2019年07月30日公開

2019年07月30日更新

ESTP型の特徴は?恋愛・友人・親子関係・仕事まで完全分析!

16類型性格診断は、多くの企業などで使用されている性格診断方法です。ESTP型もそんな16類型性格診断の一つです。ここでは、ESTP型の性格の特徴や長所や短所についてご紹介します。仕事や学習関係、恋愛観や友人関係についても解説していきます。参考にしてみてください。

ESTP型は楽しいこと大好きな冒険家タイプ

16類型性格診断とは、企業などで用いられることが多い性格診断方法の一つです。この中で、ESTP型は楽しいことが大好きな冒険家タイプと言われています。具体的にはどんな性格の特徴があるのでしょうか。 ここでは、ESTP型に注目して性格の特徴や長所や短所について解説していきます。適職や学習方法、恋愛観や友人関係についても、あわせてご紹介します。参考にしてみてください。

ESTP型の4つの指向性

ESTP型の人ってどんな性格?

16類型性格診断でESTP型だった人は、具体的にどんな性格をしているのでしょうか。楽しいことが大好きな冒険家という表現だけでは、すべての性格を表現できない部分もたくさんあります。 ここでは、ESTP型の性格についてより深く掘り下げて解説していきます。

ESTP型の性格の特徴①:ユーモアを大切にする

ESTP型の人はユーモアを大切にします。楽しいことが大好きなので、その楽しさを多くの人たちと共有しようという気持ちがとても強いのです。特に深刻な雰囲気になっているときには、ユーモアを大切にしようという性格が目立つ傾向があります。 周囲の人たちが暗い表情をしているときには、冗談を言ってその場を和ませようとします。ただ、ユーモアを大切にしようとしすぎるあまり、真剣な話をしているときでも冗談を言うことがあります。その場合は、不真面目だと思われてしまうこともあるでしょう。

ESTP型の性格の特徴②:好奇心旺盛

ESTP型の人は好奇心旺盛です。自分が知らないことには、特に興味を示します。知らないことを知ろうとする気持ちがとても強いのです。「未知の世界」という言葉にとても弱いと言っても良いでしょう。そのような言葉を聞くとわくわくします。 好奇心旺盛ですから、新しい方法や風習もすぐに取り入れることができます。革新的な考え方の持ち主でもありますから、古い慣習に囚われることはありません。ただ、新しいものに夢中になりすぎて、積み上げてきたものをないがしろにする傾向があります。

ESTP型の性格の特徴③:注目されることが好き

ESTP型の人は注目されることが大好きです。多くの人たちの関心が自分に向いている状態に快感を覚えます。自分に注目している人が多ければ多いほど、やる気やモチベーションが上がります。注目されているという事実が、エネルギー源になっているのです。 これは言い換えるなら、注目されていない場合はやる気やモチベーションが上がらないということです。縁の下の力持ちには向いていません。そのようなポジションにつくことになった場合は、やる気やモチベーションが上がらず、投げ出してしまうこともあります。

ESTP型の性格の特徴④:気持ちの切り替えが早い

ESTP型の人は気持ちの切り替えが早いという性格の特徴があります。一つのことでくよくよしたり、いつまでも悲しんだりしていないのです。すぐに気持ちを切り替えて、前を見つめることができます。前進あるのみという考え方があるからです。 このような考え方は周囲の人たちにも向けられます。他人の痛みや悲しみに寄り添うことはあまり得意ではないのです。一人で痛みや悲しみを癒そうとしている人に近づいて、無理やり元気づけようとすることがあります。

ESTP型の性格の特徴⑤:失敗を恐れない

ESTP型の人は失敗を恐れません。失敗しても何とかなる、と考えています。また、失敗は成功の基というモットーも持っていますから、失敗に対しては抵抗感がありません。大変前向きに捉えていると言っても良いでしょう。 ただし、失敗を恐れないために周囲の人たちを巻き込むことがあります。根拠もなしに大丈夫だと太鼓判を押して失敗するということがよくあります。向こう見ずな一面もある為、失敗して大事になってしまうこともよくあるパターンです。

ESTP型の性格の特徴⑥:他人の失敗を責めない

ESTP型の人は、他人の失敗を責めることはありません。たとえ他人の失敗で自分にも被害が被っても、その人を責めるようなことはありません。失敗を糧に次で成功すれば良い、という考えをいつも持っているからです。 他人の失敗を責めない代わりに、自分の失敗に対してもあまり反省するということはありません。周囲の人たちに迷惑をかけたという感覚がないのです。「自分も迷惑をかけられているのだからお互い様」という態度を取ることがよくあります。

