2019年11月20日公開

2019年11月20日更新

「人生は暇つぶし」とは?人生暇つぶしでも人が生きる5つの理由

「人生は暇つぶし」という言葉を聞いたことがありますか?この言葉を見て、あなたはどのようなことを思ったでしょうか。今回は、「人生は暇つぶし」という言葉の意味や由来をご紹介し、その考え方のメリット・デメリット、仕事観や、人が生きる理由について見ていきます。

「人生は暇つぶし」という名言を知っていますか?

あなたは、「人生は暇つぶし」という名言を知っていますか?マンガやドラマの台詞で時々出てきますし、聞いたことのある人は多いことでしょう。 あなたは「人生は暇つぶし」という言葉をどう感じますか?「人生が暇つぶしなら楽しまないと損」「いろいろと乗り越えなければいけないことがたくさんあるのに、『暇つぶし』とは思えない」など、いろいろな感じ方があるかもしれません。 ここではまず「人生は暇つぶし」という言葉の意味や由来を紹介します。さらに、人生で多くの時間を費やす「仕事」についての考え方や、「人生は暇つぶし」でも人が生きる理由など、様々な観点で「人生は暇つぶし」という言葉について考えます。

「人生は暇つぶし」の意味・由来

「人生は暇つぶし」という言葉は、今ではいろいろなところで使われていますが、一番最初にこの言葉を使ったのは、イラストレーターのみうらじゅんさんであると言われています。 『人生は死ぬまでの暇つぶし。人は生れ落ちた時、余生が始まる、その余生を有意義にするのがマイブームである』という言葉です。 みうらじゅんさんは、「生まれてから死ぬまでが余生である。(一般的な)余生を楽しむために、いまを生きるのではなく、いま生きている時間も余生なのだから、楽しさも苦しさも、すべて楽しんで味わおう」という、「グレート余生」という思想を生み出しました。

「人生は暇つぶし」という考えのメリット・デメリット

「人生は死ぬまでの暇つぶし」という考えを詳しく紹介しましたが、あなたはどう思ったでしょうか?この考えのメリット・デメリットはどこにあるでしょうか。大きく、メリット2点・デメリット1点、それぞれ見ていきます。

メリット1:人生の選択肢が自由になる

「人生は暇つぶし」という考え方で、自分の生き方が自由に選べるように感じる人は多いのではないでしょうか。「暇つぶし」という言葉の響きも、自由度が高い印象です。「人生は暇つぶし」は、どんな道でも、自分が充実した気持ちで生きられたら良いと考えることができます。

メリット2:失敗は悪いことではないと思える

「人生は暇つぶし」ということは、人は自分の好きなように生きればよいのだから、何かに失敗しても人生が終わるわけではない、と考えることができます。失敗を経るからこそ達成できることがあるはずであり、失敗や、失敗による他人の目を恐れる必要はないということです。

デメリット:上手くいかないことや後悔していることの言い訳になりやすい

「人生は暇つぶし」という考え方のデメリットは、「暇つぶし=本気でやっているわけではない」と、言い訳ができる逃げ道になりやすいことです。 上手くいかないことや、後悔していることに対して「まぁ、人生暇つぶしだから」と考えれば、気は楽になるかもしれません。しかし、人生の中で本当にやりたいことも、この考え方で言い訳してしまうと、何事にも本気で取り組めなくなってしまう恐れがあります。 本当にやりたいことなら、失敗してもあきらめずに打ち込む情熱も、人生には必要です。

「人生は暇つぶし」ならば、仕事も人生の暇つぶし?

「人生は死ぬまでの暇つぶし」という言葉の意味を見てきましたが、それならば、仕事も人生の暇つぶしと言えるのでしょうか?これについて、あなたはどう考えますか? 人生が暇つぶしなのであれば、いつも、自分にとって楽しくて有意義なことをしていたいものです。しかし、楽しくて有意義なことをし、日々の生活を送るためにはお金が必要になります。そのため、仕事をしてお金を稼ぐという行為は、生きていく上で必要なことであると言えます。

仕事は、楽しく有意義な人生を送るための手段です。何を自分の仕事とするかは、あくまでも自分次第です。「人生は暇つぶし」であれば、自分にとって楽しく有意義だと思える仕事を選べばよいのです。会社に行くことも、自宅で働くことも、起業も、自由に選べます。 世の中に仕事の種類はたくさんありますし、時代の流れに応じて、新しい仕事も生み出されます。自分が楽しいと思えるのであれば、どんな仕事を選んでも良いのです。「人生は暇つぶし」だとしたら、今の仕事が嫌ならば、自分にとって有意義な仕事を選びなおすことも自由です。 つまり仕事そのものも、数ある「暇つぶし」のうちの1つとして、自分の好きなように決められるということです。有意義と思えることを仕事にして、お金がもらえると考えれば、仕事は「人生の素晴らしい暇つぶし」と呼べるのではないでしょうか。

