2019年12月16日公開

2019年12月17日更新

しつこい人の特徴や性格・心理は?対処法と自分がしつこくならない方法

しつこいというのは相手を不快な心理にさせる行為です。しつこい人の断り方に困っている人や、しつこい性格と言われ悩んでいる方もいるでしょう。この記事では、しつこい人に見られがちな特徴や性格を解説し、心理や対処法をご紹介します。

しつこい人にうんざりしているあなたへ

「しつこい人」と聞いて、良いイメージが浮かぶ方はいないでしょう。面倒くさい、敬遠するべき人という意味で使われる言葉です。ただ、自分からネガティブな印象を与えたいという人はとても少数派で、ほとんどの場合無意識に、あるいは仕方なくしつこくなってしまっています。 今回は「しつこい人」をテーマに掘り下げ、しつこい人の特徴や性格、心理を考え、理解する方法や対処法、自分がしつこい人にならないための方法をご紹介します。

しつこいの意味とは?

しつこいとは、執念深い、執着して離れようとしないさまを表わした言葉です。漢字では「執拗い」と書きます。その他にも極端に濃い、自分の主張を押し通すといった意味もあり、ネガティブな言葉として使われます。

しつこいを使った例文

しつこいを用いた例文をいくつかご紹介します。 ・しつこく食い下がる 自分の主張を押し通し、引き下がらない様子を意味します。 ・味がしつこい 「濃い」という意味で使われることもありますが、「濃厚」というポジティブな意味よりも「~すぎる」、「不快なほど」という前提で使われる言葉です。 ・あの人のしつこさにはうんざりする 極端に執念深い様子を表わします。

しつこいの類語

次に、しつこいの類語を紹介したいと思います。 ・くどい しつこいと非常に近い意味を持ちます。「何度も繰り返してわずらわしい」という様子が強調されているのが違いです。 ・ひつこい 主に関西でよく使われる言葉ですが、正式には「しつこい」です。方言として「ひ」の音を発音します。 ・根気強い ものごとをあきらめず続けるさまを意味する言葉です。しつこいとの違いはポジティブなイメージの言葉です。 ・粘り強い こちらもポジティブな言葉です。「根気強い」より連続性を強調する意味では「しつこい」に近い言葉といえます。

しつこいの対義語

次に、しつこいの対義語をご紹介します。 ・潔い すがすがしく未練がないという意味です。また、物事を公平に受け止める様子を表わした言葉です。 ・淡白 あっさりしていてこだわらない様子を意味する言葉です。ひっかかりがなさすぎるという意味ではネガティブな使われ方もします。 ・さばさば 元々「さわやか」が語源で、すっきりしていて割り切れた様子を意味する言葉です。現代では最も使われるのではないでしょうか。

しつこいの英語表現

しつこいの英語表現にはどのようなものですががあるでしょうか。いくつか見ていきます。 ・persistent 粘り強い、頑固な、という意味が含まれますが、「問題がある場合や他者に配慮しない」という前提がつきます。 ・pushy 厚かましい、強引な、という意味があります。「しつこい」のネガティブな側面をよく表わした言葉です。 ・insistent 強く主張する、強要するといった意味で使われます。

しつこい人の特徴

根気強さも一歩間違えるとしつこさになってしまいます。しつこい人というのはいわば間違えた頑張り方をしている人と言えるでしょう。しつこいと思われる人に見られる特徴を考えてみましょう。

ラインを連続で送ってくる

現代ならではのしつこい人の特徴として、ラインの送信数が多すぎるというものがあります。ラインを送って一定時間返信がない、既読にもなっていない。このような場合、相手は忙しい、気分が優れない、話題に興味がない、タイミングを調整するためあえて読んでいないと考えられます。 忙しい以外の原因で相手からの返信が遅れている場合は、あなたは面倒だと後回しにされています。そこに重ねてラインをすると、さらに相手の負担を増やしてしまい、あなたはしつこい人という印象を持たれてしまうでしょう。

相手との距離感が近い

しつこい人は、相手との距離感が近すぎる傾向があります。相手がそこまで親しくないと思っていても、会話の時に近づいて話す人が多いです。 距離感が近すぎる例として、人の非公開のSNSにフォローリクエストを何度も求めるというものがあります。相手は見せる人を選びたいからSNSを非公開にしています。そのような行動は、たいていは自分勝手でしつこい印象を持たれてしまうでしょう。