ESTP型の性格の特徴⑦:他人を喜ばせることが好き

ESTP型の人は他人を喜ばせることが大好きです。楽しいことや嬉しいことは多くの人たちと共有した方が倍増する、ということを知っています。そのため、できるだけ多くの人たちを喜ばせようといつも考えています。 ある人の誕生日にサプライズを仕掛けてお祝いする、ということは良くあります。他人を喜ばせるために、その人の情報収集をしっかりします。その人の好きなものも確認した上で、喜んでくれるような計画を立てているのです。

ESTP型の人の長所と短所は?

すべての人には長所もあれば短所もあります。それは、16類型性格診断のESTP型の人も同じです。長所もたくさんありますが、それと同じだけ短所もあります。 ここではESTP型の人の長所と短所について、それぞれ分けてご紹介していきます。

ESTP型の人の長所

ESTP型の人にはたくさんの長所があります。ここでは、先にその長所についてご紹介していきます。

ルールや期限を守る

ESTP型の人はルールや期限を守ります。ルールや期限を守らずに誰かに迷惑をかけることは良くないことだ、という考え方を持っているからです。どんなことがあってもルールや期限は守ろうとします。 どうしてもルールや期限を守れない場合は、あらかじめ誰かに相談します。その上で変更をお願いしたり、打開案を提示したりします。ESTP型の人は調和を大切にするため、このような全体的なルールや期限に対しては、厳しい考え方を持っているのです。

危機管理能力が高い

ESTP型の人は、危機管理能力が高いという長所があります。いつも物事や状況を広い視野で見つめています。一つのことに囚われるようなことがないため、他の人よりも危険予測をする能力が高めなのです。 また、分析能力も大変優れています。何をどうすればどんな結果が起こるかという予測を、いつも頭の中で考えています。これも危機管理能力が高いということに良い効果をもたらしているのです。

他人の意見や先入観に惑わされない

ESTP型の人は、他人の意見や先入観に惑わされません。いつも自分の考えや思いをしっかり持っています。そして、自分の本心に忠実に従います。信じているのは自分の目で見たことと、自分が感じたことだけなのです。 ですが、他人の意見や先入観を無視しているわけではありません。そういう考え方の人もいる、という受け取り方をします。他人の意見は意見として認め、その上で自分の意見や考えを大切にしているのです。

誰とでも仲良くできる

ESTP型の人は誰とでも仲良くできます。他人に対する偏見は持ちません。誰にでも受け入れやすい一面と、受け入れがたい一面があると考えているからです。受け入れがたい一面は、そういう人もいるという見方をしています。 年齢も地位も関係ありません。すべての人たちに対して仲間意識を持っています。相手によって態度が変わるということもないでしょう。誰に対してもフレンドリーに接します。そのため、たくさんの友人知人がいます。

褒め上手

ESTP型の人は褒め上手です。相手のことをよく見ているからです。また、相手のことをいつも好意的に見ています。受け入れがたい一面よりも、その人の素晴らしい点を多く見つける努力をしています。 また、褒め方も大変具体的です。どのような点がどんな風に素晴らしいのか、ということを具体的に指摘して褒めます。本心からそのように思っているので、褒められた人は大変心地よく感じるでしょう。

ESTP型の人の短所

次にESTP型の人の短所についてご紹介していきます。短所だからと言って、悪い点とは限りません。ただ、そのように感じている人もいるということです。

真面目さがない

ESTP型の人は真面目さがありません。いつも多くの人たちを楽しませようというサービス精神があるからです。このサービス精神は、真面目な話をしている場面でも表に出てきてしまいます。深刻な雰囲気や真面目な空気があまり好きではないのです。 真剣な話し合いの場で、冗談を言ってしまったりすることがあるでしょう。状況によっては冗談を言ったことで、周囲の人たちから白い目で見られることもあります。今がどういう状況なのかを少し考える必要がありそうです。

