2019年11月07日公開

2019年11月07日更新

セルフブランディングって何?自分の価値を高める3つのステップとは?

セルフブランディングとは、一体どのような意味でしょうか。セルフブランディングと聞いて瞬時に回答できる人は、もしかしたら小数化も知れません。セルフブランディングすることで、自分の価値を高めることが可能です。今回は、その方法をお伝えします。

セルフブランディングって何?

セルフブランディングの意味を正確に答えることが出来ますか?正確に答えることが出来る人は少ないのでしょうか。 セルフブランディングとは、企業や組織に所属しないいち個人が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすることを指します。 類似として、企業が行う「企業ブランディング」、企業に属する個人が行う組織の中の個人としての「パーソナルブランディング」があります。 これらは、ソーシャルメディアでの露出(TwitterFaceBook、YouTubeなど )を具体的な手法として主とし、その他出版による権威付けが挙げられます。

ソーシャルメディアを駆使したセルフブランディングは経費も掛からず、比較的誰でも実践しやすいのが特徴です。一個人で行っているユーチューバーやインスタグラマーが良い例として挙げられるでしょう。 また、出版による権威付けはソーシャルメディアより容易ではない理由として、誰しもが簡単に出版物を刊行できるという訳ではないということが挙げられます。 何故簡単に出版物を刊行出来ないのかと言うと、出版社や編集者と縁故がないと、出版や宣伝につなげることは困難です。そして書籍を出版したという事実はそのまま他者への信頼感につながりやすいです。

出版社や編集者の介入を最小限に抑える自費出版という方法もあります。これは最低数の印刷代で印刷会社に依頼するなどして、刷って貰うことが可能です。 自分の研究のしるしとして趣味で出版する人や、同人誌として出版することは昔から続いています。これらは、時間とお金が必要なのです。 つまり、セルフブランディングとは、メディアと言う影響力のあるものの力を借りて、自分や何かしらの商品を発信して行くことです。

セルフブランディングを行うメリットとは?

では、セルフブランディングを行うメリットとは、一体どのようなものが挙げられるのでしょうが。

「キャラクター」化して記憶して貰いやすい

セルフブランディングを行うメリットとして、キャラクターとして覚えて貰いやすいというメリットがあります。 これはセルフブランディングする上で非常に大切なことで、例えば「メイクが非常に上手な人」や「ファッションセンスがずば抜けている人」、「料理が上手い人」という「個性」は周囲に自分の存在を認知して貰う上で大切なことです。 または、「メイクが個性的な人」、「洋服の色遣いがいつも個性的な人」など、印象に残るビジュアルとしてのキャラクターは記憶に蓄積されやすいでしょう。 セルフブランディングでは、はぶれないキャラクター性が重要です。

独自性や専門性で他と差別化が図りやすい

セルフブランディングを行うメリットとして、独自性や専門性を打ち出すことで他と差別化を図りやすいという点が挙げられます。 例えば、髪を切りたいと考えた時に、新しい美容室を選ぶとします。「〇〇が得意です」と一言添えてあるだけで、安心感が違いませんか? その美容院の美容師たちがセルフブランディングしていく上で、「ニュアンスカットが得意です」や「ショートカットが得意です」など発信していたら、自分が今したい髪型が得意そうな人にお願いしますよね。それが消費者心理です。 細分化出来れば出来るほど、他の人には伝わりやすく、セルフブランディングしたあなたが何をしたいのかが可視化されるでしょう。

必要としている人に伝わりやすい

セルフブランディングを行うメリットとして、必要としている人に伝わりやすいということが挙げられます。 例えば、キャラクターが確立された人が化粧品のプロデュースを行ったとして、それを宣伝するとしましょう。 キャラクターが確立された人が好きな人や、化粧品が好きな人、メイクに関心がある人など、ある一定層の支持を受けることでしょう。愛用の品、プロデュースなどど言った文言が付随していれば、支持層の興味は更にそそられるかもしれません。 セルフブランディングが成功すれば成功するだけ、プロデュースが成功したり、マーケティングが成功したりします。

