2019年10月19日公開

2019年10月19日更新

ISFP型の特徴は?恋愛・友人・親子関係・仕事まで完全分析!

世界的にも有名な性格診断の1つ、ISFP型といえば、人を思いやり協調性を重んじる性格です。調和を乱すことを嫌うISFP型の人の性格を分析していきましょう。恋愛や友人、仕事関係においてISFP型の人の性格はどのように活かされているのでしょうか。

ISFP型「繊細な直感型」

MBTIという世界的に有名な性格診断のうちの一つ、ISFP型は、協調性があり、人とうまく暮らしていこうとするタイプです。一言で言えば「繊細な直感型」です。ISFP型の人は、他のタイプよりも目立たず、押しつけがましくない性格なので、人から優しいと思われることが多いでしょう。 今回は、ISFP型の性格について説明していきます。基本的な性格から、仕事・学習・友情・恋愛など、外界との関りのなかで、どんな性格が見られるのかも併せてみていきましょう。

ISFP型の4つの指向性

ISFP型の人ってどんな性格?

ISFP型の人は、言葉の少ない内側で様々なことを考えています。どんなことを考えているのか、周りが知ることもできないので誤解を招くこともあるでしょう。実際は、ISFP型の人は、とても繊細な心の持ち主でもあります。 他にはどんな性格が見受けられるのか挙げていきます。

ISFP型の性格の特徴①:感受性が鋭い

ISFP型の人は、とても感受性が鋭い性格をしています。感受性が鋭いということは、人の気持ちに敏感なのです。人との争いを好みませんし、人が傷つく姿を見てしまうと、自分のことのように感じるでしょう。 他のタイプよりも、自分や周囲の人に関心を持っているので、やたらと人の気持ちに敏感になります。協調した暮らしを望んでいるので、それが乱されそうになると一人奮闘することも多くなっていくのです。 支配して相手を従えさせるのではなく、あくまでも相手の気持ちを尊重しようとしています。人の気持ちに敏感であることから、様々な配慮をすることができます。そのことで自分が追い詰められることも時にはありますが、途中で投げ出したりもしないでしょう。

ISFP型の性格の特徴②:平和主義

先にも書きましたが、ISFP型の人は基本的に平和主義です。つねに傍観者としての位置を確立しますが、場の平和が乱れる気配になると、きちんと意見を持って介入することはできます。言葉よりも行動派ですが、物事が理不尽であればあるほどすぐに動くタイプになります。 支配欲がないため、人を従えさせようとせずに、上手に付き合っていこうと考えます。世話をやくことは好きですが、人には人の暮らしがあると理解しているので、積極的に干渉もしません。これらは全て、人を尊重しようとする意志です。 ISFP型の人の平和主義は、争いに対する解決よりも、調和を乱さずにトラブルを招かないようにしようとするイメージでいいでしょう。

ISFP型の性格の特徴③:控えめで温厚

ISFP型の人は、とても控えめな性格をしています。自己表現が苦手なので、自分の主張というものはあまりしません。非常に親しくしている人に対しては、自分の本心を見せることもありますが、基本的には自分を出さないでしょう。 そして温厚な性格の持ち主でもあるので、感情的になって人を制圧しようとはしません。人のことを信じていて、物分かりもいいので、感情のままに動いて人を戸惑わせることもないでしょう。 ですが、批判に対してはそうではありません。批判を受けると、必要以上に感情的になってしまいます。すべて真剣になって受け止めてしまうので、自分で自分のことをどんどん追い詰めてしまうこともあるでしょう。

ISFP型の人の長所と短所は?

ISFP型の人にも、長所もあれば短所もあります。その性格を把握することで、ISFP型の人をさらに理解することができるようになります。ISFP型の人は、人のためによかれと思っているところもありますが、それはどんな人でも喜ばせることができるのでしょうか。 ISFP型の人の長所と短所をそれぞれ複数挙げていきましょう。

ISFP型の人の長所

ISFP型の人の長所からみていきます。ISFP型の人は、基本的には平和主義で温厚であると前述しましたが、人と付き合っていくなかでトラブルが少ないタイプだといえるでしょう。人のことを気にかけることが出来るだけで、周囲からも受け入れやすくなります。 4つの長所に焦点をあてて。ISFP型の人の性格をさらに理解していきましょう。

