2019年05月14日公開

2019年06月22日更新

適当に生きると人生は楽しくなる?適当に生きるための11の方法

「適当に生きられたら」「気楽になれたら」。いつも緊張していたり不安になったりするのはもう疲れた。この記事はそんな人のための記事です。ぜひ適当に読んで、適当に生きるのに生かしていただければと思います。

適当に生きてみたいと思ったことはありませんか?

適当に生きているような人間が羨ましい。羨ましいというよりも時に腹立たしい。何でそんなにのんびりした顔をしていられるの?そんなモヤモヤを抱えて、モヤモヤしていること自体に疲れてしまう…。そんなことはありませんか。適当に生きるにはどうしたらいいのでしょうか? 大切なポイントの一つは「謙虚」です。以下、詳しくみていきましょう。

適当に生きている人ってどんな人?

そもそも「適当」というのは「いい加減」と同じく、マイナスにもプラスにも取れる言葉です。プラスの意味ならば「ほどよく」、マイナスの意味ならば「無責任」になります。 本当に悪い意味で適当に=実に無責任に生きている、つまり物事からひたすら逃げる人は論外ですよね。これではただの「でたらめな人、怠惰な人」です。 ここで(目指すべき)「適当に生きている人」とは「良い感じに、程々に生きている人」のことです。物事を軽い感じでこなし結果も出せる、そういう人です。同時に、緊張、不安といった言葉とは無縁な人です。 ではその意味での「適当に生きている人」とはどういう人なのでしょうか。適当に生きている人が良く口にする言葉を挙げながら、以下、具体的にみていきましょう。

心構えが「適当」

「まあ、良いんじゃない、適当で」 適当に生きている人の言葉で、真面目な人が一番イラッとくるのがこれでしょう。 日本は「心構え」というものを非常に重視します。物事には正しい心構えをもって臨まなければならない。「姿勢を正す」「襟を正す」なんて言い方がありますが、まさにそんな日本の文化を表しています。その視点からすると、適当に生きている人は実にちゃらんぽらんにみえます。

責任感が「適当」

「ええ、やだなあ」 これまた責任感が強い人の神経を逆撫でするような、適当に生きている人言葉です。 周りからみたらどう見えるか、相手に迷惑かけるかも…と不安になる言葉です。適当に生きている人は仕事などに伴う様々な義務や責任に無頓着、全く気にしていないかのようです。

配慮が「適当」

「いいんじゃない、そんなこと考えなくても」 仕事をするためには色々な根回しなどが必要になることがあります。また、周りの目や評価も気にすべき点のはずです。なのに、適当に生きている人はそういったことには全く構わないようにみえます。

見通しが「適当」

「適当でいいんじゃない?」 何の根拠もないのにどうしてそんなことがいえるのだろう…と思ってしまう一言です。先のことを見据えて、しっかりした計画を立てることは大事なことです。にもかかわらず適当に生きている人はこの一言で済ませてしまいます。

やり方が「適当」

「まあ、これでもいいんじゃない?」 適当に生きている人は、やり方に一貫性がなかったり、どれでもいいやと平気で言ったりします。手順なども気にしません。にもかかわらず、なぜだか結果だけは出します。

焦りや不安に「適当」

「なんとかなるでしょ」 考える気あるの!と腹が立つ言葉です。特に予期しないトラブルが発生した時、こんなことが起こるなんて!とパニックになっている周りを尻目に、適当に生きている人は悠々としているようにみえます。

適当に生きることのメリットは?

