2019年05月27日公開

2019年06月30日更新

器が小さい人の特徴!性格・心理的原因・対処法、器を大きくする方法を解説

どんなときに、「この人、器が小さいな」と感じますか。今回は、器が小さい人について、隅々まで解明していきます。器を大きくする方法も紹介しますので、自分のことを、器が小さいかもと感じることがある人は、ぜひ、器を大きくする方法を試してみて下さい。

器が小さい人に困っていませんか?

あなたの周りに器が小さい人はいますか。器が小さい人の言動には、ガッカリしたり、イライラしたりするのではないでしょうか。特に、トラブルにあったときほど、人の器の大きさがわかってしまうものです。 器が小さい人ほど、偉そうな人が多く、器が小さい人と関わると迷惑して、困ることも多いです。器が小さい人の特徴や性格を理解して、器が小さい人とうまく付き合うことが必要です。

「器が小さい」の意味とは?

「器が小さい」とは、容器の容量が少ないことを表しています。そして、その様子を人物に当てはめて、人格、器量や才能が乏しいという意味になります。つまり、器が小さい人というのは、器量の小さい人、度量の狭い人ということになります。

器が小さい人の特徴

ふとした言動に「器が小さいなぁ」と感じることってありますよね。器が小さいとは、どんな人のことをいうのでしょうか。それでは、器が小さい人の特徴をパターン別に見ていくことにしましょう。

器が小さい人の特徴【恋愛編】

まずは、器が小さい恋人やパートナーなどの恋愛編からです。恋人やパートナーは身近な存在ですよね。器が小さい特徴が当てはまらないかチェックしてみましょう。少しいいなと思ってる相手がいる場合には、そのお相手が、器が小さい人ではないかを見定めるポイントにしてください。

ヤキモチ妬きで束縛する

器の小さい人は、ヤキモチ妬きで束縛をすることが多いです。男性でも女性でも、たまにヤキモチを妬かれたり、少しの束縛は、相手が自分のことを好きな証と嬉しく思うこともあるかもしれません。しかし、ヤキモチや束縛の度合いがあまりにもひどいとどうでしょう。 相手に自分の行動を逐一報告しなければいけなかったり、友人との約束についてとやかく言われたり、あれもこれもダメと制限されると自由がなくなります。器が小さい人は、自分の思い通りにならないことが嫌なので、恋人やパートナーの自分の思い通りにしようとして束縛します。 そんな器が小さい相手の行動は、自分のことを信用してもらってないと感じますよね。あなたのことを信じて、あなたの行動を見守ることができないのが、器が小さい人の特徴です。

すぐに怒る

器が小さい人は、イライラしていることが多く、なにかにつけてすぐに怒るのが特徴です。レストランなどの店員に対して偉そうな態度で接したり、料理について文句を言ったりすることもあります。また運転をしているときには、他のドライバーの運転の仕方など些細なことに腹を立てて怒ります。 器が小さい人は、気に入らないことがあると、すぐにイライラして不機嫌になりやすいので、周囲の人はとても気を使います。器が小さい人は、怒りを自分の心の中に留めておくことができずに、直接相手にキレることもあります。 そのため、器が小さい人と一緒にいると恥をかくことになったり、困ることがあります。また、器が小さい人と、恋人やパートナーほどの親密な関係になると、八つ当たりされることも多くなってしまいます。

器が小さい人の特徴【仕事編】

「器が小さいな」と思う人の一人や二人、どんな職場にもいますよね。仕事だと器が小さい人を避けるわけにもいきませんよね。では、職場にはどんな器が小さい人がいるのでしょうか。それでは、器が小さい人の特徴、仕事編を見ていきましょう。

相手によって態度が豹変する

器が小さい人は、相手と自分を比べて常に優劣を付けて考えています。学歴が自分より高い人や、肩書きが自分より上の人、自分がどんなに頑張っても敵わないと判断した場合ときには、必死になって媚びを売ります。一方で、自分よりも下、つまり劣っている人に対しては、強気で接します。 器が小さい人が、自分よりも下だと判断した人に対する態度は、馬鹿にしたような接し方なので、見ている方も気持ちのいいものではありません。このように器が小さい人は、自分より強いものには弱く、弱いものには強く接し、相手によって態度が豹変するのが特徴です。

