2019年09月24日公開

2019年09月24日更新

仕事が暇なときはチャンス!暇すぎるときにおすすめの対処法

「働くぞ!」と仕事に出向いても、何もやることがなくて暇な時は、意欲の行き場を失ってしまいます。ですがそんな時こそチャンスです、仕事が暇な時にしかできないこともあります。暇すぎるときにどんなことをすればいいのか、おすすめの対処法を考えてみましょう。

仕事が暇すぎる時間は想像以上に疲れるし辛い

仕事は、忙しい時より暇な時のほうが、疲れるし辛いと感じたことはありませんか?一息つく暇もないくらい忙しいと、時間の流れは速く感じますし、意義を感じます。反対に、仕事という仕事もなく暇な時には、時間の流れも遅く感じ何をしに来ているんだかと言いたくなります。 仕事が暇な時は想像以上に苦痛を感じることもありますが、対処法はきちんとあります。暇な時だからこそできることもあるのです。 今回は、仕事が暇な時の対処法を、「効率アップ」「評価アップ」「スキルアップ」の3タイプに分けてご紹介していきます。

暇な時間で環境を整備!仕事の効率をアップしよう

仕事をしていると、その仕事だけに集中するので、周りのことまでは考えられません。仕事も環境も整理されていないと、それだけでストレスになりますし、集中することができないので効率が悪くなるばかりです。 暇な時に、その時間を使って、普段は気の回らないことをしてみると、仕事に集中できる環境作りができるので効率アップにつながりますよ。

身の回りの整理整頓

身の回りの整理整頓は、仕事の効率をアップしてくれます。デスクの上が汚くて、何がどこにあるかわからないといった状況では、スムーズに仕事が進まない分ストレスです。ストレスを抱えながら、あちこちひっくり返すので非常に効率が悪くなります。 普段の仕事の最中に、改まって整理整頓なんてする気にならなければ、暇な時こそチャンスです。時間が空いているのですから、デスクの上や手が届くスペースの整理整頓をしてみましょう。 何がどこにあるかはっきりしていると、欲しいものもすぐに手にすることが出来ますし、なによりすっきりと片付いた光景は気持ちもすっきりさせてくれるでしょう。清々しい気持ちで達成感を感じることができるので、暇な時には整理整頓をオススメします。

PCデータや資料の整理

PCデータは詰め込むだけ詰め込んで、その度に整理するなんてことは、あまりないですよね。取り掛かる仕事に夢中になると、後回しにしてしまいがちです。きっと古いデータもそのままでしょう。暇な時にデータ整理をしてみましょう。 いらないデータは削除して、PCもすっきりしますし、探していたり忘れていたデータも出てくるかもしれません。PCのデータ整理は短時間でさくさく終わるものでもありません。暇な時こそうってつけです。 そしてデータの整理は、他の資料の整理や作成に非常に役立ちます。短い時間の作業ではまともな整理もできませんよね。時間を有意義に使いましょう。

共有スペースの美化

暇な時に、自分が仕事をするデスクだけではなく、全員が共有するスペースの美化に努めることも、自分や他の人たちの仕事の効率アップに繋がります。 窓辺に花をかざったり、汚れが気になるところをささっと掃除したり、共有スペースの美化を意識すると職場全体の清潔感もアップします。そして全ての人が気持ちよく仕事をできるようになります。気持ちに余裕を持てる暇な時には共有スペースをすっきりさせてみましょう。 美化活動にいそしんだ本人も、仕事をしたわけではなくても、会社・仲間に尽力できたと実感できます。仕事をするのに気持ちのいい環境作りは、全体のスキルアップのためにも大切です。

