2019年05月30日公開

2019年06月30日更新

職場でいじめにあったらどうする?いじめから抜け出す解決方法とは

職場でいじめに遭っていませんか?いじめなんて学生のすることだと思ったら、そんなことはないのです。社会に出たっていじめはあります。もしあなたが職場でいじめに遭ってしまったらどうしますか?今回は職場でいじめに遭った時に出来る解決方法を紹介します。

職場のいじめは多種多様に存在する

あなたの職場にいじめはありませんか?大人になってもいじめというのは存在します。人がそこにいる限り、いじめはなくならないとまで言っている専門家もいます。職場でのいじめは、学校でのいじめとは少し違い、多種多様に存在しているのです。 パワハラ、セクハラ、マタハラ(妊娠にまつわるハラスメント)というのも、職場でのいじめの一種です。上司という立場から部下に対して圧力をかけて職場に居づらくさせてしまうことを言います。また、仕事が出来ることや上司に気に入られていることへの妬みによるいじめもあります。 職場での恋愛のいざこざによっていじめられることもありますし、同僚グループから学生の時に起こるような無視や悪口など、集団でのいじめを受けることもあります。学校よりも関係が複雑になることで、いじめが多様化してくるのが職場のいじめの特徴です。

また職場でのいじめとなると、仕事を変えなければならないことがブレーキとなり、なかなか逃れることが難しくなりがちです。また一日の大半が仕事に割かれるため、朝から晩までいじめの加害者と顔を突き合わせるような状況にも陥りがちです。 大人だから、良識ある行動をとると思ったら、それは違います。大人のいじめは、さらに陰湿で執拗です。あまりにも辛いときには、さらにエスカレートする前に仕事を辞めるというのも手です。これは逃げたのではありません。身を守ったのです。 でももしその前に出来ることがあるのであれば、少しやってみましょう。それでもだめならいつでも辞められると思っていれば、少しだけ強くなれます。

職場のいじめの具体例

職場のいじめというと、こういった行為が行われます。学生時代のいじめと同じようなこともありますし、大人ならではのいじめもあります。

仕事をくれない

仕事を受けようとすると、周りが邪魔をして、仕事が回らないようにするなんてことが職場のいじめでは起こります。周りは忙しそうにしているのに、自分だけがやることなく椅子に座っているだけという状況を思い浮かべてみてください。得も言われぬ苦痛を感じます。 「手伝いましょうか?」と声をかけても「いいよいいよ、大丈夫」と取り合ってもらえません。仕事が回ってきたと思って張り切って手を挙げても、他の人に回されてしまいます。まるで透明人間のような扱いです。

暴言

同じようなミスをしても、あの人には「まあこういうこともあるよ。次は気を付けてね」と優しい言葉なのに、こちらには「何をやってんだ!バカなのか!」と暴言の嵐。書類を叩きつけられ、怒鳴り散らしてきます。 周りも、どの様子を見てはいますが、誰も止めようとしませんし、声もかけてくれません。少しでも言い返そうものなら「やり方が気に入らないなら、やめろ!」と言われるだけ。黙っていても「なんとか言えよ!」と怒られますが、暴言が終わるまで、じっと耐えるしかありません。

無視される

ある日職場に行ってみたら、誰も挨拶を返してくれません。仕事のことを聞いても、みんなこちらを見ずにスッといなくなってしまいます。これまで仲良く話をしていた隣の人に声をかけてみましたが、まるで聞こえていない様子です。 他の人が退勤するときは、みんな「お疲れさまでした」と声を掛けますが、それもありませんでした。どうしても必要なことは返答をくれますが最低限。あとは無視です。

噂を吹聴される

言った覚えのないことや、やった覚えのないことを、まことしやかに吹聴されていたりということもあります。少し「ちょっと気持ちが参ってる」と言ったら次の日には「精神病になったらしいよ。表情もおかしいよね」などと言っているのが聞こえてきたりします。 あることないこと言って回り、周りを味方につけて居場所を少しずつ奪っていくいじめ方というのも職場のいじめにはあります。