自分の非を認めない

器が小さい人は、アクシデントが起きたり、責任を取らなくてはいけなくなった時に真っ先に逃げるのが特徴です。それが、たとえ自分の失敗であっても、器が小さい人は、自分の非を認めません。 器が小さい人は、自分が失敗をした原因を探し、他人や周囲の状況のせいにして、責任逃れをします。自分を守ることに必死で、言い訳が多いことも器が小さい人の特徴です。他人のせいにしたり、言い訳をしたりで、自分の失敗を認め、反省することができないので、成長できません。

そのため、何度も同じ失敗を繰り返したりするので周囲からに迷惑をかけることもしょっちゅうです。しかし、器の小さい人は、他人に迷惑をかけているという自覚もありません。人は誰でも失敗をします。初めから失敗せずになんでも上手くこなすことはできません。 それは、当たり前のことで、みんな失敗をして、反省して、学んでいくのです。器の小さい人は、自分の非を認めないので、失敗から次に繋がる改善策を見つけることもできない困った人なのです。

器が小さい人の特徴【友人編】

最後にご紹介するのは、器が小さい人の特徴は友人編です。友人は私たちの生活になくてはならない存在ですよね。楽しいときは一緒に笑い、辛いときは支えてくれるかけがいのない友人でも、これからご紹介する特徴を見たときには、器が小さいなと感じるときもあるかもしれません。

悪口が多い

他人の悪口が多い人に対して、器が大きいとは思えませんよね。器が小さい人は、悪口だけでなく、愚痴や陰口が多いのも特徴です。悪口や愚痴、陰口を言ってもいいことは何もありません。その場の雰囲気も悪くなりますし、言ってる自分の心もどんどん荒んでいきます。 器が小さい人は、他人の良いところや、他人の成功などを認めることができないので、マイナスの面を探し出そうとします。悪口や陰口が多いのはだからです。自分が置かれている環境のいい面も見ることができないので、悪い面ばかり見て愚痴が増えます。

悪口や陰口の対象となる人は、気分が悪いですし、愚痴も聞いていていい気持ちにはなりません。他人にしても、環境にしても、良いところも見ないとただの文句にしかならないので、本人の魅力を下げるだけです。 器が小さい人は、平気で悪口や陰口を言うのに、人からの自分の評価を気にし過ぎる面があります。その上、自分のことを批判されることにはめっぽう弱いというのが器が小さい人の特徴です。

他人の幸せを喜べない

うれしいことがあったり、物事が成功したときには、友人であれば一緒に喜んでほしいと思いますよね。友人は自分の一番の理解者だと思って大切にしてる人も多いのではないでしょうか。しかし、器が小さい人は、人の幸せを喜ぶことができません。 器が小さい人は、他人の幸せな様子を見ると、自分を追い抜かれるということが気になって、嫉妬してしまうのです。自分が一番でないと、置いて行かれるような不安を持っています。不安を持っていながらも、自分が一番だと勘違いのプライドも持っています。 不安とプライドの両方が混在して、人の幸せを喜ぶことができない、器が小さい人の心の中はなかなか複雑なようです。

器が小さい人の性格

あなたの周りには、ご紹介した器が小さい人の特徴がある人はいたでしょうか。では、器が小さい人は、一体どんな性格なのでしょう。ここからは、もうすこし踏み込んで、器が小さい人の性格に触れていきます。

独占欲が強い

恋人やパートナー、友人にしても相手のことが好きだからこそ、独占したいと思います。自分にとって相手が一番だから、相手にとってもいつでも自分が一番でいたいのが器が小さい人の性格です。 相手にとって、器が小さい人が一番大切な存在であっても、仕事や友人など、他に優先しなければいけないときもありますよね。そういう状況に理解を示すことができないのが、器が小さいということです。器が小さい人は、常に自分が最優先でなければ納得できないのです。

器が小さい人は、相手の気持ちや置かれている状況を考えず、自分の気持ちを押し付けます。相手にとって自分が一番であるなら、相手は自分の気持ちや行動に従ってくれると勘違いしているのです。独占欲が度を超えてしまうと、DVやモラハラになる可能性もあるので、注意が必要です。

