あらぬ嫉妬にかられたりします。 自分でも恋愛が全てだという自覚がありますが、恋愛が楽しいので、問題だとは思っていないことが多いでしょう。

他人を信用できない

他人を信用できないのも、嫉妬深い人の特徴です。他人の気持ちは変わりやすいので、素直に信じて傷つくのが恐いのです。 そのため相手の言動を悪いように捉える傾向があります。良いほうへ考えていたら、突然の裏切りでボロボロになってしまうからです。いつ裏切られても良いように、備えておく必要があると思っています。 ありもしないことで嫉妬深くなるのは、「あなたなら裏切ってもおかしくない」と言っているのと同じことです。無意識に相手を傷つけていることに気づきましょう。

嫉妬深い彼氏彼女との上手な付き合い方

嫉妬されるのは、自分のことを好きな証拠だとわかっていても、あまりに嫉妬深いと疲れてしまいますよね。そんな嫉妬深い彼氏彼女と上手に付き合う方法はあるのでしょうか?確認してみましょう。

他の異性の話題を避ける

嫉妬深い彼氏彼女の前では、他の異性の話題は極力出さないように気を遣いましょう。相手が嫉妬深い人ではなかったとしても、そこは最低限のマナーです。相手が嫌がる可能性があるなら、わざわざ話題にする必要はありません。 話の流れでどうしても必要がある場合は仕方がありませんが、自分からわざわざ話題にするのは避けましょう。

嫉妬されても気にしない

嫉妬というのは、相手を好きだからこそ湧いてくる感情です。相手が嫉妬深いのは、それだけ愛されている証拠でもあるのです。ですから一つの愛情表現だと思って、気にせず放っておきましょう。 あなたが嫌だと気にすれば、嫉妬深い性格は大きな問題になります。しかし、そんなものだと軽くとらえて、そのままの相手を受け入れれば、問題ではなくなるのです。 丸ごと相手を受け入れていれば、相手も安心するようになり、いずれは嫉妬深い性格も治るかもしれません。

わかりやすい愛情表現を心がける

嫉妬深い性格になってしまう理由は、愛されている自信が持てないからです。言わなくても伝わっているだろうとか、十分伝えていると思っていても、嫉妬深い相手にとっては不十分な場合もあるのです。 ですから嫉妬深い相手が安心するまで、十分に愛情を伝えるようにしましょう。面と向かって言葉で伝えるのは恥ずかしいかもしれませんが、素直な気持ちを言葉にすることは効果的です。 日本人は特に、愛情を言葉にすることを恥ずかしがる傾向があります。しかし言葉にしなければ伝わらないこともあるのです。相手のためだと思って是非やってみてください。

嫉妬深さ診断!あなたも実は嫉妬深い?

ここまで嫉妬深い人についてご紹介してきましたが、自分が嫉妬深い性格なのか気になりませんか? ここでは、あなたが嫉妬深い人かどうか判断するために10の質問を用意しました。ぜひチェックしてみて下さい。 質問には「はい/いいえ」でお答えください。質問に当てはまる場合は「はい」、当てはまらなかったり、どちらでもない場合は「いいえ」を選んでください。「はい」の数が多いほど、あなたは嫉妬深い人です。

1.過去に人間関係で裏切られて辛い思いをしたことがある。(はい/いいえ) 2.過去に他人を裏切った事がある。(はい/いいえ) 3.何でも人と比べてしまう。(はい/いいえ) 4.どちらかというとネガティブ思考だ。(はい/いいえ) 5.自分に自信がない。(はい/いいえ) 6.彼氏彼女の行動が気になって全部把握したいと思う。(はい/いいえ) 7.恋人を優先するのは当たり前だと思っている(はい/いいえ)。 8.自分はプライドが高いと思う。(はい/いいえ) 9.心配性な性格だ。(はい/いいえ) 10.男女間の友情は成立しないと思っている。(はい/いいえ)

嫉妬深い性格を直すには?

