2019年05月09日公開

2019年06月22日更新

人生がうまくいかない時にするべき12のこと

あー…なんか人生がうまくいかないな…何をやってもダメな結果ばかりだな…仕事もプライベートもうまくいかない。そんな時ってありますよね。人生がうまくいかない時は、悪い循環にはまってしまっている時です。やるべきことをやって、人生を良い循環に戻しましょう!

人生がうまくいかないと悩むあなたへ

仕事に就いたけど思うような仕事ではなかった。好きな人が出来て、良い感じになったから告白したらフラれた。電車には乗り遅れるし、見たかった番組は録画できていなかった。なんで人生がうまくいかないんだろう…と悩んでいるあなた。 人生がうまくいかないと感じるときって、とことんうまくいかない、なんてことないですか?仕事もだめならプライベートもだめ。小さな色々なことまでついてない。そんな時って気持ちが重くなって、ため息ばかり出てしまいますよね。 人生がうまくいかないときは、やっぱり何か原因となっていることがあります。今回は人生がうまういかないと悩む人に共通する原因を探り、軌道修正する方法を考えてみましょう。きっと人生がうまくいく方向に変わりますよ。

人生がうまくいかない人に共通する原因とは?

人生がうまくいかないと感じている人には共通する原因があります。原因がわかると、解決策が見えるので、まずは人生がうまくいかないと感じてしまう原因から探ってみましょう。

悪い側面ばかり見ている

人生がうまくいかない時、人は大抵悪い側面ばかりを見ています。起こったことは同じでも、調子がいいときと悪いときでは感じ方が全く違うことを知っていますか? 例えば仕事で6割成功、4割失敗の成績だとしましょう。調子がいいときは「6割キープできている、よしよし」と6割に目が向きます。でも調子がわるいときは「4割も失敗している、ひどいな…」と4割に目が向きます。 このように、うまくいっていないときに、人は悪い部分の方に気がいきがちになってしまうものなのです。そうなると、物事の悪い部分ばかりが目に付くため、「うまくいっていない」「悪いことしか起こらない」と感じるようになるのです。 それが蓄積することで、「人生がうまくいかない」と感じてしまうようになるのです。

表情が暗くなっている

人生がうまくいかない時は、表情が暗くなります。浮かない表情であったり、眉間にしわが寄ってしまっていたり、ため息も無意識に出てしまっていたり。そんな風に見た目から負のオーラが出てしまうものです。 人生がうまくいかないなあ…と思いながら笑顔でハツラツとしている人なんかいないですよね。やっぱり誰しも暗い表情になりがちだと思います。そうなると、周りの人も少し近づきにくさを感じてしまいます。仕事もうまくいかなくなりますし、プライベートの関係もギクシャクしてしまいがちです。 すると余計に「人生がうまくいかない…」と悩む材料が増える結果となってしまいます。人生がうまくいかないと悩むことによって、さらに悪循環にはまってしまっている状態なのです。

何かを諦めてしまった

人生がうまくいかない時というのは、そこで諦めてしまったことがたくさんある時です。「ダメだった、でももう少し頑張ってみよう」と感じているときは、「人生がうまくいかない」とはなりません。人生がうまくいかない時というのは色々なことを諦めてしまった時なのです。 例えば、仕事でやりたいことがあった。でも一度提案したら棄却された。そこで、もっと練って再度提案してみよう!と燃えている人は「人生がうまくいかない…」にはなりません。でもそこで諦めてしまうと、人生がうまくいかない状態で終わってしまっているのです。 恋愛も同じです。告白してフラれた、で終わってしまうと人生がうまくいかないままになってしまいます。つまり人生がうまくいかないと感じる時は、たいがい「人生をうまくいかないままで終わらせている時」なのです。

人と比べて卑下している

人生がうまくいかない時、誰か上がり調子の人と比べてしまっています。あの人は何をやってもうまくいっている。あの人ばかり、どうしてうまくいくのだろう、それに比べて自分は…となっていませんか? 素晴らしい人を素晴らしいと認めることは大事なことですが、そこで自分を卑下してしまうのはいけません。自分を卑下することで、自分の人生はうまくいかない、自分は能力がないと自分で自分に暗示をかけてしまっているのです。 人生がうまくいかないとき、どうしても周りがよく見えがちです。あの人は仕事もプライベートも充実してるな。あの人は仕事ですごい成績をだしているな。自分の調子がいいときは、「負けないぞ」と思えるのではないでしょうか。 それに比べて自分は…と卑下し始めてしまうと、そこで立ち止まってしまうのです。それが人生がうまくいかないと感じる原因になります。

