2019年04月30日公開

2019年06月22日更新

人生の転機に最高の結果を出すために考えるべき6つのこと

人生の転機とは、自分の人生が変わってしまうような大きな節目のことです。数少ない人生の転機を確実に掴みたいと思いませんか?今回は人生の転機が起こる前兆や、変わるのを邪魔する心理作用、そして人生の転機に最高の結果を出すために考えるべきことを紹介していきます。

人生の転機を掴んで今を変えたいあなたへ

人生に数回訪れると言われる人生の転機。人生の転機とは、自分の人生が変わってしまうような大きな出来事が起きることです。例えば女性なら結婚や出産、男性なら転職なども大きな転機ですね。また、病気や事故などの不幸な経験で、人生が変わってしまう事もあります。 今までの人生を振り返ってみると、「あれが転機だったのかも」と思いつくことはありませんか?人生の転機はその時には気づかず、後から考えてわかることがほとんどです。 人生の転機には、一見不幸に見えることが起こってきたりします。長い目で見れば良いことなのですが、その時は理解できず、落ち込んでしまう事になります。

しかしもし、人生の転機がいつ訪れるのかとか、そろそろやってきそうだと前もって予想できるならどうでしょうか?辛いことが起きてきても、人生の転機がやってきているだけだと必要以上に落ち込まず、やり過ごせるのではないでしょうか? 実は、人生の転機を経験した人は、わりと共通した前兆を経験していることが分かっています。また、一般的に転機が訪れやすいと言われる年齢もあります。 今回は、人生の転機のサインから、人生の転機を阻む「現状維持バイアス」について、そして人生の転機で最高の結果を出すために考えるべきことまでを、ご紹介していきます。

人生の転機の前兆となる6つのサイン

人生の転機には、さまざまな前兆となるサインがあります。人生の転機には驚いたことに、誰しも同じような出来事が起こっています。ここでは人生の転機の前兆となる6つのサインについてまとめましたので、紹介していきます。

転職したい気持ちが芽生える

人生の転機がくると、急に今までやってきたことに対する意欲がなくなります。生活の大部分を占めている仕事についてもそうです。これまで何の不満も無くやってきたのに、突然仕事が嫌になってしまう事があります。 なぜだかわからないけれど、突然自分の人生このままで良いのかと考え始めるなど、転職したいと思うようになります。 このような状況になったら、もしかしたら人生の転機が近いのかもしれません。

人間関係が変わる

周囲の人間関係が変わるのも、人生の転機の前兆である場合があります。今まで親しく付き合っていた友達のことを、何か違うと感じたり、長く付き合ってきた恋人とも離れたい気持ちになる事があります。 また職場の仲の良い同僚が辞めることになったり、近所のママ友が引っ越すことになるなど、突然の別れが訪れることがあります。かと思えば新しい出会いがあったりするなど、周囲の人間関係が目まぐるしく変わるような事が起こります。こういったことも人生の転機の前兆としてよく起こります。

今まで好きだったことに興味がなくなる

人生の転機がやってくると、今まで好きだった趣味などが、突然どうでも良くなったりします。 例えば、学生時代に好きなアイドルがいて、ライブに通ったり、グッズを集めたりするのが趣味だったとします。社会人になっても、このまま続けようと思っていても、仕事が忙しくてライブに行けなくなり、テレビもなかなか見れない日が続き、気づいたらどうでも良くなっていた、なんてことは良くあることでしょう。 そしてこの後、結婚につながるような彼氏や彼女が出来るなどの、大きな転機がやってきたりします。もしこのままアイドルに夢中だったら、相手を好きにならなかったかもしれませんよね。 このように、まるで未来に辻褄を合わせるかのような変化が起きてくるのも、人生の転機の前兆なのです。

やたらと眠くなる

人生の転機を経験した人から良く聞くのは、転機の前はやたらと眠かったという話です。いくら寝ても眠いので、どこか身体が悪いのではないかと思ってしまうほどです。なぜこのように眠気を感じるのでしょうか。 人生の転機には、将来のことを考えたり、周りの変化に対応するために、いつもより沢山考えます。そのため脳が疲労してしまい、眠くなるのではないかと言われています。 また、潜在意識が人生の転機が訪れることを察知して、その時のためにエネルギーを貯めているとも言われています。 春になるとやたらと眠いのは、入社や入学、新学期などの、環境の変化が起きることが多いからなのです。このように、眠気と人生の転機は、大きなつながりがあると言えます。

