2019年11月10日公開

2019年11月10日更新

ちやほやされる女性の特徴!ちやほやされるためのポイントとは?

ちやほやされる女性とはどんな女性のことを指すのでしょうか?女性なら一度はちやほやされたいと思うことも多いですよね。ここではちやほやされる女性の特徴やそのポイントを徹底解説します。一方ちやほやされることによるデメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ちやほやされている人、周りにいませんか?

自分の周りに、ちやほやされされている人はいませんか。ちやほやされていいる人に対して、羨ましいと思う人もいるかもしれませんが、嫌な気持ちになる人も少なくないですよね。 今回は、そんなちやほやされる女性の特徴を始め、ちやほやされたい女性の心理やちやほやされるからこその苦労についても徹底解説します。

ちやほやの意味・語源は?

私たちは普段何気なしにちやほやという言葉を使っていますが、ちやほやという言葉の正しい意味や語源は一体なんなのでしょうか。まずはちや子やの意味ですが、辞書的な意味では「相手を甘やかす様子や、機嫌を取るさま、大切に扱う様子」などがあります。 しかし、現代の「ちやほや」というと、あまり良いイメージの言葉ではありませんよね。しかし、語源を探ってみると、今とは全然違う意味でちやほやが用いられてきたことがわかります。 ちやほやという言葉は平安時代からありました。この当時のちやほやという言葉は「蝶よ花よ」という言葉が略されたものでした。「蝶よ花よ」という言葉は今でも大切に育てられてきたさまのことを表すときに使いますよね。 今では主に異性からもてはやされることをちやほやと呼ぶ傾向がありますが、元々はこのような意味があったのです。

ちやほやされる女性の特徴は?

ちやほやの意味や語源について解説していきましたが、それでは、ちやほやされる女性にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、ちやほやされる女性の特徴をいくつかに分けて紹介します。

1.容姿が綺麗・かわいい

ちやほやされる女性の特徴の1つめは容姿が綺麗、または可愛いという点です。容姿が綺麗な人や可愛い人はそれだけで人目を引きますよね。こればかりは生まれ持ったものか、頑張って自分でお金をかけたり、工夫しなければ、人目をひくような容姿になれません。 しかし、ちやほやされるのに容姿はとても大きな部分を占めますが、容姿が良いからといって性格が悪いと周りが思うような人はちやほやされることはありません。自分の容姿が良いからといって驕ったような態度や人を見下したような態度をすることは厳禁です。 つまり、容姿はちやほやされる女性の大きな特徴ではありますが、それが全てではないということです。

2.天然な性格

ちやほやされる女性の特徴の2つめは天然な性格であるということです。性格が天然な人はどこか親しみやすい部分がありますよね。ちやほやされる女性の多くは親しみやすさを持っています。 特に天然な性格の人はどことなくほおって置けないような部分があったり、おっちょこちょいな部分がありますよね。そういうところを男性は見ていて、その女性をフォローしてあげようと思ったり、大切にしようと考えたりします。 継続したフォローやその女性を目を配ることは結果的にその女性をちやほやしていることにつながります。

3.性格に裏表がない

ちやほやされる女性の特徴の3つめは性格に裏表がないということです。いくら容姿端麗でも性格に裏表があるような人は異性からだけではなく同性の人からも警戒されますよね。 さらに、本心を隠して笑っていたりするような人も、自分では周りに気づかれていないと思っていても意外に気づかれているものです。このような女性もちやほやされることはあありません。 ちやほやされる女性は、とても素直です。自分の感じたように反応し、本心から感じた言葉を言うのです。そのような心というものは必ず相手に伝わります。だからこそ、男性はそのような性格に裏表がない女性をちやほやしたいと思うのです。

4.甘えるのが上手

ちやほやされる女性の特徴の4つめは甘えるのがとてもうまいということです。甘えるのは意外と難しかったりしますよね。そもそもどんな時に甘えていいのかわからなかったり、どこまで相手に甘えていいかというラインは非常に曖昧です。 甘えすぎてはただの甘えている人だと思われてしまって同性からも異性からも嫌われてしまいます。しかし、ちやほやされるような女性はそのラインを心得ていて、決して相手が不快になるようなラインまで甘えたりすることはありません。