行動が極端

時期や相手によって行動が極端に変わるのもしつこい人の特徴です。自分が興味のあることにだけ、気持ちが乗っている時にだけ積極的に関わり、それ以外の時は全く何もしないといったような極端な行動はまわりに裏表を感じさせ、不信感を与えてしまいがちです。 相手からすると気持ちのよいものではなく、一度ならまだしも連続するとしつこいという印象になります。

しつこい人の性格

相手との関係性を考えず、一方的に要求を押し通そうとするとどうしても同じ行動を繰り返すことになり、これがしつこいと思わせる原因です。なぜこのようなことが起こるのかについて、しつこいと思われる人の性格について考えてみます。

自意識過剰

自意識過剰な性格は、しつこさに繋がることがよくあります。例えば相手が「今度ご飯でも行きましょう」と言ってきたり、身につけた物を褒めたりすることがあるでしょう。 そこで食事の日にちを具体的に提案したり、どこで購入したかというのを深く掘り下げて話題にすることは間違いではありません。 しかし、食事のお誘いは社交辞令的にされている可能性もありますし、日程を決めようとして相手の反応が悪くても、繰り返し聞いてしまえば相手はしつこいと感じてしまうかもしれません。

神経質

神経質な性格の人はしつこいと思われがちです。神経質な人は物事を判断するためのチェックポイントを細かく、それは大雑把よりも細かい方が物事における失敗を回避しやすいと考えているからです。 しかし、細かい部分にこだわりすぎて、「あれはどうなの?」「これはどうなの?」と相手を問い詰めすぎると、相手から「しつこい」と敬遠されてしまうかもしれません。

真面目

真面目な性格ということ自体はとても良いことですが、神経質な性格と合わせることで「こうでなければいけない」という主張が強くなり、相手に息苦しさを感じさせてしまいます。 相手が少し気にはなるけど直さなくてもいいか、と思っていることを「だめ」と言ってしまうと、相手からしつこい人、ねちっこい人という印象を持たれるでしょう。

わがまま

相手にとって都合の悪い、あまりしたくないことを執拗にお願いすると、自分の都合ばかり優先する=わがままな性格の人という印象を与えます。拒否されても食い下がっていると、しつこく思われがちです。

しつこい人の心理

同じようなお願いであっても、状況、相手、タイミングによって受け取る印象は異なります。 しつこいと感じさせてしまう人は判断能力に欠け、感情の抑制が効きにくい状態になっていて、これには個人の(特に潜在的な)心理が大きく影響します。しつこい人の心理にはどのようなものが隠されているのでしょうか?

寂しい

しつこい人の心理の一つに、寂しさを感じていることが挙げられます。 寂しさを解消するためには、周囲から必要とされることが最も効果的です。寂しい状態というのは、周囲からのフォローをより多くほしがっている状態とも言えます。 そんな時、人は相手が反応してくれることが嬉しくて「もっとちょうだい」を繰り返してしまい、相手にしつこいと思わせてしまいます。

「知らない」ことが怖い

しつこくなってしまう心理には、未知の物事に対する恐怖という心理作用が強くはたらいています。 例えば目をつぶったまま歩かなければいけないとして、自宅では歩けますが公道では危険すぎて歩けないでしょう。これは家具や間取りの距離感とそこに起こりうる危険、つまり空間を知っているか知らないかが影響しています。 周りの人の多くが「これは大丈夫だろう」と判断したポイントに対して執拗に検証や根拠を求める慎重すぎる態度は、相手にしつこいというイメージを与えるでしょう。

認められたい

しつこさは、ポジティブに考えれば根気強さ、つまり努力家ということになります。そしてその「努力している」ということを自分で強く認識し、自負しているからこそ、周囲に認められたいという心理になります。 すると、「これほど努力しているのに周りが評価してくれない」と頑なな態度をとってしまうこともあります。周りの人からすると一定の評価をしているにも関わらず、「もっと褒めてほしい」と要求されていることになり、しつこいという印象を持ちがちです。

