2019年05月23日公開

2019年06月22日更新

人生に不安を感じたら?不安を感じる理由と解消法・不安への心構えを紹介

将来のことを考えると、自分の人生はこのままで大丈夫なのかなぁと漠然とした不安に襲われたことはありませんか?ここでは、なぜ人生に不安を感じるのか、どうすればその不安を解消するのか、人生の不安との付き合い方をお伝えしたいと思います。

人生に不安を感じるのは普通のこと

あなたは、ふと「自分の人生、このままでいいのだろうか」と不安になったことはありますか?就職や転職などで生活環境が変わってしまったり、恋人との関係がうまくいかず、この先の人生への不安に襲われてしまったりというのは、誰しも経験があると思います。 何かのきっかけで、子供のころに思い描いていたような人生ではなくなってしまったり、計画的に生きてきたはずなのに、歯車が狂いだして、こんな人生を送るはずではなかったのに...と不安や苦しみに押しつぶされそうになることってありますよね。

不安や絶望感からもう自分の人生なんてどうでもいいやと投げやりな気持ちになってしまうこともあるかと思います。でも、誰しも人生を不安に思うことはあります。長い人生ですから、全てが計画通り、思い通りの完璧な人生なんてなかなか手に入りません。 それでもやっぱり、不安な気持ちはなるべく解消したいと思いますよね。たった一度きりの人生なので、いつまでも不安に泣いているよりも、前向きに生きていきたいものです。

そこで、今回は前向きに人生を受け止められるようなヒントとして、人生が不安になる理由、人生の不安を解消する方法、人生の不安に対する心構えについて書いてみようと思います。少しでもあなたの人生の不安が軽くなってくれれば幸いです。

人生が不安だと感じる理由は?

そもそも人生への不安というのは、どういったときに感じる気持ちなのでしょうか。たとえば、「自分の人生このままで大丈夫なのかなぁ」と心配してしまう気持ちや、「人生うまくいかなかったらどうしよう」と選択を迷ったり、悩んだりするときに不安を感じますよね。 すべてに共通するのは、「先が見えない、結果が分からないから不安」ということで、当たり前のことですが、「人生を見通せているから、不安がない」という人はいませんよね。だから、どうにか人生の不安を解消しようと、占いに頼ってみたり、予言ができるという人を信じて振り回されてしまったりするのです。

では、人生への不安はどんな理由から沸き起こってしまうのか、代表的な5つの理由をご紹介したいと思います。自分が当てはまる不安になる理由があるかチェックしてみてください。

収入が低いから不安

当たり前のことですが、生きていくためにはお金が必要です。働ける間はいいですが、人生100年時代といわれている今、定年後の人生も長いです。 年金もきちんともらえる保証のないこの時代において、一体いくら貯金があれば人生安心なのだろうか?というのは、人生最大の不安でもありますし、○円あれば絶対に大丈夫という基準がないので、たとえ今の時点で収入が平均より高くても、不安になってしまうのは当然です。

人生は何が起こるかわからないから不安

将来、自分がどうなってしまうのかというのは、誰にもわかりません。たとえば、先が見えない真っ暗な道を歩け!と言われたら、誰だって不安になりますよね?地図があって、先を見通せる道ならたやすく歩くことができますし、なにも不安に思うことだってありません。 しかし、人生に地図はありませんし、後から振り返ってみたところで、何がベストだったかという正解もありません。将来のことは、誰にもはっきりとわからないので人生に不安になるのです。

人生の選択肢が増えると不安も増える

昔の人は、結婚して子供を産み、男性は外で働き、女性は家事と子育てをする、というのが当たり前の人生でした。選択する事がないので、人生に悩み、不安に思うことも今と比べて少なかったと思います。 しかし、今は多様性が認められて、人生の選択肢が増えました。女性がどんどん社会進出し、男性が育児休暇を取ることも可能です。

昔にはなかった人生がいくらでも選べるがゆえに、迷いが生じるのです。そして、「自分の人生、これで本当にいいのかな?」と不安になるのです。 それは、今の時代を生きる私たちの人生にとって、当然のことです。自由な人生を生きられるかわりに、不安も大きくなります。