5.性格が明るい

ちやほやされる女性の特徴の5つめは明るい性格の持ち主であるということです。明るい性格の人はちやほやされるだけでなくたくさんの人から好かれますよね。性格が明るい人と一緒にいると、辛いことがあっても明るい気分になったり元気が出てきたりしますよね。 性格が明るい女性は周りにとって一緒にいて楽しい、元気が出る存在です。だからこそ、男性はそんな女性のことをついちやほやしてしまいます。

ちやほやされたい女性の心理とは?

ちやほやされる女性の特徴について紹介しました。しかし、それとは別にちやほやされたいと思う人も一定数いますよね。では、ちやほやされたいと考えている人はどのような理由でちやほやされたいと考えているのでしょうか。 ここではちやほやされたい女性の心理をいくつかに分けて徹底解説します。

1.人から褒められたい

ちやほやされたい女性の心理の1つめは人から褒められたいと考えているということです。ちやほやされている女性は何かと人に褒められたりすることが多いですよね。そのようなちやほやされている女性の姿を見て、自分も同じように褒められたいという心理になります。 そしてどうしてその女性が褒められるのかを考えた時にちやほやされているからだと感じ、自分もちやほやされたいというう心理になるのです。褒められたい心理は心理学的には自己承認欲求の一つに分類されます。 自己承認欲求は誰もが持っている欲求なので決して悪いわけではありません。人から褒められたい、というのは誰しもが心の中で必ず持っているものなので、人から褒められたいからちやほやされたいというのは決して悪いことでも、隠す必要のあることでもないので自信を持ってくださいね。

2.自分の思い通りに進んでほしい

ちやほやされたい女性の心理の2つめは自分の思い通りに物事が進んでほしいという欲求です。普通、男性、女性に関わらず物事が自分の思い通りに全て通るということはあり得ないということを知っていますよね。 だからこそ、自分の思い通りに物事を進めたいと思ったら周りと交渉し、時には説得したりと努力を必要とします。しかし、自分の思い通りに物事が進んでほしいからという理由でちやほやされたいという心理の人は、誰かと交渉したり、説得したりすることを嫌う傾向があります。 むしろ、自分の思い通りに物事が進まなかった時にどうして自分のいうことを聞いてくれないのかと感情的になってしまったりするケースもあります。たとえちやほやされる女性になれたとしても、自分の思い通りに物事が進むかとなれば、決してそうではありません。 むしろ、周りからちやほやされるからといって、自分自身の分を超えたような行いをしてしまった場合は、周りからはもう二度とちやほやされなくなりますよ。

3.失敗しても許されたい

ちやほやされたい女性の心理の3つめは、失敗しても許されたいという考えです。失敗の大きさにもよりますが男性、女性問わず失敗したことは心を込めて謝罪するのが一番最初にするべきことですよね。 もし、ちやほやされている女性は失敗しても謝らなくて良いと思っているのであればその考えはまず改めるべきでしょう。ちやほやされている女性は一見何事もすぐに許してもらえていると思うかもしれません。

しかし、実際ちやほやされているような女性は失敗したらきちんと謝ります。さらに日頃の行いも良いからちやほやされているのであって、失敗も丁寧に謝れば許してもらえる確率が高いのです。 ちやほやされているから許されているという訳ではないというのをきちんと理解する必要があります。ちやほやされている女性は苦労をしていないように感じるかもしれませんが、苦労せずにちやほやされるという人は稀です。 ちやほやされている人の大部分はそれ相応の努力をしているということを忘れないようにしましょう。

4.周りよりも優越感を感じたい

ちやほやされたい女性の心理の4つめは、周りよりも優越感を感じたいということです。確かに、ちやほやされている女性は他の人から見ると優越感があるのだろうなと受け取る人もいるでしょう。 しかし、実際は周の人達からの評価があるからちやほやされているのであって、そう簡単にちやほやされる訳ではありません。周りよりも優越感を感じたいと考えているからちやほやされたいと思っている人は、ちやほやされるような努力をする覚悟はありますか? ちやほやされる女性は、容姿の他にも性格の良さが大切です。小さなことにも日々感謝できるからこそちやほやされるのです。周りよりも優越感を感じたいというのは、実際ちやほやされたらそのような感謝の心を持ち続けることができるでしょうか。 ちやほやされていて周りよりも優越していると思うのは第三者の側だけであって、実際はそのように甘いものではありません。

ちやほやされるためのポイント!

