2019年07月26日公開

2019年07月26日更新

ISTP型の特徴は?恋愛・友人・親子関係・仕事まで完全分析!

性格を診断する方法として、16類型性格診断というものがあります。その中でも、ISTP型の人は、自分のペースを何よりも大切にし、優先させる人と言われています。ここでは、そんなISTP型の人の具体的な性格や長所や短所などについて、詳しくご紹介します。

ISTP型は自分のペースを大切にするマイペース人間

性格を診断する方法として、16類型性格診断というものがあります。別名「MBTI」とも呼ばれている性格診断の方法です。その中でも、ISTP型は自分のペースを何より大切にする、マイペース人間だと言われています。 ここでは、そんなISTP型の人の特徴や長所や短所、適職や恋愛観などについて詳しくご紹介していきます。

ISTP型の4つの指向性

ISTP型の人ってどんな性格?

ISTP型の人はどんな性格をしているのでしょうか?ここでは、性格の特徴について解説していきます。

ISTP型の性格の特徴①:マイペース

ISTP型の人はマイペースな性格をしています。自分のペースを守ることで、仕事がよりスムーズにはかどるという特徴があります。自分でもそのことを自覚している為、どんなことがあっても自分のペースを崩すことはありません。 ISTP型の人は周囲の人たちから急かされたり煽られたりすると、モチベーションが一気に下がってしまいます。自分のペースを乱されることが嫌いだからです。自分のペースを乱す人とは極力付き合わないという特徴も持っています。

ISTP型の性格の特徴②:好奇心旺盛

ISTP型の人は好奇心旺盛です。どんなことにでも興味をもちます。特に、自分が今まで経験したことのないことや、見たことや聞いたことがないことには大変大きな好奇心を燃やします。未知の世界というものに強い憧れを抱いているからです。 ISTP型の人は、一見おとなしそうに見えます。ですが、内心ではいつも刺激を求めています。その刺激を求める気持ちが、強い好奇心になって現れています。

ISTP型の性格の特徴③:情報収集が大好き

ISTP型の人は、情報収集が大好きです。どんなことでも知ろうとします。自分の知識を蓄えることが楽しくて仕方がないのです。また、知らない状態をわかる状態へ変えることに、強い快感も感じています。 ISTP型の人は探求心もとても強いという特徴も持っています。だから、情報収集が好きなのです。さまざまなことに疑問を持ち、その疑問を解消することに大きな喜びを感じています。いつもネットサーフィンなどをしてさまざまな情報収集をしています。

ISTP型の性格の特徴④:冒険心が強い

ISTP型の人は冒険心が強いという性格的な特徴もあります。いつも刺激を求めているからです。マンネリや同じ状態であることは、あまり好みません。いつも刺激を求めて自分のやる気やモチベーションを高い状態に保っています。 ISTP型の人は失敗することに恐れの感情を抱きません。失敗から学ぶこともたくさんあるという考え方を持っています。このような考え方が、冒険心をさらに強めています。周囲の人たちが尻込みしてしまうようなことでも、果敢に挑戦していきます。

ISTP型の性格の特徴⑤:人の話を聞くことが好き

ISTP型の人は、人の話を聞くことが大好きです。他人の話を聞くことで、自分も疑似体験をしているからです。ISTP型の人は、情報収集が大好きです。多くの人たちの話を聞くことも、情報収集の一環だと考えています。 また、ISTP型の人はあまり話し好きではありません。自分の話をしても理解されないという気持ちがどこかにあります。ですが、理解されないことに悲観的なわけではありません。それはそれで良いと考え、他人の話に耳を傾けることに集中します。

ISTP型の性格の特徴⑥:正義感が強い

ISTP型の人は正義感が強い人が多くいます。特に不正行為をされて苦しんでいる人や悲しんでいる人を見ると放っておけません。理不尽な扱いをされているその状況に、激しい怒りを感じます。普段は冷静で大人しい人ですが、正義感が強くなると行動力が増します。 正義を守るために突然立ち上がることがあります。不当な扱いをされている人よりも活発的に行動することもしばしばです。周囲の人たちは態度の豹変ぶりに驚くでしょう。あまりの激しさに引いてしまう人も出てくるかもしれません。

ISTP型の性格の特徴⑦:感情を爆発させることがある

ISTP型の人は、時々感情を爆発させることがあります。普段はとても冷静で大人しいイメージが強い人です。ですが、ストレスを強く感じると感情のコントロールができなくなります。たまったストレスを一気に発散させようとして、感情を爆発させます。 突然、激しい怒りをあらわにすることがあるでしょう。いったん怒りが爆発すると、周囲の人たちの言葉は届きません。相手を激しく罵倒することもあります。ですが、ストレスが発散されて怒りが静まると、自分の行為を恥じて謝ります。

ISTP型の人の長所と短所は?