実行力がある

ISFP型の人は、実行力があります。考えるより先に動いていることが多いでしょう。行動に移す前に誰かに言うわけではないので、不言実行型のタイプといえます。もとより直感型なのです。 自分が目にした状況で、ぱっと直感的に動くことはできますが、それを理論詰めて考えていくことは苦手になってしまいます。よくよく考えて手順を踏んで、となると途端に関心が薄れてしまうのです。 そうすると、人からの印象も変わってしまい、今度は「優柔不断」「要領が悪い」などの判断をされてしまうこともあるでしょう。そのせいで、少し複雑な事情が絡むときは、避けることもあります。基本的には、人のために軽いフットワークで動くことができます。

協調性がある

16タイプの中でも一番協調性があるのがISFP型といえるでしょう。人との暮らしに協調性は絶対必要だと感じていますし、人が抑圧されて言いなりにならなければいけないことに、強い違和感を覚えています。 とても素直で嫌味のない態度で接することができるので、自分が人のためになるように、人も同じように助けてくれることがあります。しかし、優しい性格で押しつけがましくないことから、人から無理を押し付けられてしまうこともあるのです。 ISFP型の人のもつ協調性は、社会の中のあらゆる場面に対応することができます。決まったパターンを考えたりしないで、目の前に人と状況を直感的に判断して動けることは、ISFP型の人の順応性ともいえるでしょう。

思いやりがある

ISFP型の人は、協調性があると同時に、人や物に対して思いやりの心をもっています。自分がこうしたいと思っても、それを人が望んでいないと知るとすんなり引くこともできます。相手にいやな思いをさせてまでやりたいとは思わないのです。 いつも人を立てて思いやってはいるのですが、出来過ぎてしまうことで「媚びている」「へつらっている」という誤解も受けることがあるようです。こういった批判的な言葉には、怒りを覚えたり傷ついてしまうので思いやりの気持ちは裏目に出てしまいます。 なんでも素直に受け入れてしまうので、自分が思いやっていても、相手にとってはそうではない時があります。その言葉や行動には裏があるのではないか、本当は違うことを言いたいのではないか、という懐疑心がないので誤解のまま思いやりを貫いてしまうこともあります。

柔軟性がある

ISFP型の人は柔軟性があります。これは女性的な特徴で、相手のことをよく観察したうえで、対応することができる力です。内向的な性格も重なって、目だった主張はしませんが、場の流れによって自分の動きも変えることができます。 辛抱強く、柔軟性のある性格で、人との付き合いでは大きな利点となります。相手の信頼を得ることにも繋がりますし、「一緒にいて居心地がいい存在」と認識されることも多いでしょう。 ISFP型の人の柔軟性は理屈ではありません。損得勘定よりも、本能のままにそうしているだけなので、見返りを求めることもありません。柔軟性は一種の母性のようなもので、それは相手を慈しむことによる性格とも言われています。

ISFP型の人の短所

ここまででISFP型の人の基本的な性格についてご紹介しました。ISFP型の人の社交性や、調和を求める性格は、人との関りでは長所とも言えるべき部分です。しかし、基本的な性格が短所になることもあるのです。 ISFP型の人の短所について、4つの性格をご紹介していきます。

計画性がない

ISFP型の人は、今を一生懸命生きています。そのため、先のことはほとんど決めていないでしょう。先のことを考えるよりも、今どうしたいのかという点に重きをおいて考えているのです。 先のことを考える行為そのものが、ISFP型の人の関心を薄れさせます。直感型なので、いろんなことを考えるよりも動いていたくなるのです。先のことを考えて、心配な問題が浮かんで頭を悩ませることも苦手です。 目の前のことに完全に没頭する性格なので、次のことに慌てて飛びつきません。今とりかかっていることを終わらせて満足するので、行き当たりばったりになってしまうこともあります。計画性がないことは、先のことが見えないという点で短所になってしまうでしょう。

自分を過小評価する

ISFP型の人は、自分のことを過小評価するところがあります。人から褒められても、ついつい「そんなことはありません」「私なんかたいしたことありません」と返してしまいます。謙遜の気持ちもあるでしょうが、実際自分をそこまで評価していないのです。 ISFP型の人が、人との関りで自分のことを後回しにしてしまうのは、他人を優先させたいからだけではありません。調和をとろうとする意識が強くて、自分の存在を必要以上に挟むことで、調和がとれなくなると思い込んでいる部分があります。 それでいて、自分の仕事を褒められることには喜びを感じます。自分の行動が認められるということは、人に喜んでもらえているからだと解釈をするので、素直に喜ぶことができるのです。自分の人格に関する褒め言葉は、やはり否定することになるでしょう。