雑務を押し付けられる

みんなで分担すれば早く終わる雑務が、なぜかひとりの人のところに山積みになっています。またそれを誰も手伝おうとはせず、その人は毎日まいにち残業です。「手伝ってほしい」とお願いしても「今日はちょっと…」とみんな逃げてしまいます。 上司に相談しても、「みんなそれぞれ仕事を抱えている」と言われてしまい、なんの解決にもなりませんでした。でもみんなは定時かそこそこの時間には帰っています。

お給料をきちんと支払ってもらえない

びっくりするような話ですが、職場でのいじめはこういったこともありえます。会社ぐるみでのいじめに発展している時に起こりがちです。「仕事してないんだから給料を出せるわけがない」と言われてしまったり「残業はしてないだろ」と残業代をなかったことにされたり。 はたまた、残業手当がつくということを誰も教えてくれていなかったりなんてこともありえます。そういったいじめは、生活にも影響する非常に悪質ないじめです。

他人のミスを押し付けられる

これも職場ならではですが、他人のミスを押し付けられるということもあります。上司の指示で行った仕事が実は不正だったことが発覚した、なんて時に、「彼が単独で判断してやったことです。指示は出していません」と言い逃れされてしまうなんていういじめもあります。 こういったいじめは、常に何かあれば、その人の責任ということにされてしまい、精神的に非常に苦痛です。「指示で動いたと言えばどうなるかわかってるな?」と脅されることもあり、恐怖心や不安感を植え付けられる非常に不健全な状況です。

プライベートを言いふらされる

職場でのいじめとして、プライベートを言いふらされるといういじめ方もあります。「○○さん、若い女と歩いてたらしいよ。前の人と違うよね」「この前、おじさんとホテルに入っていくところ見かけたの、あれ誰?」などと、大きな声でみんなに聞こえるように言いふらされるのは精神的に参りますね。 こういったデリカシーのない扱いも、いじめなのです。

職場でいじめられるタイプとは

職場でいじめられやすいタイプというのもあります。どういったタイプが職場でのいじめに遭いやすいのでしょうか?

新人

新人と言うのは、みんな必ず通る時期ではありますが、この新人という時期はいじめに遭いやすい時期でもあります。まだ右も左もわからず仕事が出来なくても仕方がないのですが、失敗するたびに先輩から暴言を吐かれる、飲み会に参加しないと仕事を山積みにされるなど起こりがちです。 割と新人いじめが横行している職場では、先輩に過去いじめられていた人が、先輩になった時に、今度は後輩をいじめるという構図が多いです。また、若さを妬まれていたり上司からチヤホヤされていることへの嫉妬からくるいじめもあります。

仕事ができる人

他に比べて、群を抜いて仕事ができる人というのもいじめに遭いやすいタイプです。他も同様に出来ていれば目立たないのですが、やたらひとり出来てしまう時に、起こりやすくなります。例えば営業職で、その人だけが常にトップで上司にいつも褒められているようなタイプです。 また対人援助職でなどですと、利用者からの人気が異様に高いことや信頼が厚いことなども、やっかみとなりいじめに発展することが多いです。

綺麗な人

割と女性の職場でありがちなのが、綺麗な人に対してのいじめです。美人と言うだけで、やっかみの対象となってしまい、事あるごとに嫌味を言われたり、あることないこと噂されたりします。その上仕事が出来ると「枕営業してる」などと言われることも出てきます。 また綺麗な人は、上司からセクハラの対象にもなりやすかったりします。執拗な誘いや、連絡。それを断ると圧力をかけてくるなどといういじめもあります。 見た目に綺麗な人というのはいじめられやすいタイプです。

おどおどしている人

仕事という場において、おどおどしている人というのはいじめに遭いやすいタイプです。仕事はストレスを感じやすいところがあります。そういったストレスを人に向ける人というのは少なからずいます。そうなった時に、やはりおどおどしている人は弱く見えるので、はけ口にされがちです。 目が合わせられなかったり、「すみません」が口癖だったりすることで、人はこの人は弱い人だと認識します。そうなると、ストレスで苛立った時に八つ当たりする相手として無意識に選んでしまうのです。暴言を吐いてみたり、無視してみたりといういじめが起こります。

