2019年04月30日公開

2019年06月16日更新

気を配ると気を使うとの違いは?気を配れる人と配れない人の心理的違い

気を配るときと気を使うとき、同じ『気』を使いますが、どのような違いがあるかわかりますか?人間関係や仕事などでつまづいている方は、気を配ることでまわりの印象も変わっていきます。では気を配るときと気を使うとき、特徴、気を配るためのポイントを紹介していきます。

気を配れる人になろう

身の回りに気を配る人がいることで、仕事がやりやすくなったという経験はありませんか? 男性・女性ともに『気を配る』ことによって、お互いによくしていこうといった意識が生まれたり動きに変化が出てきます。その結果ものごとが円滑に運んでいくことに気づくでしょう。 では、今回は気を配る人の特徴や気を配るための方法をご紹介していきます。

気を配るの意味とは?

では「気を配る」の意味をみていきます。 気を配るとはどのような意味があるかというと『状況や物事、人などよくみて、よく聞いて判断をすること』です。または直感を働かせたり、まわりの人や物事が動きやすくなるお手伝いをするといった意味あいもあります。 さらに気を配る意味には「さまざまに注意を払う。配慮する。」など、まわりの状況に気づき、人々に配慮をすることが含まれます。

気を配れる人の特徴とは

では気を配れる人の特徴をみていきます。気を配る人の特徴は、いつも相手を思いやり、配慮する気持ちをもっています。人が気を配るとき、まわりの状況や相手の気持ちに注意深く目を向けていることがおわかりでしょうか。 では気を配れる人がもつ具体的な特徴を以下で掘り下げていきます。 1.人を信じる 2.人から慕われている 3.サービスの心をもつ 4.協力者が多い 5.責任感をもつ 6.頭と心が機敏に働く 7.心をほぐすのがうまい

気を配れる人の特徴その1:人を信じる

気を配れる人の特徴その1は、基本的に人を信じて行動していることがあげられます。気を配る人は、相手を信じて助言をしていたり、自ら動いて円滑にしていく努力をしていきます。 もしも人が信じられずに疑いをもってしまった場合には、気を配ることができなくなってしまいます。疑いをもつことでものごとがうまく進まなくなった経験はありませんか? そんなときには誰かが気を配ることでお互いが助け合ったり、疑いも晴れていくことができます。このように人を信じることで気を配ることができますし、お互いに解決の糸口を見つけることが可能となります。

気を配れる人の特徴その2:人から慕われている

気を配れる人の特徴その2は、人から慕われていることがあげられます。気を配る人がいることで、人々の会話もなごやかになります。たとえとげのある相手がいても、気を配ることで衝突なども少なくなり、会話や雰囲気が丸くなっていたということもよくあります。そのような経験をしたことはありませんか? また気を配る人がいることにより、会議などで口論になったとしても事前に止めることが可能です。なぜなら、前もって雰囲気が悪くなる空気をいち早く読めるためです。会話がスムーズになって行くことで、お互いに議論をしたいこともスムーズに話せたり、信頼感が増していく可能性もあります。 その場にいあわせた人々は、気を配る人がいてくれることで安心ができます。こうして気を配る人は、人々からも一目おかれることで相手からも慕われていくのがわかるでしょう。

気を配れる人の特徴その3:サービスの心をもつ

気を配れる人の特徴その3は、サービス心をもっていることがあげられます。気を配る人はものごとがスムーズにいくことを第一に考えます。その1つに『おもてなしの心』をもったサービスで、人を笑わせたり心をなごやかにさせているのがわかるでしょうか。 ちなみに『おもてなし』とは、心のこもった待遇をすることです。おもてなしの意味は、もてなしに『お』がついていますので、より丁寧な意味合いとなります。 気を配る人は相手に喜んでもらいたいという気持ちをもっているため、サービス精神が旺盛ともいえます。そのため気を配る人は『おもてなしの心』をもち、場がなごむために配慮をしていることがわかるでしょう。

気を配れる人の特徴その4:協力者が多い

気を配れる人の特徴その4は、協力者が多いことがあげられます。気を配る人は、人と人を結ぶ役割をもっています。何故かというと、気を配る人は空気を読んで行動ができますので「あの人にこうしてあげたらきっとよくなるだろう」ということを、前もって用意してあげることも可能なためです。 ご自分のまわりを見て、気を配る人をみつけてみてください。その人は自然と言葉をかけたり、前もって人がスムーズに動けるように配慮をしていると思いませんか? 気を配る人が動いてくれることで、人やものごとがスムーズに働いていきます。それによって助かる人もだんだんと増えていきます。その結果気を配る人にありがたみを感じたり、協力したいという方も増えていくことでしょう。