自分を抑え込む

ISFP型の人は、自分にも周囲にも同じように関心があるのに、自分を周囲と同等に扱うことができません。周りを気遣うことは長所ですが、自分を抑え込むという点では、短所になってしまうでしょう。 自分を抑え込むことで、少なからずのストレスというものは蓄積していきます。ストレスに対して普段の生活で得る満足の方が大きければ、ストレスも消化できるでしょう。しかし、この満足度が低ければ、ストレスによってつぶれてしまうこともあります。 ISFP型の人は、自分の意見は自分の意見ではっきり言えるのです。しかし、どうしても優先順位が周りの人になってしまうので、結果的には自分を抑え込むことの方が多くなってしまうようです。

批判に対して激情しやすい

先にもお話しましいたが、ISFP型の人は、批判に対して激情しやすい面があります。批判の内容をそのままダイレクトに受け止めてしまうので、いきなり怒ったり極端に落ち込んでしまうのです。少し批判にも感じる意見、という程度でも同じでしょう。 批判に対する激情の多くは、プライドを傷つけられることに対してのものです。しかしISFP型の人の場合は、批判されたというだけで調和が崩されたと感じます。また、恥ずかしいとも感じ、そのことで自分で自分を蔑むこともあるでしょう。 普段が温厚で優しい分、少し極端とも言える面ですが、普段から人を気遣ってばかりいるのです。知らずのうちに自分を抑圧してしまっている分、この激情は激しいものになっていくのです。

ISFP型の人の仕事関係は?

ISFP型の人の性格では、どのような仕事が向いているのでしょうか。向いている仕事が見つかれば、ISFP型の人は転職など縁がないほど没頭ですることができます。人当りのいい性格も影響して、よりよい環境で仕事ができるようになるかもしれません。 ISFP型の人の、適職も一緒に併せてみていきましょう。

ISFP型の人の仕事関係①:専門分野が得意

ISFP型の人は、専門分野の方が得意でしょう。会社でずっとパソコンと向き合うような仕事よりも、外に出て実際に自分の仕事を体現できるような仕事が向いています。そして、人の役にたてるような仕事であれば、天職だと感じることもあるでしょう。 専門分野では、ノルマや決まった規則はありません。自分の思った通りに知識や経験を吸収していきます。自分のペースで納得するまで考えて行動することを重要視しています。審美的で心を動かされる仕事を好むので、医療に携わったり、芸術関係や心を扱うことを得意とするでしょう。 研究職などでは、人と接する事もないので、内心はホッろするのかもしれません。医療や福祉、デザイン系や営業などの仕事は、専門知識が必要な仕事です。一人で集中しこなそうとするので、自分の意見を誰かに聞いてもらうでもなく、自分の価値観を曲げずにすむでしょう。

ISFP型の人の仕事関係②:考えるより動く

ISFP型の人が、考えるより動くことは大きな特徴といえます。熱中できる仕事であれば、自分が専門知識を吸収するだけの時間を惜しみません。しかし、不得意とする仕事にチャレンジしようとすれば、自分を追い込んでいくばかりになります。 ISFP型の人は審美眼の持ち主でもあるので、五感を最大限に使った仕事も得意とします。身体を動かし、手先などを使った仕事も向いているので、職人系やクリエイティブな仕事を好むでしょう。 行動派なので、自分の成し遂げた仕事をすぐに自分の目で確認したい気持ちもあります。思いついたそばから実行して、その結果を目にすることができれば、どんどん次の段階へと自然にステップアップすることができます。

ISFP型の人の学習関係は?

ISFP型の人の学習関係はどうでしょう。どんな人にも学習の方向性として、向き不向きはありますし、それが性格によるものであれば成績にも関係してきます。ISFP型の人には、どんな学習の仕方が向いているのでしょうか。 ISFP型の人の学習関係に関数する特徴を挙げていきましょう。

ISFP型の人の学習関係①:体験実技型

ISFP型の人の学習は、体験実技型が向いているといえます。教科書をじっと読みこむよりも、実際に自分の体験として学習したほうが吸収できるのです。なので、考える力が必要な学習系よりも、図工や音楽、体育などの体験系のほうが向いているのです。 教科書を読みこむことと同じくらい、聞いて学ぶこともあまり得意ではありません。ISFP型の人はじっくり考えるタイプです。聞きながら勉強しても、頭の中で処理しきれないので、必要以上に答えに時間がかかってしまいます。 自分で作ったり動かしたりすると、考える必要もなくそのまま身体が吸収します。吸収したことが実感できると、そのまま自然と身体が覚えるので無意識のうちに体現できてしまいます。なので、好きな科目と嫌いな科目の差も激しいでしょう。

