2019年05月20日公開

2019年06月30日更新

気にしいな性格を直したい!今できる5個の改善方法!

気にしいな性格とはどのような性格でしょうか。気にしいな性格がどのような性格かについて、そのメリットとデメリットを踏まえながら詳しく解説します。さらに、気にしいな性格を直すために今できる改善方法をいくつかに分けて紹介します。

気にしいな性格をなおしたい!そんなあなたへ

気にしいな性格で悩んでいる人は大勢いますよね。気にしいな性格のせいでそこまで気を使う必要はないのにどうしても気を使ってしまったりして疲れてしまった経験は誰もがあるでしょう。 今回は気にしいな性格になる原因や、気にしいな性格のメリットやデメリット、改善方法をわかりやすく紹介します。

気にしいの意味とは

気にしいと言う言葉を聞きなれている人もいればそうではないという人もいるでしょう。というのも、気にしいとはそもそも関西弁で、関西地方で使われている方言です。 最近では関東圏でも徐々に使われるようになってきており、方言の域を出ようとしています。それでは気にしいにはどう言う意味の言葉なのでしょうか?気にしいとは「何かにつけ気にしすぎてしまう人」や「神経質な人」の意味があります。

気にしいな性格になる原因は?

気にしいとは関西弁で、何かと気をつけすぎてしまうと言う意味があると紹介しました。それではきにしいな性格になるのにはどのような原因があるのでしょうか。ここではきにしいになる原因をいくつかに分けて紹介します。

1.心がとても繊細

気にしいな性格になる原因の1つめは、心がとても繊細であるということです。心が繊細な人は色々なところに気がつきますよね。 色々なところに気がつくということは良くも悪くも色々なことに否応無く気づいてしまって気になってしまうことにつながります。その結果、気にしいな性格になってしまうのです。 さらに、心が繊細な人は人より敏感に色々なことを感じ取ります。その結果、誰かの感情に繊細に反応してしまったりして神経質になり、気にしいな性格になってしまうということもあります。

2.すぐに後悔してしまう

気にしいな性格になる原因の2つめは、すぐに後悔してしまうということです。すぐに後から「こうしておけばよかった」と思ってしまうので、今起こっていることが、後悔につながらないか気がきではなくなってしまいます。 後悔につながることがないように目を光らせていると、全てのことに神経質になったり気にしすぎてしまうようになってしまいます。そしてまた後悔したりすることがあるとどんどん負のスパイラルにはまってしまっていくケースもあります。 その結果、気にしいになってしまうのです。

3.とても真面目な性格

気にしいな性格になる原因の3つめは、とても真面目な性格であるということです。真面目と言われると色々なイメージがありますが、真面目な性格の人は何をやるしてもきちっと最後までやろうとしますよね。 とても容量の良い人は、何をやるにしてもきちっと最後まで完璧にうまくできることがありますが、全員が容量が良いわけではありません。最後まで真面目に取り組む人はやはり愚直であったりする人が多いです。 真面目に何事にも手を抜かずに頑張り続けてしまうと常に心は気を張った状態でいなければなりません。周りに対して気を張っているということは常に神経質になっていたりしなければなりませんよね。真面目な人はそうしているうちに気にしいになってしまうのです。

4.責任感が強い

気にしいな性格になる原因の4つめは、責任感が強いということです。責任感が強い人が気にしいになるってどういうことなんだろうと思うかもしれませんが、責任感が強いというのも十分気にしいの原因になるのです。 というのも、責任感がある人は真面目な人と同じようにきちっと自分の仕事を全うしようとしますよね。自分の仕事をきちっと完璧にしようとするとたくさんのことに気を配らなければなりません。 たくさんのことに気を配るというのはとても神経質な作業です。このようなことをずっと続けていると結果的に気にしいな性格になってしまいます。

5.心配性である

気にしいな性格になる原因の5つめは、心配性であるという点です。心配性とすぐに後悔してしまうということはとても似ている言葉ではありますが、ここでは心配性とは未来の出来事に対して「ああなってしまわないか」とか「こうなってしまわないか」と心配していることを指します。 心配性な人はいつも何かしらの心配をしていることが多いです。いつも何かしらの心配をしているのは気にしいの大きな特徴でもあります。心配性な人はこのような経緯で気にしいになってしまうのです。