マニュアルの作成・整備

暇な時には、自分だけではなく、自分の職場自体の効率アップを考えてみましょう。自分の仕事を整備して、マニュアル化することは、職場でも助かるでしょう。もしも、あなたの仕事を代わりにやってくれる人を探したとき、口頭で引き継ぎは時間がかかります。暇な時にマニュアル化しておけば、どんな仕事なのか、何をすればいいのか、一目瞭然です。 整備することで、今の自分の仕事を改めて見直すことができます。マニュアル化をして、普段の仕事では見過ごしていた面も出てくるかもしれません。 自分の携わる仕事は、わかる範囲でマニュアル化しておくと、周囲の助けにもなつるでしょう。自分の仕事は暇でも、しっかりと会社に貢献していることになります。

情報収集をする

暇な時にパソコンの前にずっと座っている人は、手当たり次第に情報収集にあたりましょう。本来自分が関わっている仕事に関することの情報でも、関わっていないけど回ってくる可能性のある仕事でも、とにかく情報を集めておくと役に立ちます。 実際に仕事にとりかかることになっても、情報がそろっていれば、効率よく仕事を回していくことができます。「どんな情報が必要か」と考えないで、手当たり次第に情報を集めましょう。 情報収集しているうちに、自分で仕事を掴むこともできます。パソコンは情報の宝庫です。無駄にしないで有益に使いましょう。

やり残しがないかチェックする

暇な時には「全部終わっていてやることがない」と思いますよね。本当にそうでしょうか。やり残しはないのか、まだできることがあるのではないか、チェックしてみましょう。自分の仕事でも人の仕事でも、まだできることがあるのなら、暇な時にその処理をしましょう。 人の仕事で、まだできそうなことを発見すれば、その人と相談をすることもできます。きっかけができると、新たな仕事も見つけられるかもしれません。 細かいところまでチェックしなおすことは、暇な時にこそじっくりできることです。以前は気付かなかったことも、暇な時にはぽっと見つけたりすることもあります。終わったと思っている仕事にも再度チェックしてみてください。

暇な時間で周囲に貢献!仕事の評価をアップしよう

自分の仕事が暇な時は、職場全体や他の人の手助けをしてみてはいかがでしょうか。評価を上げておくことで、率先して仕事を頼まれたりすることもあります。なによりも、周囲の自分に対する評価が高いと、困ったときには力になってくれる人も多いでしょう。 人望というものは、その場だけにとどまらず、外にまで噂が広がります。予期せぬところから仕事のお誘いがかかるきっかけもつかめるかもしれませんね。

周囲の仕事をどんどん支援する

仕事の内容にもよりますが、デスクワークがメインの方は仕事中はほとんど目の前のことだけが仕事になります。他のデスクや関係ない部署までは普段気にしたりもしませんね。暇な時には、そういった人たちを手伝うことも、時間を有効に使えます。そしてあなたの評価にもつながります。 暇な時だからこそ、積極的に支援していくと、これまでは関りのなかった人とも知り合うきっかけになります。誰かを手伝うということは、意欲的な姿勢を前向きに見せられるので、人からも好印象です。 自分の関係ない仕事でも、手伝ったことがきっかけになって自分の仕事の幅を広げてくれるかもしれません。人のためにも、自分のためにも、会社のためにもなる暇の潰し方ですね。

繁忙期の仕事を前倒しで準備する

繁忙期は目の回るような忙しさだとわかっていても、いざその時期に「あれをしておけばよかった」と思うことってありませんか?忙しい時にいろんなことができないのは明らかです。暇な時こそ、繁忙期のための準備をしておきましょう。 繁忙期を一度でも経験していれば、どんな状況になるのか、何が必要とされるのか、大体把握できると思います。繁忙期を思い返すと、状況に合わせて準備しておきたいものも思い出せます。 「備えあれば憂いなし」というように、前もって備えておくことが忙しい時期のストレスを少しでも緩和してくれるでしょう。そして部署全体の仕事が平準化され、効率もアップします。準備として備えていたあなたの評価も上がりますね。

