2019年10月25日公開

2019年10月25日更新

「人生失敗した」と後悔した時に人生を立て直すための7つのマインドセット

人生の中で失敗しすることは誰でもあります。みなさんも「人生失敗した」と後悔していることはありませんか?後悔しているだけでは何も変わりません。人生を立て直すために「失敗したと思う人の特徴」や「立て直す方法」を紹介していきます。

人生失敗したと後悔しているあなたへ

「就職した会社がブラック会社だった」や「無駄遣いしていざと言う時にお金がなくて断念せざるを得なかった」など人生失敗したな…と思ったことはありませんか?人生の中で失敗しない人なんていません。 むしろ、全く失敗したことがない方が少ないです。では、人生失敗したと思うかどうかは、失敗の大きい小さいにも関わることもある場合はあります。 ただ、ほとんどの場合は失敗したことを次に生かしていい方向に修正できるかどうかです。人生失敗したと思う人の特徴や考え方、立て直す方法などを紹介していきます。

人生失敗したと思う人がよくする後悔

人生失敗したと思う人に多い後悔があります。その人生失敗したと思う後悔とはどのようなものでしょうか?ひとつずつ詳しく紹介していきます。

後悔①大切な人に感謝を伝えておけばよかった

人生の失敗でよく聞くのが両親に感謝の気持ちを伝えずになくなってしまったということです。それだけでなく、人はいつどうなるか分かりません。 脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などで急に亡くなったり、事故にあったりするかもしれません。認知症になって、自分のことが分からなくなるかもしれません。 実際元気な時には、恥ずかしくて言えません。ただ、実際そのような状況になった時に「言っておけばよかった」と人生の後悔をしてしまう人が多いのです。

後悔②本気の恋をしておけばよかった

本気の恋をしてこなかった人も後に人生失敗したと後悔する人が多いです。特に結婚してから「もっと本気の恋をしておけばよかった」との話を聞きます。 時には大恋愛で結婚する方もいますが、人生失敗したと思う人は、真剣な恋をしてこなかった人です。真剣な恋をしてきた人は、色んな恋や愛の形を見てきているので結婚しても人生に後悔することは少ないのでしょう。 ただ、何となくで真剣な恋をしてこなかった人は結婚後、「もっと良い人がいたのでは?」と思い、もっと真剣な恋をしてくればよかったと人生に後悔してしまう人が多いです。

後悔③時間を大切にしておけばよかった

ついつい忘れてしまいますが、時間は有限です。ついつい嫌なことは後回しにしてしまうこともありますが、それが人生の失敗に繋がってしまうことがあります。 仕事で先延ばしにしてしまう小さなことでも、積み重なれば信用を失い人生を変えてしまうことにつながる可能性もあります。年単位では、やってみたい仕事や勤めてみたい仕事で年齢制限があるところもあります。 何に対しても先延ばしにして無駄な時間を使う人は、結局やれずにゆくゆく人生の後悔に繋がる人が多いです。

後悔④お金を大切に使えばよかった

自分で働いたお金なので、どう使うかは本人次第で他人がとやかく言う必要はありません。ただ、お金を大切に使ってこなかったことにより、本当に使いたい時に使えずに夢や本当に人生でやりたいことを断念せざるを得なくなることがあります。 それが自分にとってさほど重要なことでなければ良いですが、人生にとって重要なものだったらどうでしょうか。人生失敗したと思って後悔するのも当然です。

後悔⑤やりたいことをしておけばよかった

「後悔③時間を大切にしなかった」でもありますが、「やりたい仕事」や「就職したい会社への転職」を躊躇することで、年齢制限で出来なくなってしまうということが挙げられます。 このように、自分のやりたいことをやってこなかったがために手遅れになり、人生を失敗したと後悔してしまうことがあります。

後悔⑥もっと自分の気持ちに素直に過ごしていればよかった

家族との時間を作りたいと思いつつ仕事だからしょうがないと、仕事ばかりしていると人生で後悔することがで出てきます。男性では、仕事ばかりで家族に目を向けないために離婚に至ってしまうことを聞きます。 女性では仕事重視にしてきたために結婚が遅くなり、子供が産めない年齢になってしまうなど人生の後悔に至ってしまうことが出てきます。 自分の気持ちを抑えて仕事ばかりに目を向けている人は、「もっと家族に目をめければ…」「もっと楽しいこともすれば…」と人生で後悔する人が多いです。

失敗こそが人生を成功に導く?