子供をもつかどうか選べるからこそ迷う時代

子供をもつかどうかというのは、人生の大きなターニングポイントです。独身で子供をもたず、バリバリ働く人生や、結婚して夫婦二人で生活していく人生を選ぶ人は、どんどん増えています。 しかし、どんなに時代が進化しても、初産に適した年齢というのは変わらないので、選択する時間が迫ってきます。 今の自分の選択が、「この先の人生において本当に良かったと思えるのか」という答えの見えない悩みが生まれるため、不安な気持ちが生まれます。

不安は自分を守るための防御反応

人生への不安というのは、恐怖にも似ていますよね。心理学では、感情にはそれぞれ機能があると言われています。では、恐怖にはどんな機能があると思いますか?感情に機能があるというのは、普段あまり意識しないことだと思うので、想像するのは少し難しいかもしれません。 答えは、防衛という機能です。脅威を感じた時に、人は自分を守るために恐怖を感じるようにできています。つまり、人生という見えない脅威から自分を守ろうとして、不安な気持ちになるのです。

人生の不安を解消する方法5個

では、このような人生の不安はどうやって解消すればいいのでしょうか?ここでは心理学的に効果のある人生の不安の解消方法を5つ紹介します。 どれも簡単にできることばかりなので、できそうなことからひとつずつ試して、不安を解消してみてください。この先の人生を不安と付き合いながら、乗り越えていくヒントになれば嬉しいです。

不安より自分の人生の夢を話す

心理学では、自己成就的予言という効果があり、自分で「こうなる!」と決めてしまえば、その通りになりやすいというものです。つまり、自分の夢や目標は、口に出したり、紙に書いたりすると叶いやすくなるということです。 「もし、自分の人生を思い通りに過ごせなかったらどうしよう」と不安に思っているよりも、「自分の人生はこうなってほしいな」と思っていることを、どんどん発信していくと、自然と人生が夢に向かって動き出します。不安を口にしているよりも、ずっと楽しいですし、今すぐにでも実行できることです。

コミュニケーションスキルを身につけて不安をなくす

人生が不安に感じるとき、人間関係にまつわる悩みが原因であることって多いですよね。恋愛でも仕事でも普段の生活でも、人生において人とのコミュニケーションは必須です。 人はコミュニケーションをとる中で、第一印象をとても重要視します。心理学では、初頭効果とも言いますが、いつまでも最初の印象にひっぱられてその人を見てしまうのです。 逆手にとれば、最初だけでも頑張って笑顔で感じよくしていればいいのです。これなら簡単に実践できますし、人とのコミュニケーションへの不安もなくなります。

人生の不安を紙に書き出す

自分が今人生に対して何を不安に思っているのか、箇条書きでも、殴り書きでも、手を動かして紙に書くということも効果があります。そうすることで、不安からくるストレスを発散する事ができ、心を軽くすることができます。 また、人生という大きなテーマの中から、実はその中でもどんなことに対して不安があるのかということに気づくこともできます。漠然と「人生が不安だ」と嘆いているだけでは、いつまでたっても前に進むことができません。紙とペンさえあればどこでも実行できるので、自分の不安を見つめ直すために、ぜひチャレンジしてみてください。

不安な気持ちに共感できる音楽を聴く

不安で苦しい気持ちの時に、無理矢理明るい音楽を聴いて、元気を出すのは逆効果です。悲しい気持ちの時には、悲しい音楽を聴くことで、心が癒されます。 カウンセリングなどでも、悩んでいる人の不安な気持ちに寄りそうということは、とても重要なステップです。共感できる音楽を聴いてみると、不安なのは自分だけじゃないんだと思えるかもしれません。

もちろん音楽でなくても、信頼できる友人や恋人、家族など身近な人に、「人生のこんなことが不安で悩んでいる」と打ち明けられるのなら、それも一つの方法だと思います。 ただ、他人は自分の思い通りの反応をしてくれるとは限りません。考え方や感じ方は人それぞれなので、必ずしもあなたの人生の不安に共感してくれるとはいえませんよね? ところが音楽なら、自分の不安な気持ちに寄りそうものを自ら選択することができます。一人の時間をゆっくりリラックスして過ごすという意味でも、音楽の力を借りてみることをおすすめします。