ISTP型の人には、長所がたくさんあります。ですがその反面、短所もあります。ここでは、ISTP型の人の長所と短所について、それぞれご紹介していきます。

ISTP型の人の長所

ISTP型の人には数多くの長所があります。ここではまずは、ISTP型の人の長所についてご紹介していきます。

長所①:どんな時でも冷静

ISTP型の人はどんな時でも冷静です。慌てるということがありません。突発的なトラブルや困難な状況に巻き込まれても、驚いて判断を誤るということはないでしょう。冷静に状況を見つめて最善の決断ができる人です。 また、周囲の人たちや状況に煽られるということもありません。関わっている人たちが右往左往しているときでも冷静さを保ち続けています。その冷静さで、周囲の人たちの気持ちを落ち着かせることもできる人です。

長所②:誰に対しても公平

ISTP型の人は誰に対しても公平です。人によって態度や言葉遣いを変えるということはありません。誰に対しても丁寧な対応をします。たとえ周囲の人たちが敬遠している人であっても、他の人と同じように丁寧な態度を崩すことはありません。 周囲の人たちの評判や噂に惑わされることはありません。信じているのは自分の目で見たことと感じたことだけです。他人に偏見や先入観を持たないのです。また、地位によって媚びるということもありません。そのため、多くの人から信頼される人です。

長所③:自分を持っている

いつも自分を持っています。周囲の人たちと意見や考え方が異なっても、自分というものを崩すことはありません。長いものに巻かれるタイプではないのです。ISTP型の人が信じているのはいつも自分自身だからです。 周囲の人たち全員が自分の意見や考えと正反対であっても、それを変えることはほとんどありません。一見頑固に思えますが、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を曲げないということです。柔軟性もあるので、押し付けるということはしません。

長所④:聞き上手

ISTP型の人は聞き上手です。他人の話に大変興味をもっているからです。他人の話を聞いて自分も一緒に疑似体験をしています。疑似体験をすることによって、自分の経験をより豊かにしているのです。 口下手な人に対しても、話しやすい状況を創り出してくれます。ちょうど良いタイミングで合いの手や質問をさしはさんでくれるでしょう。熱心に話を聞いてくれるので、話している人はとても気持ち良く自分の話を続けることができます。

長所⑤:相手を否定しない

ISTP型の人は、相手を否定することはありません。自分には自分の意見や考えがあるように、他人にも自分の意見や考えがあると考えています。環境や立場が違えば、考えや意見が異なるのは当然です。そのような相手の背景のことも視野に入れています。 相手の話がどれだけ非現実的なものであっても、否定することはありません。ただし、それに含まれるリスクはきちんと話します。その上で、どうするかは本人に委ねます。チャレンジすると言えば全面的に協力してくれるでしょう。

ISTP型の人の短所

ISTP型の人は長所ばかりではありません。短所もあります。ここでは、ISTP型の長所に注目してご紹介していきます。

短所①:器用貧乏

ISTP型の人は器用貧乏です。どんなことでも器用にこなすことができます。チャレンジ精神も旺盛ですし、もともと手先も器用です。周囲の人たちが途中で投げ出してしまうようなことでも、難なくこなしてしまいます。 ですが、あまり長続きしません。少しの努力でこなせてしまうため、達成感や満足感が得られないのです。一つのことに対してとことん追求して取り組むということはほとんどしません。そのため、器用貧乏になってしまう傾向があります。

短所②:集団行動が苦手

ISTP型の人は集団行動が苦手です。人数が多ければ多いほど、本人にとってはそれがストレスになります。誰かと一緒に行動すると、自分のペースが乱されるからです。相手にそのつもりがなくても、誰かが一緒にいるだけで自分のペースが乱されると感じています。 集団行動が必要な作業になると、やる気やモチベーションが上がりません。または、集団から外れて単独行動をすることもあります。よほど気ごころに知れた人でない限り、誰かと一緒に一つのことに取り組む、ということは苦手なのです。

