2019年11月15日公開

2019年11月25日更新

成功する人の特徴・成功しない人との違いは?成功者になるための10個の習慣

成功する人は普通の人と同じ行動をしているように見えても、その意識の持ち方が違います。あなたも成功する人の習慣を身に付けて大きな成果を挙げたいと思いませんか?この記事では成功する人の行動特徴・成功する人としない人の違い・成功する人の習慣を紹介します。

成功する人の考え方を身に付けよう!

同じ年齢でも収入に大きな差が開いていたり、実績にも大きな差が出てしまうことがありますが、この違いはどこから生まれるのでしょうか? あなたも成功する人が日々実践している習慣や考えていることを真似して、大きく成功したいと思いませんか? この記事では「成功したい!」と思っていてもなかなか現状が変わっていない方に、成功する人によく見られる特徴・成功する人とそれ以外の違い・成功する人が実践する習慣を紹介していきます。

成功する人に共通する特徴

まずは、成功する人によく見られる共通する特徴を紹介していきます。 ここにで紹介するような行動特徴がある人は、既に成功を掴んでいる人であったり、これから大きく飛躍していく可能性がある人です。もし機会があればそうした人に直接毎日内をしているかを聞いてみるのも良いかも知れませんが、まずここでよく見られる特徴を確認します。

心の底から好きになれる仕事をしている

成功する人に共通する1つ目の特徴は「心の底から好きになれる仕事をしている」ことです。 成功する人は一切余計な感情無く、純粋に愛せる好きになれることを選んで仕事をしています。これは野球のイチロー選手や、サッカー日本代表の本田圭佑選手などが、お金のためではなく純粋に好きなことをやって大成功していることからも分かると思います。 心の底から好きになれるものであれば、人は時間を忘れて取り組むことができます。時間を気にせず行動できれば、スキルアップするための行動量も必然的に多くなり、人よりも圧倒的に速く実力をつけることができます。

行動量が圧倒的に多い

成功する人に共通する2つ目の特徴は「行動量が圧倒的に多い」ことです。 成功する人は行動量が質に変わることを知っています。より高いスキルや実力をつけるためには人一倍練習や訓練を重ねて、誰よりも速く実力を身につける必要があります。 そのために成功する人は「やる」と決めたことを始めた当初は、質を追い求めているものの、それよりもまず圧倒的な「量」をこなします。ただ漫然と量をこなすのではなく、能動的に考えながら量をこなし、それを継続していくことで質に変えていこうとしています。

凡事徹底している

成功する人に共通する3つ目の特徴は「凡事徹底している」ことです。 凡事徹底とは「なんでもないような簡単なことも手を抜かずに取り組むこと」という意味です。つまり、どんどんスキルアップしていっても基礎的なことも手を抜かずに丁寧に行うということです。 これは圧倒的な行動量を目指すために他の人よりも速いスピードで仕事をこなしていても、ケアレスミスと言えるような簡単なミスをしないことです。仕事の質やスピードが上がっても適当な仕事をせずに、一つ一つの仕事を丁寧にこなそうとしている意識からくる特徴です。

社交性がある

成功する人に共通する4つ目の特徴は「社交性がある」ことです。 成功する人は社交性も高く、積極的に人に話しかけたり人から話しかけられた時にも無碍に振る舞うのではなく、丁寧な対応をします。 これは、自分が求めているチャンスがどこから来るのかわからないので、なるべく多くの人と良好な関係を気づいて、自分が必要になった時にも相手にスムーズに応援を求められるような人間関係構築をしているということです。

切り替えが早い

成功する人に共通する5つ目の特徴は「切り替えが早い」ことです。 成功する人は一度失敗したことや精神的に疲弊してしまうようなことが起きても、くよくよしたり長時間その悩みにとらわれることはありません。すぐに気持ちを切り替えて新しい行動を起こしています。 くよくよしたり悩むのは「感情的」になっているということですが、感情的になってその場で立ち止まっていても状況は変わらないことを成功する人は理解していて、失敗したらその状況を打開する方法を考えたり、二度と同じ失敗をしない方法を考えます。