情報収集が早い

セルフブランディングを行うメリットとして、情報収集の早さが挙げられます。例えば、SNS上で「おいしいお肉が食べたい」と呟いたとしましょう。あなたのフォロワーが多ければ多いだけより多くのレスポンスが返ってきます。 何処の店のお肉がおいしかった、おいしいらしい、知られていない名店はここ、など、各所から予想を超えたレスポンスが返ってくるでしょう。 返されたレスポンスを元に行動に移すも良いですし、新たなマーケティング市場を開拓することも可能です。 情報量や情報収集力は強みです。情報の入れ替わりの早さは誰しも身に染みて感じているもの。それを持っているという強みは、誰しもがある訳ではありません。

自分の「ファン」の獲得

セルフブランディングを行うメリットとして、自分のファンの獲得が挙げられます。自分が実践しているささいなことが、もしかしたら誰かの役に立つかも知れません。 日々の小さな記録や、ほんの少しの承認欲求から、セルフブランディングを始める人も多々いるでしょう。

子どもたちに持たせるお弁当のブログや、闘病記録、コーディネート記録など、セルフブランディングの方法は様々です。 誰しも何かしらの悩みがあります。しかし、その悩みを解消して参考に出来るような何かに出会った時に、時間がある時につい覗きに行ってしまうのではないでしょうか。 そういう「読み手」の心を捕えることで、自分のファンを獲得することが可能です。セルフブランディングが上手くいくと、ファンが大勢増えます。

アピール事項の拡散力や影響力が強い

セルフブランディングを行うメリットとして、自身がブランド化することで、アピール事項の拡散力や影響力が強いことをお伝えします。 例えば、自分がプロデュースに関わった商品やイベント、記事で話した内容など、行動や一言一句が駿足で拡散されます。 良い意味で拡散すれば大変嬉しいですが、意図せず別の意味で拡散してしまうことも多々あります。 セルフブランディングを行う際は、自身やアピール事項について挙げ足を取られない様、発信した方が良いかも知れません。

痛いと思われてしまうセルフブランディングの特徴とは?

では、痛いと思われてしまうセルフブランディングの特徴には、どのようなものが挙げられるでしょうか?

見栄を張る

痛いと思われるセルフブランディングの特徴として挙げられるのが、見栄を張るという行為です。 例えば、本当はそんな年収ないのに、「年収〇〇千万円」と公言したり、「今日は〇〇と△△でショッピングの後、□□の個室でディナー」など普段の生活からはかけ離れた様子を呟いてみたり。 自撮りにちらりと映るショッパーがハイブランドのものばかりなど、見栄を張ったり、セレブ感出しまくったりする様子は、非常に痛々しいもの。 本当の自分を知らない人に対してだから出来るセルブランディングですが、余りにも虚構に満ちていると見透かされてしまいますよ。

肩書が大げさもしくは不明

痛いと思われるセルフブランディングの特徴として挙げられるのが、肩書が大げさ、もしくは意味不明ということが挙げられます。 やたら長くて逆に言いたいことが理解出来なかったり、凝って他と差別化を図ろうとした結果意図が掴めなかったなど、良く見かけます。 もしあなたがセルフブランディングして何かを行おうと考えているのであれば、肩書はシンプルに頭に残るようなものにしておいた方が無難でしょう。

肯定ばかり

痛いと思われるセルフブランディングの特徴として挙げられるのが、「常に肯定」的であるということです。 良く見かける事例としては、「今日もありがとう」「今日もハッピー」「毎日幸せ」などと言ったハッシュタグ系です。 人間ですから、何かしら腹が立つことや落ち込むことがあってもおかしくないはず。セルフブランディングの一環として、そういう負の感情をあえて掲載しないように努めているのかも知れませんが、「今日もハッピー」と言う日が毎日続くわけありません。 こういう肯定的な文言は、幸せな言葉ではありますが、「何も考えてないのかな?」と疑ってしまいたくなります。

実はパクリ

痛いと思われるセルフブランディングの特徴として挙げられるのが、他の人のパクリだったということが露呈した時です。 その人を意識しているであろうに本人が否定していたり、良いこと言っていると感心して話を聞いていたら、実は別の人が出版している内容を自分の言葉の如く語っていたり。 そうい人ほど熱心に自己啓発本や成功哲学本を読み漁っていたり憧れの人に近づきたい一心で頑張っていたりするのですが、中身が薄く、正直どの話も似た話で終わってしまいます。 何かを伝えたいのであれば自分の言葉で伝えないと伝わるものも伝わりません。

痛いセルフブランディングと痛くないセルフブランディングの違いは?