他人の良いところを認められない

器が小さい人は、人から認められたいという気持ちが強く、認められていないことに対して不満を抱きやすい性格です。そもそも器が小さい人は、自分の非も認められない狭い心の持ち主なので、自分のことは棚に置いて、他人が努力して得たものを認めることができません。 だから、他人が褒められたり、認められたりすることが許せません。器が小さい人は、他人の努力や才能など他人の良いところを素直に認めることが出来ないのです。他人の良いところを認めることで、自分も他人を見習い、成長できるということを知りません。 むしろ、器が小さい人は、他人の良いところを認めてしまうと、自分より他人が優れているということを認めてしまうことにあると考えます。器が小さい人は、優秀な人、すごい人を認め、他人の努力を認めて、そんな人を目指すほうが、自分の力になると思ってもいないのです。

情緒が不安定

器が小さい人は、突然怒りだしたり、不機嫌になったり、かと思ったら、ハプニングに慌てふためいたりと感情の起伏が激しいです。そんな状況でも、自分より強い人が来た途端に愛想よく笑顔を振りまいたりと、ある意味、かなり器用な性格です。 このように情緒が安定しない器が小さい人が近くにいると落ち着きませんよね。今はおとなしくても、次の瞬間、なにがどう変わるかわからないので周囲の人は、ハラハラします。器が小さい人は、自分の感情をそのままダイレクトに表に出す性格なのです。

自分の感情をそのまま出すのであれば、自分より立場が上の人に対しても真正面から向き合えばいいのにと思いますよね。器が小さい人は、自分の感情に素直なので、わかりやすいといえばわかりやすい性格でもあります。 器が小さい人の情緒が不安定なところは、周囲に大きなストレスを与えますが、扱い方に慣れれば、器が小さいなと流すことができるようになるかもしれません。

自己中心的

器が小さい人は、いつでも自分のことを優先に考えるので、他人のことを気遣うことができません。他人の立場に立って物事を考えたり、他人のことを思いやる気持ちがないのです。そのため、器が小さい人の言動は、自己中心的です。 相手も自分と同じ人間で、嫌な気持ちにも悲しいと思うこともあります。器が小さい人は、自分の言動が相手にどのような思いを与えるか想像することができません。器が小さい人は自分さえよければ良いという自己中心的な考えで動いています。

そのため、周囲の人にどんな迷惑をかけても気にしないし、助けてもらったとも思っていません。そんな自己中心的な考えで行動して、周囲に迷惑をかけているのに感謝もしないので、器が小さいと周囲から思われるのです。

器が小さい人になる心理的原因

器が小さい人は、どうしてそんなに器が小さいのでしょう。「器が小さいな」と感じる旅に、「もっと、広い心を持ってほしい」と思いますよね。なぜ、器が小さくなるのでしょうか。ここからは、器が小さい人になる理由を心理的な面からみていきます。

自分に自信がなさ過ぎる

自分に自信がない人は、余裕がありません。余裕がないと、他人に寛容になることも、アクシデントが起こったときに冷静な対応もできません。ちょっとしたことでイライラすることもあります。 器が小さい人は、特に自分に自信がありません。自分に自信がなさ過ぎるため、他人のことを気にし過ぎてしまいます。他人のことを気にして、他人と自分を比べてしまうのです。そして、器が小さい人は、他人より自分が劣っていると感じます、

しかし、器が小さい人は、自分が他人よりも劣っていると認めたくないので、人のことを認めることも、人の成功を喜ぶこともできません。つまり、器が小さい人が器が小さくなるのは、自分に自信がないのが大きな原因です。 また、自分に自信がなさ過ぎる器が小さい人は、心に余裕もありません。そのため、感情的になりやすく、自分の思い通りにならないことがあると不機嫌にもなります。このように、器が小さい人になってしまうのは、自分に自信がなさ過ぎることが原因なのです。

精神的に幼い

器が小さい人は、自分が嫌なものは嫌、自分とは違う他者を受け入れるということもできません。そのため、自分と合わないと感じた人に対しての態度は、冷たくてひどいものです。挨拶されても無視をしたり、攻撃的になったり、批判をしたりもします。 子どもって、特に何かをされたわけではないのに、気が合わない、なんかむかつくという理由から無視したり、悪口を言ったりしますよね。子どもは自分が世界のすべてで、大人になるにつれて、自分とは違う他者がいることを知っていきます。