全く失敗をしてこなかった人は、色んなことが完璧にできて人生成功してきた人だと思う方は多いかと思います。ただそんな人はごく少数です。失敗してこなかったということは、人生の中で色んなことに挑戦してこなかったということです。平坦な面白みのない人生を送ってきたということです。 失敗していないということは、色んなことにチャレンジしていないということなので人生で大きな成功もできないということになります。 人生の成功者は、人生の中でかなりの失敗を繰り返して成功をつかみ取っています。「失敗は成功のもと」と言う言葉があるように、失敗することで人生の成功を引き寄せることができるのです。

一番失敗なのは「失敗」から目を背け何も学ばないこと

先ほどから何回かお伝えしていますが、人生を歩んでいる以上みんな何かしら失敗しています。失敗者と成功者の本当の違いはどこにあるのか?それは「失敗から学ぼうとするか」どうかです。 失敗してしまった際に、「あ~また失敗してしまった。やっぱり自分はダメだ」と思って、改善策を考えなければ失敗を繰り返し、成功には至りません。 失敗した際には、失敗したことへの反省は必要ですが、それ以上になぜ失敗したか次からはどうしたら良いかを考えることの方が大切になってきます。

失敗した際に成功へ導く条件

「とはいっても失敗が人生の成功を導くって本当なの?」と思っているかと思います。確かに、失敗したと悶々と考えているだけでは成功に導くことはできません。 失敗した際に成功へと導くためにはある条件があります。失敗についてどのように目を向けていったらいいかと言う方法と言ってもいいかもしれません。では、人生の失敗を成功へと導く条件について紹介していきます。

成功に導く条件①失敗の原因を考えることができる

先ほどもお伝えしましたが、一番大切なのはなぜ失敗してしまったのかを考えることです。ただ、失敗の原因と言われてもいざ考えても分からないものです。 その際に考えていくのが、失敗した時の環境、心理状態、自分自身のスキルなどをもとに考えていくことが大切で、これが成功への条件になります。

成功に導く条件②次の対策をすぐに考えて実行することができる

人はすぐに忘れるものです。失敗したらすぐに考えなければ、その時の状況を忘れてしまいます。また、同じようなことでまたミスをしてしまう可能性もあることでしょう。 したがって、失敗した人生から成功に導く条件として、ミスをした際には早急になぜそうなったかを考えることが必要になってきます。

成功に導く条件③失敗をチャンスに変えることができる

失敗をしてしまうとやはり、気持ちは落ちてしまいます。しかし、落ち込む必要は本来はありません。なぜなら、ひとつの失敗はひとつ自分が成長できるチャンスだからです。 過去の失敗はもうどうすることもできません。失敗して落ち込んでいては、自分が成長できるチャンスを逃してしまいます。失敗した時には、その失敗をチャンスととらえて、対策を考えていけるかも人生の失敗から成功に導く条件になってきます。

成功に導く条件④自信は失わず、常に前向きでいることができる

失敗すると落ち込み自信を失いそうになるかもしれません。ただ、自信を失わないようにだけはしましょう。自信を失うと、やること一つ一つに躊躇が出てしまい、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。 自信は失わず、改善策を考えていけるポジティブさが維持できるかどうかも失敗した人生を成功に導く条件になることでしょう。

失敗した人生を立て直すための7つのマインドセット

「人生失敗した」と思うと何もかもがダメになってしまったように感じてしまい、なかなか立て直そうという思いにならないかもしれません。 しかし、人生失敗しても立て直すことは可能です。失敗した人生を立て直すためのマインドセットについて紹介していきます。