突発的なトラブルに弱い

ESTP型の人は、突発的なトラブルに弱いという短所があります。危機管理能力は高いのですが、それは自分で予想した範囲内での危機管理能力です。予想外の展開で起こったトラブルには大変弱く、何をどうすれば良いのかわからなくなってしまいます。 わからなければ誰かに任せれば良いのですが、何とかしなければならないという思いだけは強くあります。そのため、余計な行動を取ってしまってますます状況が悪化するということもよくあります。わからない場合は静観することを考えた方が良いでしょう。

計画性がない

ESTP型の人は計画性がありません。特に長期的に計画を立てて一つのことに取り組む、ということはあまり得意ではありません。途中で飽きてしまうことがよくあるからです。いつも新しいことを求めている為、長期戦になると必ず途中で飽きて投げ出してしまいます。 計画性がないため、結果を急ぐ傾向があります。結果を急いだために失敗してしまうこともよくあるでしょう。ですが、本人は仕方がないと受け止めてしまいます。早く結果が出ない方が悪いなどのように考えてしまうのです。もう少し根気強さが必要です。

相手の気持ちが読めない

ESTP型の人は相手の気持ちが読めません。相手が暗い気持ちを抱えていても、その気持ちを理解したり寄り添ったりすることは、あまり得意ではありません。自分の世界観や考え方で相手に接してしまうことがよくあります。 明らかに相手が悲しい思いを抱えている状態でも、明るく接します。時には、少し無神経だと感じられるような言葉をかけてしまうこともあります。本人は元気づけているつもりなのです。ですが、相手の気持ちに寄り添うことが得意ではないので、言葉が悪いのです。

人の話を聞かない

ESTP型の人は、人の話を聞きません。相手の話をじっくり聞くということが苦手なのです。相手の言いたいことや考えていることを勝手に判断して、行動に移してしまいます。静かに相手の話を聞いていると、うずうずしてきます。 人の話を最後まで聞かないで行動してしまうため、失敗が多いという短所もあります。最後まで説明を聞いていれば避けられるような失敗を、数多くしてしまうのです。このタイプの人には、先に結論から話す必要があります。

ESTP型の人の仕事関係は?

ESTP型の人には、向いている仕事があります。適職に就くとより才能や能力を活かすことができて、仕事そのものが楽しく感じられるでしょう。 ここでは、ESTP型の人の仕事関係や適職についてご紹介していきます。

ESTP型の人の仕事関係①:多くの人と関わる仕事

ESTP型の人は、多くの人と関わることが大好きです。楽しさを多くの人たちと共有することで、倍増させようという気持ちがあるからです。また、とてもフレンドリーな為、多くの人たちから人気者になる素質も持っています。 このような特徴や素質を活かすためには、営業関係の仕事が適職と言えます。上手に顧客の心を掴むことができるので、取引先を増やしたり交渉を成立させたりすることができます。業績もアップして仕事そのものが楽しく感じられるでしょう。

ESTP型の人の仕事関係②:身体を動かす仕事

ESTP型の人は、身体を動かすことが好きです。じっと座っているとそれがストレスになります。デスクワークよりも、身体を存分に動かすような仕事の方が大変向いています。その方が、本人もやりがいやモチベーションを上げやすいということもあります。 スポーツ選手や工事現場での作業員が適職です。特に工事現場では現場監督よりも、作業員として働く方が良いでしょう。外に出て多くの人たちと関わりあいになりながら、身体を動かす仕事が大変向いているからです。その方がストレスも感じずに済みます。

ESTP型の人の仕事関係③:多くの人を楽しませる仕事

ESPT型の人は、多くの人を楽しませることに積極的です。そばに暗い表情の人がいたら、表情明るくせずにはいられないような性格の持ち主です。笑っていれば必ず良いことが巡ってくる、という考えをいつも持っているからです。 多くの人を楽しませたいという欲求を満足させるためにも、芸人は適職と言えるでしょう。もともとムードメーカー的な存在ですから、大変向いています。また、音楽家や記者の職業も良いでしょう。自分の感性を仕事にして多くの人を楽しませることができます。

ESTP型の人の学習関係は?