否定から入らない

成功する人に共通する6つ目の特徴は「否定から入らない」ことです。 成功する人は人と話をする時に、明確な根拠が無い限り否定から入ることはありません。人の意見を積極的に取り入れる姿勢を持ち、様々なアイデアを更に発展させるように考えてみることから始めます。 これは、成功する人が自分ひとりの考え方や経験で対応できる物事は限られていることを理解しているということで、過去の自分の経験からは想像もつかないアイデアが出てきた時に、それを自分の成功や状況をより良くするためのアイデアとして活用できないかを考えていることから来ます。

チャレンジ精神がある

成功する人に共通する7つ目の特徴は「チャレンジ精神がある」ことです。 成功する人は「チャレンジすることはリスクだ」と考えるのではなく、「チャレンジしないことがリスクだ」と考えています。つまり普通の人とは真逆の考え方を持っていて、自分が知らないことや今はできないことでも積極的にチャレンジしようとします。 これは、自分の現状に満足せずに積極的に新しいことに取り組んでいくことが自分の成長を加速することにつながると思っていることから来ます。また、チャレンジすることで将来のことを予測困難な状況への対応力が身に付き、より本質的な能力向上につながると考えていることから見える特徴です。

明確な自分なりの規律やルールが有る

成功する人に共通する8つ目の特徴は「明確な自分なりの規律やルールが有る」ことです。 成功する人の多くは、「こういう時にはこうする」という自分なりのルールを持っています。これは色んな人に話を聞いたり書籍を読んだり、もしくは自分の過去の経験から「こうすることで物事はうまくいく」という、自分のオリジナルのルールを持っているということです。 この「ルール」や「規律」に反することは、どんなにうまくいきそうなことや手っ取り早く利益を手にすることができそうな方法でも、実践しないということです。成功する人は一度決めたルールに対しては徹底的にそれを守ろうとします。

情報感度が高い

成功する人に共通する9つ目の特徴は「情報感度が高い」ことです。 成功する人はどんな分野であれ、最新情報に常にアンテナを張り巡らせています。これは自分が属する分野については当然のことですが、それ以外の分野についても自分のスキルアップや更に高い価値を生み出すヒントに繋がるものがないかを常に探しているということです。 プロがしのぎを削る世界で仕事をしている人は、「情報は武器だ」と考えて新しい情報については人に差をつけるための武器として積極的に収集しています。また、それ以外の分野の情報も自分の視野を拡げるために積極的に収集しています。

メンターがいる

成功する人に共通する10個目の特徴は「メンターがいる」ことです。 成功する人は、何でもかんでも自分ひとりでやろうとしません。必ず一緒にやる仲間がいたり、自分の方向性を正してくれる指導者(メンター)に意見を聞きに行き、無駄な努力をしないようにしています。 メンターを持つことで、自分が直面している壁を克服するための正しい方法を手に入れることができるようになります。またメンターも成長していく可能性がある人を指導するので、メンターに認めてもらうためにも努力を続ける意識が付くようになります。

成功する人としない人はどんな違いがあるのか?

ここまでは成功する人によく見られる特徴を10個紹介しましたが、次はそうした行動特徴をもつ成功する人と、成功しない人の違いについて説明していきます。 ここでは7つのポイントに沿って両者の違いを紹介します。

目的意識

成功する人としない人の1つ目の違いは、「目的意識」です。 成功する人は明確な目的意識を持って行動しています。これは「将来自分はこうなる」という明確な意識を持って仕事に取り組んでいるということです。この目的意識を更に高い次元で意識している人は、その将来像を自分が生きる意味まで落とし込んで、自分の「使命」として捉えている人もいます。 一方で、成功できない人は「自分がなのために生きているのか?」「なんでその仕事をしているのか?」ということを意識していなかったり、そもそもそういうこと自体を考えていないことが多いため、行動量も仕事の質も変わってしまいます。