6.周りの人の評価に振り回されている

気にしいな性格になる原因の6つめは、周りの人の評価に振り回されているという点です。人は自分の信念のもとに突き進めたら良いですがいついかなる時もそれができるとは限りませんよね。 中でも、いつも周りの評価に振り回されてしまっている人がいます。周りの評価を機にするということは周りのことに常に神経を尖らせていなければなりません。これはとても心を神経質にさせる他、疲れてしまったりする原因にもなります。 そうして周りの評価に振り回されている人は気にしいになってしまうのです。

7.自己評価がとても低い

気にしいな性格になる原因の7つめは、自己評価がとても低いという点です。自己評価が高い人は自分に自信を持って日々生活することができますが、自己評価がとても低い人はいつも周りに怯えながら生活しているというケースが多いです。 ビクビクしたり周りの人に怯えながら生活するのはとても大変ですし、神経質になったり、周りから見たら気にしすぎだと思われるようなくらいに周りを気にするような生活位なってしまいます。 そのような生活を続けていくうちに周りのことがとても気になって神経質になり、気にしいな性格になってしまいます。

8.完璧主義

気にしいな性格になる原因の8つめは、完璧主義というところです。完璧主義な人はどこか一つでも欠けていたらとても不快な思いになったりしますよね。そのためどこかに欠陥がないか、間違っているところはないかととても神経質になったりしてしまいます。 その結果、気にしいになってしまうという例は少なくありません。

気にしいな人のメリットとデメリットは?

気にしいな性格が悪いことかといえば、決してそうではありません。とはいえ、全ての物事に一長一短があるように、気にしいな性格にもメリットとデメリットがあります。ここでは、そんな気にしいな人のメリットとデメリットについて具体的にわかりやすく紹介します。 今現在、気にしいな性格で悩んでいる人は、これを参考に、ぜひ自分の気にしいな性格の見方を変えてみてくださいね。

気にしいな人のメリット

気にしいな性格にも一長一短があると紹介しましたが、では気にしいな人のメリットとはいったいどのようなものでしょうか。ここでは具体的に気にしいな人のメリットを分かりやすくいくつかに分けて紹介します。

1.細かいところまで気が配れる

気にしいな人のメリットの1つめは、細かいところまで気が配れるということです。細かいところまで気を配れるということは人が気づかないようなことに気付けたり、困っている人や落ち込んでいる人に即座に対応できたりします。 細かいところまで気を配ることができる人はどの場面でもどんな人にもとても重宝されますし、貴重な存在ですよね。気にしいな人はその性格からとても細かいところに気づくことができます。これは気が付いていないだけで非常に大きな利点なのです。

2.場の空気が読める

気にしいな人のメリットの2つめは、場の空気が読めるということです。場の空気が読めるか読めないかは社会人になった時に特に大事な部分になってきますよね。 場の空気が読めることのメリットはあまりよくわからないと思う人もいるかもしれませんが、場の空気が読めない人について困ったりすることはありますよね。場の空気が読める人はそのような場の空気が読めない人と真逆な性格だと考えてください。 場の空気が読めるということは周りからとても重宝されるだけではありません。社会人になった時にその場の人が何を考えているのかということを読んで発言したり行動ができるだけで、余計な巻き添えをくらわなくて済むようになりますよね。 さらに、大人になると人間関係が複雑になっていくものです。会社ではない場所でも、場の空気が読めると自分の保身にもつながります。

3.アイデアをたくさん持っている

気にしいな人のメリットの3つめは、アイデアをたくさん持っているという点です。気にしいな人のメリットの1つめに、気にしいな人は細かいところまで気を配ることができると紹介しました。 細かいところに気を配れるということは「こうだったらいいのにな」という点や「こうしたら便利なのに」と気づけるということです。そういうところに気づけるということは、何かアイデアを出さないといけないとなった時のタネをいっぱい持っているという徒になりますよね。 そのため、アイデアをたくさん出さなければならないという時に、気にしいな人の強みが活かされます。