痛いセルフブランディングと痛くないセルフブランディングの違いとは、どのような違いがあるのでしょうか。

一貫性があるか否か

痛いセルフブランディングと痛くないセルフブランディングの違いとは、一貫性があるかないかで印象が様変わりします。 痛いセルフブランディングとは、一貫性が無く、キャラクターもアピール事項もぶれが目立ちます。 しかし、痛くないセルフブランディングには、一貫性があり、当初からキャラクターが確立されています。それに伴うアピール事項もぶれが無く、根強いファンは絶えずおり、新規の集客にも余念がありません。 自分に迷いが無く、何がやりたいのか、自分をどう見せたいのかという「セルフブランディング」がはっきりしているからこそ、一貫性を保つことが出来るのでしょう。

自分の言葉で伝えているか否か

痛いセルフブランディングと痛くないセルフブランディングの違いとは、自分の言葉で伝える力があるかどうかで変わってきます。 痛いセルフブランディングは、他人の言葉や装いをあたかも自分のものが如くそのまま発信します。それが悪いことともあまり考えてもいないでしょう。自分の言葉で話すことの大切さや、自分らしい装いを意識したことが無いのかもしれません。 逆に、痛くないセルフブランディングは、自分の言葉で話し、T.P.Oに合った服装で出かけます。感銘を受けた著書や人物など、包み隠さず話します。 自分の言葉で伝えるからこそ、セルフブランディングというものが生きてくるのです。

嘘が混じっているか混じっているか否か

痛いセルフブランディングと痛くないセルフブランディングの違いとは、行動や発言、内容に嘘が混じっているかどうかです。 痛いセルフブランディングは、実は違うのに有名人が友人だと言ったり、ハイブランドを買い漁ったり、高級車から高級車に乗り換えたなどという、非現実的な嘘が混じっている場合が非常に多いです。

逆に、痛くないセルフブランディングは、嘘偽りがありません。自分の周囲がハイブランドまみれだとわざわざ公言することもしませんし、するとしたら「国産車から〇〇に買い替えることが出来ました!」という夢のある報告なのかも知れません。 現代社会は、ソーシャルメディアが発達しています。もし嘘が露呈すると、一気にバッシングモードになり、そこらじゅうから誹謗中傷が飛んできます。 セルフブランディングは主にソーシャルメディアを主軸としているので、活動の場を失うことは痛手でしかありません。セルフブランディングを行う際は、嘘を混ぜないように気を付けましょう。

セルフブランディングが使える場面とは?

セルフブランディングが使える場面には、どのような場面があるでしょうか。有効な場面で是非セルフブランディングを活用したいですね。

イベントなどへの出店

セルフブランディングが使える場所として、イベントなどへの出店が挙げられます。例えば小物などの創作作家のマルシェや、飲食物の販売イベントなど、同人誌即売会など、さまざまな場所でイベントが開催されています。 もし、セルフブランディングが確かな人が、イベントの開催日時と参加を明言したら、ファン心理としては足を向けたくなりますよね? 集客も叶い、当日は会いに来てくれたり買い物に来てくれたお客さんで溢れ、列を見たそれまで興味が無かった他のお客さんも並んでくれるかも知れません。

一番の強みだけを生かす

セルフブランディングが使える場所として、イベントや職場などが挙げられます。しかし、そこでは一番の強みだけを生かすようにしてください。 様々な特技があったとして、ここで自分が一番の強みだと思うことを他と差別化を図る意味で前に押し出してください。

そうすることで、より差別化が図られ、あなたのセルフブランディングは確かなものになります。 例えば、同じ運動が好きと言う表現でも、サッカーが好きなのかバレーが好きなのか野球が好きなのかは違います。ルールや指導できるかどうかも違うでしょう。 一番の強みを示すだけで、職場やイベントであなたのスキルが存分に生かされるでしょう。

SNSを絞って活用

セルフブランディングが使える場所として、メディアが挙げられます。その中でも、ソーシャルメディアをあえて絞って活用することが有効だと考えます。 何故なら、適材適所だからです。あるセルフブランディングについてはFacebookを、また別のセルフブランディングについてはYouTubeを、という風に使い分けた方が、より伝わりやすくターゲットを絞りやすいと考えます。 自分自身の確立やアピールしたい物事、ターゲットの絞り込みをしっかりと考え、実践することで最小限のコストパフォーマンスで最高のレスポンスが返ってくるでしょう。

セルフブランディングの実践方法とは?3のステップ!

