2019年05月13日公開

2019年06月22日更新

「人生は辛いことばかり」と感じた時に心を前向きにしてくれる8つの対処法

今、人生が辛いと感じているあなたが前向きになれるための情報をお届けします。人生は本当に辛いことが多いですよね。辛いことがあると、心も体も疲れてしまいます。人生が辛いと感じた時に、心が前向きになれるお手伝いができればと思います。

誰もが「人生は辛い」と感じる時期がある

どんなに明るく悩みのなさそうな人でも、表にださないだけで、悩んだり悲しんだり苦しんだりしています。誰でも、辛い時期や悲しいとき、苦しい時期があります。自分が辛いときは、周囲のことが楽しそうでつい自分だけが辛い人生を送っていると思ってしまいます。 それは、決して悪いことではありません、仕方がないことです。あなたが、一生懸命に生きているからこそ人生を「辛い」と感じる時期があるのです。楽々と生きているように見える人も、一生懸命、自分の人生を歩んでいます。人生を辛いと感じる時期は、あなたが成長するために必要な時間です。 辛くて、苦しくて逃げだしたい、出口が見つからなくて大きな不安を抱えているかもしれません。そんなときに前向きな気持ちになることは難しいですよね。でも、出口は必ずあります。

人生が辛いと感じるのはどんなとき?

あなたが、人生が辛いと感じるのはどんなときですか。もし、今、人生が辛いと感じていいるならどんなことがきっかけだったのでしょうか。では、辛い状況を脱するために、まずは、どんなときに人生が辛いと感じるのかを考えてみましょう。

人間関係がうまくいかないとき

私たちが生きていく上で、人間関係は切っても切れないものです。人間関係は私たちの生活に大きな影響を与えます。家族や親戚、学校の友人や職場の同僚など自分以外の人との関わりすべてです。人間関係がうまくいかないと、生きていることが息苦しくなって、人生が辛いと感じてしまいます。 社会で生きていく上で必要不可欠な人間関係に悩みを抱えてしまうと、これからの人生がとても辛いものであるかのように感じてしまいます。たくさんの人と一緒に生活をするこの世界には、気が合わない人もいるし、嫌いな人もできます。

そんな人とも適度な距離を保ちながら生活を送ることができていれば、そんなに辛いと思うことはないでしょう。しかし、時には、そんな人ばかりに囲まれてしまうときもあるかもしれませんよね。そんなとき、人間関係がうまくできない自分が嫌になり、寂しく辛く感じるのではないでしょうか。 また、転校や転勤、部署の異動やなどで環境が変わってしまい、なかなか打ち解けられなかったりする場合もです。今までうまくやっていた人間関係がうまくいかなくなると、人生が辛いことばかりかのように感じてしまうのです。

仕事がうまくいかないとき

一生懸命頑張っているのに、なかなかうまく仕事が回らなかったり、ミスしてしまったりして落ち込んでしまうことってありますよね。一つうまくいかなくなると、なだれのようにうまくいかないことや失敗が続いてしまうものです。 そんなときに限って、普段はしないようなミスをしてしまい、自分に自信がなくなって辛いと感じるのではないでしょうか。仕事をしている時間は、私たちの生活の中で多くの時間を占めています。その仕事がうまくいかなく、辛いと感じてしまうと人生をも辛いと思ってしまいます。

仕事は、自分の至らない点がとても良く見えてしまいます。そのたびに、落ち込み、反省し、自分を責めて追い込んでしまってはいませんか。確かに、失敗やミスは自分自身が悪い面もあります。しかし、人は誰でもミスや失敗をします。仕事がうまくいかない時期もあります。 あなたに能力がなかったり、何もできない人間ではないのです。自分に自信をなくして、悲観的になって、自分が嫌いになってしまって、人生は辛いことばかりだと思ってしまうかもしれません。