では、このような「適当に生きる」=無責任そうな生き方や心構えに、どういうメリットがあるのでしょうか。上の「適当に生きている人ってどんな人?」の項目をそのまま使って、適当に生きることのメリットを考えていきます。

心構えが「適当」であるのメリット

適当に生きている人は、心構え重視の日本では実に無責任にみえます。でもそうでしょうか。 結果を出しているのであれば、どのような姿勢で向かおうとも構わないのではないでしょうか。むしろ最初から「物事はこうあるべき」とがちがちに固まっていると、突発的な事態や予想外の事態に対応できなくなってしまいます。

責任感が「適当」であることのメリット

責任感も行き過ぎるとただのストレスになりかねません(行き過ぎた責任感については、一番下の参考記事も参照されてください)。適当に生きているとしても押えるべきポイントさえきちんと押さえているのであれば、必要以上の気負いを持つ必要はないのです。その分ストレスが減ります。

配慮が「適当」であることのメリット

私たちのストレスの多くは、周りの評価を気にしすぎることから来ています。それは「○○すべき」という義務感となって私たちの心にのしかかってきます。そして「やるべき」と「やりたくない」との間をうろうろと往復し、それがまたストレスとなるのです。 しかし、適当に生きている人は「○○すべき」と人の評価から自由な人なのです。必要だからする。評価は人が勝手にすればいいと自然に腹をくくっている人なのです。このために適当に生きている人は、人目を気にせず、自分のペースで物事を進めることができるのです。

見通しが「適当」であることのメリット

ちゃんと計画を立てることは大事なことです。ただ、計画の立て方自体はそれぞれのやり方があります。細かくタスクをメモして一つ一つこなしていくひともいれば、必要なポイントだけ抑え、大雑把に全体を掴んで物事を進めていく人もいます。適当に生きている人の多くは後者なのです。 人間は自分のペースで物事を進め、かつリラックスしていた方が、本人が実力を発揮しやすいです。柔軟な対応も可能です。

やり方が「適当」であることのメリット

多くのことには決まった手順があります。しかし適当に生きている人は、その点にこだわりません。 前のやり方にこだわらず、新しい方法や考え方を試したほうがいい場合もあります。試してみた方法自体が上手くいかなくても、今までの方法を考え直すきっかけになります。 気楽にあれこれ試してみること、そしてそのときの失敗を気にしない方が、よりよいやり方をみつけるきっかけになるのです。

焦りや不安に「適当」であることのメリット

人はトラブルの時、何故パニックに陥るのでしょうか?その根底には「こんなことは起こるはずがない」という思い込みがあります。しかし、適当に生きている人はそうした思い込みから自由です。ですからトラブルが起こっても必要以上に焦りません。だから柔軟な対応もできるのです。 以上、6つの項目に共通する適当に生きている人の特徴は「重要かつ必要なことはきちんと押さえて後はリラックス」です。その最大のメリットは「リラックス」です。それこそが自分のやり方をのびのびと発揮でき、ストレスを減らす最大のポイントなのです。

適当に生きられない人の原因は?

適当に生きるのはなかなか良さそうです。けれどもなかなか適当に生きることができない人がいます。その最大の原因は「防御力が弱い」ことにあります。以下、詳しくその原因をみていきましょう。

真面目(素直)である

真面目、というのにも色々な側面がありますが、「人に何か言われると素直にそれをやる」のが最大の特徴の一つです。「これをやるべき」といわれると「その通りかも」と思ってしまうのです。素直という長所でもありますが、一方で、ゲームでたとえるならば防御力が弱いのです。 このタイプの人が「気楽に生きたい」と考えたとします。適当に生きられない人は真面目に複数の本やネットの複数の記事をたくさん読みます。これでまず情報過多になり疲れてしまいます。 次に、ほとんどの記事が「これをやりなさい」というタスクが書いてあります。真面目な人はこれをそのまま受け取ります。 結果として、気楽になりたいはずなのに、真面目な人にとっては普段のタスクに上乗せして、気楽になるためのタスクがどんどん積み上げられ増やされてしまうことになるのです。適当になるどころではありません。