先輩や上司のお気に入り

最初から先輩や上司に気に入られており、ひとりだけ飲みに連れて行ってもらっていたり、仕事をミスしてもかばってもらっていたりする人というのも、職場のいじめの対象になりやすいです。 同僚からすれば、なんであいつだけ可愛がられてるんだ…となってしまい、不審な目で見られ、それがいじめへと発展していきます。

職場でいじめられた時にやらない方が良いこと

職場でいじめにあってしまった時に、やらない方が良いことがいくつかあります。これは職場に限らず、どこでいじめに遭ったとしても同様に言えることです。 いじめというのは、そもそも相手を蹴落としたい、相手の辛い顔が見たい、相手を屈服させたいという想いから起こることです。そのため、いじめを受けたからと言って、感情的に泣いてしまったり、取り乱してその場から逃げてしまったりすると、相手の思うつぼなのです。 また「やめてください!」と勇気を出して言うことも、相手のいじめたい気持ちをさらに刺激します。また、どんどん落ち込んでいってしまうのが目に見えてわかると、いじめたほうは、もっと叩き潰したいと考え始めてしまいます。

いじめは、それを気にしている姿を見せてしまうことが、一番やらないほうが良いことなのです。なんとかやめてほしくて、泣いてみたりしても、逆効果となってしまうのです。職場でのいじめは辛くて、どうしても感情が見え隠れしがちですが、出来る限りやらない方が良いでしょう。

職場でいじめられた時の対処法:まだ退職したくない時

職場でいじめに遭っている、でも仕事はまだ辞めたくない。そんな時に出来る対処法があります。

無視して仕事に集中する

もしあなたの中で、これは仕事と割り切れるのであれば、無視して仕事に集中するのが一番効果的な対処法です。いじめというのは、相手が反応しなければつまらないものなのです。だから、仕事をしにきていると肝に銘じて、仕事に打ち込みましょう。 あることないこと吹聴されていると他の人から聞いても「へえ、そうなんだ。さあ、仕事しよう」程度の受け流し方が有効です。そうやって別にたいして気にしていないとなれば、いじめている側もだんだんつまらなくなって、いじめがおさまります。

冷静に対応する

冷静に対応をするというのも、有効です。無視をされてしまう時も、お互いに仕事に必要なことだけは話をせざるを得ません。そこは、おどおどせず感情的にもならずに冷静に話をしましょう。 挨拶などは、相手が無視していても、「おはようございます」「お疲れ様です」など自分は言うことが実は有効です。こちらも無視してしまうと同じ土俵に上がってしまうので、最低限の挨拶はしておきましょう。 そうやって冷静に対応していると、中には自分がいかに子どもじみたことをしているのか気が付く人も出てきます。また神経が図太い人に見えるので、いじめても意味がないように感じられます。そういった意味で、冷静に対応するというのは有効です。

相談機関を利用する

いじめへの対応はいじめの内容によってケースバイケースな部分もあります。ひとりで抱え込まずに相談窓口などを利用するのは有効な手段です。的確なアドバイスをもらえます。大きな会社ですと、そういった社内で困ったことがあった時に相談するような部署があると思います。 また、社内ではちょっと…という時は、厚生労働省のHPに職場のいじめなどのことを相談する窓口の案内が出ています。そういった機関を利用することで、何をどうすればよいのかという指針を一緒にたててくれます。 いじめを受けていると、どうしても気持ちが落ち込みがちになります。そういう時に、なかなか建設的に物事を考えるということが難しくなるのが人間です。だからこそ、第三者に話をして物事を整理してみるというのは、非常に有効な手段なのです。

職場内に居場所を見つける

職場内に居場所を見つけるというのも対処法としては良いかもしれません。いじめられている時、職場自体が居心地が非常に悪く、そこにいるだけでストレスになってしまいます。トイレしか居場所がないなんてことになったら大変です。 だから、職場内で、あなたの味方となってくれる人がいるところや、あなたの居心地のいいと感じられるところを探してみましょう。職場のいじめというのは、たいがい最初はひとりの気持ちから始まります。そこに複数名が乗っかっている状態です。全員敵に思えても、あなたの味方も必ずいます。