自分にとっても相手にとっても悪影響な嫉妬深い性格。そんな嫉妬深い性格は直せるのでしょうか?ここでは、嫉妬深い性格を直す方法について、いくつかご紹介していきます。

没頭できる趣味をもつ

嫉妬深い性格になるのは、他にすることが無く暇だからとも言えます。楽しい趣味などに忙しければ、嫉妬深い自分になっている暇なんてありませんよね。 ほとんどの悩みは、取り越し苦労であることが多いです。深く考ずにいれば、いつの間にか解決していた、なんてことも多いでしょう。 それに趣味を楽しむあなたの姿を見れば、彼氏や彼女もあなたに惚れ直す可能性だってあります。ずっと恋愛にのめりこんでいては、相手もあなたに飽きてしまいます。恋愛を長続きさせるためにも、あえて趣味などに没頭することがおすすめです。

相手の気持ちを考えてみる

好きな相手には、いつも幸せでいて欲しいと思いませんか?もしそう思わないなら、本当に相手を愛しているのか、自分の気持ちを見つめなおしたほうが良いでしょう。しかし普通は、好きな相手が幸せそうにしていると、自分も嬉しくなるものです。 あなたが嫉妬してネガティブな感情をぶつけていたら、相手は幸せを感じられるでしょうか?おそらく無理ですよね?だったら相手を不幸にするような嫉妬は、やめるべきではないでしょうか? このように、相手の気持ちを考えることで、嫉妬深い自分を変えることができるでしょう。

完璧を求めない

嫉妬深い人は、「恋愛とはこうあるべき」とか、「彼氏彼女ならこうするべき」という確固たる信念を持っていて、相手がその信念から外れた行動をとると、本当は自分を好きじゃないのではないか、浮気しているんじゃないかと疑ってしまいます。 しかし相手は他人ですから、自分が考えた通りに行動するわけではありません。そこをしっかり理解する必要があります。 たとえ理解できない行動を相手がとったとしても、必ずしもそれが自分を愛していないことや、裏切りにはつながりません。 自分の思い込みだけで判断したり決めつけなければ、嫉妬深くなることも減っていくでしょう。

嫉妬している時の自分の顔を鏡で見てみる

嫉妬深い自分を客観的に見るのも効果的です。嫉妬深い性格を直したいなら、嫉妬していると感じた時に、自分の顔を鏡に写して見てみましょう。どうでしょうか、般若の面のような恐ろしい顔になっていませんか? 好きな相手にそんな恐ろしい表情をみせていては、嫌われてしまいます。そんな自分に気づけば、嫉妬するのをやめようと思えるでしょう。

恋愛は最初から覚悟を持って楽しもう!

ここまで、恋愛にはつきものな嫉妬の感情や、嫉妬深い人の特徴・心理などをご紹介してきました。嫉妬深い人は、相手が異性とちょっと話しただけでも嫉妬して怒ったり、不安になったりします。 嫉妬深い性格は、相手から愛される自信が持てなかったり、恋愛を大切にしすぎて依存してしまうなどの原因があることがわかりました。そんな嫉妬深い相手と上手く付き合うには、お互いが相手の気持ちを考えたり、あまり気にしないようにするなどの努力が必要になります。

恋愛関係というのは、最初から最後までただの口約束だけです。そんな不確かな状態にもかかわらず、あまりに深刻になってしまっては良くありません。ですからネガティブな強い感情である嫉妬心は、むき出しにせず自分の内にとどめておいたほうが良いのです。 相手の裏切りが心配なのはよく分かりますが、結婚の約束でもしていない限り、しょせんはお互いの気持ちで成り立っている関係です。当然何が起こるかもわからないですし、相手の気持ちが変わってしまう事だってありえるのです。 そういったリスクも覚悟したうえで、恋愛を楽しんだほうがより幸せを感じることができます。 気楽に楽しむ事で、思い通りの引き寄せが起きてきて、良い結果につながる可能性も高くなります。ネガティブでいたらネガティブを引き寄せてしまうだけなのです。 関係を長続きさせたいのなら、嫉妬の感情を趣味などで紛らわすなど、工夫しましょう。出来るだけ物事をポジティブに捉えられるように、自分の意識を変えていけると良いですね。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

みんく

みんく

マインドブロックバスターの資格を取得してから、スピリチュアルを学び、ヒーリングセッションでクライアン...

人気記事

新着記事