「仕事=暇つぶしとは思えない」と考える人は、「お金は苦労して初めて稼げるものである」や「仕事は大変なのが当たり前」というような、固定されたイメージを持ってはいませんか?その思い込みから、敢えて大変な仕事を選んでしまっているのかもしれません。 周りを見渡したら、心から楽しそうに仕事をしている人や、ゆったりと構えて仕事をし、お金を稼いでいる人がいませんか?それは、あなたとは別世界の人ではありません。同じように仕事を選んで、同じ地域で生きている人たちです。あなたも、楽しく有意義な仕事を選んでみませんか? 大変な仕事をがんばることを人生の目的にするのも、もちろん自由です。例えば身の周りの環境などの事情で大変な仕事をしていても、「自分でその仕事を選んでいる」と思えたら、それはあなたにとって有意義な「人生の暇つぶし」であると言えるのではないでしょうか。

「人生は暇つぶし」だとしても人が生きる理由5個

「人生は死ぬまでの暇つぶし」であるなら、すぐに人生を終わらせてもいいのではないかと考えることもできます。しかし、自ら死を選ぶ人はごくわずかです。ほとんどの人は、大変な苦労や困難の中にいても、生きることを選んでいます。 それはなぜでしょうか?「人生は暇つぶし」でも、人が生きる理由は何なのか、考えてみましょう。

(1)楽しい気持ちを味わったことがあるから

「人生暇つぶし」だとしても人が生きる理由は、過去に楽しい気持ちを味わったことがあるからです。最近楽しいことが無いという人でも、今までに何度かは、楽しくて笑った記憶があることでしょう。 これからも楽しい気持ちを味わいたいから、毎日健康に過ごしていたい。そのため、人生が暇つぶしだとしても人は生き続けるのだと言えます。

(2)好きなものがあるから

「人生は暇つぶし」だと気づいていても、趣味や娯楽など、好きなことがある人は、生きる理由などにあまり悩むことなく、日常生活を送っています。好きなことに打ち込んでいれば、目の前の楽しいことを追いかけて生きていけます。 本当に好きなことなら、「私の好きなこととは何か」と考える暇もなく、見たりやりたくなってしまいます。それほどに大好きなことがあれば、「人生は暇つぶし」でも楽しく生きていけることでしょう。

(3)好きな人たちがいるから

たとえ好きなことが思い当たらないとしても、好きな人は誰にでもいるのではないでしょうか?家族や親せきだけではなく、職場や学生時代の先輩や友人、本や音楽の作者など、誰かしら好きな人はいることでしょう。 一緒にいると楽しい気持ちになれたり、憧れや尊敬の気持ちを抱く人がいれば、生きることに希望を持つこともできます。「人生は暇つぶし」という言葉からは、生きる意味は無いようにも感じますが、好きな人や作品に触れる時間を楽しめたら、それも生きる上での楽しみになります。

(4)追求したいことがあるから

あなたには、一生をかけて勉強したいことや、専門分野ではなくても気になっているものはありませんか?そのようなライフワークを追求したり、知りたいことを調べることが、「暇つぶし」と言われる人生を生きたいと思える理由になると言えます。 人それぞれ、興味のあることは異なります。それぞれが、自分の得意な分野を追求し、お互いに勉強しあうことも、暇つぶしの人生を生きる上での楽しみになるでしょう。

(5)幸せな人生を送りたいから

一般的に「人は生きているだけで奇跡、幸せである」という考え方があります。しかし、中にはその言葉がなかなか実感できない人もいるかもしれません。しかし、今は実感できなくても、今後「幸せ」と実感できるように生きたいと考える人は多いでしょう。 「人生は死ぬまでの暇つぶし」であれば、なおさら、幸せをよりたくさん求めて生きたいものです。何を「幸せ」とするかは人それぞれ違いますが、自分が長い間幸せで居られる人生を求めて、人々は生きているのではないでしょうか。

人生は暇つぶしだから人生の意味は自分で作っていく

人生を生きる意味が見つかりませんと思うことはありませんか? 人生は死ぬまでの暇つぶしだからその意味づけは自分自身でするものだと考えれば気が楽になることもあるでしょう。人生の意味は「探す」ものではなく「自分で意味づけする」ものだと考えるということです。 人生の意味を探そうとしても、そこには正解がないので探し続けて苦しんでしまうという人もいるでしょう。自分で人生を意味づけしていくという心持ちはその苦しみから解放される手助けとなるでしょう。

自分だけの人生、好きなように暇つぶしをしよう

「人生は暇つぶし」という言葉について考えてきました。人それぞれ、様々な人生を過ごしています。人生に、正しい・間違いという概念はありません。「人生は暇つぶし」という考え方においては、犯罪を犯さない限りどう生きようと自由です。 「人生は暇つぶし」という言葉を前向きに捉えて、自分の好きなように「暇つぶし」の方法を選びましょう。そして、苦しさもスパイスとして味わい、楽しく充実した人生が過ごせるよう、情熱をもって「暇つぶし」をしていきましょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

SatokoH

SatokoH

学生時代に社会心理学を専攻していました。対人関係の心理学や、人生をより楽しく過ごすことなどのテーマに...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事