気を配れる人の特徴その5:責任感をもつ

気を配れる人の特徴その5は、責任感をもっていることがあげられます。気を配る人はものごとをよくしたいという心理が働いたり、責任感が働きます。逆に言うとものごとをよくしたいと思われなければ気を配ろうといった気持ちになることはないでしょう。 基本的に気を配る人は、責任をもってものごとをよくしていきたい、よくしていこうという気持ちが働いています。また一人の人が気を配っていくことで、まわりの人たちも「解決をしていこう」といった意識が働きます。

気を配れる人の特徴その6:頭と心が機敏に働く

気を配れる人の特徴その6は、頭と心が機敏に働いていることがあげられます。気を配る人はまわりをよくみて、不具合がないかどうかを確かめます。もしもうまくいかないことがあったり、滞っている人たちがいればどうしたらいいかを考えます。 もちろん、ただまわりを見回しただけでは何も変わらないのがわかるでしょう。ですので、気を配る人は瞬時に頭と心を動かして、不具合があった場合にはどうしたらいいかを考えます。 また滞っている人たちがいれば声をかけ、解決方法をみいだすこともあります。また誰に聞いたら解決するかを頭で考えたり、滞っている人の心をなごませて解決へと導いていきます。

気を配れる人の特徴その7:人の心をほぐすのがうまい

気を配れる人の特徴その7は、人の心をほぐすのがうまいことがあげられます。気を配る人は、ものごとがうまくいっていない人には声をかけたり、表情が固くなっている人がいれば、言葉をかけてほぐすこともあります。そのような気を配る人をまわりで見たことはありませんか? 気を配る人は、ユーモアのある話をしたり、人の心が柔軟になるように温めるといった優しさももっています。 こうして気を配る人がいることによって多くの人がなごやかになりますし、楽しさを与えられることもあります。そのため気を配る人は人の心をほぐすプロフェッショナルともいえるでしょう。

気を配れる人の性格とは

気を配れる人の性格をみていきます。気を配る人の性格はまわりの人たちをみて、うまくいくために気を利かして動くことが身についています。気を配る人は、共通で丁寧な対応をしているということがわかるでしょうか。 気を配れる人の性格は、以下の通りです。 1.まわりの空気を読む 2.うまくいく方法を瞬時に考える 3.不具合にいち早く気づく 4.人の気持ちに敏感 5.調整役をする 6.神経が休まらない 7.ストレスはたまる 8.冷静に状況を判断する 9.トラブルやもめごとを解決する 10.リーダーシップをもつ 11.人との交渉ができる 12.きめ細やかな心をもっている では気を配る人の性格を具体的にあげていきます。

気を配れる人の性格その1:まわりの空気を読む

気を配れる人の性格その1は、まわりの空気を読むことがあげられます。多くの人は自分のことで精一杯になると、まわりをみる余裕がなくなってしまいます。 特にまわりの人たちと仕事をするとき、多くの人は目の前のことをこなすことで精一杯です。その場合には焦ってしまうこともありますし、自分のことにばかり目が向いてしまいます。気を配っている余裕などないという方もいるでしょう。 気を配る人は、まわりの空気をよく読んで相手に言葉をかけてあげることが可能です。人がつらそうだとか、手助けが必要なときには感覚で感じ取ります。手助けをしたいといった思いが動いていくため、それを元にものごとをスムーズに進めることができます。

気を配れる人の性格その2:うまくいく方法を瞬時に考える

気を配れる人の性格その2は、うまくいくために方法を瞬時に考えることがあげられます。気を配る人は、人間関係や仕事などに気配りができます。人間関係で気を配れる人は、うまくいかない問題があれば瞬時に考えて解決方法を見つけていきます。 どの状況においても問題があれば考えます。気を配る人はうまくいかせようといった思いが働き、瞬発的に問題解決へと動きます。またスムーズに行くための解決法を考えます。

気を配れる人の性格その3:不具合にいち早く気づく

気を配れる人の性格その3は、不具合にいち早く気づくことがあげられます。気を配る人は、何らかの不具合があればすぐ気づきます。そのためどこで衝突が起こっているのか、まわりをみていきます。 人間関係や仕事などで不具合が発生するには、何かの原因があって起こります。気を配る人の性格は、その原因がどこかをいち早く気づき、何らかの解決をしたいという気持ちが働きます。気づいたらそのままにはしておけないため、何らかの方法を取って解決に向かいます。