短所③:自分のペースを崩さない

ISTP型の人は、自分のペースはどんなことがあっても崩しません。自分のペースを崩されると本領が発揮できない、と自覚しているからです。周囲の人たちと気持ちを一つにして取り組まなければならないときでも、単独行動をすることがよくあります。 本人も自分のペースが乱されることが大きなストレスになることは自覚しています。そのため、誰かと一緒に一つのことに取り組むような状況は避けようとします。無理強いされると、時には怒りをあらわにして断ることもあります。

短所④:飽きっぽい

ISTP型の人は大変飽きっぽい性格をしています。一つのことに長期戦で取り組むということは、あまり得意ではありません。すぐに気持ちや意識が他のところへ向いてしまいます。特に、自分の興味のないことはすぐに飽きてしまう性格の持ち主です。 無理矢理押し付けられた仕事は、遅々として進まないということがよくあります。また、後回しにして締め切りギリギリに慌てて片づけるということもしばしばです。よほどのことがない限り、一つのことに集中して取り組むということはありません。

短所⑤:長期的な計画を立てることが苦手

ISTP型の人は、長期的な計画を立てることが苦手です。長期的な計画を立てても、その通りに進むことはほとんどありません。計画の途中で他のことに興味が向いてしまい、投げ出してしまうことがよくあるからです。 ISTP型の人はいつも刺激を求めています。何が起こるかわからない状態が好きなのです。長期的な計画を立てると、作業はどうしてもマンネリになってしまいます。すると、目標を達成する前に飽きてしまいます。行き当たりばったりの方が向いているのです。

ISTP型の人の仕事関係は?

ISTP型の人には向いている仕事があります。適職に従事することで、持っている才能や能力をいかんなく発揮できるでしょう。 ここでは、ISTP型の人の仕事関係について解説していきます。

ISTP型の人の仕事関係①:効率化を重視した仕事

ISTP型の人は、仕事面ではいつも効率化を重視しています。無駄な作業や時間を使うことは罪だと思っているのです。徹底した効率化を図り、一つでも多くの仕事を片付けようという考え方の持ち主です。そのため、徹底した無駄を省いた方法を考えます。 適職としてはエンジニアやプログラマーが良いでしょう。仕事面での効率化を目標にしたプログラムやシステムを構築することには、大変長けています。また、その場面に適したシステムを構築することも得意ですから、大変向いている仕事と言えます。

ISTP型の人の仕事関係②:数字を扱う仕事

ISTP型の人は、数字に強いという特徴も持っています。中には、数字を見ているとわくわくするという人もいるでしょう。仕事上で必要な資料を作成する際にも、数字を多く使った内容になることがよくあります。 会計士や経理が適職です。数字が好きということは、大変きっちりした性格だということです。一つひとつの作業がとても丁寧で、ミスをすることはほとんどありません。会計士や計理士のような数字と正確性が従事される仕事は適職です。

ISTP型の人の仕事関係③:プロフェッショナルな仕事

ISTP型の人は、プロ意識がとても強いという特徴があります。飽きっぽい性格ではありますが、興味があることはとことん突き詰めるという性格もしています。特にプロ意識が求められることに対しては、周囲の人たちが驚くほどの情熱を注ぎます。 医者やパイロットは、プロ意識が求められる職業です。また、その仕事を徹底的に極めることで、カリスマ的な存在になることもできます。周囲の人たちからもプロとして認められる可能性が高い職業ですから、大変向いています。

ISTP型の人の仕事関係④:正義感に関係した仕事

ISTP型の人は、正義感が強いという性格を持っています。普段はとても大人しく、あまり目立つような存在ではありません。どちらかと言うと縁の下の力持ちを好みます。ですが、正義のためならば立ち上がり、率先して先頭に立つことができる人です。 この正義感を活かした警察官や消防士や弁護士は、まさに適職と言えるでしょう。また、これらの職業は高いプロ意識も求められます。強い正義感を活かし、なおかつプロ意識も持てる職業としては、大変適職と言える職業です。

ISTP型の人の学習関係は?

