2019年05月13日公開

2019年06月22日更新

メンタルが弱い人の特徴や原因は?メンタルが弱い人のための8つの克服法

あなた自身、メンタルが弱いとお悩みでしょうか。メンタルが強い人を羨ましいと感じていますか?だとしたら、もしも自分のメンタルが強かったら、と悩み考える場面がきっと多くあるでしょう。今回はメンタルが弱い人の特徴や原因、その克服法をお伝えします!

メンタルの弱さに悩んでいるあなたへ

あなたはメンタルが弱いと悩んでいませんか。どういう時にメンタルが弱いと感じていますか。人に話しかけられなかった時、叱責に耐えられなかった時、苦痛に耐えられなかった時。自分はメンタルが弱いなと感じる場面は人それぞれでしょう。 もしも自分のようにメンタルの弱い人間でなく、メンタルの強い人間であったのならば、この場面は平然と乗り越えることが出来たかもしれないと考えますか。 そのまま落ち込むのはナンセンスです。自分がメンタルが弱いのだということが理解できるのであれば、克服のチャンスです。この記事を最後まで読むことで、あなたのメンタルの弱さを改善する糸口を見つけていきましょう。

メンタルが弱い人の特徴・性格6選

メンタルが弱い人の特徴や性格には、どのようなものが挙げられるでしょうか。6点挙げてみました。

自分に自信が無い

メンタルが弱い人は、自分に自信が無い人が多く見受けられます。メンタルが弱い人は、自分に自信がなく、うつむきがちであるなどするため、自己主張もあまり得意ではありません。 自分の意見がはっきりと主張できない、正当な意見や権利を主張できないなど、黙っていたら自分に分が悪い場面でも押し黙ったままでいることも多々あります。 メンタルが弱い人は自己肯定感が乏しいので、自分を肯定できない上に他者から否定されたら、立ち直ることは決して容易ではありません。他者からの否定が怖くて、主張することを躊躇しているのです。

繊細

メンタルが弱い人は、大変繊細な人が多く見受けられます。繊細であることは決して悪いことではなく、周囲を気遣ったり、細やかなパフォーマンスを発揮する際に必要な性格です。 しかし、繊細であるが故に四方に張ったアンテナが過敏に反応し過ぎて、メンタルが弱くなることがあります。

マイナス思考である

メンタルが弱い人は、マイナス思考の人が大変多いです。自分に自信がなく、自己肯定感も低い人は、自分の考えにも自信が持てません。 自信が持てないので、前向きな思考を持つことが出来ません。こうやってみて失敗したらどうしよう、失敗して嫌われたらどうしようと、全ての思考がまるで負の連鎖に陥ってしまいます。 「どうしよう」と心配するあまり、前向きな思考は持てず、堂々巡りな思考に陥って身動きが取れなくなります。

自意識過剰

メンタルが弱い人は、自意識過剰気味な部分も多く見受けられます。例えば、「見られている」と意識してしまい思考停止したり、失敗したりしてしまうなど、実際はそうではないのに意識し過ぎてしまうことが多々あります。 メンタルが弱く自意識過剰気味な人が感じているほどに、周囲の人は他人に関心を持っていないことを理解する必要があります。 それは決して悪い意味では無く、周囲の人は誰に対しても平等に関心が無いのです。

泣く

メンタルが弱い人は叱責されるなどしてすぐに泣いてしまう人が多いかも知れません。メンタルが弱い人は、叱責された、驚いたなどの心の大きな変化に付いて行けず、涙が出ることがあります。 涙を流すという行為は、心の防衛反応です。集中力や思考力の低下気味であったり、悲しみや落ち込みなどの感情の発露となって、涙もろくなっているのです。 傷付いた心をこれ以上傷付かせまいと、身体が涙を流しているのです。

あまり仕事が続かない

メンタルが弱い人は、ひとつの仕事があまり長続きしないのではないでしょうか。メンタルが弱い人は、例えば上司に怒られた、同僚と上手くいかない、居心地が悪いなど、ほんの些細な理由から、転職を繰り返します。 ひとつの場所で仕事を続けるとこは、そう簡単で出来るものではありません。ある程度のメンタルの強さや忍耐力、コミュニケーション力が必要になります。勤続は才能ではなく、社会人として生きていく上で備えるべき能力なのです。 メンタルが弱く、あまり仕事が続かない人は、小さな失敗や些細なトラブルで大きなダメージを受けてしまうがため、そのダメージがメンタルに来てしまい、離職せざるを得ないのではないでしょうか。

メンタルが弱い人の心理とは?

