2019年04月22日公開

2019年06月19日更新

馴れ馴れしい人の特徴とその心理とは?馴れ馴れしい人の上手な対処法

あなたの周りに馴れ馴れしい人はいませんか。多くの人は、馴れ馴れしい人の言動にストレスを感じます。しかし、馴れ馴れしい人は相手の気持ちはおかまいなしです。そんなあなたのストレスを軽減するために、ここでは、馴れ馴れしい人の特徴と上手に付き合える方法をご紹介します。

馴れ馴れしい人が苦手...

最近知り合ったばかりなのに、ずっと前からの友人のように馴れ馴れしい人っていますよね。そんな、馴れ馴れしい人って苦手に思ってしまうのではないでしょうか。 社会では、馴れ馴れしい人はあまり好かれない傾向があります。馴れ馴れしい人に対して、多くの人が苦手意識を持つからでしょう。 今回は、そんな馴れ馴れしい人の特徴や心理、そしてそれらから考えられる対処法について見ていきましょう。

馴れ馴れしいの意味とは?馴れ馴れしい人ってどんな人?

馴れ馴れしいとは、それほど親しい間柄でもないのに、うちとけすぎて、ぶしつけな態度のことを意味します。あなたの周りにも、馴れ馴れしいなと感じる人はいるのではないですか。 どうして、馴れ馴れしい人に対して、親しみやすいと感じるのではなく、不快に感じるのでしょうか。まずは、馴れ馴れしい人の特徴をご紹介します。

馴れ馴れしい人の特徴

馴れ馴れしい人に対して、どうしても苦手意識を持ってしまいがちです。多くの人は、初対面の人に対して、親しくなりたいと思います。だから、第一印象を大切にし、親しみやすい印象を持ってもらいたいと思うものです。 しかし、もしかしたらその言動は、相手から馴れ馴れしいと思われてしまっているかもしれません。そんなことにならないために、馴れ馴れしい人の特徴をしっかりと理解しましょう。

初対面でタメ口

タメ口で話をできるのは、「友達」とお互いに思っているからです。初対面でいきなり友達になれる人はいません。相手のことを知り、自分のことを知ってもらって、お互いの距離が縮まり、徐々に「友達」になるのです。 その過程の中で、始めは敬語や丁寧語で喋っていたのが、だんだんとタメ口になっていくのです。しかし、初対面でタメ口だと友達になるまでの過程をすっ飛ばしてしまっていることになります。

タメ口を使うことが悪いことなのではありません。敬語で会話をするよりも、タメ口で会話をした方が場の雰囲気が和んで、話が弾みます。しかし、タメ口を使うときは相手と距離が縮まっていないといけないのです。タメ口は、使うタイミングを間違うと相手に不快な思いを与えてしまいます。 使うタイミングや相手との距離感を考えずにタメ口を使うと馴れ馴れしいという印象を与えてしまいます。また、どんなに親しい相手であっても、ビジネスの場では互いに敬語で話すのがマナーと考えられています。 だから、ビジネスの場でタメ口を使うと、馴れ馴れしい、マナーがなってないと思われてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまう恐れもあるので注意が必要です。

ボディタッチが多い

馴れ馴れしい人は、相手の気持ちを考えることがなく、自分が良ければいいというスタンスなので、相手がどう感じるかを考えることなく、ボディタッチをしてきたりすることがあります。 また、かなり近い距離感で接してくることも多いことが特徴です。相手の気持ちを察することをせず、自分の気持ちを優先させてしまいます。

他人に近づかれると不快に感じる空間のことをパーソナルスペースと言いますが、馴れ馴れしい人は、このパーソナルスペースが極端に狭いのです。そのため、一般的の人から見るとコミュニケーションの取り方が独特に思えるのです。 パーソナルスペースが狭いのは、決して悪いことではないのですが、馴れ馴れしい人は、自分の距離感で相手に接するので、相手が不快に感じていることを察することができません。だから、ボディタッチをして相手が引いても気づかないのです。

寂しがり屋

慣れ慣れしい人は、寂しがり屋な人が多いのが特徴です。馴れ馴れしい人は、寂しがり屋なので、いつでも誰かと一緒にいたいと思い、誰かと話をしていたいと思っています。 馴れ馴れしい人は、1人でいたくないので、たくさんの人と関わろうとするのです。みんなの輪にいるのに、疎外感や孤独感を感じることが怖いのです。 寂しがり屋の人は、意外にも友達が少ないことが多く、そのため出会った人と早く仲良くなりたいと強く思います。そのため、相手の気持ちを無視して、強距離を縮めようとするので、馴れ馴れしい人と思われてしまうのです。

