2019年06月09日公開

2019年06月30日更新

【完全版】インド人の性格・特徴・恋愛観とは?インド人の結婚事情!

エキゾチックな魅力のインド人に心惹かれる方は少なくはないはずです。でも、インド人がどういう性格かピンとこない方もいらっしゃると思います。今回は、知っているようであまり知らないインド人の文化や性格、恋愛・結婚観に迫ります!

インドってどんな国?国民性は?

皆さんはインドといえば、何が思い浮かびますか? カレーや象、ターバンを巻いた人など、次々にオリエンタルな魅力が頭に浮かぶ特徴のある国ですよね。 インドは、日本の面積の約9倍あるとても大きな国です。人口は、2017年で13.39億人という中国に次いで、世界第2位を誇ります。 インドといえば、なんとなく暑そうなイメージが浮かびますよね。イメージ通り、4月〜6月の期間は最高温度は、50℃ほどの気温の高い時期が続きます。しかし12月〜1月は10℃近くまで気温が下がる時期もあり、一年中暑いわけではありません。季節によっては大粒の雨にみまわれる時期もあります。

インド人は、「OK!」とか、「わかったよ!」と相手に伝える時に、頭を左右に揺らす動作をします。賛成の意思を示す時のアクションで、インディアンヘッドシェイクと呼ばれます。ユニークな感情表現方法ですよね。 インドは、カレーには欠かせない、スパイスの生産が盛んな国です。世界市場の75%のスパイスはインド産です。160カ国を超える国で、インドのスパイスは愛されています。私たち日本人も、何気無しにお世話になっていそうです。 インドでは、キリスト教、イスラム教、仏教の他、普段聞きなれないような多くの宗教が信仰されています。その中で、インド人の約80%の国民は、ヒンドゥー教を信仰しています。

ヒンドゥー教の威力はとても大きなものです。皆さんも、カースト制度という言葉を何度か耳にしたことはありますよね。階級別に身分を分けられる、数十年前に廃止された制度ですが、根付いた習慣や結婚観に未だに影響を与えています。 インドにはラブコマンドというボランティア団体があります。昔は、同じカースト同士の結婚だけが許されていました。その名残から、現代もカーストが違うカップルはよく思われず、嫌がらせを受けます。ラブコマンドは、カーストの違うカップルをシェルターや法的なサポートで守る組織です。 インド人の恋愛観・結婚文化は昔から根付いた文化が、なかなかディープです。インド人に恋をしてしまった方は、ちょっとした試練も推測されるハードルの高い恋愛になりそうです。おもむき深いインド人についてご紹介していきます。

インド人の性格・特徴って?

スパイシーな香り漂うようなエキゾチックで魅力深いイメージが駆り立てられる独自の文化が光るインドですが、先ほどお伝えしたように、宗教上のルールが厳しく、古くからの風習を重んじる一面もあります。 日本人には馴染みが薄い独特の文化がとてもユニークに感じられます。しかし、歴史が生き付いている国のため、お気楽気分では済まされない、イメージと現実とのギャップが存在します。 インド人は実際どんな性格をしているのか、紐解いていきます。

「神様は絶対!」信仰心が強い性格

インド人は、神様への信仰心がとても厚く人生の基盤として考えています。カースト制度が、廃止された現在も風習はインド人の社会や性格に大きな爪痕を残しています。 インド人は、カースト制度の影響から、地位の高い階級には劣等感を感じ、下の階級にたいしては優越感を持っているとされており、プライドが高い性格といわれています。現在は、法の上でも差別を禁止しています。 しかし、カースト制度の決まりにおいて、出身地を名前につける風習があります。インド人同士間では、名前を聞くだけで、先祖や家族がどこのカーストのカーストに属していたかがわかってしまいます。今でも結婚の際は、名前だけで家族から反対を受けるなど、トラブルが起こることもあります。

宗教観を重んじるインド人の性格は、食べ物の面にも表れます。 ヒンドゥー教では、牛を聖なる動物として崇められています。そのため、牛肉を食べることは、NGとされます。間違って食べてしまうリスクに警戒するインド人は多いため、新しいレシピにトライすることも避けられています。インド人は、宗教上、保守的な性格を余儀なくされています。 最近は気にしない性格のインド人も少数派としているようです。大多数のインド人の認識は、牛は食べてはいけないものとされており、野菜や豆類のみを専門としたレストランも多く軒を揃えます。