節目の年齢に転機が起きやすい

実は人生の転機が起きやすい年齢があります。それは、18歳、22歳、23歳、30歳、60歳という年齢です。これらの年齢を見て、何か気づきませんか?そう、一般的に人生の節目と言われる年齢なんです。 18歳は高校を卒業して、大学進学や就職をする年齢で、22歳は、大学を卒業して就職する年齢です。23歳は社会人になって一年たち、仕事の内容が本格的になってくる時期です。30歳は結婚や出産を経験する人が多い年齢です。そして60歳は定年を迎える時期です。 もちろん、いつどんな人生の転機が起きるかは人によりますが、一般的にはこのくらいの年齢が節目となり、大きな転機を迎える可能性が高くなります。

人生の転機に潜む「現状維持バイアス」の罠

自分の人生を次のステージに進めるためには、変化がつきものです。人生の転機を迎えると、周りの状況が変わって来たり、今のままではダメだ、変わらなきゃという気持ちが湧いてくるようになります。 しかしこのような変化を求める気持ちが生まれても、それをさえぎるかのように変化を恐れる気持ちが強く出てきて、躊躇してしまうようなことが起こります。これが心理的な「現状維持バイアス」です。 現状維持バイアスとは、未知なものや未経験なものを恐れ、現状のままでいたほうが良いと思ってしまうような、心理作用です。人には現状を維持することが一番良いと思ってしまう傾向があるのです。変わりたい、でももし変わったら今より不幸にならないだろうか?と思った経験は誰しもあるのではないでしょうか。

この現状維持バイアスの働きが、人生の転機の成功を邪魔することがあります。例えば、転職したい気持ちが強くなっていたところ、自分にピッタリな求人を見つけたとします。これは人生の転機になるかもしれないチャンスなのですが、いざそうなってみると、二の足を踏んでしまうことがあります。 本当に今の会社を辞めていいの?もしその会社がブラック企業だったら?もし嫌な上司がいたら?などと考えてしまい、なかなか転職に踏み切れず、人生の転機を逃してしまったりします。 このようなことは、現状維持バイアスの罠と言えます。実際はやってみなければ何もわからないのですが、なかなか一歩が踏み出せないのです。

人生の転機に考えるべき6つのこと

このように人は人生の転機を迎えても、現状維持バイアスの作用が働き、うまく変化に乗れず機会を逃してしまう可能性があることが分かりました。 せっかく自分の成長となる人生の転機を迎えても、変化を恐れていてはチャンスを逃します。そうならないために、私たちは人生の転機に際し、どのように考えて行動するべきなのでしょうか?ここでは、人生の転機に考えるべきことを、具体的に6つご紹介します。

悩むのをやめる

人生の転機がやってきても、現状維持バイアスが働き、ウジウジ悩んでしまって一歩踏み出せない時には、思い切って悩んだり考えるのをすっぱり止めてみることです。考えたところで、何も解決などしないのです。やってみなければどう転がるかはわかりません。 先のことを考えないなんて、不安すぎるかもしれません。しかし考えすぎが行動を妨げているのは明らかです。頭を空っぽにしてから、自分がどうするべきかを考えると、すんなり行動できる可能性が大いにあります。

運気の流れに乗る

人生の転機には様々な変化が周りで起きてくるなどの前兆がありますし、自分でも、なんとなく人生の転機が来ていると、察することができます。 人生の転機は成功へのまたとないチャンスなのです。先のことを考えて不安になっている暇なんてありません。そのまま流れに乗っかるしかないと思いませんか?今運気の流れに乗らずしていつ乗るのでしょう。 とにかくチャンスがきたら、チャレンジしてみましょう。どんなに自分には場違いだと思っても、恐れ多く感じても、気にしないでください。これだけのサインが現れていて、素晴らしいチャンスもやってきているんです。どうか自分に自信を持ってください。

状況をポジティブに捉える

人生の転機には、望まない出来事がやってくる事もあります。例えば、大切な人との別れなどがそうです。このような悲しい出来事が起きると、あの人がいない人生なんて耐えられないというような、ネガティブ思考になってしまいがちです。 しかし出来事に意味をつけているのは自分です。本来その別れには良いも悪いも無いのです。今は不幸だと感じていても、これからのあなたの人生にとって、必要なことである可能性だってあるのです。 ですから、別れは辛くても、これからもっと素敵な出会いが待っているのかもしれないと、ポジティブに捉えると良いでしょう。ポジティブな面を見ようとしていれば、必然的にチャンスをつかみやすくなります。

