2019年04月22日公開

2019年06月16日更新

努力家の特徴・性格。努力家の長所や短所・努力家になる方法

「あの人は、とても努力家だ」…そう聞いたとき、どのようなイメージを持つでしょうか。地味で目立たない人でしょうか、それとも頑張り屋さんでしょうか、あるいは優秀な人だと思うかもしれません。今回は、そんな「努力家」について、ご紹介します。

努力がなかなか続かないと悩むあなたへ

「三日坊主になってしまう」「どうしても、やる気が出ない」 「がんばろうとは思うけど、計画だけで終わってしまう」 「いざ開始すると、別のことが気になってしまう」「集中力が続かない」 そういうことって、ありませんか? もちろん、"そういうこと"を乗り越えることは大切です。 しかし、なかなか「乗り越え方」を教えてくれる人はいません。

努力しようと思っても、なかなか難しい・努力家とよばれるほど継続はできない・長続きしない…。努力なんて、ストイックな努力家だからできること・努力家ではない自分にはできないかも…。 そんな風に考えている人にこそ、知ってもらいたい「努力家な人」の特徴や性格、そして「努力家」の長所や短所について、ご紹介していきます。

努力家の意味とは?努力家ってどんな人?

そもそも「努力家」とは、一体どんな人のことなのでしょうか。 まず「努力」の意味は、「目標の実現のために心身を労してつとめること」です。 つまり、外からの働きかけなどではなく、自分の中にあるものということです。

そして「努力家」は、熱心に訓練を続けている人・自分の能力や技能を磨いている人・なまけずによく励む人という意味を持ちます。努力することが習慣になっている人、あるいは努力することが苦にならない人…それが「努力家」といわれる人たちであるいえます。 しかし、「努力家」や「努力」とひとくくりにしても、ピンと来ないかもしれません。 「努力といえば、必ずコレをがんばること!」とは決まっていないので、努力家にもいろんなタイプや方向性の人がいます。 では、「努力家な人」について、少しずつ掘り下げていきましょう。

努力家な人の特徴

勉強、仕事、スポーツなど、努力が必要な場面はさまざまです。 一般的に「努力家」といわれている人たちの特徴をご紹介していきます。

とにかく「負けず嫌い」

負けず嫌いとは、他人に負けることを嫌う性質のこと。 つまり、負けたくない相手がいたり、特定の相手がいなくても一番にこだわっていたり…。 「とにかく、誰にも負けたくない!絶対に勝ちたい!」 そんな負けず嫌いな一面を持っている人が、努力家な人には多いといえます。 誰よりも、物事に時間を掛け、綿密に計画し、結果に向けて努力を重ねる…その根底にあるのが、「負けたくない」という気持ちです。

勉強でも仕事でもスポーツでも、誰かと競って互いを高め合うことは大切です。 場合によっては、ライバル同士で良い刺激になることもあるでしょう。 時には闘争心が強すぎるものとして、受け取られてしまうこともあるかもしれません。 しかし、どれほど負けたくなくても「努力家な人」は、ライバル相手を蹴落としたり罠にはめるようなことはしないでしょう。「負けたくない!」「勝ちたい!」「一番になる!」という気持ちは、「努力家な人」にとって努力するためのエネルギーであるといえます。

「目標の設定」が上手

「努力家な人」は、最初から高いところに目標を設定しません。 まずは、一段目、次に二段目、そして三段目…と、目標を低く設定することで少しずつクリアしていくのです。一段ずつ一段ずつ着実に、そして確実に越えていくことで、本当の目標を目指していくのです。 そういうやり方を、面倒くさいと思う人もいるかもしれません。 しかし、「努力家な人」にとっては、それが普通のことで、そして当たり前なのです。

