2019年04月18日公開

2019年06月16日更新

気が弱い人の特徴とは?心理的原因から気が弱い人の克服方法を紹介

気が弱いと日常生活の中でも人生全体においても、何かと損をしてしまいます。いいたいことも言えずにストレスがたまったり、やりたいことにチャレンジできずに後悔した経験はありませんか?そんな気が弱い人の特徴や心理的原因、克服方法までご紹介していきます。

気が弱い自分を克服したいあなたへ

言いたいことを言えず、やりたいこともやれず、他人に振り回されっぱなし。気が弱い自分を何とかしたいけれど、気が弱いためにいろんなことにチャレンジもできない……なんてことはありませんか? どうすれば気が弱い自分を克服できるのでしょうか?今回は、気が弱い人の特徴をご紹介し、その心理的原因を探り、気が弱い人の克服方法をご説明していきます。

気が弱い人の特徴

あなたは自分自身のことを「気が弱い」と思っていますか?思っていたとしても、ある面では気が強い面もあったりして、自分のことがよく分からなくなることもあるのではないでしょうか。 そこでまず、気が弱い人の一般的な特徴を見てみましょう。

挙動不審

気が弱いとは挙動不審なことが多いです。何かをやろうとするときに周囲をキョロキョロ見たり、他人を上目遣いで見たり。目が泳いでいることもよくあります。おっかなびっくり、オドオド、ビクビクしているため、周りの人から見ると挙動不審に見えてしまいます。 気が弱い人が挙動不審になっているときというのは、「失敗したらどうしよう」「こんなことをして人に怒られたり笑われたりしないか」「自分がこんなことをしていいのか」などという気持ちになっています。人前で行動することそのものが恥ずかしくて挙動不審になっていることもあります。 どうせ何かをやるなら堂々とやればいいし、何かを言うのでも堂々と言った方が相手も受け取りやすいし、結果も上手くいくものです。でも、気が弱い人は「不安」「心配」「おっくう」「恥ずかしい」といった感情にとらわれて、どうしても及び腰になってしまうのです。

落ち込みやすい

気が弱い人には、落ち込みやすいという特徴があります。普通の人なら全然気にならない些細なことですぐに落ち込んでしまいがちです。落ち込み方も普通の人より深く、長く引きずってしまう傾向にあります。 特徴的なのは、気が弱い人の中でも自分だけのことに関してはさほど落ち込むこともなく芯が強いのに、他人が関係していたり誰かが見ているようなことに関しては本当に些細なことですぐに落ち込む人が多いということです。とにかく人目が気になるのですね。 誰かが悪気なしに言った何気ないひと言や態度を気にして落ち込んでしまうというのが気が弱い人の典型的な特徴です。相手の無神経な言動に非があるときでさえ、気が弱い人は「自分が悪い」「自分に責任がある」という方向に受け取ってしまい、気にしてしまうのです。

嫌な仕事を断れない

気が弱い人は、仕事の場面でも嫌な仕事を断れなかったり、いろいろ苦労しているという特徴があります。気が弱いが故に自分の意見を言うことができず、周りの人たちの考えに押し流されてしまい、ときには都合よく利用されてしまうケースもあります。 ありがちなのは、自分が忙しいのに他の人が別の仕事を頼んできたときにそれを断れないという場面です。「今はこっちの仕事の方が大事なので」と言って断る方がお互いのためにも会社のためにもなるのですが、気が弱いために正しい主張ができないのです。 仕事を頼んできた相手としても、別にどうしてもその人にその仕事をしてほしいわけではない場合も多く、普通の人なら「今忙しいから」と言って断ることができます。頼んだ方も断った方も、それで何の精神的負担もありません。ところが気が弱い人は大げさに受け止めてしまうのです。

気が弱い人の性格

気が弱い人の特徴を見てきましたが、いかにも大変そうで、疲れる生き方ですね。でも、そんな気が弱い人も、何も好きこのんで気が弱いわけではありません。 では、気が弱い人はどんな性格をしているのでしょうか。次に見ていきましょう。

消極的

気が弱い人の性格として典型的なのが「消極的」ということです。言いたいことも言えない、やりたいこともやれない、という状態ですね。他人に自分から話しかけることはあまりありませんし、「これをやります!」と宣言することもありません。 ただ、全てにおいて消極的かというと、そうともいいきれない面もあります。気が弱い人は自分から話しかけることはあまりないのですが、人から話を振ってもらい、打ち解けてくると雄弁に話し出す人もいます。 仕事ができないのかというとそうでもなくて、真面目にコツコツと丁寧に仕事をこなすタイプの人が多いです。本当は有能で努力家なのに、気が弱いために自分から仕事のやり方を周りの人たちに提案することもなく受け身に徹する場合が多いです。他人に仕事を頼むこともあまりありません。