気を配れる人の性格その4: 人の気持ちに敏感

気を配れる人の性格その4は、気持ちに敏感なことがあげられます。たとえばまわりで誰かが落ち込んでいるときに、気を配る人は相手の気持ちを敏感に感じ取ります。 気を配る人は、人の気持ちの変化を読み取るのが早く、敏感に感じ取ります。そのため辛かったり苦しい状況などがあれば、そのときには相手に手を差し伸べるといった心の細やかさをもっています。 気を配れる分、性格的に相手の気持ちになることもできます。無理に解決をするよりも、そっとしておいたほうがいいなと思えた人には、そのままにしておいてあげるといった心配りもできます。

気を配れる人の性格その5:調整役をする

気を配れる人の性格その5は、うまくいかない人や手助けが必要な人たちに調整役をすることがあげられます。人厳関係においていつもいい関係性が作れるとは限りません。ときには人との間で衝突があったり、反発などがあることもあるでしょう。 そのようなときに気を配れる人は「どうしたの?」「何があったのか教えてください」など、気軽に声をかけることが可能です。声をかけてくれることによって、人は何が問題なのかを相談もできますし、その後の対応などもできます。 そのため気を配る人の性格は、問題をほおっておけないために何らかの解決法により調整をしていきます。また気を配る人は相手に提案をしていくこともありますし、ときには代弁者にもなることもあります。

気を配れる人の性格その6:神経が休まらない

気を配れる人の性格その6は、神経が休まらないことがあげられます。気を配る人の性格では、いい人であることが多いです。そのため気を配る一方で、神経を使いすぎてしまう傾向があります。 気を配る性格の人は多くの人に手助けができたり、調整役ができますので重宝されることが多いです。そのため色々な状況や人間関係のなかで、性格的に神経を使いすぎてしまうといった難点もあります。

気を配れる人の性格その7:ストレスはたまる

気を配れる人の性格その7は、ストレスがたまりやすいといったことがあげられます。性格的に細かいところにも気がつくため、気を配れる人は適度にストレスを解消しないとさらにたまってしまいます。 気を配る人は、性格的に困っている人を見るとほっとけません。そのような方を周りでみたことはあるでしょうか。気を配ってくれるのは周りの人からしたらありがたいことです。しかし、気を配りすぎてストレスがためないようにしないといけません。 気を配る人の性格により、人からも重宝をされることが多いです。ですが、ストレスもたまりやすくなるため、ほどほどにストレス解消は必要でしょう。

気を配れる人の心理その8:冷静に状況を判断する

気を配れる人の性格その8は、冷静に状況を判断することがあげられます。気を配る人は、まわりや相手の状況などが自然とみれますし、状況を瞬時に把握します。性格的にみても、気を配る人は自分の感情を抑えることが可能です。 相手の気持ちが読み取れる分、重宝もされます。しかし、気を配る性格の人は相手の感情に振り回されてしまう可能性もあります。性格的にほっておけない反面、気を配る人は相手の空気を読みとり、相手の気持ちを傷つけない言葉をかけます。性格的に丁寧な対応をして動きます。

気を配れる人の性格その9:トラブルやもめごとを解決したい

気を配れる人の性格その9は、何とか解決したいといった性格をもっています。そのためトラブルやもめごとがあれば、解決の方向で働くことがあげられます。 気を配る人は「解決しよう」「何とかしたい」という性格の人が多いです。気を配る人は、責任をもって解決したいと思う責任感の強さもあります。そのため気を配る人は、何らかの働きがけをすることでトラブル回避をするための術が身についています。

気を配れる人の性格その10:人との交渉ができる

気を配れる人の性格その10は、人との交渉ができることがあげられます。気を配る人は、ものごとをよくしようという気持ちが働きます。そのためにできるだけものごとがうまくいくために気を配り、交渉をしていきます。 気を配る人は性格的に、人が傷つくことを望みません。そのために気を配ることで、相手の心を大切にしたり、うまくいくために『心』で交渉する方法を知っています。

気を配れる人の性格その11:リーダーシップをもつ

気を配れる人の性格その11は、リーダーシップをもつことがあげられます。気を配る人の性格はものごとを把握するのが早いですが、うまくいくことを望む傾向があります。まわりの人の心を読んでいき、人がどのように動いたらうまくいくのか瞬時に考えます。 その状況によっては周りの人に動いてもらう必要もあります。気を配る性格の人は、まわりの人たちに提案など言葉がけをしたり、リーダーシップをとって導くこともあります。気を配る人は、ものごとを解決するために勘を働かせたり、人を動かすリーダーシップの能力をもっています。