しつこい人を理解するためのポイント

しつこくなってしまう人を理解するためのポイントを考えてみましょう。前提として、必ずしも望んでしつこくなっているわけではないということを理解しておきたいところです。

しつこい人に共通する部分

何かを成し遂げる時に、明らかに本人よりも大きな負担、責任を相手に求めるというのがしつこい人に共通する特徴です。 物事に取り組む時、もちろん周囲の協力は必要不可欠です。しかし同時に周りの人の理解を得る必要があり、そのためには当人がある程度率先して行動を示すことが大切でしょう。 また、しつこくなっている時は本人も要求が通らないことをうすうす感じているというのも特徴です。成功の道筋が見えているようなら、そもそも力技で押し通す必要はありません。 つまり、一人ではどうしようもなく、困っているので助けてほしいという心理になっており、相談する相手や場所、タイミングに配慮する余裕のない状態です。

子供の行動から考えるしつこさの理由

ショッピングモールなどで大声で泣き叫んでいる子供を見かけますが、あれこそしつこくする人の心理や性格を最もよく表わしたものです。なぜ泣くのかというと自分の要求を通すためでしょう。 大人であれば言い方を変える、対価を用意する、諦めるといった方法を取りますが、コミュニケーションの引き出しがまだ少ない子供は同じ提案を繰り返します。無自覚にしつこい人はこのような心理になっている場合が多いです。 他に思いつく方法がないので、時間をかけて相手が譲歩するのを待っている状態です。

好意も度を過ぎるとしつこさになる

しつこいというのは好意からくる場合があるというのも、しつこい人を理解するポイントです。神経質で恐怖心やプレッシャーを感じやすい繊細な人ほど、自分なりの克服方法を持っていて、多くは準備を怠らない、という解決方法に至ります。 実際は感覚や問題への対処法は人によって異なりますが、「自分はこうして乗り越えた」というのを押し付けてくることがあります。 言われた側としては話の正当性については一定の理解ができるものの、納得や譲歩をするには言い方と態度に配慮が足りないので、成否はともかく心情には寄り添えないと感じる状態です。 これは話し手が望んでいる「内容を通じて心情を汲み取ってほしい」ことと正反対の状態で、勘違いしたまま話し合いを続けると双方ヒートアップしがちです。受け手が言い方に我慢して意見を受け入れると、話し手の態度も軟化し円満に解決することが多いです。

しつこくする=悪いではない

繰り返し同じことを言うという行動全てを、しつこい性格だと定義するのはとても危険です。例えば仕事は速いがケアレスミスの多い人に正確性を求める作業を任せた場合、何度も確認したくなるのが心理です。 また、本人は細やかな性格にも関わらず、活発で愛嬌のある性格的側面から周囲に「おっちょこちょい」と思われている人もいるでしょう。このような場合は周りもついついおせっかいを焼く=しつこくしがちです。 しつこさとは執着であり、執着とは愛情の裏返しである側面もあります。発信者の心理背景や人間関係から総合的にしつこいかどうかを判断するべきでしょう。

しつこいということの定義

まとめると、相手にメリットがない提案を信頼関係で補うこともなく、代案もないままに繰り返しお願いし苦痛を与えるというのがしつこいということの定義になります。 また、好意からの執着や、やむを得ずしつこくならなければならない場合もあるでしょう。言い方やタイミングも大切です。 いずれにせよ、提案者が率先して行動し、周囲がそれを理解していればしつこいという心理にはならないでしょう。

しつこい人の対処法・撃退法

特に穏やかな性格の人は、強くお願いされるとついつい仕方がないという心理になり、不利な提案を受けてしまいがちです。また、断るにしても方法によっては思わぬ人間トラブルに発展することもあり、相手に悪意がない場合は無闇に傷付けてしまうケースもあります。 しつこい性格の人の心理を理解し、正しい対処法や撃退法を考えてみましょう。

まずは相手の言い分を理解する

子供の例でもあるようにしつこくお願いされた場合、断った場合のデメリット、またはお願いされ続ける時間に対しての苦痛を考え、「受けたほうがまし」という結果になることもありますが、同じことが繰り返される可能性を考えればできれば避けたいものです。 この場合は面倒だという先入観を抑え、一度機械的に相手の言い分を聞くというのも有効です。 この方法の良いところは、こちらが一度客観的に提案の全体像を確認できること、提案者側からしても反応が薄いので交渉の主導権を取りにくいこと、順を追って説明してもらうことで、しつこくなっていないかを確認させる心理状態に持っていけることです。