自己責任意識

成功する人としない人の2つ目の違いは、「自己責任意識」です。 成功する人は自己責任意識が強く、特に物事がうまく進まなかった時に「自己責任意識」を持ちます。上手く行かなかったのは自分の行動や考え方に問題があったと捉え、同じミスを繰り返さないための対処法を考えることで、成長していきます。 一方で成功できない人の場合は、上手く行った時には自分のせいかと考え、上手く行かなかった時には周りの人や環境のせいにする傾向があります。上手く行かなかった時に自分の反省をしなければ、いつまでも改善点が見つからず、成長することができません。

投資意識

成功する人としない人の3つ目の違いは、「投資意識が高い」です。 成功する人は自分が成長できるチャンスや、価値ある情報への投資意識が非常に高いです。そうしたチャンスが有る場合はお金も時間も惜しみなく投資します。ただし、その見込みが無いことについては自分のためにならないので、時間もお金もかけません。 一方で成功できない人は、成長するチャンスであってもそうでなくても、「お金をつかうのはもったいないこと」と考えています。世の中にはお金をかけることで、思っている以上の価値ある情報や経験を手にできるものがありますが、成功できない人はその区別も付けられず、チャンスを逃しています。

成長意欲

成功する人としない人の4つ目の違いは、「成長意欲」です。 成功する人は「もっとうまくなりたい」という意識で仕事をしているので、他の誰よりも成長意欲が高いです。そのため、既にできるようになっていることには興味を示さず、「できないこと」や「できないことができるようになる機会」を常に探しています。 一方で、成功できない人は成長意欲がなく、できないことは「恐れるもの」、新しいことに挑戦することは「リスクが付きまとう」と考えているので、自分の可能性を自分で殺し、気付いた時には周りの人に大きな差を付けられてしまっています。

自信

成功する人としない人の5つ目の違いは、「自分を信じている」です。 「成長意欲」でも紹介したとおり、成功する人は「もっとうまくなりたい」という思いで仕事に取り組んでいます。そのためできないことにも積極的にチャレンジしますが、これは自分を信じていて、「なんとかなる」と心の底から自信を持っていることから来ています。 一方で、成功できない人は自分に自信がなく、新しいことをやらなければならなくなった時には尻込みしてしまいます。そのため、成功する人がわからないなりにもやってみて成功点失敗体験を積み重ねている時に、悩むだけで経験を積むチャンスを失ってしまいます。

感謝の心を持っている

成功する人としない人の6つ目の違いは、「感謝の心を持っている」です。 成功する人は今時分が置かれている状況の多くは、周りの人の支えがあって実現しているということを強く意識しています。そのため、どんなに高い成果を出せるようになっても、それは周りの人がいるからこそ実現したものだと考え、驕り高ぶることはありません。 一方で、成功できない人は感謝の意識は低く、上手く行った時には「全て自分の実力」、上手く行かなかった場合は「環境が悪い」「あの人が悪い」と考えます。

仕事の目的

成功する人としない人の7つ目の違いは、「仕事の目的」です。 ここまでに何度かお伝えしている通り、成功する人がその仕事に取り組む目的は「お金」ではありません。どんな分野で仕事をしている人でも、成功する人の仕事の目的は「もっとうまくなりたい」という意識です。 一方で、成功できない人は多くの場合お金のために仕事しています。そのため、勤務時間中は時間がすぎることを考え、仕事自体については楽にやる方法・バレずにサボる方法ばかりを考えてしまいます。

誰のために仕事をしているか

成功する人としない人の8つ目の違いは、「自分のことよりも人のことを考えている」です。 成功する人は「もっとうまくなりたい」という思い出仕事に取り組んでいるとお伝えしましたが、これを更に深掘りすると「人に更に高い価値を与えられるようになりたい」という思いになっています。つまり自分が成長する目的は、周りの人により高い価値を提供するためなのです。 一方で、成功できない人は自分の都合ばかり考えて仕事をします。「お金のために仕事をする」「楽に仕事をする」「誰よりもお金を稼ぐ」「楽したい」という自分のことだけを考えて仕事をしてしまっています。

成功する人になるためにすべき10個の習慣

さて、最後に成功する人になるために意識すべき10個の習慣を紹介します。 「成功する人としない人はどんな違いがあるのか?」の見出しの中で、「成功できない人」の特徴として紹介した項目に当てはまるものが多い人は、ここで紹介する習慣を1つずつ実践してみて下さい。