ISPT型の人の勉強関係にはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは、ISTP型の人の学習関係についてご紹介していきます。

ISTP型の人の学習関係①:好きなことを伸ばす

ISTP型の人は、好き嫌いがはっきりしています。嫌いなことに対しては興味を示すことはありません。ですが、好きなことに対してはとてつもない情熱を注ぐことができます。得意分野や好きなことに対しては、とことん追求したいという気持ちがあるからです。 好きなことや得意なことを伸ばす学習方法がとても向いています。通常、その方面にばかり能力が伸びがちです。ですが、ISTP型の人は好奇心旺盛という性格もあわせ持っています。好きなことや得意なことを伸ばすことによって、派生して範囲が広がっていきます。 最初は一つのことを伸ばすつもりで始めた勉強が、いつの間にか多方面に向けた勉強になっているということです。柔軟性も持ち合わせている為、一方向にばかり才能や能力が伸びるということはありません。取っ掛かりとして、好きなことを伸ばしていくと良いでしょう。

ISTP型の人の学習関係②:自分を追い込むと伸びる

ISTP型の人は、長期的な計画を立てることはあまり得意ではありません。その代わり、窮地に追い込まれると能力や才能を一気に爆発させるという特徴があります。追いつめられると本領が発揮できるタイプの人間だということです。 自分を追い込むと、新しい才能や能力が開花することが多いと言えます。どうしてもその分野についての知識が必要な状況に、あえて自分を置いてみましょう。追いつめられたその状況がやる気やモチベーションを引き上げ、才能や能力を開花させるきっかけになります。 また、ISTP型の人は柔軟性に富んだ性格の持ち主でもあります。最初は嫌でも、窮地に追い込まれて取り組んでいるうちに、楽しいと感じるようになります。楽しいと感じれば、そのことに夢中になります。ますます新たな能力が開花するチャンスが増えます。

ISTP型の人の学習関係③:褒められると頑張る

ISTP型の人は、実は褒められることや認められることが大好きです。自分の成果や努力を大袈裟に表現することはしません。そのようなことをするのは恥ずかしい行為だと思っているからです。ですが、自分の成果や努力を認めて欲しいとは思っています。 このタイプの人は、褒められるとやる気やモチベーションが一気に上がります。褒められることで、自分の成果や努力が感じられるタイプだからです。そして、もっと認められたいという気持ちからますます頑張るようになります。 褒める場合には、具体的な褒め方をしましょう。ただ単に「すごい」や「素晴らしい」と言っても響きません。どのような点がどんな風に素晴らしいのかを明確にして、具体的に褒めてあげることが大切です。

ISTP型の人の恋愛観は?

ISTP型の人と恋愛関係になるには、どのような点に注意が必要なのでしょうか。ここでは、ISTP型の人の恋愛観についてご紹介していきます。

ISTP型の人の恋愛観①:愛情表現はほとんどしない

ISTP型の人は、明確な愛情表現をほとんどしません。する必要がないと考えているからです。自分の気持ちは明確に表現しなくても相手に伝わっているだろう、と思い込んでいます。もともと感情を表現することが苦手な性格でもある為、愛情表現もあまりしないのです。 ただ、相手から明確な愛情表現を求められると、その通りの行動や言動を見せてくれます。言わなければわからない、ということです。言われて初めて、愛情表現をしなければ相手に伝わらない、ということに気づきます。 ただし、あまり頻繁に愛情表現を求めると気持ちが冷めてしまいます。たまになら良いですが、いつも求められると強制されているように感じます。強制されることはあまり好きではありません。愛情表現を求めすぎないようにすることが大切です。

ISTP型の人の恋愛観②:束縛されることは嫌い

ISTP型の人は、束縛されることを嫌います。束縛されることは、自分のペースを乱されることにつながるからです。このタイプの人は自分のペースを守ることを徹底しています。マイペースであることが、何より心地よく感じるのです。 束縛されると自分の行動が制限されていると感じます。すると、気持ちが離れてしまいます。自由であることを尊重してくれないと、その人への気持ちが冷めてしまうのです。頻繁なメールやラインなどのメッセージ交換でさえも、束縛と感じることがあります。 ISTP型の人は、自分が束縛されるのは嫌いなので、相手を束縛することもしません。自分がされて嫌なことは相手にもしないのです。お互いの自由を尊重し合える人を好む傾向が強いと言えるでしょう。

ISTP型の人の恋愛観③:誠実性を求める

ISTP型の人は、浮気は絶対に許しません。浮気は道徳的に反する行為だと考えています。ISTP型の人は正義感が強い性格の持ち主です。浮気はその正義感に反する好意ですから、一度の浮気でも許してくれることは少ないでしょう。 恋愛において自由を求める性格ですが、それは浮気をしても良いということではありません。自分も当然浮気はしませんから、相手の浮気も認めません。お互いに誠実であることを強く望みます。

ISTP型の人の友人関係は?