文房具や備品の補充・管理

文房具や備品などの消耗品は、気付いたら足りなくなっていたということもありますよね。掃除や整理整頓と同じで、気付いた時に補充しておくと「気が利く人」と評価も上がります。どんなものが消費が激しいのか押さえておいて、暇な時に一気に買い出しをすませ、補充しておきましょう。 備品の補充や管理こそ、通常業務の間ではできないことです。暇な時でも、会社に貢献する大事な時間の使い方です。必要なときに必要なものがそろっていると、他の人の仕事の効率も上がります。 ネットで買い込むこともありますが、「備品の補充にいってきます」と外に出ることができれば、思わぬ気分転換にもなるでしょう。ただしあくまでも「備品の補充」なので、そのまま思い切り息抜きしてしまわないようにきをつけましょう。

上司や先輩にどんどん聞く

これといって限定することなく、上司や先輩にいろんなことを質問するのも仕事の評価アップにもつながります。仕事に対する意欲を評価されるので、仕事を任せてみようという気持ちになりやすいのです。 携わっている仕事や勉強していることに関する質問でもいいです。暇な時に「今暇なので、自分にもできる仕事をください」と積極的に仕事をもらいにいくと、いろんな仕事が見つかるはずです。 仕事は用意されているものではなく、自発的に取りにいくものです。受け身のままでいると、仕事が暇で辛い状況も、打破できないでしょう。

自己分析をする

現時点で自分の仕事を自分で評価してみて、納得がいかない人は、暇な時に自己分析をしてみましょう。何かに書き出したり、頭の中で考えるだけでもいいです。とにかく時間をかけて分析をします。 自己分析をすることで、自分の仕事の欠点を見つけたり、やりたいことを見つけたりすることができます。その欠点ややりたいことをどうにかしようと動いてみると、成果として表れたときに周囲からの評価もあがります。 自己分析は忙しい時にはできません。暇な時だからこそ、時間をじっくり使って分析してみましょう。そして仕事に繋げることができると、暇な時間も無駄ではありません。

自己アピールをする

評価を上げるどころか、評価が下がってしまうパターンもあります。それは自分の意思で仕事をしていないわけでもないのに、結果的に仕事をしていないから評価を下げるといった会社の判断です。好きで暇を持て余しているわけでもないのに、いきなり評価を下げられると理不尽さを感じますね。 実情を知らずに結果だけで判断する上司には、自己アピールを十分にしましょう。もちろん、仕事をしたいのに仕事がないといったアピールも必要です。 暇な時はできる範囲のことを探しますが、それでも見つからないこともあります。一生懸命やっていても、察してもらえないこともあります。きちんと自分の実情や仕事の状況をアピールしておきましょう。

暇な時間は成長のチャンス!仕事のスキルをアップしよう

暇な時こそ、自分の仕事に役立つスキルアップを図れるチャンスです。情報収集をしたり、普段はゆっくり見つめなおすことのできない自分の仕事の姿勢やスキルも、これをきっかけに全て把握してみましょう。 自分を見つめなおすことが出来たら、今以上に仕事の業績を上げられるように、関連した作業を磨きましょう。どんな部分で成長できるのか、参考例を挙げてみます。

自分の仕事について学びノウハウを吸収する

いつも自分がしている仕事は、ほとんどがやらなければいけない仕事と、与えられた仕事ではないでしょうか。時間がある暇な時に、自分の仕事についてよく学び、ノウハウを吸収すると、今後の仕事のスキルアップに繋がります。 自分の仕事について知ることや、知識を広げて深めることは、なによりも自分の経験にもいい影響を与えてくれます。なんのために仕事をしているか悩んでいる人がいれば、仕事の意義をみつけることもできますね。 義務的な仕事のほかに、自主的な仕事を見つけることができるので、仕事に対して意欲的な姿勢を周囲にも評価されるでしょう。

