2019年05月08日公開

2019年06月22日更新

後悔しない生き方をするには?人生においてやるべきこと・やめるべきこと

一度きりの人生、後悔しない生き方をしたいですよね。あなたは、今、後悔しない生き方ができていると思いますか。ここでは、後悔しない生き方について考えてみます。あなたも、後悔しない生き方について、じっくり考える機会にしてください。

あなたは後悔しない生き方ができていますか?

後悔しない生き方をしたいと思っても、どのように生きたら、死ぬときに後悔しないかわかりますか。死ぬ瞬間に後悔するかどうかわからないのに、どうしたら後悔しない生き方ができるかわかりませんよね。こういう人生が後悔しない生き方だと、漠然とでもある人もいるかもしれません。 でも、頭ではわかってるけど、実際に行動に移せない人もいるかもしれません。後悔しない生き方ができることは、自分の人生が充実します。そして、充実した人生を送っているあなたの姿は生き生きとしていて、あなたの身近な周囲の人たちも幸せにすることができます。 それでは、これから後悔しない生き方がどんな生き方なのか、どうすれば後悔しない生き方ができるのかを説明していきます。

後悔しない生き方とはどういう生き方?

まずは、後悔しない生き方とはどういう生き方なのかを考えてみましょう。あなたが思い浮かべる後悔しない生き方はどんな生き方でしょうか。今まで生きてきたなかで後悔していることはありますか。おそらく、何一つ後悔してることはないと言える人はほとんどいないのではないでしょうか。 「後悔」は、過去です。後悔は、何日か経ってから、何年か経ってから過去を振り返ったときに生まれるのです。しかし、過去はどんなに頑張っても変えることはできません。後悔しない生き方ができているかどうかは、「今」をどう生きているかということが深く関わってきます。 後悔しない生き方は、人それぞれきっと違います。あなたが後悔しない生き方をするためには、今の自分を見つめることが必要です。そうすることで、これから先、後悔しない生き方ができるはずです。

後悔しない生き方ができているかのチェックポイント

後悔しない生き方をするためには、「今」がとても大切です。今のあなたが後悔しない生き方ができているかを考えてみたいと思います。これから挙げる項目を自分に問いかけながら読み進めてみてください。

明日死んでも大丈夫か

少し考えて見てください。もしも、あなたが明日、死ぬとしたら、あなたはどんなことを思い浮かべますか。明日、死ぬとしたら今日、何をしますか。今、あなたの頭に思い浮かんだことは、今のあなたが後悔している過去です。 私たちは、生きていることが当たり前で、明日、死ぬなんてことを考えることはありません。明日が来ることが当たり前になっているので、つい先送りにしてしまいます。先送りを繰り返すうちに、月日が経ってしまいます。そして、今日が過去になり、後悔という気持ちが生まれてしまうのです。

人に誇れる生き方か

後悔しない生き方をするためには、人に誇れるかどうかが関係します。人に誇れるかどうかは、立派であるかということではありません。今の自分に自信を持てているかということです。自分の気持ちに正直に生きている人は、自分に自信を持てます。 我慢して、自分の気持ちをごまかしていると、今の自分でいいのかと自信を持てなくなってしまいます。自分が望むことに向かって進んでいる人は、どんなに苦労をしていても、胸を張ってこれが自分が進みたい道なんだと言えるのでしょう。このような生き方が、人に誇れる生き方なのです。

あなたは何のために生きていますか

日頃、どうして生きているのか、何のために生きているのかを考えることはないと思います。少し、考えてみて下さい。何か一つでも思い浮かんだものがあった人は、それが今のあなたにとって一番大切なものということです。 思い浮かんだ大切なものを大切にすることは、あなたが後悔しない生き方をするためにとても大きな意味があります。では、次は、なんのために生きたいかを考えてみてください。未来は変わります。先ほどの問いの答えと違ってくるのではないでしょうか。 もしくは、先ほどの問いには答えが出たのに、未来を考える質問には答えが浮かんでこない人もいたのではないでしょうか。後悔しない生き方をするためには、今と未来の自分にとって、何が必要で、何が大切なのかをしっかりと認識することが必要となってきます。