気を遣いすぎる

気が弱い人は、気を遣いすぎています。どんな場面でも「こんなことを言ったら相手はどう思うだろうか」とか「こんなことをしたらどういう結果になるだろうか」と気を遣ってしまいます。気が弱い人には繊細でナイーブな面が強くあるのです。 自分の言動が周りの人たちに与えてしまう影響を普通の人よりも深く考えてしまうのが、気が弱い人です。考えるにしても良い方向に考えるのなら問題ありません。「こう言えば相手は喜ぶだろう」「こうやれば上手くいくぞ!」と考えれば自分もワクワクして行動できます。 でも気が弱い人は、とかく悪い方向に考えてしまうのです。それも、他人の感情を害することに対してとても敏感です。相手の微妙な表情の変化もすぐに察知して気にしてしまうのです。とにかく他人を怒らせたくない、傷つけたくない、笑われたくない、そんなことばかり考えています。

心配性

気が弱い人は、心配性なのです。何かを言ったりやったりするときに、悪い結果ばかりが気になってしまいます。気が弱い人は普通の人よりも言動の前に結果のことをよく考えています。ここでも、良い方向に考えるのなら繊細な性格がプラスに働きます。 悪い結果が頭から離れないとしても、何とかその結果を避けるために対策を考えて、用意周到に行動して努力すれば、成功につながることもあるでしょう。ですが、気が弱い人というのは悪い結果が頭に浮かんだ時点で打ちのめされてしまい、それをプラスに変えるための行動がなかなかできません。 あらぬ心配をしてしまうというのも、気が弱い人によくある特徴です。何かをすれば当然、良い結果が出ることも悪い結果が出ることもあります。それでも気が弱い人は心配する必要がないことまで心配してしまうのです。 自分が何かを言ったりやったりしても、たいていの場合は周りの人は何も気に留めもしないものです。ところが、気が弱い人はいつも他人の冷たい視線や周りの冷たい空気を気にしてしまうのです。実際には冷たくなくともです。気が弱い人は取り越し苦労が多いとも言えます。

気が弱くなってしまう心理的原因は?

気が弱い人の特徴と性格を見てきて、同じ特徴や性格を持った人でも、その性格をプラスの方向に活かせば武器にできる場面もあるということに気づかれましたか? それでも気が弱い人はなかなかプラスに転じることができないのでしたね。では、気が弱くなってしまう心理的原因はどのようなところにあるのでしょうか?

自信がない

気が弱い人は、自信がないのです。自信があれば言いたいことも言えるし、やりたいこともできます。自信がないから、何かを言ったりやったりするときに人目が気になり、他人の感情を害しないかということばかりが気になってしまうのです。 ここでも特徴的なのは、気が弱い人の全員が「自分に自信がない」わけではないということです。「本当はすごい自分」に自信を持っている人も少なくないのですが、他人が絡む場面では途端に自信がなくなるのです。 「自分が他人に受け入れてもらえる」この部分に自信がないのが、気が弱い人の決定的な特徴です。逆に、この部分に自信があれば「自分に自信」がなくても周りの人から見れば気が弱い人には見えないものです。気が弱い人には有能で努力家の人も多いのに、全く割に合わないものですね。

失敗経験が頭から離れない

気が弱い人は、失敗経験が頭から離れないことが多いものです。誰でも手痛い失敗を経験すると、次に同じような場面に遭遇すれば気が弱い状態になるものです。気が弱い人は、この状態が基本的な心理状態になってしまっているのです。 何かで失敗した結果大恥をかいたことがトラウマになって「気が弱い人」になってしまった人もいますが、気が弱い人は褒められるよりも叱られて育てられたり、成長する過程で十分な愛情を受けられなかった人が多いです。 小さい頃から何かを言ったりやったりするたびに両親など周りの人たちが喜んでくれたり感心してくれたりして育てば、他人に対する自信が育ちます。そういう人は大人になっても他人に対して言いたいことを言い、やりたいことをやることができます。

気が弱い人の場合は、何かを言ったりやったりするたびに両親から否定されてきたことが多いのです。その否定が「もっとこうした方が良い」「こう言った方が良い」という良心から出たアドバイスだったとしても問題です。 まずはありのままを受け止めてもらうという経験を多く積まないと他人に対する自信が育たないのです。気が弱い人本人にとってみれば、「こういうことを言って否定された」「あういうことをして怒られた」という経験が離れなくなっているのです。そのために言動が消極的になってしまっています。