馴れ馴れしい人は、相手のことを考えずに、自分のテンションが高ければ高いままで相手に接します。その時、相手が少し疲れていたり、なにか落ち込んでいてテンションが低くてもお構いなしです。 馴れ馴れしい人は、相手や周りの様子を見て、その場の雰囲気をかんじとることができません。だから、自分のテンションで突き進み、相手や周囲を巻き込もうとします。 もちろん、相手や周囲の人は、こんな馴れ馴れしい人のテンションに合わせられないので空気の読めない、迷惑な人と思われてしまうのです。

無神経な言動が多い

馴れ馴れしい人は、自己中心的で相手を尊重しません。馴れ馴れしい人は、相手に対する心遣いや気配り人がなく、相手の都合や気持ちを考えずに、自分の好きなように行動したり、話をしたりします。 そのため、馴れ馴れしい人は、自分が知りたいと思ったらしつこく聞きます。人には話したくないこともあるし、話たくないときもあります。話す相手も選びます。しかし、馴れ馴れしい人は、自分の気持ちを中心に動いているので、相手の気持ちを無視して、ドカドカと土足で踏み込んできます。 あなたが落ち込んでいる時の、馴れ馴れしい人の「大丈夫?」はあなたを心配しているのではなく、何があったのかを知りたいだけなので、気軽に話をするのは避けた方がいいです。馴れ馴れしい人の気が済むまで、無神経に根掘り葉掘り聞かれて、嫌な思いをする羽目になります。

人が馴れ馴れしくなる心理とは?

馴れ馴れしい人は、自己中心的です。馴れ馴れしい人は、社会の常識も気にしません。馴れ馴れしい人は、自分がルールなので周囲からは、空気の読めない人と思われています。 馴れ馴れしい人は、自分自身をコントロールできずに、相手の気持ちを考えない無神経な言葉や行動で相手を傷付けたりすることもあり、敬遠されがちです。しかし、馴れ馴れしい人は、常に誰かと繋がっていたいと思うくらい人が好きなのです。

馴れ馴れしい人は、敬遠される原因がわかっておらず、早く親しくなりたいと思う気持ちが先走り過ぎます。タメ口で話をしたり、ボディタッチをするのは親しい関係だからできることなのに、馴れ馴れしい人は、タメ口やボディタッチを使って相手との距離を縮めようとするのです。 このように、馴れ馴れしい人は、親しくなりたいという気持ちばかりが先走ってしまい、友達になる過程を踏まずに、急に距離を縮めようとしてしまいます。馴れ馴れしい人の親しくなりたいという気持ちが大きければ大きいほど、自分の気持ちだけで行動してしまいます。 その結果、相手からは自分勝手な人と思われてしまい、かえって、相手が遠ざかっていってしまうのです。

「馴れ馴れしい人」と「親しみやすい人」の違いとは?

馴れ馴れしい人は、不快な気持ちを相手に与えているという印象ですが、親しみやすい人は、感じが良いという印象があります。馴れ馴れしい人と、親しみやすい人の違いは何なのでしょうか。 馴れ馴れしい人と親しみやすい人の大きな違いは、相手のことを考えているかです。相手のことを考えて、相手が求めている距離感を大切にして、接することができるのが「親しみやすい人」です。

一方で、馴れ馴れしい人は、相手が求める距離感を完全に無視して、自分の距離感で相手と接します。相手のことを一切考えていないため、相手と適切な距離感を保つことができず、「馴れ馴れしい人」と思われるのです。 また、親しみやすさを意識し過ぎて、相手には馴れ馴れしいと思われてしまうことが多くあります。良かれと思ってしたことが裏目に出てしまうこともあるので、焦らずに相手のことをよく考えて、ゆっくりと距離を縮めることも大切です。 相手に馴れ馴れしい人と思われるか、親しみやすい人と思われるかは、紙一重なのです。

馴れ馴れしい人の上手な対処法

いかがでしょうか。馴れ馴れしい人の特徴がわかったでしょうか。では、このような馴れ馴れしい人とはどうすれば上手に付き合うことができるのでしょう。それでは、馴れ馴れしい人の上手な対処法をのご紹介します。