ちやほやされる心理のところで、ちやほやされるには一見とても簡単なことのように感じるかもしれないけれどそれ相応の努力が必要だと述べました。では、実際にちやほやされるにはどのような努力が必要なのでしょうか。 ここではちやほやされるためのポイントをいくつかに分けて解説します。

1.悪口を言わない

ちやほやされるためのポイントの1つめは他人の悪口を言わないことです。悪口は信頼できる誰かに言っていたとしても広まってしまう可能性や、周りにいた人に偶然聞こえている可能性がありますよね。 悪口を言う女性を男性はちやほやしたいと考えるでしょうか。日々生活している中でどうしても「苦手だな」と思ったり、「この人はちょっと無理だな」と思うことは出てきます。その時に、それを悪口にするのか、こういう人がいるのかと考えるのでは大きな差が出てきます。 可能ならば悪口を言う前にその人とは距離を取れば良いでしょう。もしそれが不可能な場合は、職場の同僚や上司に相談という形で「この人のこういうところが困っている」というのを具体的に伝えるようにしましょう。友達の場合でも同じです。 その「苦手だな」という感情を悪口に変えてしまっては、ちやほやされることはあまりないということをしっかり覚えておきましょう。

2.人を大切にする

ちやほやされるためのポイントの2つめは人を大切にするということです。人を大切にできない人はちやほやされることなないと言い切っていいくらい、人を大切にすることはちやほやされる以前に人として大切なことです。 人を大切にするとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。例えば、何かしてもらったら小さなことでもお礼を欠かさずに言ったりすることがまず挙げられます。お礼をきちんと言える人はとても素敵ですよね。 さらに自分よりも年下だったり、何かができなかったりするような相手でもその相手を見下したりせずに対等な関係で接したりすることです。 自分より立場が弱い人に対して多くの人はぞんざいに扱ったりしてしまったりするものですが、そこで丁寧に心を込めた対応をすることで、周りからの評価も必然的に上がります。

3.服装・化粧は小綺麗に

ちやほやされるためのポイントの3つめは人前に出る時の服装や化粧は常に小綺麗に保つことです。職場や学校に行く際は、化粧や服装を華美にする必要はないですよね。しかし、パーティーなどになっていくと、その場にふさわしい格好をしなければなりません。 ちやほやされたいからといって職場などに実用性のない服装や靴を選んでしまったりすると空気が読めない人、場が読めない人だと周りから思われてしまいます。だからこそ、普段はかジュルにする方が無難です。 時、場所、場合に応じた服装や化粧をすることもちやほやされるための大切なポイントであることを忘れないようにしましょう。

4.できるだけ明るく接する

ちやほやされるためのポイントの4つめは、出来るだけ明るく相手に接することです。明るく接する人と暗く接する人のどちらがちやほやされやすいかを考えると、もちろん前者ですよね。 しかし、明るくしなければいけないとはいいながらも、しんどい時に無理して明るく振舞ったりする必要はありません。自分が普段通りの調子の時は出来るだけにこやかに穏やかに周りに接することを心がけましょう。 では明るく接するとはどのようなことをすれば良いのでしょうか。例えば、自分から積極的にみんなに挨拶をしたり、何か話しかける時に絵が青を心がけるなどが挙げられます。この時に注意するべきポイントは、男性、女性に関わらず平等に接するようにしましょう。 ハイテンションにならないように気をつけるのも、一つポイントになるので気をつけるようにしましょう。