優しい

気が弱い人の心理的原因として、「優しい」という点も見過ごすことができません。気が弱い人は何かを言ったりやったりするときに人の感情をとても気にしてしまうのですが、それは優しさから来ているとも言えます。 相手を怒らせてはいけない、傷つけてはいけない、という心理はとりもなおさず「優しさ」ですね。その優しさを持って強い言動が取れれば素晴らしい人になれるのですが、気が弱い人はやはり他人に対する自信がないので、前に出ることができないのです。 優しいということは、相手の気持ちを大切にして配慮することができるということです。気が弱い人はそこが気になりすぎていて、繊細でナイーブになっているのですね。一皮むけば優しくて努力家なのに、優しさも努力もプラスの方向に活かし切れていないのが「気が弱い人」です。

あなたは気が弱い?診断してみよう

一口に「気が弱い人」といっても、いろいろな側面があるものです。あなたがもし、自分で「気が弱い」と思っていても、実は芯の強い人であるかもしれません。気が弱いのが事実であったとしても、それは特定の場面でだけ気が弱いということもあります。 では、あなたはどの程度「気が弱い」のでしょうか。「気が弱い」度を診断できるチェックリストを用意しました。以下の10個の項目に当てはまるものの数を数えてみましょう。 ・いじられキャラである ・好きな人に告白したことがほとんどない ・レストランなどで料理に髪の毛が入っていても文句を言えない ・「ごめんなさい」「すみません」が口ぐせである ・自分が我慢すればいいと思って諦めることが多い ・友達の誕生日にはメールやメッセージを欠かさない ・物を捨てられないほうである ・人に嫌われたくない ・突然の残業や休日出勤を笑顔で応じる ・嫌なことを先延ばしにするクセがある

当てはまる項目の数が多ければ多いほど、あなたの「気が弱い」度は高くなります。 3~4個までは普通の人でも当てはまる場合があります。 5個以上当てはまっていれば、あなたは「気が弱い」人である可能性が高いです。 8個以上当てはまっていれば、既に人生を苦しく感じているのではないでしょうか? 診断の結果、自分が「気が弱い人」だったとしても、気にする必要はありません。まずは、ありのままの自分を認識することが大切です。その上で、気が弱い自分を克服したい方は、次の「気が弱いのを克服する方法」をぜひ参考にしてみてください。

気が弱いのを克服する方法

気が弱いといろいろと悩むことが多く、苦しい人生を送ってしまいがちです。難とか気が弱いのを克服して、明るく楽しい人生を送りたいと願うことでしょう。では、気が弱いのを克服する方法をご紹介します。

人目を気にしないように心がける

気が弱い人は人目を気にしすぎです。人目を気にしないようになることができれば、繊細な優しさやコツコツ努力する点など長所が前面に出てきて人生を好転させることも可能になってきます。とはいえ、気が弱い人がいきなり人目を気にしなくなるなんてことはできるはずがありません。 そんなことがもしできれば、気が弱いままでいるはずがないですからね。でも、そこを改善していこうと思うなら、まずは「人目を気にしない」と決意することが第一歩なのです。 具体的なトレーニングとしては、何か普段と違うことを人目を気にせずにやってみましょう。いえ、最初は人目を気にしても構いません。たとえ恥ずかしくてもやってみましょう。 普段やっていることも良いのですが、できれば最初は普段やっていないことの方がトレーニングとして気持ちを集中させやすいのでおすすめです。

あと、考え方のポイントとしては、他人はそもそもあなたのことをほとんど気にかけてなどいないということを認識しましょう。あなた自身のことを考えてみてください。他人の言動を見て、そのときにあれこれ思うかもしれませんが、次の瞬間にはもう忘れていますよね。 何日も覚えている他人の言動なんてほとんどないはずです。他人があなたを見たときも同じことなのです。

イメージチェンジをしてみる

「人目を気にしない」というのは気が弱いのを克服するための内面の対策です。次は外面の対策をご紹介します。 簡単に手っ取り早くできる方法として、イメージチェンジをしてみるという方法があります。髪型を変えたり、服装を変えたりすると気分が変わりますよね。そのきっかけを利用して、堂々とした自分や強気な自分を演じてみるのです。

変えるのは何でも構いません。腕時計、ネクタイ、靴、メガネなどいろいろありますね。下着を変えるのも気分を変えるのに有効です。身に着けるものだけでなく、環境を変えることも自分を変えることに役立ちます。 引越をしたり、仕事を変えたりしたときは自分を変える大きなチャンスです。今の仕事がつらくてたまらず、転職を考えている人がもしいれば、気楽な仕事を探すだけではなく、自分を変えるという視点も持ってみましょう。 部屋の模様替えをしたり、行くお店を変えたり、通勤や通学のルートを変えるだけでも思いがけず気分が変わることがよくあります。いろいろ楽しみながら試してみるといいですよ。気楽にやりましょうね。