ISTP型の人が友人にいた場合、どんな風に付き合えば良いのでしょうか。ここでは、ISTP型の人の友人関係についてご紹介します。

ISTP型の人の友人関係①:おしゃべりは苦手

ISTP型の人は、自分がおしゃべりをするのは苦手です。世事に疎いという特徴があるからです。流行などにはあまり興味を示しません。そのため、雑談というものはほとんどしないという特徴があります。 ただ、相手が一方的に話してくれるのは平気です。それがたとえ世の中の流行などのような内容であったとしても、楽しく聞くことができます。自分はおしゃべりは苦手ですが、一方的にさまざまな話をしてくれる人とは上手に付き合うことができます。

ISTP型の人の友人関係②:たくさんの友達は必要としない

ISTP型の人は、あまりたくさんの友達がいません。多くの友達を必要としていないのです。基本的に一人でいることが好きなタイプの人です。多くの人たちと一緒にいるよりも、自分一人で過ごす時間をとても大切にします。 そのため、友達と呼べる人は極端に少ないという特徴があります。友達とはっきり呼べる人は10人もいないでしょう。中には5人に満たない人もいます。ですが、本人は特に寂しいとは思っていません。たくさんの人が周りにいることはストレスになるからです。 ただし、友達は少ないですが、少ない友達は親友と呼べる強い絆で結ばれています。広く浅く付き合うのではなく、狭く深く付き合うことを好むということです。お互いに言葉を必要としない友達が多い、ということも大きな特徴の一つと言えるでしょう。

ISTP型の人の友人関係③:専門的な話ができる人を好む

ISTP型の人は、専門的な話ができる人を好みます。自分がプロフェッショナルな考え方の持ち主だからです。知的探求心もとても強いため、かなり掘り下げた会話ができる人を好む傾向があります。 分野が違っていても問題ありません。自分が知らない分野のことに対して、専門的な知識がある人なら会話を楽しむことができます。未知の世界を垣間見ることができるからです。自分の専門分野とかけ離れた分野であっても、会話を楽しむことができます。 そのため、プロ意識がとても強い友人が多くなります。深い知識を持っていれば持っているほど、より楽しい関係を築くことができます。お互いの専門的な知識を交換し合えるという点で、人生での良きパートナーとも言えるでしょう。

ISTP型と同系統の性格型を紹介!

ISTP型には、同系統と呼ばれる3つの性格型があります。ここでは、その同系統と呼ばれる3つの性格型についてご紹介します。

ESFP型

ESFP型の人は、楽しいことが大好きな人です。好奇心旺盛で、いつも楽しいことを考えています。楽しいことと言っても、自分だけが楽しむことではありません。周囲の人たちも一緒に楽しめることを、いつも探して考えているタイプの人です。

ESTP型

ESTP型の人は、冒険家です。マンネリを大変嫌います。いつも新しいことや未知の世界を追い求め、スリルを楽しんでいます。安全や安心はあまり求めていません。ワクワクしたりハラハラしたりするような毎日を強く求めるタイプの人です。

ISFP型

ISFP型の人は、プロフェッショナルな人です。一つのことを徹底的に探究し、極めようとします。職人肌的な人と言えるでしょう。自分が興味をもったことに対しては、驚くほどの情熱を燃やします。周囲の人たちも認めるプロと呼ばれる人です。

ISTP型の人は自由であることがとても大切

ISTP型の人は、自由であることが何より大切です。自由であることで、自分のペースを守ることができるからです。束縛したり押し付けたりすると、本来の力が発揮できません。ISTP型の人と一緒に一つのことに取り組む場合には、自由にさせてあげると良いでしょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

五月女 霞珠

五月女 霞珠

心理カウンセラーとしての資格を保有。心理カウンセラー、占い師を経て、現在はスピリチャルライターとして...

人気記事

新着記事