マインドセット①人生失敗したことを認める

失敗した人生を立て直すためには、まず失敗を認めることにあります。失敗したことはなかなか認めたくありません。しかし、認めなければ次の「失敗した内容を振り返る」ことができません。 失敗を認めることは難しいです。でも、認めなければ立て直すことはできないので、時間が掛かっても認めましょう。ひとりで無理であれば、カウンセラーなど心理のプロに頼るのもひとつです。

マインドセット②人生の失敗した内容を振り返る

「失敗した際には内容(原因)を振り返りましょう」とお伝えしました。これは、人生においての失敗でも同じです。失敗したことを振り返らなければ、人生のどこがどう失敗して今の状況に陥っているのか分かりません。 そこが分からなければ、人生の中のどこの部分をどう直していけば良いのか分かりません。立て直す方法を見つけていくために、まずは人生の失敗した内容を振り返る必要があります。

マインドセット③人生を一度立ち止まって考える

人生で失敗した時には一度立ち止まってみましょう。失敗したと思い、慌てて人生を立て直そうとして動いても、更に失敗したり混乱が大きくなってしまう可能性があります。 急がば回れという言葉があるように、この人生早く何とかしたいという時にこそ一度立ち止まって、失敗した原因や対策を考えていく必要があります。

マインドセット④次にやらなければいけないことを考える

今までの人生を一度立ち止まって、失敗の内容を考えたら次はそこからやらなければいけないことを考えていきます。立ち止まって、失敗の内容を考えてるだけでは、立ち直ることはできません。 人生を立て直すためには、動かないことには立て直せません。その人生立て直すためにどのようなことをしていけば良いかと言うことを考えていく必要があります。

マインドセット⑤人生の成功した時のイメージをする

どんなことでも必要ですが、人生で成功した時のイメージは大切です。失敗した時のイメージをしてしまうと精神的に躊躇が出てしまい、それが行動にも現れてしまいます。 また、「引き寄せの法則」と言うものがあります。考えたことイメージしたことが、現実になるというものです。この「引き寄せの法則」はすぐに反映されることもあれば、1年後、2年後と少し時間が掛かることもあります。 したがって、人生で成功した時のイメージをすることは大切になってきます。人生を立て直すとなるとそれなりに時間がかかることもあることでしょう。 そして、状況が変わらないとなかなか維持することが難しくなってくることもあります。ただ、成功した時のイメージを継続して失敗した人生を立て直しましょう。

マインドセット⑥人生の失敗を良い経験と考える

人生の失敗とは、本当に大きなものです。立て直すにも他のちょっとした失敗と比べて時間が掛かることでしょう。ただ、この人生の失敗を良い経験ととらえることは、立て直す際にいい考えをもたらしてくれます。 大変な思いを今までしてきて、これからもするかもしれませんが、人生の失敗を良い経験と考えるようにしていきましょう。

マインドセット⑦打たれ強さが出来たと考える

人生失敗してきた人と言うのは、ちょっとしたことでは潰されません。人生失敗し、挫折を経験してこなかった人の方がちょっとしたことで嫌になり、我慢もできません。 結果、人生失敗していない人は失敗もしていませんが、何かあったらすぐに逃げるため大きな成功もつかみ取れないでしょう。 したがって、人生失敗した人は大変かもしれませんが、そこから打たれ強さができ少しのことではへこたれず、それが大きな成功へと導きます。

失敗のない人生こそが失敗である

人生の中で失敗しない人はいません。むしろ人生で失敗がない人は様々な経験がないため、成功へも導けません。したがって、失敗のない人生の方が失敗なのです。 人生失敗したと思っても、そこから何がいけなかったのか考え、立て直すことで成功へ導き、成功した人生へと変えていくことはできます。 人生失敗したと思った時に一番大切なのは、失敗したと思ってネガティブになるのではなく、チャンスと思って常にポジティブに失敗と向き合って、自分の人生を立て直していけるかどうかにかかっています。 人生の失敗と向き合うのはつらいことも多いですが、その先には成功が待っていると思い、人生を立て直していけるように考えていきましょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

kaorin

看護師の資格を取って、14年になります。みなさんに看護師としての知識や今までの経験なども含めてお伝え...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事