頼まれるとイヤといえない

適当に自分のペースでやりたい、本当はやりたくない。けれど頼まれると断れない。なぜでしょう?適当に生きられない人は、人目や人の評価が気になってしまう人だからです。 人目が気になるから自分からあれこれ引き受けます。結果、オーバーワークになってしまいます。オーバーワークになれば十分に責任を果たすことができなくなります。その結果、さらに責任感や義務感に苦しめられることになります。 外から与えられる、評価、責任、義務といった外からの刺激に対して防御力が弱い状態です。

「自分だけ」では不安

なぜ人の評価や責任に「弱い」のでしょうか?それは、こうした人たちに「何かに頼っていたい気持」があるからです。自分だけでは心細いのです。 人の評価、目に見て分かる責任、上司の命令、世間の常識…こういった自分を支えて補強してくれる意見や存在を必要としているのです。ですから、人目などに神経質になり、いつも気が張っている状態になってしまうのです。 決定するのに自分だけが頼り、という状態になってしまうと、不安で仕方なくなってしまうのです。要は自信がないのです。 適当に生きられない人は、この三つの原因からいつも何かしらにオーバーワークになり、いつも緊張や不安にさらされて生きているのです。

適当に生きるための11個の方法

適当に生きるために大事なことはオーバーワークを止め、心の緊張をほぐし、何事に対しても心の余裕を持つことです。心の余裕は心の柔軟性そのものです。 適当に生きることが難しい人向けに、適当に生きられるようになるための方針や具体策を以下、挙げてみました。一通り「適当に」読んでみて、やってみることができそうなことがあれば「適当に」挑戦してみてください。

謙虚になる

適当に生きるための道は色々ありますが、大事なことに「常に謙虚であること」があります。 ここを読んで「いつも自分はできないと思っている、遠慮している、これ以上どう謙虚になれば」と腹を立てた方もいると思います。そこをちょっとだけ我慢して、以下を読んでください。

謙虚とは何か

そもそも謙虚とはどういうことでしょうか? 謙虚とは、自分の能力を正しく客観的に評価することがまず必要になります。そしてその上で他人を尊重することです。謙虚とは、自他共にしっかり尊重した上で、自分の足りないところを人から教わったり人にやってもらったりすることに躊躇しないことです。 自分の能力を低く見積もり人の評価を必要以上に気にして遠慮することは「卑屈」「いじけ」であって、謙虚ではありません。それでは適当に生きるどころか、精神的に窒息してしまいます。 では、謙虚にあるというのはどうすることなのでしょうか?具体的にみていきましょう。

自分の仕事なのかどうか検討する

適当に生きるために、謙虚であることの第一歩は「自分の能力を正しく客観的に評価」することです。 そのためには、あなたが何をできるかをはっきりさせる必要があります。前に、同じ期間にどれだけのタスクができたか確認しましょう。一度、時間を計ったり進行表を作ったりして、自分のこなせる仕事量を明確にしてみるのです。

いじけるのをやめる

自分が何ができるかを確認できたら「ここまではやれる」としっかり自分を評価しましょう。つまり自分に対しても謙虚になるのです。つまり、いちいち自己批判をせず、自分をちゃんと尊重するのです。 「こんなにできない」といじけるのをやめましょう。いじけは謙虚であることを遠ざけます。自分を追い詰めるから、他人の手抜きや怠惰に我慢ができなくなってカリカリしてしまうのです。気楽に、適当に生きるのには、まず自分を気楽な状態にする必要があるのです。

人の仕事を引き受けない

あなたは万能ではありません。人が万能であることはあり得ません。あなたはただあなたの仕事をすればいいのです。「足りない人の手助けをする」というのは余分な仕事です。自分の仕事で手一杯なのにオーバーワークするほど人の仕事を引き受けることは、かえって無責任な結果となってしまいます。 自分の仕事の能力に対して謙虚になり、自分の仕事と他人の仕事の間にきちんと線を引きましょう。適当に生きるためには線引きが必要なのです。