アンラッキーが重なった

人生がうまくいかない時、アンラッキーが重なったということも考えられます。人生には少なからずアンラッキーな出来事は起こります。普段は「ついてなかったな」程度の落ち込みで済むことが、アンラッキーが立て続くことによって「人生がうまくいかない」レベルにまでなることもあるのです。 例えば電車に乗り遅れた、赤信号に全てひっかかった、急な雷雨でずぶ濡れになった…なんてことが重なることがありますよね。あまりにもそういったことが重なると、あぁついてない、人生ってうまくいかないもんだな…と思い始めませんか? そうなると仕事のミスも、恋人との喧嘩も本来は自分の力で回避できたことなのに、なるべくしてなってしまったかのように感じられます。アンラッキーが続くと、全てのことが自分ではどうにもできないようなことに感じられるようになってしまうものなのです。 その「自分ではどうにもできないこと」という考えが、人生はうまくいかないと感じる原因になります。人生がうまくいかない時は、自分でどうにか出来たことまで、自分でコントロールできないことだと感じられてしまっているのです。

本当にやりたいことができていない

人生がうまくいかないと感じている時、実は本当にやりたいことができていない時でもあります。今あなたがうまくいかないと感じている原因となっているものは、あなたが本当にしたいことでしょうか?もしかしたら、仕方なくやっていることなのかもしれません。 仕方なくやっていると、物事はあまりうまくはいきません。人生がうまくいかない時、本当にそれはやりたいことをやっている人生なのか、考えてみましょう。

楽しいことがない

人生がうまくいかない時、たいてい楽しいことが生活の時間の中になくなってしまっていることが原因となります。例えば、仕事帰りに同僚と飲みに行くのが楽しいとき、人生がうまくいかないなんていう考えにはなりません。 また恋人とのデートを心待ちにしている時、人生がうまくいかないなんて考えにはなりません。楽しいと感じることがなくなってしまっていると、嫌なことや辛いことばかりが頭を占めてしまい、「人生はうまくいかないな…」という考えになってしまうのです。

人生がうまくいかない時期に大切にすべき考え方

どうして人生がうまくいかない状態に入ってしまったかはおわかりいただけたでしょうか?思い当たることがありましたか?では人生がうまくいかない時期を、どう考えて乗り切ればいいのでしょうか?

エネルギー補給期間である

人生がうまくいかない時というのは、諦めてしまった時であると言いました。でもきっとあなたはいつも諦めているわけではないと思います。これまでの人生、ずっとうまくいっていないなんてことはないでしょう。 でも今回は諦めてしまい、人生はうまくいかないと感じるまでになった。それはどうしてかと言うと、エネルギーが枯渇した状態であったから、なのです。何かうまくいかない時に、諦めずに頑張るというのは非常にエネルギーのいることです。 つまりそこまでのエネルギーが湧くほどの状態ではなかったということなのです。だから、人生がうまくいかない時は、エネルギー補給のための期間なのです。何をやってもうまくいかないのであれば、一度全て放置して自分を癒すことに尽力してみましょう。 人生がうまくいかない時は、人生がうまくいかない、自分はダメだと卑下するのではなく、今はエネルギー補給期間!と割り切ると少し気持ちがスッキリしますよ。

やまない雨はない

とても有名な言葉ですが、人生がうまくいかない時にすごく役に立つ言葉です。これまでの人生を振り返ってみてください。本当に人生うまくいかないことばかりでしょうか?きっと、うまくいっていた時期もあるのではないかと思います。 やまない雨はないと同じように、人生がずっとうまくいかないままなんてこともないのです。どこかで転機が訪れて、必ずまたうまく動き出す時期は来ます。 人は勝手なもので、うまくいっている時は、あまり自分の人生がどうとか意識をしません。その日その日を楽しく生きているのです。でもうまくいかなくなると、途端に「人生はうまくいかない」と意識し始めます。 同じ雨の日でも、すごい雨の日もあればマシな雨の日もあります。そうやってだんだん雨があがっていくのです。だから人生がうまくいかなくても大丈夫です。気がついたらまた「うまくいかない」なんて考えない時期になっています。

レベルアップの前である

人生がうまくいかない時期というのはレベルアップの前だと考えることもできます。これまでのやり方では合わなくなってきている、つまり変化をしてきているということです。それに合わせて自分も変わることで、自分自身の幅が広がります。 例えば、仕事でこれまで通りに動いているのに、うまくいかなくなっている。それはつまり、あなたがもっと高いレベルの仕事を求められるようになってきているということなのです。これは今までの頑張りが認められたということです。 人生がうまくいかないな…そう思った時に自分を変化させることが出来たら、レベルアップすることが可能なのです。だからぜひ、今までのやり方のどこを変えればいいのかを具体的に検討してみてください。きっと役に立ちます。