大切な人に裏切られたとき

家族や恋人、友人などあなたにとって大切で信頼している人から裏切られたら心に大きなダメージを受けますよね。嘘をつかれたり、味方でいてもらえなかったり、裏切られたと感じる基準は人それぞれです。しかし、一度、裏切られたと感じると、その感情はいつまでも引きずってしまいます。 人生の中で、自分が心から信頼し、大切だと思える人は本当に少数だと思います。そんな貴重な人に裏切られるという経験は、とても辛い経験となります。心から信頼する人は、自分の人生の支えのはずだからです。 そんな人が、自分を裏切ったとなると、言葉では表すことができないくらいの感情が心をえぐるのではないでしょうか。そんな大切な人を失ってしまうと、これからの人生に対しても、とても辛いことが待っているようなネガティブな思考になってしまいます。

健康でなくなってしまったとき

急に体調を壊して入院することになったり、不慮の事故にあってしまうこともあります。そのせいで、昨日までの生活とは違う生活を余儀なくされることもあります。今まで、当たり前だと思っていた生活ができなくなると、未来を考えることができなくなり、人生が辛いと思えてしまいます。 健康なときは、いつまでも健康なまま、今の当たり前の生活が続く人生だと誰もが思っています。しかし、体調不良や事故などで思い描いていた人生が、全く別のものとなってしまうこともあるのです。そんなとき、急激な変化に頭も心もついていかず、辛い気持ちでいっぱいになってしまいます。 健康で元気だからこそ、人は人生について明るて楽しいことを思い描くことができるのです。自分が健康でなくなってしまうと身近な人にまで辛い思いをさせてしまいます。だから、普段から自分や身近な人が健康でいられるような生活を心がけることが大切です。

夢や希望がなくなったとき

人は誰でも、大なり小なり、人生に夢や希望を持っています。人生に夢や希望があるから、目標を持って前へ進もうとするのです。その夢や希望がなくなると、何を目標にしてよいのかわからなくなり、無気力になってしまいます。 夢や希望のない人生をどう生きていけば良いのかわからなくなるのです。人生に夢や目標があるからこそ、人生が明るく楽しいものであると思えるのです。だから、夢や希望を失ってしまうと、自分が歩む人生が暗く、辛いことばかりであるように思えてしまいます。 夢や希望がある人生は、目標を達成することがどんなに困難で辛いものでも、未来があるので頑張れます。しかし、夢や希望がなくなってしまうとただ辛いだけの人生になってしまうのです。

人生が辛いと感じたときの8つの対処法

人生が辛いと感じるときについて、いくつかご紹介しましたが、人生が辛いことばかりだと感じるときはたくさんあると思います。人生が辛いと感じたままでは、心も体も壊れてしまいます。これから先も辛いことばかりだと思ってしまうと、なかなか前向きな気持ちにはなれませんよね。 では、人生が辛いことばかりだと感じたときは、どうすれば前向きな気持ちになれるのでしょうか。これから、人生が辛いことばかりだと感じたときの対処法を8つご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

誰かに話を聞いてもらう

人生が辛いと感じたとき、家族や友人、恋人など誰か一人でも信頼できる人がいることは、大きな支えになりますよね。あなたにそんな人が一人でもいれば、その人に自分が今、人生が辛いと感じていることを聞いてもらいましょう。 話しても、人生が辛いことは変わらないと始めから決めつけてはいけません。辛いと感じている問題は解決しないかもしれませんが、話をするだけで心が軽くなり、すっきりします。ただし、人生が辛いと感じているときに、厳しい意見や助言を言われると、さらに辛い思いをする可能性があります。

だから事前に、今は厳しい意見や助言を受け止められない状態であることを伝えておく方が良いかもしれません。人生が辛いと感じている状況を、誰かに話して、聞いてもらうと、人の温かさを感じることができます。 人の温かさは、辛いことばかりだと感じている人生に光を与えてくれて、もう少し頑張ってみようと思えるようになれます。どんなときでも自分のことを支えてくれる人がいるということを知ることは、自分に自信を持つということにも繋がります。