ISFP型の人の学習関係②:自分のペースで伸びる

ISFP型の人は、学習に於いて自分のペースを大事にします。人から迫られたり、ノルマを決められるとその通りにできません。なので宿題も苦手でしょう。そして、テストなどの準備を迫られる勉強は、一気に興味を失ってしまいます。 好きなことに関しての集中力はおおいにあるので、好きなことや興味のあることはいつまでも熱中することができます。学習系の授業よりも、課外活動や部活動の方が、得意とするのでしょう。 苦手な科目は、避けて通ろうとするのでいまいち成績も伸びないかもしれません。しかし、自分が好きだという気持ちをしっかりもって、熱中することのできる授業では群を抜いて成績があがっていくでしょう。

ISFP型の人の恋愛観は?

ISFP型の人は、どんな恋愛観をもっているのでしょうか。ISFP型の人の性格は、人を思いやる気持ちに長けています。そんなタイプの人は、やはり恋愛においても人を大事にし、相手を思いやり尊重するでしょう。 ISFP型の人の性格と照らし合わせながら、恋愛観をみていきます。

ISFP型の人の恋愛観①:恋愛上手

ISFP型の人は、恋愛においても自分本意にならずに、相手がどう感じているのかを敏感に察することができます。相手が自分に興味があるのか、どんなことを感じているのかを感じ取ることができるのです。 恋人との信頼関係の築き方や、どんなふうにすれば自分を慕ってもらえるのかを知っているので、恋愛上手な性格といえるでしょう。恋愛では、お互いの満足感が重要になってきます。恋人が満足することで、ISFP型の人も満足することができます。 二人の状態を冷静に捉えることができるので、バランスをとることもできるでしょう。今いる状況で、相手の態度や表情を見ながら判断するので、トラブルが起きる前に対処することもできます。恋愛上手に加えて器用でもあるのです。

ISFP型の人の恋愛観②:決断が苦手

恋愛上手なISFP型の人ですが、決断が苦手という面もあります。どうしても相手の気持ちを考えてしまうので、大事な場面で自分の意見を通そうという気持ちになれないのです。大事な場面でこそ、そんな態度は優柔不断としてとられてしまうでしょう。 恋人を思いやるつもりが、いつまでもはっきりした態度を示せないので、逆に不安にさせてしまうこともあります。自分の意見はしっかり持っていても、それが恋人の意思と反していることがわかっていると、尚更言い出すことができないのです。 ISFP型の人の恋愛観は、相手の気持ちを尊重しながら決断をしていくことです。恋人との意思の疎通がしっかりできているうえで、自分の意見を口にすることができるのです。結果的に、大事な決断は恋人が言い出すのを待つことになるでしょう。

ISFP型の人の友人関係は?

ISFP型の人の友人関係をみていきましょう。ISFP型の人は、社交性もあるので人付き合いは上手な方でしょう。それを苦としているわけでもないので、人に対して素直な気持ちで接することもできますし、人から受け入れられやすい性格でもあります。 そんなISFP型の人が、友人関係ではどのような特徴がみられるのか挙げていきます。

ISFP型の人の友人関係①:友好的

ISFP型の人は、友好的な性格をしているため、友人に対しても充分な気遣いができますし、いやな気持ちにさせないように努めることができます。内向的な性格でもあるので、人との距離は慎重に縮めていくことになるでしょう。 友好的な性格なので、人当りも柔らかく、表情も態度も温和なので人には優しい印象を与えることができます。そのため友人との間に溝などが生まれることもないでしょう。 人の気持ちに対して敏感でもあるので、相手の様子を窺いながら出方を見極めます。そのため遠慮深い人と思われることもあります。決して自分の気持ちを押し付けるようなことはしないのが特徴的です。

ISFP型の人の友人関係②:相手を立てる

ISFP型の人は、相手を立てることが上手です。周囲を引っ張っていくよりも、自分が支持する側に回るので、先導してくれる人を側でサポートすることを得意とします。先導してくれる人の気持ちを理解して、上手に立ち回ることができるのです。 大人数の場合でも、輪の中心にいる存在にはなろうとはしません。周囲の状況を見ながら適度な距離を保ち、人がどうしたいのかを見極めようとします。社交的で、人との関りは好みますが、やはり内向的なので人の出方は常に気にしているでしょう。 人の気持ちや出方を尊重しますが、きちんと自分の意見をいうこともできます。必要に応じて、自分の意見もしっかりいうことができるので、調和を乱さずにまとめていくことができるのです。

ISFP型と同系統の性格型を紹介!