過去は変えられないけど未来は変えられる

これも割と有名な言葉です。人生がうまくいかない時、どうしても過去の失敗にばかり目が行きがちになってしまいます。でもいくら過去を見ても過去は変わることがありません。変えられるのは、今ここから先のことだけです。 人生がうまくいかないのは過去の事。これからうまくいくかどうかは今のあなた次第なのです。だから過去にとらわれず、先のことを考えてみましょう。

自分だけに起こる不幸ではない

人生がうまくいかない時、どうしても自分だけがそういう風に何もかもうまくいかないように思いがちです。そうすると、ますます落ち込んでしまい、人生がさらにうまくいかないような気がしてきてしまいます。 でも実際は違います。人生はうまくいくこともあればうまくいかないこともあります。それはみんな同じです。どんな人もいいときもあれば悪いときもあるのです。この「人生がうまくいかない時」をどう乗り越えるかで、今後が変わってきます。 だから、人生がうまくいかない時は、これは自分だけに起こる不幸ではない、と考えて自分なりの乗り越え方を見出していきましょう。

うまくいっている部分もある

人生がうまくいかない時でも、実はうまくいっている部分もあります。そこが見えなくなってしまっているせいで、すべてがうまくいっていないような気持ちになってしまっているのです。 よく思い出してみてください。あなたの人生そんなにうまくいっていないのでしょうか?今の段階で、まあまあこれはいいかと思える部分はありませんか?うまくいっている部分を探すことは、人生がうまくいかないと考えることから脱却させてくれます。

人生がうまくいかない時にやるべき12のこと

人生がうまくいかない時、出来るだけ早くそんな状態を脱出したいですよね。何をやってもダメ、そんな時にやるべき12のことをあげました。

一度すべてやめてみる

人生がうまくいかない、そんなときは、一度すべてをやめてリセットする日を作りましょう。すべてやめると言っても、完全にやめるわけではありません。1日休みにしてしまうのです。もし仕事にゆとりがあるのであれば少し長めに休みにしてもいいかもしれません。 そして、自分がやりたいことをやる日にしてしまいます。例えば思い切って山登りにでかけてみるとか、陶芸教室に参加してみるとか。苦手でなければ体を外で動かすようなことをすると、よりいいでしょう。

とことん楽しんでみる

人生がうまくいかない時は、うまくいかないことすべてを一度忘れて、好きなことに没頭してみましょう。そうすることで、うまくいかないと感じていた人生が、実は楽しい面もあることが見えてきます。 人生がつまらない時、人生の楽しさを忘れてしまっています。好きなことを思い切ってやるのは、それを思い出すためです。ただ遊んでいるだけのように見えても、ふとした時に、「まあいいか、なんとかなる」と思えてきます。そうなれた時の人は強いです。

うまくいかないことを書き出す

人生がうまくいかない時は、ノートとペンを取り出して、書きながら考えてみましょう。あなたの人生は今すべてがうまくいっていないのでしょうか?思いつく限り、うまくいっていないことを書き出してみましょう。 どんどん書いていくと、意外と気が付くことがあるかと思います。結局、仕事の事ばかりだな…とか。恋人が欲しいだけなんだな…とか。そこまで整理が出来ると、人生がうまくいかないというぼんやりしたものではなくなります。 うまくいかないのが何なのかがわかれば、解決策に結びついていきます。仕事がしやすいように何か出来ることがないか考えたり、出会いを求めに出かけてみたり。そういう解決策を見出すために、ぜひノートとペンを持って、うまくいかないことを考えてみましょう。

諦めたことを頑張ってみる

人生がうまくいかない時は、何かを諦めてしまった後だと言いました。つまり、諦めたままにしているから、うまくいかなくなっているということです。だから、ここから諦めたことをもう一度頑張ってみましょう。 諦めたことを頑張ると言っても、一度諦めていることなので難しいかもしれません。でもきっとうまく諦めきれていないからこそ、次に進めてはいないのではないでしょうか。もう一度トライできないか考えてみましょう。

新しいことを始めてみる

人生がうまくいかない時は、何かひとつ新しいことを始めてみましょう。習い事や新しい趣味を増やしてみる、または行ったことないような場所に行ってみる。そうすることで自分の新しい一面を発見できるかもしれません。 今うまくいかないと感じていることは、実は向いていないことを必死にやろうとしていたのかもしれません。新しいことを始めることによって、自分の中で視野が広がり、選択肢が増えるのです。すると行き詰っていた道以外の道が見えてきます。

ピンと来た人の伝記を読んでみる

読書が苦手ではない人は、人の伝記を読むことをおすすめします。人生がうまくいかないという体験は誰しも一度はしているものです。どんなにすごい人でも、どこかで一度立ち止まっていた時期を持っています。 伝記を書いているような人は、必ずその時期をどうにか乗り越えて今の地位を築いているのです。だから、伝記を読んでいると必ず乗り越え方が出てきます。その考え方や進み方は、きっとあなたの刺激になると思います。