馴れ馴れしい職場の同僚の対処法

会社で毎日顔を合わせていると、どうしても身内の感覚が芽生えてしまい、馴れ馴れしくなってしまいがちです。仕事をスムーズに進めるには、お互いに打ち解けることは良いことではありますが、「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、ある程度の距離感は保たなければいけません。 あまりにも馴れ馴れしくなってしまうと、職場の雰囲気を乱してしまい、仕事に支障をきたしてしまう恐れもあります。馴れ馴れしい同僚に対しては、自ら節度ある態度で接することが大切です。一緒に仕事をしてきた同僚であれば、あなたのそんな姿を見て、自分の態度を見直す可能性もあります。

しかし、馴れ馴れしい人は他人を気遣ったりできないので、あなたがいくら礼儀ある態度で接しても効果がないこともあります。そんなときは、馴れ馴れしい人の言動は適当に流してしまいましょう。馴れ馴れしい人でも、さすがに相手にされないとわかれば態度を改めることが可能性があります。 同僚だからといって、あなたが相手にしてしまうと、馴れ馴れしい人の言動に拍車がかかってしまうこともあります。適当に流すことで、馴れ馴れしい人が大人しくなるということもあるので、適当に流して相手にしないというのも効果的です。

馴れ馴れしい新人・後輩の対処法

馴れ馴れしい新人や後輩は、ため口で話をすることが多いのではないでしょうか。そんな馴れ馴れしい新人や後輩には、あえて敬語で返すようにし、失礼な態度には、礼儀正しくふるまうようにして下さい。 馴れ馴れしい新人や後輩との温度差を敬語や礼儀正しい態度で示すが必要です。馴れ馴れしい人は、自分が馴れ馴れしい人だということに気づいていないこともあります。社会人として、社会に出たのであれば馴れ馴れしい態度で相手を不快にさせてはいけません。

後輩や新人のことを思うのであれば、後輩や新人の言動は、相手に馴れ馴れしいと受け取られるということを教えてあげることも必要です。後輩や新人の言動が、馴れ馴れしい人という自覚がないだけであれば、指摘することで徐々に理解をしていくはずです。 ただし、あまり強く言い過ぎると、被害者面をされてしまうこともあり得るので、後輩や新人の言動にある悪気がないことを理解していることを伝えることが大切です。それでも、馴れ馴れしい態度が変わらなければ、しつこく指摘し続けるのではなく、相手にしないのが効果的です。

馴れ馴れしい友達・ママ友の対処法

馴れ馴れしい人は、馴れ馴れしいという自覚も悪気も無い人がほとんどです。馴れ馴れしいと思うけど、関係を続けていきたいと思う友達やママ友であれば、自覚していないことや悪気がないということを理解してあげましょう。 はっきり伝えることができる間柄であるなら、馴れ馴れしいと思っていることを伝えて、友達やママ友に気づかせてあげることも良い方法です。その時に大切なことは、言い争うのではなく、はっきりと言動で伝えることです。 しかし、馴れ馴れしい友達やママ友に、伝えようと思わない関係であれば、無理に伝える必要はありません。その時は、自分で相手と適度な距離感を保ち、笑顔で上手にかわしていきましょう。どんな人でも、嫌なものはどうしても嫌だし、苦手なものは苦手です。 だから、無理して馴れ馴れしい友達やママ友の馴れ馴れしい態度に付き合うことはありません。なるべく関わらないように適度な距離感で接していくのが良い対処法です。馴れ馴れしい友達やママ友との関わりは必要最低限にしていれば、そのうち必要以上に関わってくることをやめてくれます。

馴れ馴れしい人は上手に距離を取ろう

いかがだったでしょうか。馴れ馴れしい人の特徴や対処法をご紹介しましたが、馴れ馴れしい人に対しての印象はどうでしょうか。馴れ馴れしい人は、馴れ馴れしいという自覚も悪気もありません。 あなたに馴れ馴れしく接してくる人がいるとしたら、その人はあなたと親しくなりたい気持ちがとても強いということです。あなたの気持ちを完全に無視している、馴れ馴れしい人の言動はあなたに大きなストレスを与えていると思います。 ここで書いた馴れ馴れしい人の対処法を活用して、上手に距離感をとって行ってくださいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事