では、どうしてメンタルが弱いのでしょうか。メンタルが弱い人の心理状況として、まず自分に自信が無いという部分が挙げられます。上記記しましたように、自分に自信が無いので自己主張も出来ず、否定されたら立ち直れも出来ません。 メンタルが弱い人は、打たれ弱いので、打たれたら打たれっぱなしです。この状況から自信を取り戻せとか、本領発揮だ、という励ましはあまり通用しません。 何故なら否定されたり、心が折れたり、している状態で既に戦意喪失なほど、メンタルの弱い人のメンタルはズタボロなのです。

次に、メンタルが弱い人は酷くマイナス思考であるため、ポジティブに物事をとらえることが出来ません。プレゼンにしても、何気ない会話にしても、ふとした瞬間からマイナス思考が生まれます。 生まれ出るマイナス思考に押しつぶされそうな時、メンタルが弱いと体調を崩したりもしてしまいます。 メンタルが弱い人は自分ではなかなかこの思考を止めることが出来ないので、もし可能であれば周囲の人が声を掛けてあげてください。

また、メンタルが弱い人は周囲を気にし過ぎているため、失敗を恐れて行動に移せないという部分もあります。 メンタルが弱い人は、周囲との差や視線を大変良く気にしています。周囲と同じように出来ないどうしよう、やってみて失敗したらどうしよう、笑われたらどうしようなど、常に心配ばかりしています。 その心配がストレスとなり、結果メンタルが弱いと言われてしまうのです。本当は優しく、少し気が弱いだけなのかも知れません。

最後に、メンタルが弱い人は基本的に自己肯定感が乏しいです。自己肯定感が乏しいので自分に自信が無く、自分の意見が言えず、自信たっぷりに行動することが出来ません。 自信が無いので、常に怯えています。周囲や友人、ひいては家族関係が拗れることや亀裂が入ることに怯えています。意見の対立や、関係の対立が怖いと考えています。 自己肯定意識があり、自分の意見や他人の意見を認めることができるのであれば、少しの対立や不和は致し方ないと捉えることが出来るでしょう。 しかし、メンタルが弱い人は経験値が乏しいのも事実。変化のない穏やかな日常を好み、感情揺さぶられる日々は好みません。メンタルが弱い人にとって、自己肯定こそが最大の難所なのかも知れません。

あなたはメンタルが弱い?メンタルの強度診断!

あなたはメンタルが弱いですか?それとも強いですか?メンタル強度診断をしてみましょう。「はい/いいえ」で答えて、「はい」が7個以上であれば、あなたはメンタルが弱いかも?

・プレッシャーに弱い方だ 「はい/いいえ」 ・自分の得意分野だけを行っていたい 「はい/いいえ」 ・知らない人に声を掛けたりするのが苦手である 「はい/いいえ」 ・自分に自信が無い 「はい/いいえ」 ・自分はネガティブだと感じる 「はい/いいえ」 ・ミスは怖くない 「はい/いいえ」 ・自分は統率力も信頼もないので、リーダーなどは向いていない 「はい/いいえ」 ・緊張すると冷や汗が止まらなくなったり、トイレに行きたくて仕方がなくなる 「はい/いいえ」 ・日常的に周囲の人の顔色を伺いながら生活している 「はい/いいえ」 ・SNSのいいね!の数が気にならない 「はい/いいえ」 ・自分の行いが誰かのために役立つと思う 「はい/いいえ」

いかがでしたか?7個以上当てはまれば、あなたはメンタルが弱いのかも知れません。

メンタルの弱さを克服する8つの方法

では、メンタルの弱さを克服する方法はあるのでしょうか。8つ挙げていますので、是非参考にしてください。きっとあなたのメンタルの弱さを克服するのに役立ちます。

自己肯定意識をしっかり持つ

メンタルが弱い人は、メンタルの弱さを克服するために、自己肯定意識をしっかり持つべきです。自分の存在や自分の価値を認めて、自己意識を高めてあげることで自ずと自分の存在意義が分かるようになります。 自分の存在意義が分かるようになると、自分を大切にすることが出来るようになるので、自己肯定も出来るようになります。 あなたは今まで自分を大切にするという意識を持ったことはありましたか?例えば、身体に良いものを摂取したり、化粧を早く落としたり、ゆっくり湯船に浸かったり、充分な睡眠を取ったりするなどです。