ESTP型の人には、向いている学習方法というものがあります。その学習方法を取り入れることで、現在の能力や才能に磨きがかかります。また、新たな才能の開花にもつながるでしょう。 ここではESTP型の人の学習関係についてご紹介していきます。

ESTP型の人の学習関係①:多くの人たちと一緒に学ぶ

ESTP型の人は、多くの人たちと一緒に同じことを学ぶとやる気やモチベーションがアップします。わからないところを互いに教え合ったり、相談し合ったりすることができるからです。わかるところもわからないところも共有し合える環境が大切です。 ESTP型の人が学習する際には、同じ目的を持った人たち同士で集まると良いでしょう。仲間意識が芽生えて学習する意欲が湧いてきます。また、多くの人たちと情報交換することで、新たな才能も開花しやすくなります。

ESTP型の人の学習関係②:実践を通しての方が覚えやすい

ESTP型の人は、座学にはあまり向いていません。椅子に座って机に向かい、先生となる人から一方的に教えられる、という状況は退屈してしまいます。どれだけ勉強する意欲があっても、座学になると途端にその意欲はなくなってしまいます。 ESTP型の人は、実践を通すことでより多くの情報を吸収します。わからないなりにやってみることです。失敗から学ぼうとする姿勢も持っている為、座学よりも知識の吸収が早いという特徴があります。 また、実践を通して学ぶことで、新しいアイデアも浮かびやすくなります。もともと身体を動かすことが好きな性格ですから、実践を通して学んだ方が本人も楽しめるのです。ESPT型の人は、マニュアルもあまり読まないで行動に移すこともよくあります。

ESTP型の人の学習関係③:褒められるとやる気が出る

ESTP型の人は、自分が褒められることが好きです。他人をよく褒めますが、これは自分も褒めて欲しいという気持ちがあるからです。自分の努力や成果が他人に認められると、今まで以上にやる気を出して取り組みます。 本人は努力を大袈裟にアピールすることはありません。自分の努力をアピールして褒めてもらおうという考えはないのです。ですが、誰かに見ていて欲しいという気持ちはいつもあります。 褒める場合には具体的な形で褒める方が、よりESTP型の人の心に響きます。どこがどんな風に良いのかということを、明確に指摘しましょう。その上で、大変助かっているということも付け加えると良いでしょう。すると、ますます学ぼうという気持ちが強くなります。

ESTP型の人の恋愛観は?

ESTP型の人と恋愛面でお付き合いするには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。恋愛観を知ることで、恋愛関係になってもお互いに良い関係を築くことができるでしょう。 ここでは、ESTP型の人の恋愛観についてご紹介していきます。

ESTP型の人の恋愛観①:アウトドア派の人を好む

ESTP型の人は、アウトドアが大好きです。室内にこもってじっとしているのは、ESTP型の人にとっては苦痛に感じます。時にはストレスになることもあるでしょう。いつも外の空気を吸って、身体を動かしていないと気持ちが落ち着かないのです。 デートなどでは映画鑑賞などは向いていません。また、カフェ巡りをしてのんびりおしゃべりを楽しむということもあまり向いていません。アウトドアで身体を動かして楽しめるデートを好みます。同じアウトドア派の人を恋愛対象として見る傾向があります。

ESTP型の人の恋愛観②:芸術的なことが好き

ESTP型の人は、芸術的なことに関心が高いという特徴があります。基本的にはアウトドア派なので、外に出て身体を動かしていることが好きです。ですが、芸術的なことにも関心が高く、美術や音楽などのようなことに詳しいという一面も持っています。 芸術的なことが好きと言っても、通り一遍の知識ではありません。自分の好きな芸術家に関してはかなり深い知識を持っています。そのため、恋愛において同じような歓声を持った人を好む場合があります。 デートでもアウトドアだけではなく、美術館巡りやクラッシックコンサートなどに誘うこともあるでしょう。たとえ相手に知識がなくても、予備知識として下調べをしておけば、足りない知識は補充してくれます。芸術的なことに関心のある人も好むということです。

ESTP型の人の恋愛観③:外見が魅力的な人に弱い

ESTP型の人は、外見が魅力的な人に弱いという特徴があります。芸術的なことに関心があるのも、視覚で捉える情報に弱いという特徴があるからでしょう。この特徴は、異性に魅力を感じる場合にも大きな影響を及ぼしています。 性格的に合わないと感じても、外見が自分の好みにぴったりであれば、その人のことを好きになります。中身よりも外見重視なのです。特に肉体的な魅力に惹かれることが多くあります。男性なら女性の腰のくびれ、女性なら男性の容姿に強く惹かれます。 また、外見が自分の好みにぴったりの人に出会った場合、自分にすでに恋人がいても心惹かれることがあります。これは相手にすでに恋人がいても同じです。自分や相手に恋人がいても、外見が自分にとって魅力的だと感じると、積極的にアプローチをします。

ESTP型の人の友人関係は?