では、セルフブランディングの実践方法とはどのようなものがあるでしょうか。実際に取るべき行動を下記に記しましたので、参考にしてください。

STEP1…マーケット(市場)の選定

セルフブランディングの実践方法として最初に挙げられるのが、マーケット(市場)の選定です。 先述しました、自分の強みを生かしたセルフブランディングで他との差別化を図っていきたいので、誰にも負けない分野で勝負をかけたいですよね。 自分のやりたいことをただアピールするのではセルフブランディングの意味がありません。自分が選び戦うマーケット上にはどのくらいの消費があり、ライバルが存在し、潜在顧客が存在し、どのくらいの期間で収益が見込めるかなどを考え、市場調査するのがセルフブランディングには欠かせません。 マーケット(市場)の選定を間違うと、見込みも取れず、ニーズも掴めずと、散々な試合になってしまいますので、自己意識と選定はしっかりと行いましょう。

STEP2…発信方法の決定

セルフブランディングの実践方法として二番目に挙げられるのが、発信方法の決定です。例えば、動きを伴った物事を発信したいのに、インスタグラムは向いてはいないと、誰もが分かりますよね。 このような動作を伴うような場合にはYoutubeだったり、メディアだったり、書籍化のDVD付の方が反響は大きいはずです。 逆に、スナップ写真を投稿する場合だとインスタグラムでも不都合はありません。インスタグラム特有の美しい写真は、鑑賞に最適ですし、多くの人にスナップ写真を見て貰えるので良いソーシャルメディアと言えます。 自分がアピールして行きたい物事はどこの媒体だったら一番「映え」るのか、それはセルフブランディング上大変重要なことです。

STEP3…スケジュールの決定と実施プランの見直し

セルフブランディングの実践方法として最後に挙げられるのが、スケジュールの決定と実施プランの見直しです。 例えば、有名なパン屋の職人であるあなたが、パンフェスに参加を決めたとするでしょう。2か月後の開催だとして、本来のパン屋の営業とパンフェスでの人件費はどうしますか? パンフェスでの材料費は間に合いますか?準備にかかる人件費はどうしますか?出店先で配布するリーフレットはどうしますか?考えることは山ほどあるはずです。参加か不参加を悩んだ時点で、実施プランは何度も練り直されているはずですよね。

悩んだ結果、参加を見送ったとしてもそれは失敗ではないはずです。悩んで出店して、大きな赤字が出たとして、それを回収するのに何か月もかかる場合もありますし、回収できない場合もあります。 大きな損失を生む前に、お店の名誉を守ったのですから良いとすべきです。スケジュールの決定と実施プランの見直しは、後に大きく響くので、慎重になりましょう。

これであなたもセルフブランディングマスター!

いかがでしたか?セルフブランディングと言うものがどのようなものか理解していただけたでしょうか。 内容を理解すると、意外と自分の身近でセルフブランディングして成功している人がいることが実感できます。 もしSNSが苦手だからセルフブランディングには興味があるけど、発信する場面が無いと悩んでいる人は、小規模セミナーを企画してみてはいかがですか。 料理研究家の料理教室は良い例だと思います。そこでは基本も学ぶことも出来ますが、創作料理も学ぶことが出来ます。この分野だと、平野レミさんは、キャラクターが確立されたセルフブランディングの成功者だと言えるでしょう。 そう難しいことでもないので、是非実践してみてくださいね!

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

澤 依知

澤 依知

学生時代に心理学を専攻していました。趣味は音楽鑑賞と映像鑑賞と読書です。人間の内面が伺える内容が好み...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事