後悔しない生き方をするためにやるべき5つのこと

後悔しない生き方について考えてみて、いかかがでしょうか。後悔しない生き方をしたいと思ってもどうすれば後悔しないのかよくわかりませんよね。後悔は過ぎてからしてしまうもので、後悔したときにはもうその時には戻れません。未来の自分が後悔しないために今やるべきことをこれからご紹介していきます。

自分の理想を明確にする

人にはそれぞれ、理想とするものがあると思います。こんな自分になりたい、あんなことがしたい、あの人みたいになりたい、こんな風にはなりたくないなど漠然とした思いを持っているのではないでしょうか。しかし、その理想が漠然とした理想のままだと、理想のまま終わってしまいます。 後悔しない生き方をするためには、理想を現実にしなければいけません。そして、理想を現実にするためには、なにか行動しなくてはいけませんよね。行動に移すためには、漠然としたままでは進めないのです。 自分が理想とする人物や自分がなりたくないと思う人がいる場合は、その人のどんな部分を見てそう思うのかを考えてみて下さい。その部分がはっきりとすれば、どうすればその理想に近づけるのかわかってきます。自分の理想を明確にすることで、あなたは後悔しない生き方ができるのです。 しかし、もし、自分の理想がわからないという場合は、まずは、自分がなりたいと思う人やなりたくないと思う人を探してみることから初めてみてはどうでしょうか。そういう視点を持つと、自分がわからなかった、自分の理想に気付くきっかけになり、後悔しない生き方をできるようになります。

やりたいことをリストアップする

後悔しない生き方をするためにはどうすればいいのか、明確なイメージを持つことができない人は、多いと思います。後悔しない生き方をするためには、自分の夢や理想を叶えることが必要になってきます。夢や理想を叶えることは、簡単なことではなく、もしかしたら失敗するかもしれません。 しかし、結果はやってみないとわかりません。何もしなければ、何もしなかったことを後悔してしまいます。後悔しない生き方をするためには、できそうなことから、一つずつ実現して後悔をしないようにすることが必要です。 ではまず、やりたいことをリストアップしてみましょう。普段からやりたいと思ったときに、書き留める癖をつけるのはおすすめです。観たい映画を見つけたとき、会いたい人ができたとき、買いたいものが出てきたときなど、簡単なことでいいのです。

やりたいと思っていても忘れてしまうと、機会を逃してしまう可能性があります。。やりたいと思ったことをリストアップして、自分のやりたいことを意識していることが後悔しない生き方をするためには大切です。 自分のやりたいことを書き出し、意識することは、未来を描いているということです。そして、リストアップしたやりたいことは、実現できたら一つずつ消していくと、やりたいことを実現したという達成感も得ることができます。

感謝をする

あなたが、後悔しない生き方をしたい、後悔しない生き方をするにはどうすればいいのかと思ったのはどうしてですか。毎日が平凡に過ぎていくことに疑問を抱いたからでしょうか。私たちは、今日が終わり、明日が来ることについて当たり前だと思ってしまいますよね。 当たり前になってしまっているので、1日1日を過ごしていけることを感謝することはないのではないでしょうか。生まれてきたこと、楽しかったこと、悲しんだり、うれしかったことなど、ささいなことに感謝することで成長することができます。 ささいなことに感謝できるようになると、当たり前のことが当たり前ではないことがわかるので、今という時間の大切さを実感できます。今という時間を大切に生きることは、将来、後悔しない生き方をすることに繋がっていきます。

人に優しくする

後悔しない生き方をするというと、自分のことだけを考えてしまいがちですが、人にやさしくすることも大切です。人は一人ではなく、常に誰かに助けられて生きているのです。今のあなたがあるのは、周囲の人の存在があるからです。 そして、これから先、あなたが後悔しない生き方を実現するためには、誰かの助けを得なければいけないかもしれません。自分のことだけを考えるのではなく、人に優しくすることは、後悔しない生き方を目指す過程で必要な自分の成長にとって、とても大切なことになります。

健康でいる

後悔しない生き方をするためには、なによりもまず、生きていて、そして健康でいることが大切です。心身ともに健康でないと、前向きに物事を考えることができなくなってしまいます。前向きな気持ちになれないと、なにかに挑戦する気持ちになるのは難しいのではないでしょうか。 後悔しない生き方を実行できるように、日頃から運動や食事、ストレスなどに気を使って自分の健康を維持するようにしましょう。