5.媚を売らない

ちやほやされるためのポイントの5つめは媚を売らないということです。媚を売ったらちやほやされるのではないかと考える人は一定数いますがこれは大きな間違いです。 本当にちやほやされたいなら、媚びを売るのではなく、相手が気が利くと思うような細かい言動の方が大切です。さらに今男女平等と言われて職場での女性の地位も高まっています。 この現状から考えても媚を売るのは時代に逆行している人だと判断される可能性もあります。

ちやほやされていいことばかりじゃない?ちやほやされるデメリット

ちやほやされる女性の特徴やちやほやされる女性になるためのポイントについて紹介してきましたが、ちやほやされる女性は周りから見たら羨ましく感じるかもしれませんが、実はそうではないことも多いのです。 ここではちやほやされる事によるデメリットについていくつかに分けて紹介します。

1.同性に媚を売っていると思われる

ちやほやされるデメリットの1つめは同性に媚を売っていると思われるという点です。実際はそんなことはないのに、そのように思われてしまってとても不快に感じている女性は多いです。 ちやほやされるには上記で紹介したように容姿だけではなく相応の努力が必要になってきます。むしろ今の時代、媚を売ってもちやほやされることは少ないです。そこを全く考えずに、媚を売っていると思われたり、言われたりするとちやほやされている女性としてはとてもショックです。

2.同性に嫉妬される

ちやほやされるデメリットの2つめは、同性に嫉妬されるという点です。異性から人気があってちやほやされているとそれを快く思わないような同性の人もやはりどうしても一定数います。 そのような人たちはちやほやされていること自体を快く思わないですし、さらに自分のことをちやほやしてくれる人の中に意中の人がいる場合などは嫉妬が過激になったりすることがあります。 同性に嫉妬されると仕事がやりにくくなってしまったり、邪魔が入ってしまったり、余計なことを言われたりと同性の嫉妬による被害は侮れません。ちやほやされる女性はこのような同性からの嫉妬とも戦わなくてはなりません。

3.成功しても実力じゃないと思われる

ちやほやされるデメリットの3つめは、仕事のプロジェクトで成功したり、職場の上司に高い評価をもらったり、昇進したりした場合、それは実力じゃなくてちやほやされているからだと言われるという点です。 ちやほやされている女性は上記で十分に説明したように相応の努力をしています。それにも関わらず心無い人は「その成功は実力じゃなくてちやほやされているからだ」というようなことを言ってくる場合があります。 さらに、「周りが甘いから君が成功したかのように見せかけている」などということを言ってくる場合も多いです。本当は自分の実力なのにも関わらずそのようなことを言ってくるのはちやほやされる女性は我慢ならないことです。 しかし、そこで逆上してしまっては相手の思う壺になるのでグッと控えている、我慢しているというケースもあります。

4.同性に悪口を言われる

ちやほやされるデメリットの4つめは同性に悪口を言われるという点です。嫉妬の末の悪口なのか、単に誰かの悪口を言いたいだけの人なのか、悪口を言う人はどちらかに大きく分類できますが、そのどちらにも悪口を言われるようなことが起こり得ます。 悪口を言われていい気分になる人もいませんよね。自分の知らないところでコソコソと自分の悪口を言われたり、堂々と悪口を言われたり、悪口の言われ方は様々ですが、このようにづ性に悪口を言われているような状態だと余計に同性と関われなくなります。 その結果男性に悪口を言われていることを相談すると、それが余計に攻撃の対象になってしまったりもします。このような悪意ある同性の行動で心の病気になってしまって休職するという人も少なくはありません。 同性からの悪意ある悪口は、その人の将来まで変えてしまうものになる可能性があることを忘れてはいけません。

なりたい自分になろう

ちやほやされる女性について紹介していきましたが、ちやほやされることはそう簡単なことでありません。容姿だけで決まるものではなく、性格面もとても重要です。さらに、ちやほやされることで心無い言葉をかけられたりということも実際に多いです。 だからこそ、なりたい自分になることを大切に、これからをいきてくださいね。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

橘 梨花

橘 梨花

心理学、哲学などの勉強を通し、人の心についてて日々思考を重ねています。...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事