職場でいじめられた時の対処法:見切りをつけて退職したい場合

もし、職場でのいじめが辛すぎて、もしくは悪質すぎて、もうこの職場は辞めてしまいたいと考えている時、そのまま辞めてしまうのは癪ですよね。そういう時に出来る対処法を紹介します。いざという時に出来ることを知っていると人は強くなれます。

証拠を取っておく

いじめを受けていたという事実がわかるものがあると、職場を退職したのち、失業保険を申請する際に優遇を受けられる場合があります。それ以外にも、いじめの被害者であるということを証明できるものは様々な局面で役立ちます。持っていて損なものではありません。 例えば、暴言を吐かれているところを、こっそり録音しておくとか、仕事を回してもらえない状況を証明できるものを残しておくとか。いじめを立証するには、第三者が見て一目でそうとわかるものを証拠としなければなりません。 今からでも、証拠を出来る限り残しておきましょう。

訴訟を起こす

もしいじめが会社ぐるみであったり、あまりにも悪質であると判断される場合は、訴訟を起こすことも視野に入れましょう。お給料が正当に支払われていない、精神的苦痛によりうつ病となってしまったなどの場合、きちんとした賠償と謝罪を求めることができます。 もう関わりたくないと、泣き寝入りしたくなるかもしれません。でもそうすると、あなたの心の中で常にいじめられたことの傷が生々しく残ってしまう可能性もあります。 ただし訴訟を起こす場合は、証拠がしっかりないと負けてしまいます。いじめがあった、パワハラがあったということを明示できる証拠をしっかりと準備しておきましょう。

1カ月前には言っておく

これはどういった理由の退職でも同様ですが、1カ月前には退職をする旨を伝えておかなければなりません。そういった手続きに関しては、たとえいじめを受けていたことが理由であったとしても同様です。またそういったことを踏まえず感情のままに動くと、さらにヒートアップしてしまいます。 もしそれで退職を受理してもらえない場合に取れる手もあります。退職する意志が固まったら、相談窓口に相談し、どういう風にことを進めればいいか相談すると、スムーズでしょう。退職をするときは、それなりにリスクを伴います。専門家の後ろ盾があることで安心感が違います。

逃げたと考えない

いじめを受けて退職に至った時、どうしても「自分は逃げてしまった」と考える人が居ます。でもそれはやめましょう。あなたにとっていい考えではありません。いじめを職場で受けた時、そのまま耐え続けていたら精神的にもっと参っていたかもしれません。 職場のいじめによって適応障害やうつ病、パニック障害、ひどいと自殺にまで追い込まれてしまう人もいます。そういう辛い状況に至る前に自分を守ったのだと考えましょう。職場のいじめというのは、なかなか収まるものではありません。 気にしていないふりをしたり冷静に対応することが出来ればいいですが、なかなかそこまでの図太さを演じられる人はそうはいません。だからこそ、もし退職という道を選んだのであれば、逃げたとは考えないでください。自分を守ったのです。

次にしたいことを考えておく

いじめを受けていて退職まで考えたということは、相当に傷ついています。よく頑張って耐えていました。事務的な手続きに、もしまだ訴訟して戦おうという気持ちもあるのであれば、エネルギーが必要です。 次にする仕事のことを考えてみたり、失業保険をもらっている間に何かやってみたかったことをやってみたり。そういった次にしたいことを考えることで人はエネルギーが溜まります。ぜひ今の職場に見切りをつけようと決断できたのであれば、次にしたいことを考えましょう。

職場のいじめは大人の対応を

職場でいじめをする人というのは、ある意味精神的に大人になれていない人たちです。うっぷんを発散するときに、人を蹴落とすという方法しか知らないような未熟な人たちなのです。または自分の中の嫉妬心や焦りをうまくコントロールできない人たちなのです。 だから、いじめられた時には、大人の対応が効果的です。でも相手は心が子どものまま。無茶苦茶なことだってしてきます。そうなった時には、使える資源を使って、自分を守ることに徹しましょう。 ぐっと我慢し続ける必要はありません。悔しい気持ちにもなるかと思いますが、相手はコントロールが効かない子どもなのです。自分が一段大人になろうと思うと少しだけ気持ちが楽になります。ぜひ職場のいじめには大人の対応を。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

aiirococco

公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。自分のことを知れば、もっと生きやすくすること...

人気記事

新着記事