自分に自信を持てるように努力する

最後は少し毛並みの違う対策です。気が弱いのを根本的に解決したいなら、自分に自信を持てるように努力をすることもおすすめです。さきほど、気が弱い人の問題は自分に対する自信がないことではなく、他人に対して自信がないことだということを述べました。 その話からすると、「自分に自信を持てるように努力する」というのは方向が違うのでは、と思われるかもしれませんね。でも、気が弱い人が努力をするならこの方向がおすすめなのです。 気が弱い人がいきなり「強気になろう」「人前でバンバン意見を言えるようになろう」「誰にでも気軽に話しかけることができるようになろう」などと考えても無理なのです。 少しずつできる範囲で努力していくことは大切ですが、もっと根本的に気が弱い自分を克服できる方法があります。それが、自分に自信を持てるように努力するということです。

気が弱い人は内向的な分、自分の内側には他人より得意なものがあることが多いです。何もないと思う人も、よく自分を見つめてください。きっと、何か得意なことや輝く長所があるはずです。そこを伸ばしていく努力をするのです。 多少、人より優れているくらいではまだ弱いです。圧倒的に得意だと言えるようになるまで追及してみてください。そこまでいくと、人前で披露したくなってくるものです。そうなればチャンスです。 人前で自分の強みを発揮して賞賛されると、大きな成功体験になります。そこから気が弱い自分を卒業して、強気な自分として生きていくこともやりやすくなります。

気が弱い人に向いてる仕事

気が弱い人が気が弱いままでやりやすい仕事としては、やはり人と接することが少なくて、一人で黙々と作業をする仕事が中心になります。具体的にいくつか見てみましょう。

工場の作業員

工場の製造作業にもいろいろな種類があります。種類によっては他の作業員とのコミュニケーションが必要な作業もあります。一人で黙々とできる作業としてはコンベアーのライン作業が代表的です。 仕事を覚えるまでは先輩から説明を受けたりチェックを受けたりしないといけないので大変ですが、仕事を覚えてしまうと一人で黙々と作業をすることができます。むしろ隣の作業員とコミュニケーションを取っていると怒られます。 一日中黙って作業をするのも大変ですが、他人とかかわりたくない人にはおすすめの仕事です。

運送関係の仕事

運送関係の仕事にもいろいろあります。長距離運転が最も他人との関わりがないのでおすすめですが、場合によっては二人一組で運送することもあります。そうなると二人きりで長時間を過ごさなければならないので、気が弱い人にとっては精神的に大変になります。 宅配や近場の配送なども、送り先の人とのやりとりが少しあります。でも話し込むわけではありませんので、挨拶が苦にならない人にはおすすめです。新聞配達なども同様ですね。

在宅ワーク

最も他人との関わりが少ないのが在宅ワークです。今はインターネットが発達しているので、データ入力や文章作成、翻訳、イラスト、その他いろいろな仕事を在宅ですることができます。 なにしろ、自宅で誰にも会わずに仕事ができるのですから、気が弱い人でも気軽に取り組むことができます。ただし、顧客によっては電話やスカイプでのやりとりが多い場合もあります。電話やスカイプが苦手な人は顧客を選ぶ必要があるかもしれません。

(番外編)営業職

営業職は接客業とも言える仕事で、多数の人とやりとりしますし、コミュニケーション能力や話術を最も必要とする仕事です。一般的には、気が弱い人には最も向いてない職業だと思われています。 しかしながら、トップセールスマンの中には意外なほど気が弱い人が多いことをご存知でしょうか?営業職というのは何も他人と話すことが仕事なのではなく、商品を買ってもらうことが仕事なのです。そのためには薄っぺらい話ができてもダメなのです。

お客さんのことを考え、お客さんの役に立つ情報を与えてあげて喜んでもらう。そのためにはお客さんの気持ちを読み取る繊細な優しさが必要です。どうすればお客さんに喜んでもらえるかを考える思考力も大切です。 これらの努力は、繊細でナイーブな気が弱い人こそが得意とするところです。ただ口が上手いだけの社交的な人や、物怖じしない強気なだけの人にはなかなか難しいところでもあります。 だから、実は営業職は気が弱い人に向いているとも言えるのです。まあ、無理にやる必要はありませんが、頭の片隅に置いておいても損はないですよ。

気楽にいきましょう!

以上、気が弱い人の特徴や心理的原因、気が弱いのを克服する方法などをご説明してきましたが、いかがだったでしょうか? 最後にひと言申し上げるなら、気楽にいきましょう!ということです。気が弱いと苦労が絶えませんが、そんな自分を受けいれて、労ってあげてください。今までも十分頑張ってきたのですから。 気が弱い自分を克服する努力をするのも、できることから少しずつで良いのです。最悪、今のままでもいいではありませんか。肩の力を抜くと周りが見えやすくなるので、意外に気が弱いのも改善されるかもしれませんよ。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

かつ9312

14年半にわたって弁護士をしていました。 あらゆる争いごとを目の当たりにして、人の心理や生き方など...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事