自分とは違うからといって、攻撃したり、排除してはいけないことを学んで、いろんなタイプの人とも関係を築いて大人になります。器が小さい人は、変化を嫌い、保守的なため、大人になるために変化せずに大人になってしまったのです。 つまり、器が小さい人は、外見は大人になりましたが、内面は子どものままなのです。このように、器が小さい人になってしまうのは、精神的に幼いことが原因です。

視野が狭い

視野が狭いと、器が小さい人になってしまいます。視野が狭いことで、物の見方がかたよってしまい、物事には自分とは違う価値観があるということを理解できません。視野が狭いと、物事をいろいろな面から見ることができず、先入観で判断したり、思い込みが激しく自分の考えに固執します。 そのため、視野が狭い人は、自分とは違う意見や考えを受け付けず、自分の考えを押し付けてきます。常に自分が正しいと思っているので、自分と違う考え方はすべて間違いと判断します。いろいろな人の意見を聞いて、様々な考えに触れることで、物事が良くなるのに、もったいないですよね。 自分が一番正しいと思っている視野が狭い人に限って、要領が悪かったり、間違いや失敗が多かったりします。良かれと思って、アドバイスをしても視野が狭い人は、頑なに自己流を貫くので、器が小さいと思われるのです。

器が小さい人との付き合い方・対処法

器が小さい人の特徴や性格、器が小さくなってしまう心理的原因などは理解いただけたかと思います。では、器が小さい人とは、とのように付き合い、対処すれば良いのでしょうか。器が小さい人はどこにでもいます。 なるべく避けたいところですが、どうしてもそうはできない場合もありますよね。それでは、ここからは、器が小さい人との付き合い方や対処法についてご紹介します。あなたの周りにいる、器が小さい人との付き合い方の参考にしてください。

器が小さい人との付き合い方・対処法【恋人・パートナー編】

恋人やパートナーは、お互いに身近な存在で、心を許せる大切な存在ですよね。しかし、そんな恋人やパートナーが器が小さい人だったらどうでしょうか。器が小さい人は、物事を深く考えずに、感情をそのままぶつけてしまいます。 器が小さい恋人やパートナーは、自分の思い通りにならないことは、どんなにさ些細なことでも相手に言います。その言い方は感情的で、言われた方はイライラします。わざわざ言わなくてもいいようなことも多いので、あなたもカチンとくることも多いのではないでしょうか。 カチンときたからと言って、すぐに反応してはいけません。あなたが怒ってキレたりすると、あなたも器が小さい恋人やパートナーと同類になってしまいます。器が小さい人の言うことは理不尽なこともあったり、言い方もあなたを一瞬で怒らすものだと思います。

しかし、そんな器が小さい恋人やパートナーと同じテンションで返してしまうと、さらに感情を高ぶらせてしまい、手に負えないほどになってしまうこともあります。無駄な労力を使わないためにも、恋人やパートナーが器が小さいことを言ってきたときは、ひと呼吸置いてゆっくりと話をするようにしましょう。 深呼吸したり、その場をいったん離れてみたりしてみて下さい。そうすることで、あなた自身が心を落ち着けることができ、心が狭い恋人やパートナーのペースに巻き込まれることがなくなります。

器が小さい人との付き合い方・対処法【上司や職場関係者編】

器が小さい人とは、なるべく接したくないですよね。しかし、上司や職場関係者の場合は接しないというわけにはいきません。器が小さい上司や職場関係者の言うことは、一つ一つ丁寧に反応していては、こちらの身が持たなくなります。 そこで、器が小さい上司や職場関係者に言われたことは、出来るだけ受け流すようにしましょう。言われたことをそのまま鵜呑みにして、一つ一つ真剣に捉える必要はありません。この人は、こんな言い方しかできない器が小さい人だと割り切って付き合いましょう。

器が小さい人とと同じ土俵に立って物事を考えると、どうしても視野が狭くなってしまいます。器が小さい人と深く関わると、解決する問題も解決しませんし、問題をあなたのせいにされたりといいことはありません。 良かれと思って、器が小さいひとにアドバイスや問題提起をしても、器が小さい人は素直に受け入れてくれませんし、反感を持たれて攻撃される恐れもあります。器が小さい上司や職場関係者とは、物事を真剣に受け止めず、受け流す程度の距離を保つことが、良い付き合い方です。