後悔しない生き方をするためにやめるべき5つのこと

ここからは、後悔しない生き方をするためにやめるべきことについてご紹介します。日頃、何気なくしていることもあるかもしれません。もし、あなたの毎日の生活の中で、思い当たることがあれば、後悔しない生き方をするために今日からやめてみてはどうでしょうか。

人と比べる

SNSなどで見て、つい自分と比べてしまうことってありますよね。充実した様子を見て、うらやましく思ったり、自分がなにも出来ていないと思ってしまい自己嫌悪に陥ることもあるのではないでしょうか。 自分と他人を比べて、ネガティブな気持ちになってしまうと、心がとても疲れてしまいます。心が疲れてしまうと、何かをやりたいと思う気持ちや、意欲などがなくなります。心を健康に保ち、後悔しない生き方をするためにも、他人と自分を比べることはやめるべきです。

先延ばしにする

後悔しない生き方をするためには、どんなに小さなことでも自分がやりたいと思ったことを実行することが大切です。しかし、小さくて簡単なことであればあるほど、いつでもできると思ってしまい、先延ばしにしがちになります。 先延ばしにしている間に、状況が変わってしまい、その当時は簡単にできるはずだったことも実行することが困難になってしまうこともあります。そのときになって、「あのとき、先延ばしにせずにすぐにすればよかった」と後悔しても時間はもう戻せません。 後悔しない生き方をするためには、いつまでも、いつでもやりたいと思ったことができるわけではないということを心にとめて、先延ばしにすることをやめましょう。

他人の目を気にしない

他人の目を気にして、出来ていないことはありませんか。他人からどう思われるだろう、どう言われるだろうと気にしてしまうと、やりたいことがわかっていても躊躇してしまいますよね。しかし、どんなに他人の目を気にして、やりたいことを我慢していたとしても、他人は好き勝手に言うのです。 やりたいことを我慢しても、やりたいことをやっても好き勝手なことを言われるのであれば、他人の目など気にする必要はないのです。他人の言うことに耳を傾けていると、自分がやりたいことを見失ってしまい、後悔しない生き方ができなくなります。 自分のやりたいことをやって、自分の道を進むことは他人にとやかく言われる必要のないことです。後悔しない生き方のために、他人の目を気にせず、自分の気持ちに自信を持って進まなくてはいけません。

YESマンにならない

断ることが苦手で、ついなんでも引き受けてしまうYESマンになっていませんか。後悔しない生き方をするために、やりたくないことや必要と思わないことなど、自分の気持ちが進まないことには思い切ってNOと言えるようになりましょう。 断る勇気も大切です。自分の気持ちに反して、YESマンになってしまうと自分が本当に望んでいることがわからなくなってしまいます。後悔しない生き方をするためにも、自分のやりたいこと、自分がやりたくないことはしっかりと理解していなくてはいけません。 やりたくないことに自分の時間や労力、お金をかけるのであれば、自分のやりたいことのために使うようにしましょう。NOと言ったらどう思われるかなどいろいろ心配になることもあるかもしれませんが、将来、振り返るとNOと言えたことの価値にきっと気付けます。

ささいなことでは諦めない

後悔しない生き方をするために、あなたが求めるものは、簡単に手に入れられるものではないかもしれません。後悔しない生き方のためには、努力や時間など多くのものが必要となるでしょう。うまくいかなくて気持ちが沈んでしまったり、心が離れそうになることもあるはずです。 スムーズに進む時があれば、つまづく時もあります。山があれば谷があるのは当たり前なのです。だから、少しつまづいたくらいで諦めてはいけません。苦しくても諦めずに前に進もうとしていれば、きっと道が開けてきます。 強い気持ちを持って、諦めずに続けることは大きな財産になります。この経験はきっと後悔しない生き方に繋がっていくはずです。

後悔しない生き方をしよう!

いかがだったでしょうか。あなたが後悔しない生き方について考える機会になったでしょうか。そして、後悔しない生き方を見つけることができたでしょうか。後悔しない生き方を考えることは、今という時間を大切に生きること繋がっています。 今という時間を大切に生きることで、これまでよりも多くにものを得ることができ、大きく成長できるはずです。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事