気にしいな人のデメリット

気にしいな性格にも一長一短があると紹介しましたが、では気にしいな人のデメリットとはいったいどのようなものでしょうか。ここでは具体的に気にしいな人のデメリットを分かりやすくいくつかに分けて紹介します。

1.マイナス思考をしてしまう

気にしいな人のデメリットの1つめは、マイナス思考をしてしまうという点です。マイナス思考とはプラス思考の逆としてよく使われている言葉ですね。マイナス思考は、どんどんよくない方向に物事を考えてしまうことを言います。 気にしいな人のデメリットとしてマイナス思考が挙げられるのは、気にしいな性格になってしまう原因として不安や心配性というのがあるからです。常に不安で心配で周りを気にしているとどうしてもマイナス思考に陥ってしまいます。 マイナス思考の人は、一度マイナスな思考に陥ってしまうとズルズルとマイナスに考えてしまう傾向があります。そのため、内気になってしまったり、ふさぎ込んでしまったりすることがあります。

2.生真面目すぎる

気にしいな人のデメリットの2つめは、生真面目すぎるという点です。生真面目な人は真面目すぎで冗談が通じなかったりすることがありますよね。また、生真面目すぎる人は工夫して物事を簡単にするということはせずに、ただただまっすぐ物事をこなしてしまったりします。 このような生真面目な性格は、周りからは付き合いにくい人と思われたり、真面目すぎるという評価を受ける場合があります。気にしいな性格で自分が生真面目だと思う人は、日々の生活の中で自分ができるような工夫をきちんとやってみることをおすすめします。 さらに、上記でも触れたように生真面目な人は冗談が通じなかったりするなど面白みがないと思われてしまう場合があります。面白みがないということは決して悪いことではありませんし、相手にいつもあわせないといけないというわけではありません。 しかし、相手の言葉にいつも反応するのではなく「これは冗談なんだ」と理解できるような力は身につけておきましょう。

3.人よりもすぐに疲れてしまう

気にしいな人のデメリットの3つめは、人よりもすぐに疲れてしまうということです。気にしいな人と疲れやすいことはあ一見無関係に感じられますが、気疲れという言葉があるように、心が原因で身体的にもとても疲れてしまうケースうがありますよね。 気にしいな人はすぐに気疲れをしてしまいます。日々不安で気にしいになっていたり、心配で気にしいになっていたり、職場で日々周りに気を遣っていなければならないということは気疲れの大きな原因になってしまいます。 そのため、そんなに体を動かしていなかった場合でもとても疲れてしまったり、すごく疲労感があって体が重いということにつながります。さらに、気疲れをしすぎてしまうと心の病気にかかってしまう可能性もあります。 気にしいな人は気疲れを出来るだけしないようにする必要もあるといえるでしょう。

気にしいな性格の改善方法は?

気にしいな人のメリットやデメリットについて上記で紹介しました。気にしいな人はメリットも多いですが、デメリットも多く、重いものが多いです。ここでは、そんな気にしいな性格のデメリットを回避するためにも、気にしいな性格の改善方法を紹介します。 気にしいな性格をなんとかしたいと日々考えている人はぜひ参考にしてみてくだいさいね。

1.ゆっくりと休息する

気にしいな性格の改善方法の1つめはゆっくりと休息するということです。休息することと気にしいになってしまうことは関係がないように感じる人も多いかもしれませんが、マイナス思考になってしまうような感情の多くは休息が十分に取れていないからというのも要因の一つに挙げられます。 休息をすると言っても、なかなか取れないという人もいるかもしれません。しかし、気にしいな思考と向き合い、気にしいな思考をやめるための方法としては、心に余裕を持つことが一番重要です。 心に余裕を持つためには余裕のあるスケジュールが必要です。忙しいという人はスケジュールそのものを見直してみることをおすすめします。その中に休息も必ず盛り込みましょう。