自分に合った目標を設定できなければ、どこかでつまづいたり、予定が狂ったり、良いことはありません。「努力家な人」は、努力を重ねるにあたって、必要な手順を無意識に作り上げているのです。 「千里の道も一歩から」という言葉がありますが、これは「着実に努力を続けていくことで成功する」という意味を持ちます。小さな一歩でも、ばかにしてはいけないのです。踏み出すところから、もう既に努力は始まっています。 つまり、「努力家な人」は「計画的」で「コツコツとした積み重ねが上手」だといえます。

高い「集中力」がある

「努力家な人」には、集中力があります。 それは、その場で何かに集中する力でもあり、何かひとつのことに向き合うための力であるともいえます。 集中力といえば、時間のことを思い浮かべるでしょう。 一時間と決めれば、一時間きっちり勉強する・練習するなど、それもまた集中力です。

もうひとつ、物事に対する集中力があります。 別のことをしていても、努力するべき対象がずっと頭に残っていたり…。 他の何かを行っているときに得た知識や方法を、努力するべき対象に活かしたり…。 「努力家な人」は時間だけではなく、物事に対する集中力がとても高いのです。

コツコツとした「継続力」を持っている

「継続は力なり」 これは、物事をコツコツと続けることの重要性について触れた言葉です。 もちろん、ただやみくもに続けているだけでは意味がありません。 しかし、勉強でもスポーツでも仕事でも、「がんばろう!」と思ったものに対して、継続的に向き合うことは必要です。

きちんと向き合っていれば、改善点が見つかったり解決策を思いついたり、何らかのヒントや発見があるはずです。 努力をする上での継続力を持っている人、それが「努力家な人」とよばれる人なのです。

失敗してもくじけない「我慢強さ」

努力は、すぐに結果が出るとは限りません。がんばったからといって、必ずしも望んだ結果が出るわけではないのです。それは「努力家な人」だって同じです。 たとえば、10歩がんばればゴールできたのに、8歩でやめてしまったら、どうなるのでしょうか。せっかくの努力が、中途半端に終わってしまいます。せっかく、あと2歩のところまで来ていたのに、8歩すべてのがんばりがそこで終わってしまうのです。

さきほど「努力家な人」は、継続力があるといいました。 物事を続けていくためには、集中力はもちろん、我慢強さも必要です。 失敗しても我慢して耐えること。 それこそ、「努力家な人」の根底にある大きな特徴だといえるのではないでしょうか。

努力家な人の性格

「努力家な人」はどのような人なのか。特徴を見ていると、努力家ではないと思っている人でも、少し当てはまるかも、と思うようなポイントがあるのではないでしょうか。 次に、「努力家」だとされる人にみられる主な性格について、ご紹介していきます。

「負けん気が強い」自信家

「努力家な人」の性格のひとつに、負けん気の強い自信家であることが挙げられます。 「努力家な人の特徴」としてご紹介したとおり、強い自信と人に負けたくない気持ち、つまり「負けず嫌い」な性格を持っている人が多いのです。 そんな努力家な人の一面は、場合によって攻撃的だったり生意気だったり、短所として受け止められることもあるでしょう。

負けん気の強い「努力家な人」は、「自分ならできる!」という絶対的な自信こそが努力の後押しをしているのです。そんな努力家な人について、情熱的に思ったり頼もしく見えたり、力強く感じられることも多いでしょう。 負けん気の強さは努力家な人の短所のようでもあり、長所にもなるのです。 努力を重ねるうえで、「自分ならできる」という気持ちはとても大切です。 自分自身を信じてチャレンジするからこその、「努力家な人」だといえます。

「劣等感」を持っている

劣等感とは、コンプレックスという言い方もされます。人よりも劣っているという感情を持つことです。 「努力家な人」って、自分に自信があるのではなかったの? 負けん気が強い「努力家な人」の話をしたばかりでは? そんな「努力家な人」が、劣等感なんて持っているの? そのように思われた方もいるかもしれません。 実は、「できない」からこそ「やる」という「努力家な人」もいるのです。

「人と同じことをしていたら、自分は結果が出せない」 「もっとがんばらなければ、みんなに追いつけない」 「苦手なことなのだから、しっかりやらなければ」 劣等感やコンプレックスといえば、一見するとマイナスでしかないように思えるかもしれません。しかし、苦手意識があるからこそ、それを克服しようとして努力するというパターンの「努力家な人」である場合もあります。