人生が辛いと感じていることを書き出す

誰かに聞いてもらいたくても話づらい人や、誰に聞いてもらえば良いかわからない人もいると思います。そんなときは、紙に今、人生が辛いと思っていることを紙に書き出してみましょう。整理せずに感情のままに、思いつくままに書いてみてください。 辛いと感じている気持ちばかりが心や頭を支配してしまい、増幅していきます。紙に書くことで、どんなことで人生が辛いと感じているのか、これからの人生に悲観しているのか、自分が思い描いている人生とかけ離れてしまって辛いのか、今のあなたの辛い気持ちが整理されます。 漠然としていた辛いという感情が、自分自身で理解できると、心がスッと軽くなります。そして、増幅していた辛い感情が収まり、人生について改めて見つめ直すことができるようになります。改めて見つめ直してみると、人生が辛いことばかりではないように思えてきますよ。

眠ってリフレッシュする

人生が辛いと感じたら、眠って辛さを紛らわしましょう。眠っている間は、副交感神経が優位になるので、リラックスした状態になります。ずっと辛い感情に支配され続けていると、心も体も疲れてしまい、さらに辛く感じてしまう原因になります。 大脳皮質は知覚や思考などの高次機能をつかさどり、扁桃体(へんとうたい)は感情をコントロールする機能があります。これらに疲労が溜まってしまうと、モヤモヤして辛いという気持ちで頭もいっぱいになって何も考えられなくなってしまいます。

しかし、眠ることで、大脳皮質や扁桃体(へんとうたい)の疲労は回復されます。これらが回復されることで、辛い気持ちでいっぱいだった頭が整理されてすっきりして、解消されていたりすることもあります。 心と体の疲労を回復しないと、悪循環になってしまい、辛い状況を抜け出せなくなってしまいます。辛い状況をどうにかして、人生を切り開きたいと思ったら、まずは眠って心と体を回復させてあげましょう。

好きなものを好きなだけ食べる

人生が辛いと感じ、ずっと辛い気持ちを抱えていると心と体に疲労が溜まってしまっています。食べることは体力の回復にもなります。好きなものを食べると、幸せな気分になれます。普段は、健康を気にして食べるのを控えているものや、食べる量を気にしていることもあると思います。 でも、人生が辛いと感じるほどの辛い思いをしているときは、そんなこと気にしないで、好きなものを好きなだけ食べてください。人生が辛いと感じているときは、食欲が沸かなくて食べる気にならないかもしれません。しかし、どんな時でも、おいしいものはおいしいのです。

人生が辛いと感じるときだからこそ、好きなものを食べて、おいしいと感じてください。おいしいと感じることが出来るのは、あなたが今、生きているからです。好きなものでお腹がいっぱいに満たされたら、きっと心も満たされますよ。

運動をして汗をかく

辛い気持ちをリフレッシュする方法として、思いっきり体を動かすことは有効な方法です。思いっきり体を動かしている間は、辛い気持ちを忘れることができます。辛い気持ちから離れることで、心が少し落ち着くことができます。 運動をすると、脳内ホルモンが分泌されます。脳内モルヒネとも呼ばれるβエンドルフィンです。このホルモンには、痛みを和らげたり、幸福や快楽を感じさせる効果があります。だから、運動をしたあとはスッキリした爽快感を味わうことができるのです。

また、思いっきり体を動かして、しっかり汗をかくと良い睡眠にも繋がります。また、ランニングなどの一定のテンポで行う運動には、心を安定させるセロトニンという物質を分泌させる効果があります。周りの景色を見ながら、自分のペースでランニングをするのもいい気分転換になりますよ。

旅行へ行く

辛いと感じて気持ちが落ち込んでしまうと、ついつい引きこもりたくなりますが、思い切って旅に出ることをお勧めします。行動範囲が狭くなったり、暗い雰囲気の場所にいると、辛いことばかり考えてしまい、辛い気持ちから離れることが出来なくなってしまいます。 人生が辛いと感じている時だからこそ、普段とは違う場所へ出かけて普段と違う世界を見てください。辛いと感じている時は、今の自分がいる場所がすべてだと考えてしまいがちです。しかし、普段と違う環境に触れることで、世界は広いことを感じ、開放感を得ることができます。

今の自分の人生から離れて、違う世界に身を置くことで、心と体がリフレッシュされます。どうしても、気持ちが落ち込んで旅行に行くことが出来ない場合は、天気のいい日に散歩をしてみましょう。明るい陽射しを見て、浴びるだけでも気持ちが軽くなりますよ。