気を配れる人の性格その12:きめ細やかな心をもっている

気を配れる人の性格その12は、きめ細やかな心をもっていることがあげられます。気を配る人は性格上、相手に配慮をしたり、丁寧に対応をすることで相手にも喜んでもらえる喜びを知っています。 気を配る人は人間関係がスムーズに運ぶために、相手の気に入った食べ物や商品をプレゼントすることもあります。もし自分が欲しいなと思っていたものを贈り物でいただけたら、誰もが嬉しいと思うでしょう。また気を配る人は、相手が喜びそうな言葉を伝えることによって心をなごませられることがわかっています。 気を配る人の性格は、相手が喜ぶためにどうしたらいいかを考える細やかさをもっています。相手の喜ぶことを考え、きめ細やかな心で対応をすることで人間関係が向上することを望んでいます。

気を配ることと気を遣うことの違いは?

「気を配る」と「気を遣う」は、言葉の音の響きはとても似ていますが、意味に違いがあります。気=エネルギーにおきかえてみると「気=エネルギーを配る」「気=エネルギーを遣う」ことということがおわかりになるでしょうか。 気を配る人は、相手の気持ちを感じ取ったり、考えを考慮した上で行動をします。しかし、気を配る人本人が相手を助けるために、すべてのことを受け持ってしまうというわけではありません。 気を配る人は相手が動きやすくなるために言葉をかけたり、自信をもたせるような言葉をかけることによって、相手にもスムーズに動いてもらように計らいます。 一方で気を遣う人は、自分の気持ちや考えを相手に極力合わせて行動をしていきます。場合によっては、相手の分まで受け持ってしまうために疲れてしまいます。相手に気を遣いすぎると自分のエネルギーがなくなってしまいますので、注意も必要です。

気を配れる人と気を配れない人の心理的違いは?

では次に気を配れる人と気を配れない人の心理的な違いをみていきます。 まず気を配れる人の心理的に働いているものは「人を思いやる心」です。気を配れる人、相手を大切に感じて行動をします。気を配ることによって、相手にも自分にもほどよく気を配り、ものごとをスムーズに運んでいくことができます。基本は相手をみて行動ができますので、相手を思いやる心が常に働いています。 一方で気を配れない人の心理的に働くものは「自分に一生懸命」なことです。まわりに目を向ける心の余裕はあまりなくなります。そのため気を配れない人は、すぐに動けないということがわかるでしょうか。 相手に気を配るよりも自分自身のことで精一杯ぱいなために、仕事などで経験不足なときには相手に気を配れない場合もあります。または相手に気を配れないときには、動きたくない心理が働いてしまうときもあります。次に気を配れる人の具体的な心理について掘り下げていきます。

気を配れる人の具体的な心理

人に気を配れる人の心理には根底に「思いやり」があります。また相手を大切に感じたり、心の余裕をもっていることで相手の気持ちに気づくことも可能です。 しかし、気を配りすぎてしまうと自分も疲れてしまいますし、まわりもかえって負担を感じてしまう可能性はあるのです。そのような経験は誰もが感じたことがあるでしょう。 気を配る人が感じている心理は二つのパターンがあります。1つは純粋に相手の気持ちを考えたり、望むものを自然と与えてあげたいと思う心理です。もう1つは恐れの気持ちが内面にあって、気を配ることで相手に嫌われないように配慮をするといった心理があります。

気を配れない人の具体的な心理

一方気を配れない人の心理には、自分のことで精一杯なことがあげられます。まわりに気を配るときには、心の余裕をもつことが必要です。しかし、気を配れないときは相手をみる余裕さえもないことがあげられます。 気を配れない人の難点では、まわりの人から『あなたは気を配れない人だ』と評価を落されてしまう可能性があることです。気を配れない人に働く心理は、本当に心の余裕がないときもあれば人生経験が不足していることもあります。ですが、そのような経験は誰にでもあるでしょう。 また気を配れない人の場合は、相性の良くない相手や状況に対して気を配りたくないということも考えられます。そのようなときには心の余裕もなくなりますし、心理的に動けなくなっているときでもあるのです。

気を配れる人になるためのポイント

では気を配るためには、どのようにしていけばいいでしょうか。気を配れる人になりたいという方のために、以下の6つのポイントをご紹介します。 1.目と耳を使う 2.手と足で動く 3.おもてなしの心をもつ 4.まわりの気持ちに敏感になる 5.頭から人を疑わないこと 6.人に協力をする

気を配れる人になるためのポイント1:目と耳を使う

気を配れる人になるポイントその1は、目と耳を使って敏感になることがあげられます。気を配るには、まず目で周りを見たり、耳で相手の要望を聞いていきます。そうすることで相手の気持ちが把握できたら、何が不満なのか要望は何なのかわかってくるでしょう。 しかし目でみるだけ、耳で聞いただけでその後に何もしなければ、ものごとは何も変わりません。そのために目でみて何をしたらいいのか、耳で聞いて相手の望むことは何かを敏感に感じ取って行く練習をしてみてもいいでしょう。 まずはまわりに気を配ってみようと思うことから、はじめてみませんか?