面接や人前での発表などが苦手…だから、きちんと準備をする! この教科は不得意…だから、他の教科よりも勉強時間を作る! 運動会に出るけどスポーツは苦手…だから、人一倍練習する! 自分の中にある劣等感を努力につなげて結果を出す「努力家な人」は、思わず応援したくなってしまう人でもあるのかもしれません。

「チャレンジ精神」がある

チャレンジ精神とは、積極的に取り組もうとする・挑戦してみようとする態度や気持ちのことです。 「努力家な人」は、何かに対して努力を続けている人。つまり、「努力家な人」とは、常に何かに挑戦している人でもあるのです。 「スポーツの新記録を目指す」「自分のトップ成績を更新する」など、自分がやってきたことに対して、更なる努力を重ねる場合もあるでしょう。 「新しい資格を取ってみよう」「別のプロジェクトに参加する」など、今までのことを土台にして、新しい方面に努力を開始する場合もあるでしょう。

無謀だったり突拍子がなかったり、そういう風に見えることもあるかもしれません。 しかし、新しいことにチャレンジするというのは、努力の矛先を変えているだけともいえます。つまり、「努力家な人」としては、努力するという態度を貫いているともいえるのです。

ほど良い「ポジティブさ」と「ネガティブさ」

ポジティブなだけでは、「何とかなるさ」と何もしないかもしれません。 ネガティブなだけでは、「どうにもならない」とあきらめてしまうかもしれません。 その点で「努力家な人」は、ほど良いバランスを持っているのです。

何もしなくて良いと放り出すポジティブさではなく、「自分ならできる」という自信と「ぜひ、やってやろう」という行動力を伴っています。 そして、どうにもならないのだと諦めるネガティブさではなく、「どうにかしなければ」という責任感と「苦手、だからこそどうするか」と克服しようとする力を持っています。 「努力家な人」が努力を続けられる背景には、「楽観視しすぎないこと」と「諦めないこと」があるといえます。

「学習能力」が高い

「努力家な人」は、失敗から学ぶ力を持っています。 自信があるからこそ、その自信を裏切った失敗を許しません。 劣等感があるからこそ、嫌な失敗を繰り返そうとはしません。 チャレンジ精神があるからこそ、失敗した方法以外のやり方に挑戦します。

「失敗は成功のもと」ということわざがありますが、「努力家な人」はそのとおりなのです。失敗から学び、失敗を活かし、失敗を成功に変えるための努力をします。 「努力家な人」にとっての失敗は、恥ずかしくて辛いだけのものではありません。 むしろ、「努力家」だからこそ、失敗は次へとつなげるためのチャンスでもあるのです。

努力家と怠け者の心理的違いは?

ここまで「努力家な人」の性格と特徴をご紹介してきました。 では、努力家な人とそうではない人の違いとは、何なのでしょうか。 努力できる人とできない人、あるいはしない人。 その違いは、一体どのようなところにあるのでしょうか。

失敗したときに「あきらめるか」・「あきらめないか」

「努力家な人」は、失敗から学ぶことができます。 つまり、失敗したからといって、そこであきらめることはしません。失敗から学んで、次の努力へと活かすことができるのです。 しかし、努力家ではない人は失敗すると、そこであきらめてしまいます。 一度の失敗ですべてがだめになることはありません。しかし、あきらめてしまえば、失敗という結果で止まってしまいます。そうすると、努力が続かなかった記憶だけが残ってしまうのです。

周囲に「流されるか」・「利用するか」

「努力家な人」は、周囲を利用します。利用という言葉では、少し聞こえが悪いかもしれません。努力家な人は、周囲の環境や人を上手に使うことができるのです。協力や助言といった人からのサポートや自分の集中しやすい環境を整えるなど、努力を継続しやすくすることが上手だといえます。 一方、努力家ではない人の場合は、周囲に流されてしまいます。ついつい片付けをしたくなったり遊びに行ったり…周囲の人や環境によって、努力から遠ざけられてしまうのです。その結果、明日からにしようと先延ばしにしたり計画を中止したり、結果的に努力が継続しなくなってしまいます。