インド人はアットホームな性格

インド人は家族をとても大切にします。家族の意思・性格を尊重し、お互いに守りあいながら生活する教えを大事にしてます。家族同士でのケンカはしないことを意識しているフレンドリーな性格のインド人はとても多いです。 家族間のルールの中では、偉そうにドアを閉めた場合、数ヶ月外出禁止になることもあります。インド人の親は、自分の習慣が子供の性格に影響を与えることを理解し、お手本になるように心がける、教育熱心な性格です。 兄弟間同士は、お互いの絆を強めるための努力に努める友好的な性格です。祖父母は進んで孫を良い方向へと導くなど、何世代にもわたり家族をとても大切にしています。

インド人は商売上手な性格

インド人は子供の頃に、しっかりとした経済感覚を親から学びます。インド人の子供は、一生懸命に働き、経済的な安定を得ることが大切だと理解しながら育ちます。 インド人の子供は小さなときから仕事をします。男の子は畑で植物の世話をし、女の子は年下の兄弟の面倒や、家事を任されます。親は早いうちから責任感が育つよう、積極的に仕事をさせます。ピンチのときには、必ず手を差し伸べ、子供の経験値を上げていきます。 子供の頃の教育が生かされているためか、インド人は商売上手です。無駄は好まず、筋の通ったビジネスをします。頭もよく、インド人は勉強熱心な性格です。特に、計算を得意とし、世界的にも高評価を得ています。

インド人はおしゃべり好きな性格

インド人はフレンドリーで、とにかくおしゃべりが大好きな性格です。「相手の話を聞く」という概念は、存在しないのでしょう。相手が話に聞き疲れて、聞いていなくても話し続けるほど、おしゃべりな性格です。 ときには嘘か誠かわからないような絶妙なトークで場を盛り上げるインド人は、おしゃべりの天才です!

インド人男性の性格

インド人男性は、楽天的で、オープンな性格をしています。スキンシップも豊かで初対面からグイグイいけちゃうフレンドリーな性格です。利害に関わる問題では真面目な一面ものぞかせるところもありますが、口癖は「ノープロブレム!」基本的にざっくばらんな性格です。 インド人男性は、「人間、誰しも、迷惑をかけてしまうことは当たり前のこと」と考えています。また、謝った方が負けになる、という考え方をします。そのため、やすやすと謝罪の言葉を口にはしません。 インド人男性は、男尊女卑な文化で育っており、女性よりも男性の方が偉いと思っているところがあります。しかし、感情表現は豊かで、女性を大切にしていて紳士的です。ロマンチストで、サプライズやお誕生日を大切にする思いやりのある性格です。

インド人女性の性格

インド人は綺麗な女性が多いと世界的に好評です。世界一の美女を決める「ミス・ワールド」というミスコンで、グランプリを何度もインド人女性が受賞しています。 美女として知られるインド人女性は、恥ずかしがり屋さんな性格です。さらに、人見知りで、自分の感情を素直に表には出しません。しかし、打ち解け合うことができると、フレンドリーで、思ったことははっきりと伝えてくれます。 インド人女性は、マイペースな性格をしており、時間に関してはのほほんとしています。しかし、とても親切で、道に迷っている人がいるとほってはおけない優しい性格をしています。

インド人の見た目・ファッションは?

インド人の警察官は、髭を伸ばしているとボーナスがもらえます。髭は、信頼性の証として、高く評価されます。日本では聞いたことがないので、ビックリしますよね。 インド人といえば、焦げ茶色の肌をしているイメージがありますが、実際は白色、肌色、褐色、黒色の4色の肌の人種に分かれます。こりゃまたビックリしますよね。 意外と知らないインド人の見た目やファッションについてお伝えしていきます。

インド人はくっきりフェイス!

インド人は顔のパーツ一つ一つがとてもくっきりとしていて存在感があります。目は、大きく二重、鼻は高く、眉毛にも存在感があります。

インド人は身長が低い

インド人男性の平均身長は164㎝、インド人女性の平均身長は153㎝と小柄です。その理由として、宗教上の理由から、肉を食べないことがあげられます。 インド人の中でも、シーク教の信者だけは、肉を食す文化があります。そのため、栄養がしっかり補われ、平均身長は10㎝〜20㎝高めです。

鼻ピアス

インド人の女性は高くて美しい鼻にピアスをしています。鼻ピアスは、インドでは、「ノーズピン」と呼ばれ、小学校低学年くらいまでには、ほとんどの女の子がノーズピンをあけます。耳ピアスは、幼児のうちにあけられます。 もしノーズピンが空いていなかたっとしても、結婚するときには、「ノーズティカ」という装飾品が必要になるため、結婚が決まったときには必ずピアスホールを、あけることになります。

ジムで汗を流す

昔のインドでは、ふくよかであることが豊かさの象徴とされ好まれていました。しかし、最近のインド人は、男性も女性もジムで汗を流す傾向にあり、健康志向が高まっています。

インド人は派手好き!