自分の存在や自分の価値を認めて、自己意識を高めると言うことは、俗にいう「意識髙」く生活することでもあります。 芸能人やIT社長たちのようなことを実践するのは難しいもの。日々の生活で取り入れられることを実践するだけでもずいぶんと違ってくるでしょう。 自分を大切にすることを意識するだけで、自分を愛する心が生まれます。メンタルが弱い人は自ずとメンタルが強くなります。まずは自己肯定意識をしっかり持つように心がけましょう。

「少し」の成長を大切にする

メンタルが弱い人は、自分を否定しがちで、周囲との違いや遅れを気にしがちです。その違いに愕然となり、メンタルも傷付いてきたのかも知れません。 しかし、これからは「少し」の成長も大切にするように心がけてください。「少し」の成長を心がけることで、少しずつメンタルが強くなるでしょう。 朝、通りすがりの人に挨拶をすることが出来た、お礼が言えたなど、ほんの些細なことで構いません。その「少し」を積み重ねて、成長につなげていって下さい。その成長が、あなたのメンタルを強くしてくれるでしょう。

「人任せ」にしないように気を付ける

メンタルが弱い人は、今まで何気に人任せにしてきたのではありませんか?自己主張をしないまま、長いものに巻かれてきたのではありませんか? これからは、少しずつで良いので、自己主張を始めてみてください。自己主張を始めることで、もしかしたら周囲と意見が分かれることがあるかも知れません。しかし、それは至極当然のことなのだと肌で感じてください。少しもおかしなことではありません。 そのことから、自己主張がおかしなことではないと理解し、人任せにすることを止めてみましょう。自分の意見を持ち、長いものに巻かれる生活から離れることが出来たら、きっとあなたのメンタルは強く成長しているはずです。

身体から鍛えてみる

メンタルが弱いと感じているなら、まず身体を鍛えてみてはいかがでしょうか。身体を鍛えると言うことは、自分を律しなければ成功しません。メンタルが弱い状態では、身体を鍛えることは成し得ないのです。 いきなりハードトレーニングから始めなさいという訳ではありません。ウォーキングから始めても良いですし、軽いジム通いから始めても良いでしょう。 身体を鍛えることは、自分と向き合い、メンタルを鍛えることにも繋がります。健康にも良いですし、一石二鳥ですね。

周囲と比較するのを止める

メンタルが弱いと感じているのであれば、周囲と自分を比較するのを止めてみてはいかがでしょうか。周囲と自分を比較することで差が歴然とし、それがストレスになり、メンタルに悪影響を与えています。 周囲と比較してしまう悪い習慣を止めてしまえば、ストレスフリーにもなり、メンタルに悪影響を与えることもありません。 また、周囲との比較を止めるということは、自分は自分、他人は他人であるということを認めるということです。これは先述した自己肯定意識をしっかり持つということにも繋がっていきます。

ストレス発散方法を確立させる

メンタルが弱い人は、立ち直るためのストレス発散方法を確立させておいたほうが賢明でしょう。受けたダメージをすぐに無かったことに出来る術があるのとないのでは随分違います。 メンタルが弱い人は、メンタルが強い人に比べたら受けるダメージは相当なもの。ストレス発散方法を確立させておけば、いざという時の逃げ込み場が出来ます。

開き直ることも大切

メンタルが弱い人は、つい考え込んだり、溜めこんだりしがちです。メンタルが弱い人は、時には開き直ることも大切だと言うことを知って欲しいと思います。 元々メンタルが弱い人が考え込んだり、ストレスを溜めこんだりし過ぎると、メンタルもダメージを受けてしまい、酷くなれば身体を壊してしまうことが多々あります。 ダメージを最小限に抑えるために、時に開き直り、自分を正当化したり考えることを放棄したりすることが大切です。思考を止めるなという訳ではありません。リラックスする心を持って、姿勢を正し再度取り組んで欲しいと考えます。

無理にポジティブになろうとしない

メンタルが弱いと感じている人が、メンタルを強くしたいと考えた時、決して無理はしないで下さい。無理にポジティブになろうとしないで下さい。 メンタルが弱い人は、繊細で、心的ダメージを受けやすい人が多く見受けられます。そんな人が無理をしてしまうと、逆に身体を壊してしまったりします。 メンタルが弱い人は、弱い自分を変えたくて、大きな変化を求めます。その過程が早急すぎると、きっと付いていけなくなるでしょう。 メンタルが弱い人は、自分の弱さを自覚して、人より少し遅いペースで歩を進めてみても問題ありません。自分は自分、他人は他人です。周囲と自分の違いや差を比べてみても、仕方がないのではないでしょうか。