人のやり方を尊重する

あなたから見て、回りくどいやり方や効率の悪いやり方をしている人に、ついつい口出しをしていませんか。 放っておきましょう。仕事のやり方や頑張り方は、あなたが思っている一つだけではありません。他者のやり方に首を突っ込むべきではありません。他人に対して謙虚になりましょう。適当に生きている人のように、他人のやり方を尊重しましょう。

気軽に感謝する

他人や状況に気軽に感謝しましょう。些細なことでもいいのです。それこそ気軽かつ「適当に」感謝を連発すればいいのです。「今日は何事もなかった、ありがたい」でいいのです。 そして、同じくらい自分にも感謝しましょう。褒めるのも(できれば)思いっきり声に出してみてください。「こんっなに疲れているのに掃除しちゃった!私えらい!」そして笑ってください。

俯瞰力(ふかんりょく)をつける

俯瞰力(ふかんりょく)。難しい言葉ですね。自分のやっていることを、良い悪いの判断抜きで、上から見下ろしてみることです。言葉だけでなく実行するのも何だか難しそうですが、なんてことはありません。 「70才になった自分からみたら、今の自分の状況をどう考えるか?今の自分に何というか?」と考えてみるのです。聞いたことがある方もいると思います。これはこの俯瞰力をつけるための、典型的な方法のひとつです。本やマンガが好きならば好きなキャラクターからみたら、でもOKです。 精神的に苦しくなった時ほど、「あれ?自分は何やってるの?」と俯瞰してみる。そういう力をつけるのです。

やるべきことを明確にする

「自分が何をどこまでやる必要があるのか」をはっきりさせましょう。頭の中で考えているだけではモヤモヤと流されてしまうので、書き出すことをお勧めします。 書き出してリストアップ。いくつかをやったら休憩。全部やったら「いったんおしまい」。このようにして自分がやるべきことを明確にさせ、メリハリをつけましょう。

しっかり正直にキレる

適当に生きられない人に精神的に負荷をかけているものの一つは、「やりたくない…でもやらなきゃ」と、自分の気持ちと義務感の間で右往左往することです。 そういうときは、まず何を差し置いても「やりたくない!!」と叫んでみましょう。実際にその場で叫ぶとまずい場合は心の中で叫びましょう。 最初に自分の気持ちをしっかりと出して、正面から受け止めるのです。義務感から自分の気持ちを抑え込もうとするから疲れるのです。感情である気持ちを認めることで、行動を変えることができます。その意味で適当に生きている人が「面倒臭い」と言ってしまうのは、良い方法なのです。

「やりたくない」ことはさっさと終わらせる

では「イヤだ!」と思いつつ行動を変えるにはどうしたらいいのでしょうか。 いやだ、でもやらなきゃと悩むエネルギーを「さっさと終わらせるためにはどうしたらいいか」と考える方に使いましょう。そうすれば無駄をできるだけ削る方向に行きます。結果、効率よい仕事の方法も見つかり、一石二鳥です。 とはいえ、悩む方にスイッチが入るようになれているので、切り替えるのはなかなか難しいと思います。何度かトライしてみましょう。

遊びやゲームだと考える

やるべきことをさっさと終わらせるには、気楽に向かい合えるようにする工夫をするのもお勧めです。仕事をゲームでも攻略するつもりでやるのです。ゲームでも、パズルや工作など何かを組み立てることが好きな人はそれにたとえてもいいと思います。 ポイントは自分が「遊んで」やっていることにたとえることです。これも俯瞰力をつけるための一つの方法でもあります。

肯定的に捉える

人間は物事をネガティブに捉えるのが得意です。あることをきっかけに、悪い結果や悪い状況を、それも具体的に想像しやすいのです。生きていくには「危険性」をしっかり把握した方がいいからです。 ということは、ついつい悪く考える傾向をそのままに放置すれば、どんどん悪化するということです。それは自分のストレスを増やすことに直結します。 だからこそ、物事を肯定的にとらえるようにしましょう。とはいえ、何もかもを無理矢理に肯定的にとらえようとするのは、かえって負担になります。最初は悪い面を考えたら良い面も考えてみる、という程度でいいのです。