「できない」ではなく「できる方法を考える」

成功する人になるための1つ目の習慣は、「できない」ではなく「できる方法を考える」です。 成功する人は自分が置かれた困難な状況に置かれた時、「自分にはどうにもできない」と考えるのではなく、「打破する方法を考える」という意識で行動しています。その他にも「知らないこと」は「できない」のではなく、「できる方法を考える」ということも意識して行動しています。 社会に出れば自分が経験したことのない仕事でも任されて、成果を出すように求められることが非常に多いです。ただし、そんな状況でもひるまずに「どうすればできるか?」を考える「問題解決志向」を意識してみましょう。

自分を信じる

成功する人になるための2つ目の習慣は、「自分を信じる」です。 成功する人は自分を信じている人がほとんどです。これはベテランのプレイヤーが経験に裏打ちされた自信を持っていることもありますが、経験を積む前からも「根拠のない自信」を持っていることが多いです。 根拠のない自信を持ちそれを周りの人に伝えることで、意識的に「行動しなければいけない状況」を作り出し、自分が行ったことを実現するためにできることをすべてやろうとします。つまり、すべての行動の根源には「なんとかなる」「なんとかする」と、「自分を信じる」ことから始まっているのです。

否定するのではなく活かす方法を考える

成功する人になるための3つ目の習慣は、「否定するのではなく活かす方法を考える」です。 すでに少しお伝えしていることですが、成功する人は新しい考え方や人の意見を活かす方法を考える意識を持っています。これはより上手くやる方法を手に入れる可能性を踏みにじらないためです。 一見突飛で妥当性がないように見られることも、否定するのではなくそれが上手く機能するためにどうすればいいかを考える癖をつけることで、人よりも上手く仕事をこなせるようになるかも知れません。

物事や状況のポジティブな面を考える癖をつける

成功する人になるための4つ目の習慣は、「物事や状況のポジティブな面を考える癖をつける」です。 成功する人はどんなに追い込まれていて危機的な状況でも、「こう考えてみればうまくいくかも知れない」「こう考えれば負担も和らぐ」というようにポジティブな面も考える数感があります。 普通の人なら危機的な状況でネガティブな面しか見えず諦めてしまいますが、そんな状況でも見方を考えてポジティブになることで打開策や希望が見えてきます。

挨拶をする

成功する人になるための5つ目の習慣は、「挨拶をする」です。 これは「成功する人に共通する特徴」の見出しの中で紹介した「凡事徹底」につながる習慣ですが、成功する人は人として最低限すべきこともきっちりとこなします。 人にあった時に挨拶をするのは当然のことです。仕事以外でも、こうした「人として当たり前のこと」もないがしろにせずに、丁寧にこなしていくように意識しましょう。

自分のルールや規律を作り、それを守る

成功する人になるための6つ目の習慣は、「自分のルールや規律を作り、それを守る」です。 成功する人には「こうするとうまくいく、こうすると失敗しやすい」という自分なりのルールがあります。これは日々トライアンドエラーを繰り返して作り上げたその人にしかわからないルールです。 成功する人になるためには、このルールや規律づくりを意識して仕事に取り組み、「自分なりのルールや規律」ができあがったらそれを徹底的に守り、よりうまくいく方法がありそうな場合はそれをトライしてみて、本当にうまくいくかを検証してみましょう。

日記をつける

成功する人になるための7つ目の習慣は、「日記をつける」です。 成功する人の多くは毎日日記をつけています。日記ではなくても、仕事であれば日報や報告書などを書いています。 これはただ日記や日報を書いているのではなく、自分の1日の行動を振り返ってよかった点・上手く行かなかった点などを洗い出す作業をしているということです。つまり日記をつけることが「自分なりのルールや規律」を作ることに繋がると言うことです。

地道な努力があなたの成功を実現します

成功する人は誰一人例外なく、小さな積み重ねを毎日続けています。そのこともこの記事を通して理解して頂けると思います。 もしあなたが周りの人よりも大きな成果を手にしたいと考えているのであれば、この記事で紹介したことを全て実践できるようになり、堅実な成功を手に入れましょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事