人に期待をしない

人生がうまくいかない時、どうしても人に期待を裏切られた気になりがちです。「あの人があの時こう動いてくれていれば」「あの人があの時あんなことを言わなければ」など人が期待通りに動いてくれなかったことからうまくいかなかったという考えにとらわれてしまうのです。 でも人というのは、おおむね思い通りには動いてくれないものです。それぞれに考えがあり気持ちがあり、状況があります。だから、人生がうまくいかないと感じてしまう時は、人に期待をしないようにしましょう。人に期待してうまくいかせる、というのは自分でコントロールできない部分です。

気持ちを意識的に未来へ切り替える

人生がうまくいかない時は、意識的に気持ちを切り替えるようにしましょう。どういうことかというと、人生がうまくいかない時、どうしても過去のことに気が行きがちになってしまいます。 恋人と別れた後であれば、「どうして別れることになったんだろう、どうしてフラれたんだろう」と引きずってしまいます。仕事の失敗であれば「なぜあんなミスをしたのだろう」とこちらも引きずってしまいます。 これを意識して切り替えます。過去のことは、考えても考えても戻せることではありません。まずかった部分は反省したほうがいいですが、それは次に生かすための反省でなければならないはずです。 だから、もし「あの時…」と思うようなことがあれば、次にどうしたらいいかを考えてみましょう。次のことを意識的に考えるうちに気持ちが切り替わっていきます。まずは形から、です。

割り切る

人生がうまくいかない時は誰しも一度はあると言いました。何もあなたが特別不幸で起こっているわけではありません。うまくいってそうに見える人でも、話を聞いてみると実はしんどい時期を経験しているものです。 つまり誰でも人生でうまくいかない時期はあるのです。自分だけがと思うとつらいことも、みんなそれなりに何かあると思えば、少し気持ちが楽になります。人生がうまくいかないと感じるときは、少し力を抜くことも大切です。 みんな、人生がうまくいかない時期があるんだ、そう割り切ってみましょう。

ふさぎこまない

人生がうまくいかない時、どうしても人はふさぎこみがちになってしまいます。友達の誘いも断ってしまったり、会社の飲み会も億劫になって休んだり。でも人生がうまくいかない時ほど、人と関わるようにするほうがいいのです。 人と話すと、自分の中で見方が変化することがあります。「え?うまくいってない?傍目にはそう見えないよ」と誰かに言われるだけで、「そうか、そう思い込んでいただけかもしれない」と視野が狭まっていた自分に気が付くことが出来たりするものです。 人生がうまくいかない時は、あまり人に会いたくなくなるものですが、そこは少し頑張ってあえて外に出ていきましょう。人との関わりは、必ず現状を打破する役に立ちます。

本当にやりたいことが他にあるのか考える

人生がうまくいかない時は、本当はやりたいことを諦めて仕方なく何かをしている時であると言いました。本当にやりたいことが、もしかしたら他にあるのかもしれません。例えばやりたい仕事があったけど、資格が取れなかったから仕方なく別の仕事に就いたとか。 そういう仕方なくやっていることというのは、うまくいかなくなりがちです。気持ちがついてきていないことは、うまくいかないものなのです。だから、一度ゆっくり自分の気持ちと向き合ってみましょう。本当はやりたいことがあるんじゃないですか?

ルーティーン化していることを変えてみる

人生がうまくいかない時は、ちょっとしたことから変化を加えてみるといいです。日常の中でルーティーン化していること、ないですか?例えば朝起きて食事をとって、定時の電車に乗る。これを、電車に乗ってからカフェで朝食をとる、に変えてみる。 人生のうまくいかなさに一見関係なさそうな変化ですが、こういった小さな変化が意外とあなたの気持ちを変えてくれたりします。カフェでおいしいコーヒーを飲んだら気持ちに余裕が出て、その日のプレゼンがすごくうまくいった、なんてことは普通に起こりうることなのです。

人生がうまくいかない時は転換期

人生がうまくいかない時は停滞期でもありますが、転換期でもあります。ダイエットで停滞したあとは、確実に体重が減っていくのと同じ。ここでエネルギーを貯めて、一気に巻き返しにかかるために必要な時期なのです。 だから、人生がうまくいかないと過去を悔やんで悩むより、人生がうまくいかないならリセットして次の手を考えよう!と前向きに動いていくべきです。そうしているうちに、気が付けば良い流れの中に入れています。 人生がうまくいかない時期は、あなたが今後よりよい人生を過ごすために必要な時期なのです。だから、落ち込んでいる暇はありません。やるべきことをやって、これまで以上の素敵な人生を手に入れましょう!

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

aiirococco

公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。自分のことを知れば、もっと生きやすくすること...

人気記事

新着記事