努力の先を「見ていないか」・「見ているか」

「努力家な人」は、努力の先にあるモノを見ています。 ゴールそのものであったりゴールしたことで得られるものだったり、見ているものはさまざまですが、努力できる人は努力自体や目標達成に意味や意義を見出しています。 しかし、努力ができない人は、目先の努力だけを見つめています。 そのせいでゴールした結果から得られるものが見えておらず、目標達成までの距離もわからないまま。努力は辛くて苦しいという良くない印象を抱えて、途中で投げ出してしまうのです。

ただ「努力する」だけが目標になってしまえば、疲れてしまいます。疲れてしまうと、先に進むことは難しくなります。無理に進もうとすれば、辛くなってしまうことでしょう。 努力の果てにある喜びを糧にするからこそ、突き進んでいけるのです。 努力の先を見据えること、ゴールや目標を見ることが大切だといえます。

努力家診断!あなたは努力家?

さて、果たして、あなたは「努力家な人」なのでしょうか。それとも、「努力家な人」ではないのでしょうか。今までの内容をふまえて、ちょっとしたチェックをしてみましょう。

次に質問に「はい」か「いいえ」でお答えください。 1.集中力があるほうだ はい/いいえ 2.負けず嫌いだと思う はい/いいえ 3.真面目だといわれる はい/いいえ 4.人から認められたい はい/いいえ 5.責任感が強いほうだ はい/いいえ 6.がんばることが好き はい/いいえ 7.計画性があると思う はい/いいえ 8.ねばり強いタイプだ はい/いいえ 9.我慢は嫌いではない はい/いいえ 10.頼られるタイプだ  はい/いいえ 11.友達は多いほうだ  はい/いいえ 12.コツコツタイプだ  はい/いいえ

「はい」と答えた数が… 1~3個 努力家レベル1  努力するのは少し苦手なのではないでしょうか。  少し飽きっぽいところがあるのかも。 4~6個 努力家レベル3  気持ちはあっても、計画すると満足してしまうのではないでしょうか。  もう少し工夫をしてみれば、努力が継続しやすいかも。 7~9個 努力家レベル7  十分に努力家な人といって良いでしょう。  今か今かとゴールの方があなたを待っているかも。 10個以上 努力家レベル10  まさに努力家な人だといえるでしょう。  あまりがんばりすぎず、時にはゆっくり休んでもいいかも。

怠け者の人が努力家になる方法

では、努力家になるには、どうすれば良いのでしょうか。 4つのポイントをご紹介いたします。

まずは「一歩」を大切にする

「努力家な人」の特徴として、コツコツと努力を積み重ねる継続力があるとご紹介しました。ここを少し真似してみると、良いでしょう。 まずは、「一歩」から。 小さな目標をゴールにして、最初の一歩を踏み出しましょう。

たとえば、いつも続かない日記があるとしましょう。 「三日に一度だけ書いてみる」「日曜日だけは書くことにする」「何か一言だけ書くことを毎日やってみる」「天気のことだけでも書いてみる」 とにかく、自分にできそうなところから、少しずつクリアしていきましょう。 三日に一度だけ書き続けていたら、いつの間にか毎日書くようになっているかもしれません。一言日記のつもりが、たくさん書きたくなっているかもしれません。 まずは最初の一歩から…踏み出すことを目標にしましょう。「努力家な人」に近づいていけるかもしれません。

「大きすぎる目標」は作らない

上記のとおり「努力家な人」になるには、まずは「一歩」から。 小さな目標をひとつずつクリアしていくことで、達成感を得ることが大切です。 コツコツと積み重ねる「努力家な人」と同じように、小さなゴールを繰り返して少しずつ本当の目標に近づいていくことが重要だといえるでしょう。