MBTIには、全部で16種類の性格が挙げられます。MBTIのタイプ分けでは、相反する2つのタイプが4組あり、合計16種類のタイプに分類するのが基本なのです。 今回ご紹介しているISFP型には同系統の性格型が、他に3タイプ存在します。それぞれのタイプをご紹介しながら、どんなどころがISFP型と同系統なのか、みていきましょう。

ESTP型

ESTP型の性格は、おおらかで活動的、何か楽しい発見はないかと日々模索をしている性格です。将来的な計画を立てるよりも、今この瞬間の生きている喜びや楽しさを、思い切り満喫しようとしています。 自然体で愛嬌もあるので、人から愛されやすい性格です。予期せぬ喜びを人に与えることが好きで、社交的な部分がISTP型の人とも重なっている部分です。そして、自分にも他人にも寛容でいることができます。 ISFP型の人と違う部分と言えば、ISFP型の人が考えるより行動するのに対して、ESTP型の人は、自分の感情ではなく、論理的な考えから決断することができます。実務的なので、必要であれば他人に対して非情になることもできてしまいます。

ESFP型

ESFP型の性格は、常識的で活動的、くよくよ悩むよりも前向きに楽しもうとする性格です。人と一緒にいることが純粋に楽しく、人を喜ばせたいと考えています。あたたかく、親しみやすい性格から、非常に社交的な性格をしています。 自分のことも他人のことも受け入れようとするため、自分の意見を押し付けようとはしません。ISFP型の人と同系と言える面でもあります。そして、理論的に考えるよりも、自分の五感で感じたことから学ぶことのほうが多いでしょう。 根本的な性格は、ISFP型の人と非常に似ています。違うとするならば、ESFP型の人の方が陽気で快活、全身で生きることの楽しさや喜びを表現できるところでしょう。

ISTP型

ISTP型の性格は、冷静で理論的、独立心が強いといえます。感情よりも理論を重要視しているので、明確で頼りになる事実にしか納得しません。現実的であるうえに、勘もさえています。直感型という点では、ISTP型と同系でしょう。 基本的には、物事に個人の感情を交えず、冷静に理論的に問題を解決しようとします。自分で目標を立て、自分で道を選び、前進していくことができます。一人で論理的に考え、人に相談しないで大事な決断を下すこともあるでしょう。 ISTP型との違いは、自分の感情をコントロールできるところでしょう。一時は感情的になったとしても、気持ちを落ち着け臨機応変に対応することができます。そのため、急なトラブルにも冷静に対応することができる性格です。

ISFP型の性格は周囲の人をも充実させることができる

ISFP型の性格を捉えてみると、I型(じっくりものを考える、無口)S型(実際的、根拠に基づく)伝統的に男性的と考えられる特徴です。そして、F型(心が広い、柔軟性がある)P型(温かい、世話を焼く)伝統的に女性的と考えられる特徴になります。 自分のことよりも他人のことを優先させ、調和をとろうとするので人の気持ちに敏感になることができます。人の気持ちを思いやり、自分のこと以上に感じることもあるISFP型の人は、やはり繊細な心の持ち主なのでしょう。 考えることや計画性をたてることが苦手だという面は、時に人を戸惑わせてしまうので、短所ではあります。ですが、直感で動くことができ、その直感が人の手助けになるというのであれば、短所を上回る長所にもなるでしょう。周囲の人を充実させる力が十分にあるのです。

好きなことをして年収1億!?

「こんなにあくせく働いて、この給料かよ...」そう感じているそこのあなた。 実は今、100年に一度のビジネスチャンスが到来しているのです。 好きなことだけをして年1000万、2000万と稼ぎ出す人があとを絶たない、そんな時代がやってきています。 一体なぜ彼らは好きなことで稼ぐことができているんでしょうか? その秘密は...詳細はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

96neko

多感な時期にメンタルケアに触れる機会もあり、自分の中で日常的に心理学や偉人の言葉を考える事が当たり前...

人気記事

新着記事