断り方の順番に注意をする

相手の話を理解することと連動して、自分が断るにしても順番を意識することが大切です。その際、相手の気持ちにも一定の理解を示すと話が円滑に進みます。 一般的には頼みごとをする際に相手はまず用件を端的に説明するはずです。こちらはこのタイミングで拒否する、または否定的な理由を先に言ってしまう、その上でなぜそれをする必要があるのかの説明を求めると交渉の主導権を握ることができるでしょう。 否定的な理由を先に説明するのは、話の詳細によっては肯定する余地があることを感じさせ、しつこい人の用件が本当にこちらの事情より大切なことか考える心理にさせることと、結果的に断られたが交渉の上仕方がなかったという心理にさせるためです。

承諾する場合は特別感を強調する

交渉材料が出揃い考えた結果、相手の提案を受けることもあるでしょう。特に継続的な関係を保つ必要がある場合はなおさらです。不必要にもったいぶることもありませんが、「あなたの言うことだから頑張る」程度のニュアンスはこちらも加えるべきです。 しつこい人の承認欲求を満たすことで次回からこちらの事情にも配慮する心理に促し、「貸し」を作ることで無理な要求を控える心理に誘導することができます。この際、くれぐれも偉そうにいうことは避けるべきです。

あなたも要注意?自分がしつこい人にならないためには

しつこいという心理は言われた側の受け取り方にも大きく左右され、そのようなつもりはないのにいつのまにかしつこい人と思われてしまう可能性もあります。誤解を生まないためにしつこい人にならない方法を考えてみましょう。

常に自分が損をするイメージで提案する

団体行動において不公平であることは理不尽だと感じる人が多く、理不尽なことが繰り返されるとしつこいという心理にたどり着きます。 相手に不公平感を持たれない方法は、自分が最も労働力が大きく、対価が見合っていない=損なポジションを担当することです。さらに言えば率先して物事を成功させたい場合は損得勘定を持たない方がよいでしょう。 自分が最も厳しい立場に回っていれば、統括的な提案や口出しを繰り返したとしても相対的に緩和されます。結局、行動することでしか周りの理解を得られないことを認識したいところです。

否定的な言い方を控える

上下関係のない団体で活動しているにも関わらず、個人の労働量や実績、モチベーションによって立場に便宜上の差が出ることがあります。この差を埋めるためについつい強い口調で叱咤激励をしてしまいがちですが、控えるべきでしょう。 注意した人にしてみれば、イメージした成果と真逆の結果になり、自分も損をすると踏んだり蹴ったりです。この場合に忍耐強く理性的な判断ができるかどうかがしつこいと思わせるかそうでないかの分岐点です。 どのような場合でもヒステリックになるのは禁物です。話題の性質上否定的な物言いになり、私情を抑えるのは大変ですが「チームとして良くなること」を優先し前向きに行動することで、結果的に信頼も深まるでしょう。

発信の頻度はバランスを意識する

しつこいと思われる人の特徴として、時期によって連絡の頻度が大きく変わるということがあります。それまでの関係性を無視した大胆な行動は相手に警戒心を与え、理解しようとする気持ちを失くします。 どれだけ情熱的なアプローチであっても一時的なものはしつこさでしかありません。本人のタイミングや感情ももちろん大切ですが、極端に連続した言動は抑え、継続的に少しづつ信頼を深めていくことが結果的には相手の心を掴む近道です。

しつこい人の性格や心理を理解してよりよい関係を作ろう!

受け取り手の心理を理解し、バランスのよい関係を保つことは簡単ではありません。とは言え、焦りから感情が先走ってしまうと言動はどうしても極端になり、それが続くと相手にしつこさを感じさせてしまいます。 前向きな感情の出所をそのまま相手にしっかり伝えるため、または心情を理解してよりよい関係になるため、しつこさについてぜひ考えてみていただければと思います。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

アメフラシ

アメフラシ

人間の心理からくる行動の傾向、前向きに生きていくための方法を皆様にわかりやすく解説できるよう心がけま...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事