ESTP型の人が友人にいた場合は、どんな特徴があるのでしょうか。また、どんな風に接すると楽しいお付き合いができるのでしょうか。 ここでは、ESTP型の人の友人関係についてご紹介していきます。

ESTP型の人の友人関係①:冒険好きな人を好む

ESTP型の人は、冒険が大好きです。マンネリや安全な状況は我慢ができません。平和であることをあまり重視していないのです。穏やかな日常よりも、ハラハラしたりドキドキしたりするような、スリルに溢れた日常を好みます。 そのため、同じような冒険好きな人を好む傾向があります。考えるよりも、とりあえず行動を起こしてみようというノリの良い人が、性格的に合うのです。また、失敗しても大笑いをして笑い飛ばせるような人を友達に選びます。

ESTP型の人の友人関係②:隠し事をしない人が良い

ESTP型の人は、友人はとても多いという特徴があります。誰とでも分け隔てなく友達になれるからです。初対面の人に対しても、警戒心を抱くということはありません。自分のことをオープンにして相手に積極的に近づいていきます。 これは、隠し事をしないからです。自分のことをオープンにする代わりに、相手も自分のことをオープンにして欲しいと思っています。そのため、プライベートが謎に包まれているような人は好みません。お互いにすべてをさらけ出せる人を友達に選びます。

ESTP型の人の友人関係③:にぎやかで明るい人が多い

ESTP型の人は、にぎやかで明るいという特徴があります。あまり物事を深刻に捉えるということはありません。深刻に捉えても仕方がないと考えているからです。それよりも笑い飛ばした方が、新しい解決策が見い出せると思っています。 自分がこのような性格ですから、にぎやかで明るい人が周りに多いという特徴があります。物事を深刻に考えすぎる人や悲観的になりすぎる人はあまり好みません。何とかなる精神で、明るく乗り越えられる人を好みます。

ESTP型と同系統の性格型を紹介!

16類型性格診断には、4つの系統があります。SJ系統、SP系統、NT系統、NF系統と合わらされています。これら4つの系統の中にはそれぞれ4つのタイプがあります。同じ系統に分類されいてるタイプは、似たような一面があるということです。 ESTP型は、SP系統に分類されます。このSP系統の中には、ESTP型のほかにESFP型、ISFP型、ISTP型の3つがあります。ここでは、ESTP型以外の3つの性格型について簡単にご紹介します。

ESFP型

ESFP型は、とても感受性豊かな性格をしています。ただ、感受性が豊かであっても、あまり深刻な一面は持っていません。どちらかというとお調子者です。職場などではムードメーカーとしての立ち位置になります。 ESTP型もどちらかというと明るい性格の持ち主です。多くの人たちが集まる場所では、ムードメーカーとしての立ち位置になります。この点で、ESTP型とESFP型は大変似ています。

ISFP型

ISFP型は、おしゃべりな性格ではありません。どちらかというと物静かな性格の持ち主です。ですが、協調性を何より大切にします。周囲の人たちと衝突することが嫌いなのです。 ESTP型の人も、人間同士の衝突を嫌います。他人との衝突を回避するために、明るい性格をしていると言えるでしょう。協調性を重視しているという点で、ESTP型とISFP型はとても似ています。

ISTP型

ISTP型は、かなりの冒険好きです。穏やかな状態は退屈だと感じます。マンネリや平和な環境は好まず、ストレスを感じることさえあります。 ESTP型の人も冒険好きです。いつもスリルを求めています。ISTP型もいつもスリルを求めていますから、この点で大変似ているのです。

ISTP型の人は根っからのエンターティナー

ISTP型の人は、根っからのエンターティナーと言っても良いでしょう。いつも多くの人たちが心から楽しめる方法を考えて、それを実行に移しています。時には無謀とも思える行動に出ることもありますが、それも多くの人たちを楽しませようという情熱の為です。 ISTP型の人は、誰かに迷惑をかけたいと思っているわけではありません。ある程度の失敗や迷惑は許してあげると良いでしょう。また、素直な性格の持ち主でもありますから、ブレーキ役になる人がそばにいると損害は最小限に抑えられるでしょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

五月女 霞珠

五月女 霞珠

心理カウンセラーとしての資格を保有。心理カウンセラー、占い師を経て、現在はスピリチャルライターとして...

人気記事

新着記事