たとえば、ダイエット。「半年で30kgやせる!」という目標をかかげたとしましょう。しかし、「努力家な人」であっても、健康的に半年で30kgの減量は、なかなか難しいでしょう。 まずは「1ヶ月に最低1kgは減らそう!」なんて、どうでしょうか。 たったの1kg?と思うかもしれません。しかし、この目標をクリアしていけば、一年後には12kgが減っているのです。

「目標」を人に宣言してみる

「努力家な人」が必ずそうしているというわけではありませんが、誰かに「目標」を宣言してみるという方法もあります。 家族、友達、恋人、職場の人…誰でも構いません。 直接ではなくてSNSで発信してみるなど、好きな方法でアピールしてみましょう。 誰かに伝えることによって、さまざまな効果があります。

周囲の人に伝えることで、努力する事柄や目標が明確になります。 また、周りの人が知っていることで、努力の助けになる場合もあります。 そして、人に言ったことで、簡単には投げ出せなくなります。 自分にとって効果的に相手に伝える方法が、最も良いでしょう。

自分が、見張ってもらわなければならないタイプなら、厳しい人に。 見守っていてほしいのなら、優しい人に。 応援してほしいのなら、明るい人に。 「努力家な人」に近づくために、そして努力の下地を作るために、試してみてはいかがでしょうか。

「自分にご褒美」を用意する

「努力の先」に得られるものがあるのなら、もちろん、それで良いでしょう。 しかし、「努力家な人」のようにゴールや目標の達成だけでは、努力することのモチベーションが上がらないのなら、何か「特別なご褒美」を用意するというのもひとつの手段です。

ダイエットに成功したら、少し高めの服を買う。 目標の成績に到達したら、遊び回るための日を作る。 狙っていた結果が出たら、旅行にいくことにする。 など、自分にとって「ご褒美」になりそうなもので、自分を応援することも大切です。

「努力すること」「努力家な人になること」はこわくない!

辛いこと・苦しいことは、長く続けられません。それは、「努力家な人」も同じです。 失敗することは、はずかしいかもしれません。 継続することは、苦しいかもしれません。 我慢することは、辛いかもしれません。 しかし、努力の先に良いこと・楽しいこと・幸せなことがあるとすれば、どうでしょうか。努力は決して、辛くて苦しいだけのものではありません。それがわかれば、努力へのハードルは少しずつ低くなるのではないでしょうか。

努力は、特別なものではありません。 努力家な人だけが持っている、特別なものではないのです。 「努力家」と呼ばれる人は確かにいます。 その人たちの努力は目立っていたり、見ていてわかりやすったり、あるいは自分からアピールしているのかもしれません。 しかし、努力自体が特別ではない努力家な人もいれば、意識をして努力している努力家な人もいることをご紹介しました。「努力家な人」と一口にいっても、努力家としてのタイプはさまざまです。

「努力家な人」の良い部分を見習い、真似をして、自分の中に取り込んでしまいましょう。 あなたには、あなたなりのがんばり方が必ずあります。 あなただからこそ、できるやり方がきっとあります。 努力する上で降りかかるあらゆる苦難や失敗を恐れない「努力家な人」になること…そんなこと、誰にでもできることではないのです。誰かと比べる必要はありません。 自分で目標を、そしてゴールを作ってしまえば良いのです。 自分なりにできる「自分の努力」を見つけましょう!

好きなことをして年収1億!?

「こんなにあくせく働いて、この給料かよ...」そう感じているそこのあなた。 実は今、100年に一度のビジネスチャンスが到来しているのです。 好きなことだけをして年1000万、2000万と稼ぎ出す人があとを絶たない、そんな時代がやってきています。 一体なぜ彼らは好きなことで稼ぐことができているんでしょうか? その秘密は...詳細はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

Yuka.Y

学生時代には、臨床心理学を中心に心理学を専攻していました。過去には地域のボランティアカウンセラーとし...

人気記事

新着記事