気を配れる人になるためのポイント2:手と足を動かす

気を配れる人になるポイントその2は、手や足を動かすことがあげられます。気を配るときには、手助けをするための手や足などを使って相手のいる場所へとでむく必要もあります。そして相手の要望に対して真摯に耳を傾けてみてください。 最近ではPCやスマートフォンなど、電話やインターネットの普及により、実際にその場所に出向く必要がない場合もあります。いずれにしても気を配る人になるためには、物質的に手助けをする場合もありますし、精神的に手助けをする場合もあります。

気を配れる人になるためのポイント3:サービス精神をもつ

気を配れる人になるポイントその3は、サービス精神をもつことがあげられます。気を配るということは、相手に興味をもって目を向けてみようという気持ちも大切です。 その上で相手が喜ぶだろうということに対して気を配ってみたり、サービス精神の心をもって相手の望むことをしてみてください。または誰かの手が必要だという人がまわりにいたら、気を配ってみようという気持ちをもってみるといいでしょう。 また相手に食べ物やあげたら喜ぶだろうなというような品物を、ときどき送ってみることもおすすめです。それによって相手が喜ぶことも多いのがわかるでしょう。

気を配れる人になるためのポイント4:まわりの気持ちに敏感になる

気を配れる人になるポイントその4は、まわりに敏感になってみることがあげられます。気を配ることは、人の気持ちに関心をもつことからはじまります。 関心をもつことによって人の気持ちに敏感になっていくのがわかるでしょう。それによって人は何を望んでいるのか、何が問題で解決が必要なのかがわかってきます。気を配るためには人の望むことをしたり、どう動いたらうまくいくのかが把握できていくのではないでしょうか。

気を配れる人になるためのポイント5:頭から人を疑わないこと

気を配れる人になるポイントその5は、頭から人を疑わないようにすることがあげられます。気を配る人になるには、まず人を信じる心をもってみてください。もし人を頭から疑ってしまった場合には、人が信じれなくなりますし、気を配る気持ちや相手を喜ばせようといったような気持ちもなくなってしまいます。 人間関係がうまくいかないときには、人を頭から疑ってしまうということで発生していることも少なくないのです。そのためにも、気を配る人になるための基本的な考え方は、人を助けたいといった気持ちをもっていくことが必要なことがわかります。 人間関係をスムーズにしようとして、すべてを信じすぎたためにたまには失敗してしまうときもあります。ですが、はじめから人を疑うのではなく、冷静にまわりをみてものごとを把握してから気を配ってみてください。

気を配れる人になるためのポイント6:人に協力をする

気を配れる人になるポイントその6は、人に協力をしてみようといった姿勢をもつことがあげられます。気を配っていこうというときには、まずまわりをみて困っている人がいれば助けようとしてみてください。 誰かが気を配ることで、大きなグループであってもいい方向へ向かっていくための手助けは可能です。もし人が困っているときに、誰かから気を配ってもらえると助かりますし、嬉しいと感じるでしょう。誰でも協力してくれる人ができると、助かるのです。 ですので皆が協力し合えるためにも、気を配ってみてください。お互いに信頼感が生まれることで、ものごとがうまくいく秘訣となるでしょう。

気を配れる人は皆を幸せへと導く

気を配れる人について特徴、性格、心理などをみてきました。気を配る人がいることにより、困っている人や動けずに悩む人たちが楽になっていくことがお分かりいただけたでしょうか。 気を配れる人はきめ細かな心配りができるため、人の望みがわかったり、問題を解決することで感謝をされます。お互いに心が満たされていきますし、信頼関係もさらに増していくことができます。 ぜひ気を配れる人となって、人に対しても自分に対しても幸せな気持ちを導いてあげてください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

minitree814

minitree814

心理学を学び、アドバイザーもしております。心の不思議をもとに、色々な角度から記事を書いていけたらいい...

人気記事

新着記事