器が小さい人との付き合い方・対処法【友人編】

器が小さいなと思う友人に対しては、なるべく関わらないようにすることをおすすめします。友人はあなたが選ぶことができるので、わざわざ器が小さい人を友人としてあなたが選ばないということも可能です。 器が小さい人は、自分のことしか考えていないことが多く、自分の考えを押し付けたり、自分の思い通りにならないと嫌なタイプなので、あなたが本当に困ったときに手を差し伸べてくれるかわかりません。器が小さい友人は自分の保身のためにあなたを見捨てる可能性もあります。

器が小さい友人が不機嫌にならないように気を使ったり、嫌なことを押し付けられて不快な思いをしたり、器が小さい友人に振り回されているのではないでしょうか。あなたは友人として、器が小さい友人を大切に思っているから相手の気持ちを尊重することもできるのです。 しかし、今、あなたが友人だと思っている器が小さい人は、器が小さい人自身はあなたのことを自分にとって都合のいい人なので、友人というポジションにいるのかもしれません。器が小さい人とは、なるべく深く関わらないようにして、「知り合い」程度の関係を保つことが一番です。

器の大きい人間になるための方法

いかがだったでしょうか。器が小さい人のことがわかりましたか。自分のことを「器が小さいかも」と思って心配になっていませんか。器が小さいと感じた人も安心してください。器の大きい人間になる方法がありますので、これからご紹介していきます。

本当の自分を自覚する

器が小さい人ほど自分の器の小ささに気付いていません。器が大きい人間になるためには、実際の自分の器の大きさを知り、自覚することが大切です。自分は器が大きい人間だと思っている器が小さい人は大勢います。 器が小さい人は、本当の自分を見ないようにして本当の自分よりも良く見せたいと見栄を張ったり、周囲の評価を気にします。器が小さい人は、本当の自分と向き合わずに理想の自分との差を埋めようとするため周囲から器が小さいままなのです。 苦手なことや出来ないことなどを自分で認識して、自覚することで謙虚になることもできます。そして、学ぶことができ、いろいろな物の見方もできるようになります。このように、本当の自分をしっかりと自覚することで、謙虚な心が態度にも表れ、器が大きい人間になることに繋がっていきます。

視野を広く持つ

視野が狭いと、自分が常に正しいと思い、他人の意見を聞き入れることが出来ずに自己主張が強くなります。このような視野が狭いことが影響して、器が小さい人は自分を相手に押し付けるのです。つまり、視野を広く持つことが出来れば、器が大きい人間になれるということです。 視野を広く持つというのは、とても大切なことで、物事を多方面から見て考えることができるということです。視野が広い人は、先入観や偏見を持ちません。人の意見や考えに耳を貸すこともできます。先入観や偏見を持たないこと、人の意見や考えに耳を傾けることは、自分自身を変化させます。 たくさんの変化を経験することで、苦労することも多くなりますが、それらの経験によって、人に対して寛容になれるようになれます。人が成長するためには、視野を広く持つことが大切です。そして、視野を広く持つことで、器が大きい人間になっていくことができるのです。

人のせいにしない

失敗したり、思い通りにいかないことがあると、つい人のせいにしたくなりますよね。誰でもそんなところはあります。自分の非を認めて反省するのは難しいものです。器が小さい人はすぐに人のせいにして、自分の非を認めません。しかし、失敗したときは失敗を認めて、考えることも大切です。 そうでないとまた同じ失敗を繰り返したり、もっと大きな失敗をしてしまう可能性もあります。日頃から失敗したときは、自分の非を認めて、しっかりと反省するようにして、次に生かしましょう。人のせいにしても何も自分のためにはなりませんよ。

他人のことを認める

他人の良いところや成功など他人のことを認める気持ちを持ちましょう。人の幸せを素直に喜べる人は、自分のことだけでなく、人の気持ちも考えられる人です。自己中心的な考えの人は、他人のことを認めることが出来ない器が小さい人です。 すごい人はすごい、人の努力を認めることで、自分の理想を見つけることができます。目の前に目標があるということは、幸せなことなのです。他人を認めることは、自分の成長にも繋がります。

器が小さい人には要注意!

いかがっだったでしょうか。器が小さい人のことがわかりましたか。器が小さい人に関わると思わぬ災難に巻き込まれる可能性や、あなたの心をかき乱される恐れもあります。 なるべくなら関わらないように、関わらないということが無理であれば、適度な距離を保つようにして平和に過ごすようにしましょう。器が小さい人にはご注意ください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事