メンタルが弱い人との付き合い方・対処法

では、メンタルが弱い人との付き合い方や、メンタルが弱い人の対処法はどのようなものが挙げられるでしょうか。

メンタルが弱い彼氏や彼女との付き合い方

メンタルが弱い彼氏や恋人とのお付き合いする場合、甘やかし方に注意しましょう。人間なので、何かしらのずるをすることが必ず出てくるでしょう。しかし、それは近しい関係だからこそ注意しなければならない場合が出てきます。 そういう時に「注意したら泣くから嫌だな」と気を遣って注意しないのは、お互いのためになりません。「泣く」と分かっていても注意してあげるのが本当の優しさではないでしょうか。 メンタルが弱い彼氏や彼女は、物事に感化されやすかったり、感情的になったり、闇落ちしたりと、毎日が目まぐるしいかも知れません。そういう相手が恋人だからこそ、自分がしっかりと自分を律し、相手を支えてあげましょう。

メンタルが弱い友人との付き合い方

メンタルが弱い友人と付き合うのは、少し根気が必要かも知れません。話す内容や注意などに言葉を選ぶ必要があるからです。 しかし、根気よく付き合えるのが友人の良い所。優しくとは言いません、相手を支えるようにして傍に居てアドバイスしてあげれば良いのです。 きっと、メンタルが弱い友人は多くのことで泣きついてきて来るでしょう。諭し解決策を講じ、八方塞にならないように手伝ってあげたら、きっと喜んでくれます。

メンタルが弱い友人は、交友関係は人付き合いが得意ではないので、決して交友関係は広くありません。 頼りっきりの甘えん坊なメンタルの弱い人と、そんな友人を仕方ないなと思いながらも放っておけないあなた。結果、お互いが最高の友人になれる可能性が高いでしょう。

メンタルが弱い部下や後輩との付き合い方

メンタルが弱い部下や後輩を持っていると言う人はいませんか?メンタルが弱い部下や後輩がいる人に気を付けて欲しいのは、「叱って伸ばす」という教育方法は合っていないと言うことです。 例えば、あなたが体育会系出身だとして、ハードな練習や強い叱責などで揉まれて来て、それに慣れていたとしましょう。しかし、その方法は誰にでも合う教育方法ではないことを覚えておいて下さい。 今の時代、強い叱責などはパワハラ認定されてしまいます。昔は確かに社会的に通用していた教育方法でも、現在では悪しとされています。 メンタルが弱い部下や後輩には、きちんと話を聞いたり、逃げ道を用意するなどして時間をかけて教育する道を選んだ方が賢明でしょう。

メンタルが弱いことはマイナスではない

メンタルが弱いことは、決してマイナス要素ではありません。メンタルが弱いことを気にして、メンタルを強くしようと努力する心構えは大変素晴らしいものです。 しかし、メンタルは成長過程で強弱が出来るものです。先述した体育会系の環境での経験値や、甘やかされた裕福な家庭環境での経験値では、メンタルの強弱は違った成長過程が見られるでしょう。 メンタルが弱いことは決してマイナス要素ではなく、弱いからこそ繊細でかつ人に優しくなれることもあります。繊細だから映画やドキュメンタリー、小説などで感傷的になることが出来るのです。 反対に、メンタルが強い人は、時に勇猛果敢で頼りがいがあるように見えます。しかし、一方では鈍感で、相手をイライラさせることもあるかも知れません。

相手の顔色を読み、心を組んで、自分の次の行動を考えるのに長けているのは、むしろメンタルが弱い人の方かも知れません。 メンタルが弱い人からしたら、自身のメンタルの弱さを恥じることも、周囲を羨むこともあるかと思います。 しかし、大きく変える必要はないかと思います。周囲のアドバイスを少しずつ受け入れながら、必要に応じて心を強く持てるよう、努力する気概を持つことが大切です。 そう心に誓えるのであれば、あなたのメンタルは少し強くなったと言ってよいでしょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

澤 依知

澤 依知

学生時代に心理学を専攻していました。趣味は音楽鑑賞と映像鑑賞と読書です。人間の内面が伺える内容が好み...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事