2.気にしいにらない時間を決める

気にしいな性格の改善方法の2つめは、気にしいにらない時間を1日の中で決めるというものです。気にしないことを気にしないというように上記で紹介しましたが、気にしいなことを気にしないと考えるのが苦手な人や難しいと感じる人は、ぜひこちらの方を試してみてください。 気にしいな人は一日中何かしら気にしている傾向があります。それはどんなに小さなことであっても気にしているので、気疲れを起こしてしまって疲労がたまるということがあります。だからこそ、その一日中気にしているという時間にアプローチしてみるのがこの方法です。 気にしいになって良い時間を決めるにあたって、具体的に考えてみましょう。まず一日24時間のうち、6時間の睡眠があるとすると、気にしいな人は1日18時間も何かしらに気を遣っていることになります。18時間も気を遣っていると疲れてしまったりするのは誰にでもわかることですよね。

この18時間を出来るだけ短くしてみようという考え方のもと、1日18時間考えているところを、まずは1時間短くしてみるところから始めましょう。お昼間の休憩できるようなリラックスできるような時間帯にやってみることが重要です。 お昼間のゆっくりできるような時間帯は、他の時間帯と比べて気にしなくていいものが多いですよね。とはいえ、お昼までなくてはならないという理由はありません。自分が一番気にしいにならなくて良いような時間帯を選んでみましょう。 まず1時間それができるようになったら、2時間、3時間と増やしていくことを心がけましょう。

3.気にしいの思考を停止する

気にしいな性格の改善方法の3つめは、思考そのものを停止してしまうというものです。気にしいな人はいちどきになることがあると無限ループのように考えてしまう傾向があります。 思考を停止するとは、気にしいな思考をしそうになっているな、気にしているなと気づいた時にその場でもう何も考えないようにするということです。つまり、気にしいになるようなことを考えるのをやめるということ以外にも、他の全ての思考を止めてしまうということです。 この方法を取ることで気にしいの人の負のループを避けることができるようになります。他にも、思考そのものを止めるので、マイナスなことをズルズルと考えないで済むようになります。 具体的な方法としては1分間ほど目を瞑って黙想するようなことを心がけてみてください。イメージを掴みにくい人は坐禅のようなものだと思ってみると良いでしょう。

4.気にしいにならなくて良い環境を作る

気にしいな性格の改善方法の4つめは、気にしいにならなくて良いような環境を作るということです。職場や公共の場など他人が多く関与している場所で、気にしいにならなくて良いような環境を作るのはとても難しいです。 ですので、そのような多くの人が関与する場の環境を帰るのではなく自宅など、少ない人数しか関与しないような場所で気にし位にならなくて良い環境を作るようにしましょう。 気にしいになってしまうには何かそれなりの原因があります。不安だったり、心配だったり、その気持ちになってしまうのにも何か出来事があるからこそそのようになるのです。ですのでその出来事そのものをできる限り遠ざけてみたり、気にしなくて良いような環境を作ってみることが大切です。 一人でやってみることはとても難しいので、できる限り家族など一緒に住んでいる人に協力を仰いでみましょう。気にしいにならなくて良い環境は、気にしいにならないために非常に大切です。誰かに協力を求める時はできるだけ具体的に相手に内容を伝えるようにしましょう。

5.思考のスイッチを変える

気にしいな性格の改善方法の5つめは、思考のスイッチそのものを変えるということです。気にしいな自分だけではなく、明るい気にしない自分像を具体的に作ってみましょう。その具体的な自分像を、気にしいになってしまっているなと感じた時に演じてみるのです。 最初は演じてみるという行為も疲れるかもしれませんが、気にしいな性格を直すには荒療治ではありますがとても効果があります。演じる自分の設定を考える時は、ぜひ具体的に事細かにすることを忘れないようにしましょう。

気にしいな性格とうまく付き合おう

気にしいな性格について紹介してきました。気にしいな性格は、メリット、デメリットが複数あります。その上で気にしいな性格を直したい人は、ぜひこれを参考に気にしいな性格を直してみてくださいね。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

橘 梨花

橘 梨花

心理学、哲学などの勉強を通し、人の心についてて日々思考を重ねています。...

人気記事

新着記事