自分に優しくなる

人生が辛いと感じている人の中には、真面目で自分に厳しく、高い目標を持ち、完璧を求めるタイプの人がいます。「こうあるべき」「こうでなければいけない」と常に気を張っていると、少しできなかっただけでも自分の不甲斐なさに落ち込んでしまいます。 「こうあるべき」とか「こうでなければならない」と決めつけてしまうと、とても窮屈で生きにくく、人生が辛く感じてしまいます。しかし、このタイプに人の基準はとても高く、周囲からみると出来ないことを気にするほどのことではないことが多いのです。もっと自分に優しくていいのです。 人は誰でも、失敗もするし出来ないこともたくさんあります。力を抜いて、ゆるりと生きることができれば、人生の辛さを感じずに生きやすくなりますよ。自分に優しくなってあげてください。

辛いと思っていることをやめる

をしても、どんなことをしても辛いものは辛いですよね。もし、これからの人生を生きていくことすら辛いと感じているなら、逃げ出していいんです。無理して辛い状況に立ち向かっていかなくていいんです。逃げることは悪いことではありません。 学校も家族も友人も仕事も、あなたが辛いと思い、これからの人生を捨てたいと思っているものから離れましょう。これからの人生を捨てるくらいなら、あなたが今、辛いと思っていることを捨ててしまいましょう。 人生を生きていくことは簡単なことではありません。だから、逃げてもいいし、捨ててもいいのです。辛いものを捨てて、時間が経ち心が落ち着いたら、これからの人生のことを考えられるようになれるから大丈夫ですよ。

人生の辛さに負けたくないときにおすすめの名言5選

人生が辛いと感じると逃げ出したくなったり、何もかも嫌になってしまいますよね。それでも、負けたくないと思っているあなたに、負けずに今の状況に立ち向かっていこうと思える名言をご紹介します。

人生の辛さに負けたくないときにおすすめの名言その1

『何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう Your life would be very empty if you had nothing to regret.』 オランダの有名な画家ゴッホの言葉です。後悔や反省は自分にとって辛いものです。人生を一生懸命に生きているからこそ、後悔したり反省することがあるのです。

人生の辛さに負けたくないときにおすすめの名言その2

『人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ A man is not finished when he is defeated.He is finished when he quits.』 第37代アメリカ合衆国の大統領リチャード・ミルハウス・ニクソンの言葉です。辛い状況を乗り越えた先が悪い結果でも、価値がないものではなく、辞めずに乗り越えたことに価値があります。

人生の辛さに負けたくないときにおすすめの名言その3

『自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる Just trust yourself, then you will know how to live.』 ドイツの詩人ゲーテの言葉です。人生が辛いと感じている時は、自信を失い、自分自身のことを信じれなくなっているでしょう。しかし、自分を信じることは道を開くためにはとても大切なことなのです。

人生の辛さに負けたくないときにおすすめの名言その4

『あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい Whether you believe you can do a thing or not, you are right.』 自動車会社フォード・モーターの創設者ヘンリー・フォードの言葉です。結果がどうであれ、自分のことを信じることが人生を生きるためには何よりも大切なのです。

人生の辛さに負けたくないときにおすすめの名言その5

『自分になにができるかを知るより、なにができないかを知ることのほうが重要よ』 アメリカ合衆国のコメディアン、ルシル・ボールの言葉です。 ルシル・ボールはのちにテレビ制作会社の社長になりました。自分が出来ないことばかりを気にして、人生が辛いと感じてしまっていませんか。しかし、自分が出来ないことを知ることは自分が大きく成長するためにとても重要なことなのです。

人生の辛いときこそ自分を信じて

いかがだったでしょうか。人生が辛いと感じているあなたにとって、何か変わるきっかけは見つかったでしょうか。辛い状況に立ち向かっても、逃げてもあなたの決断は間違っていません。どちらの道を選んでも、それぞれの人生があります。 大切なのは、選んだ道ではなく、自分自身を信じることです。どんなときでも自分を信じきることができれば、人生を切り開いていくことはできますよ。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事