最近のインド 人男性は、サングラスにシャツ、デニムといったカジュアルな装いも目立ちます。 しかし、基本的にインド人は自己肯定感が満たされるゴージャスで派手めなファッションが大好きです。インド人女性は、民族衣装の「サリー」を着用することが主流です。サリーはくっきりとした原色のものを選び、装飾品をジャラジャラ身にまとったゴージャスな装いを好みます。 最近では、シャツにパンツといったカジュアルな装いをするインド人女性もおりますが、選ばれるカラーは、やはり原色が好まれます。

【男女別】インド人の恋愛観とは

グローバル化が進む現代では、都会の一部では自由恋愛も広がりつつありますが、ごく一部です。長年の歴史ある文化や習慣は、社会の変化に追いつくことができずにいます。そんなインド人はどんな恋愛観を持っているのか、ご紹介します。

インド人男性の恋愛観

インド人の男性は「恋愛と結婚は別物」という考えを持っています。原因は、お見合い結婚が主流という歴史的背景が関係しています。円満に交際していたカップルだととしても、ある日いきなりインド人男性の両親が決めた相手との結婚が決まり、別れを宣告されてしまうこともありえます。 割り切りを見せるインド人男性の恋愛観をまとめました。

インド人男性が好きなタイプの女性

インド人男性は、ふくよかな女性を好みます。ふくよかさは、富の象徴とも考えられています。社会的にも、子供をふくよかに育てあげられるだけの財力を持つ家庭とも評価されます。 インド人男性は美白の女性を好みます。階級が高いインド人は、色白であるというカースト制度上の歴史を持つため、美白であればあるほどインド人男性からモテモテです。反対に黒い肌の女性は婚期が遅くなりがちです。 高身長な女性、黒髮でロングヘアの女性もインド人男性からモテモテです。身長が小さいと、子供っぽく思われます。小柄な女性よりも、高身長でかっこいい女性がインド人男性の心を掴みます。

フレンドリーな性格なのに恋愛には奥手

普段はフレンドリーなインド人男性ですが、インドでは、お見合い結婚が主流なため、恋愛慣れしていない男性が多く、恋愛面ではピュアで消極的です。 公の場でイチャつくカップルは、インド社会では恥とみなされ、好ましくない判断されます。女性に慣れていないインド人男性は、女性側が積極的である場合、戸惑ってしまう場合も多いでしょう。

インド人男性は彼女より家族を大事にする

インド人は、家族を一番大事にします。とても大切にしている彼女でも、インド人男性は家族を優先させます。彼女がどうでもいいのではなく、家族を大切にすることが普通なのです。 お見合い相手も両親が決めることが主流です。逆に、親が結婚を認めない場合い、いくら本人同士が愛し合っていたとしても、結婚の運びには至りません。

インド人女性の恋愛観

インド人女性の大半は「交際=結婚」と考えます。インド人女性の中にも、お見合い結婚という価値観が根付いているため、付き合うことは、結婚することだという発想になります。そもそも、婚前の男女が付き合うということは、インド社会の文化ではよく思われません。 国の文化や習慣を尊重する、インド人女性の恋愛観をまとめてみました。

インド人女性が好きなタイプの男性

インド人女性には、ムッキムキの筋肉質で、高身長、髭は濃いめでボーボーの男性がモテモテです。これぞ「THE 男!」的な、ワイルドな男性が、インド人女性のハートを射止めます。

インド人女性は一途で男性に尽くしまくる!