長い目で見てみる

ポジティブに考えることと少し似たような話になりますが、一見不幸に見える事も、長い目でみたら、成功のために必要な出来事であることが多いのです。 例えば残業がものすごく多い会社で仕事をしていて、過労で身体を壊して長期入院することになったとします。最初はものすごく焦るかもしれません。仕事が遅れてしまうし、自分のポストに誰か他の人が入って、治っても自分の戻る場所はあるのだろうか?と自分の不幸を嘆きます。 しかし入院先の病院で休むうちに、今まで必死で働き続けていた自分に、疑問を感じ始めます。自分の人生はこれでいいのか、身体を壊すような職場でこれ以上働くべきではないと気づくかもしれませんし、周りから言われて気づくかもしれません。こうなると病気になったことすら、ありがたく思えると思います。 このように、起きてくることを見たままとらえず、長い目で見てみると、大抵のことは起こるべくして起こった、あなたに必要なことだとわかるでしょう。

なぜ変わりたいのかを掘り下げる

人間が持つ現状維持バイアスの働きに打ち勝つためには、自分の変わりたい気持ちを強くする必要があります。なぜ自分は変わりたいのかと、もう一度考えて理由を掘り下げてみましょう。そうすることで、変わりたい気持ちを明確にし、再確認することができ、迷いは消えます。 変わりたいという気持ちが強くなれば、人生の転機が来ても邪魔するものは無くなり、すんなり変わる方向に焦点を定めることができます。

なりたい自分をイメージする

誰でもこんな自分になりたい!という理想の自分があると思います。現状そんな自分になれるような気が全くしなくても、なりたい自分をイメージしておいてください。そうすることで、人生の転機が来た時に、迷わずに進むべき方向を選べるようになります。 また、思考は現実化するので、なりたい自分をイメージすることで、引き寄せ効果も期待できます。

良いことも悪いことも沢山経験して思い出を増やそう

人生の転機をしっかり掴み、最高の結果を出すための方法について、ご紹介してきました。人生の転機には、わかりやすい前兆があります。具体的には、周りの状況の変化や、やたらと眠くなるなどの自分の変化が起こってきます。また節目の年齢を一つの指針とすると、人生の転機が来るタイミングがわかりやすいです。 分かりやすい前兆がきて、具体的に変化するチャンスが訪れても、人間が持つ現状維持バイアスの心理的な働きが邪魔して、変わるのを邪魔してくることがあります。現状のままいれば確かに問題は起きないかもしれませんが、それでは人生を思い通りに生きることは出来ません。

人生の転機で考えるべきなのは、現状維持バイアスの働きに勝てるくらいの、変わりたい気持ちを強く持つことです。そのためには、なぜ変わりたいかを見つめなおしたり、なりたい自分をイメージすると効果的です。 また思い切って運気の流れに乗ってしまうことで、人生の転機のチャンスを確実に掴むことができます。ウジウジと悩んだり、ネガティブになっていては、いつまでたっても変わる事は出来ません。

今のまま、何も変化なんてないまま、変わらないのが一番だと思っている人も多いでしょう。確かにそれも良いのかもしれませんが、生きている限り、人生の転機が来ないなんてことはありません。 それにせっかく生まれてきたのなら、色々な経験をしたほうがお得だとも言えます。死んだ後に、あの世に持っていけるのは、思い出だけなのです。 そう考えたら、嫌な事も良いことも経験して、ハッピーな経験が少し多めなぐらいが、一番良いような気がしませんか?そのために人生の転機を恐れず、喜べるくらいになれたら素晴らしいですね。

好きなことをして年収1億!?

「こんなにあくせく働いて、この給料かよ...」そう感じているそこのあなた。 実は今、100年に一度のビジネスチャンスが到来しているのです。 好きなことだけをして年1000万、2000万と稼ぎ出す人があとを絶たない、そんな時代がやってきています。 一体なぜ彼らは好きなことで稼ぐことができているんでしょうか? その秘密は...詳細はこちら↓

関連記事

ライター

みんく

みんく

マインドブロックバスターの資格を取得してから、スピリチュアルを学び、ヒーリングセッションでクライアン...

人気記事

新着記事