旅行に出かけて不安を乗り越える体験をする

人が変われるのは、行動した時のみです。お家の中でもんもんと人生への不安な気持ちを持っていても何も解消できません。 旅行は、人生に似ているところがあります。知らない土地へ行くのは不安ですし、知らない人と触れ合うことで、予想外のことも起きます。 どんなに綿密にスケジュールを立てていても、意外と時間がなくなってしまったり、逆に時間が余ってしまったり、たまたま魅力的なイベントに遭遇できたりと、自分の想像を超えることが起こります。 不安な気持ちを抱えながらも、そういった事態に対応できるようになり、楽しめるようになれば、人生も同じようなものだと考えることができませんか?

もしも旅行が難しければ、近所を散歩するだけでも気分が変わります。歩くだけでも、目の前の景色が変わって、不安に押しつぶされそうな気持ちの気分転換にもなります。 そして、予想外の出来事に出合ったり、新しい発見をすることで、視野が広がり、意外な方向から、不安や悩みが解決する事もあります。まずは、だまされたと思って試してみてください。

人生に不安はつきもの。不安への心構え3個

人生は、長く先の見えないトンネルの中をたった一人で歩いていくことと同じようなものです。そんな人生に不安を感じるのは、生きていれば当然のことです。 最近では、SNSなどで簡単に他人の人生をのぞき見できますよね。SNSには、人生のキラキラした部分だけを切り取って載せているので、「私はこんなに不安で悩んだりしているのに、みんなはそうじゃないんだ」と、ますます不安になったり、孤独に陥るきっかけになってしまうこともあります。

でも、みんな隠しているだけで、同じように人生を不安に思い、悩んでいるものです。自分なりにうまく不安を解消しながら、みんななんとかやっているだけなのです。 では、どんな風に不安に対する心構えをしていれば、人生を楽しく過ごせるのでしょうか?ここでは、不安に対する3つの心構えを紹介しますので、参考にしてみてください。 きっと、心構えさえしっかりしていれば、不安に押しつぶされそうになっても、またしっかり前を向いて、立ち上がることができると思います。

等身大の自分を受け入れる

人生で不安を感じるのは、理想の自分と現実の自分とのギャップに苦しむことも、ひとつの理由です。まずは、現状の自分をありのまま受け入れることで、不安な気持ちが楽になります。その上で、理想に近づけるように、今できる小さなことから始めてみるのがいいと思います。

予想外の出来事を人生の醍醐味として楽しむ

性格的に、完璧主義であったり、計画通りに物事を進めたい人ほど、先が見えない人生への不安は大きいと思います。しかし、どれだけ予想を立てたとしても、その通りにはならないのが人生です。 その事実を受け入れて不安に怯えるのではなく、想定外の出来事に出会った時に、「おもしろくなってきた」と嘘でも言ってみると、本当におもしろく感じるものです。

不安になる思いこみをやめてみる

心理学の論理療法での考え方で、ABC理論というものがあります。簡単に説明すると、「悩みをもたらすのは、出来事そのものではなく、出来事をどう受け止めるのかという信念だ」という考えです。 つまり、信念を変えれば、どんな出来事が起こったとしても、悩まないということが可能なのです。そう構えていれば、きちんと解決できるんだという自信がついて、不安もなくなります。

人生は不安でいいもの

人生が不安になる理由、不安を解消する方法、不安への心構えについてご紹介しました。先の見えない将来に対して、心配になったり、不安に思う気持ちは誰しもが抱えているものです。しかし、心の持ちようでいくらでも不安を前向きに方向転換することは、誰だってできます。 たとえば、10年前に深刻に悩んでいたことは、もう解決しているか、すっかり忘れてしまったという人がほとんどではありませんか?失恋やリストラなどのショックな出来事でさえも、時間が経てば、やがていい経験だったと思えることがほとんどですよね。 今、この瞬間だけを考えていると、この先どうなってしまうのかと不安になってしまいます。どんなに小さな一歩でも、踏み出してみると、新しい道が開けると思います。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

PIANO28

PIANO28

独学で心理学検定1級を取得しました。また、ストレスケアや消費者の心理などのセミナーに参加し、趣味で心...

人気記事

新着記事