インド人女性は、愛情深く、一人の男性をとことん愛しぬきます。連絡はマメなで、一日のうち何回も電話をする愛情ぶかさがあります。 インド人女性は世話好きな性格で、家庭を守ることが女性の役目と認識しています。また、小さな頃から家庭的な親の姿を見てきています。そのため、インド人女性にとって、控えめで男性に尽くすことが当たり前のことです。 インドは、離婚率が低い国です。離婚する割合は、100組中1組です。円満である秘訣は、結婚は「聖なる絆である」という共通認識です。結婚を、書類上の手続きとは、誰も思いません。お相手は、家族が選びます。家族の名誉のためにも、離婚を簡単に考えることをしません。

インド社会はレディーファースト文化

外に出て活動することは男性の役目、家にいることが女性の役目とされています。女性はいつも守られる立場にあり、男性は優しく紳士的に接します。重い荷物は持ったり、意見を尊重したり、女性にたいして思いやりを持っているインド人男性が多いようです。 レディーファーストの文化が乏しい日本文化ですが、思いやりの気持ちを持って接すれば、インド人女性は優しさをすんなり受け入れてくれるでしょう。

インド人の結婚事情は?

インド人の結婚には、宗教観や古くからの風習がつきまとい、他の国に比べると、結婚への試練が多く存在するので大変です。日本人の目線では理解しずらいところもあります。 現代でも、インド人の90パーセントは、「アレンジマリッジ」と呼ばれる、親が決めた相手との結婚をしています。最近は、やっと本人同士の希望がいくらか取り入れられるようになったり、写真や履歴書を見たりすることが許されるなど、柔軟になってきました。 外国人はアウトカーストと呼ばれ、インド人の中でも田舎の保守的な人たちは、毛嫌いするところがあります。しかし、逆に、外国人であることで、宗教観の壁を乗り越え、結婚しやすくなるという利点もあります。インド人の結婚事情をまとめてみました。

外国人がインド人女性と結婚しやす理由

インド人女性は、結婚するときに「ダウリー」という花嫁持参金が必要です。日本では普通女性側の家が結納金を受け取りますよね。インドでは、嫁ぐ女性が男性へお金を払わなければならないので驚きです。 本来法律は禁止されていますが、ダウリーは、父から娘への愛情表現の一つです。しかし、皮肉にも花婿は大儲けのチャンスと捉えているところがあります。ダウリーが少ない花嫁はいじめられることもあります。いじめを防ぐために、花嫁の家族は、車、バイクなどを頻繁に贈るようです。 女の子はお金がかかるため、男の子を欲しがり、産み分けをするインド人もいます。最近では、ダウリーの習慣のない外国人との結婚を望むインド人一家も増えています。国際結婚というだけで、女性のファミリーに喜ばれる可能性があります。

星占いで結婚運は必ずチェック!

結婚の前には星占いをする風潮があります。インドでは、「人はなんども生まれ変わる」という、輪廻転生のスピリチュアル的な価値観が重要視されています。 輪廻転生とカースト制度では密接な繋がりがあり、低い階級に生まれてきてしまうのは、「前世で悪い行いをしたから」という教えが定着しています。前世での行いを償い、善に尽くし、今世での課題をクリアできると来世では上の階級へ上がることができるといわれています。 インド占星術は、輪廻転生が基づいるインドの伝統思想「ヴェーダ」の世界観からできています。人生の節目となる婚前には、占星術師に星占いをしてもらい、インド人は結果を参考にするという習慣があります。

インド人との結婚は家族を大切に!

子供が結婚後も幸せな暮らしがおくれるように、インド人の中には、探偵を雇うという場合があります。主に、経済状況、飲酒や喫煙の悪習慣、これまでの交際関係や性格を調べられます。家族を幸せにしたいという愛情の強さを感じますね。 インド人は、シビアに大切な家族の結婚を考えています。 逆を言えば、家族から認めてもらうことができると、結婚は祝福されます。一人一人に丁寧なご挨拶を心がけたり、誠意を持って親戚を回ったりするなど、周囲の方々からの理解を得られるような誠意が大切です。家族に許しを得ることで幸せな結婚を手にすることができるのです。

歴史深い宗教観の強いインド人との恋愛・結婚は、一族への愛と思いやりで乗り越えられる!

インド人の社会文化は人生と宗教、結婚が深く繋がりを持ち、歴史を重んじところがあり、しがらみが目立ちます。決して自由恋愛は主流ではありません。 しかしインド人は、とても家族を大切にしている、思いやりがあり優しい人種です。歴史や伝統以上に、恋人と家族へ深い愛情、気遣い、思いやりを持って接していけば、きっと理解が得られます。 真実の愛で、文化の違いや宗教観さえも乗り越えられるはずです。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

さやっぴい

さやっぴい

心理学は、特別なものではなく、日常の一番根本的な部分です!円滑に、心地の良いコミュニケーションを循環...

人気記事

新着記事