真面目に受け取らない

本やネットの情報、人からの評価に真面目に対応するのは止めましょう。 とはいえ、どうしても真面目に受け取ってしまうから適当に生きられないのですよね。そこで、そういう局面に出っくわしたら「ふーん、そうなんだ」と唱えてみましょう。 適当に生きられない人はついつい相手の意見や読んだ記事に引き込まれて、それが真実であるように思い込んでしまうのです。そこであえて「ふーん、そうなんだ」の一言で、自分を引き戻すのです。

情報の過剰摂取を減らす

色々な情報が必要な場合以外は、あれやこれやを調べるのをやめましょう。情報や選択肢が多過ぎることは単に自分を混乱させるだけです。何かについて調べたい時は、本でもネットの記事でも「三つまで」と制限しておきましょう。

遊ぶ

最近、夢中になって遊んだことはありますか。涙がにじむほど笑ったことはありますか。 昔、楽しかったことは何でしょうか。思い出して再度やってみましょう。

遠くの風景をぼんやり眺める

携帯パソコンを一日中使って、いつも手元にしか焦点を合わせていないことは眼を非常に疲れさせます。眼精疲労は頭痛などを引き起こし、気分を落ち込ませることもあります。 自然の中でぼんやり中~長距離を見つめる時間を持つことをお勧めします。普段でも、通勤電車で、いつもよりも「遠く」を見るのもOKです。

適当に生きたい人のための名言3選

ここでは、今までお話ししたようなことをまとめてくれているような言葉をご紹介します。

「謙虚とは自分の責任で己を主張すること」

「謙虚というものは、人の前で、己を無にするとか低く見せることでは絶対にない。むしろ自分の責任において、己を主張することだ。つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、自分自身に対してこそ、そうあらねばならないんだね」 著名な画家、岡本太郎が自分の著書『壁を破る言葉』に書いている言葉です。自分を低く見積もることが謙虚ではないことを指摘しています。

「自分の都合のいいようにつけるケジメ」

「『ケジメ、ケジメ』っていったってね、自分の都合のいいようにつけるケジメだってあるんですよ」 立川志の輔の落語の中に出てくる一言です。他人とどこで線を引くかは、自分で勝手に決めていいのです。

「馬鹿になりきる」

「色んなツマラナイ反省を敢然(かんぜん)としてしりぞけ、完全に馬鹿になりきることです。(中略)成功を焦る、辛抱というものがない、いろいろもっともことを考える、いろいろと自分のやっていることを自分で批評する。これがいけないのです」 関口存男というドイツ語学者の言葉です。自分の中の「ツマラナイ」反省なんか「敢然として」つまり思いきって切り捨て、あれこれ自分を批評するな、あえて馬鹿になれということです。

適度に手放して適当になろう

たくさんの情報、常識、人の評価、「○○すべき」と思っていること、そうしたことからひとつひとつ自由になりましょう。「適当に生きている人」に心惹かれるのは、そういった自分から出てくるもの以外のあれこれにぎゅうぎゅうに押されて自分を見失ってしまっているからなのです。 そのために俯瞰力をつけて、自分のやれること、やっていることを客観的にみられるようになりましょう。ダメ出しをするためにやるのではありません。できることを確認するためにやるのです。 自分に対して謙虚になる、つまり自分をちゃんと評価し尊重しましょう。その上で他人に対しても同じように謙虚になりましょう。 どうぞ、この記事に対しても「ふーん、そうなんだ」「そんなことやっていられるか!」と叫んで、「適当に」なってください。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

薄荷

薄荷

メンタルケアや自己啓発を幅広く勉強しています。勉強と自分の経験を踏まえ、ちょっとした日常で具体的に役...

人気記事

新着記事