ワードやエクセルなどPCの知識に強くなる

ワードやエクセルなどのPCの基本は必要な部分しかできないという人もいます。仕事が暇な時に、手持無沙汰になってしまった時間をPC勉強の時間に使うことも、仕事のスキルアップに繋がります。 一口にワードと言ってもレイアウトや書式の違いと、覚えることはたくさんあります。エクセルも、一通りの表計算が出来ていると、突然の仕事に戸惑いませんし、自分の中で自信に繋がります。 現代の仕事にPCは必要不可欠です。もしもこの先転職することになっても、スキルアップしておくと、仕事選びの時に厳選されることもなく、自分のやりたい仕事を見つけやすくなるでしょう。

営業術やコミュニケーション術をマスターする

暇な時に、自分の仕事に関する営業術やコミュニケーション術を見直してみましょう。スキルもマナーも仕事をする上で身についている、というのは思い込みで、どこでも通用するものではないこともあります。 自分なりの営業術やコミュニケーション術ではなくて、ビジネスシーンで正しいとされるスキルをマスターしましょう。一から見直す機会はそうそうありません。 仕事をしていくうえで、営業術やコミュニケーション術は必要不可欠です。今以上に質の高いスキルを身に付けると、今後の仕事に十分役立ちます。暇な時には時間をかけて勉強しましょう。

プレゼンや資料作成の技を高める

仕事でプレゼンをする機会のある人は、暇な時にプレゼン作成の技を高めるのもいいですね。プレゼンする日が決まっていると、その日までに必要な書類を整理しながらまとめてることばかりに気持ちがいきます。プレゼンの質を高めるためにも、暇な時に時間を有効活用しましょう。 プレゼンの締め切りに追い込まれると、成功することだけを考えがちです。本来プレゼンすることの意味を考え、内容だけではなく質そのものを高めておくと、後になって追い込まれることもなくなるかもしれません。 暇な時に時間をたっぷり使って、自分のプレゼンというもののベースを作り上げて、いざプレゼンの機会ができたときのために役立てましょう。

目標をたて資格試験にトライ

暇な時に資格の勉強をすることも、スキルアップに繋がります。業務中でのことなので、仕事と関係のない資格勉強だと「サボって他のことをしている」となってしまいます。暇でも、仕事は仕事をする時間です。なので仕事に関係して資格だと勉強もしやすいでしょう。 資格をとるということは、仕事に対する可能性が広がるということです。資格一つで、今まではできなかったことが許されるので、出来ることもやりたいことも見つかるでしょう。 資格取得までの経過もその分自分の力となって身につくので、暇な時でも無駄な時間を過ごすことなく、有意義に過ごせます。

新しい仕事を考える

暇な時に自分の仕事は関係のない仕事に取り掛かることも、仕事人としてのスキルアップに役立ちます。他にできることがないかを探し、その仕事を開始していいかどうか判断するためにも常に気を配りましょう。 自分にできることはないか、職場で手が足りないところはないか、効率よく回転しているかなど、自分の職場内を冷静に観察してみると、新しい仕事を見つけやすくなります。暇な時には気持ちにゆとりもあるので、客観的にものをみることもできます。 当然新しい仕事となれば、視点も変わるので発見も多くなります。その発見を今後の仕事にどう生かしていくかは、あなた次第です。

仕事が暇すぎる弊害・危険信号を見逃さないで

仕事が暇な時には、いろいろな問題も引き起こしやすくなります。本人のやる気まで失ったり、職場全体からの信用性を失うことだってあります。仕事が暇な時でも、それを言い訳に問題を作ることは許されません。 どんな弊害や危険信号があるのか、いくつか参考例をご紹介します。

自分に価値がないように思える

仕事が暇な時に、ぼーっとするしかない、何もやることがみつからないという時間を過ごしていると、段々自分の価値が無益に思えてきます。時々暇になるのであれば、「こんな日もある」と思えますが、しょっちゅう暇な時が続くのであれば想像以上に苦痛です。 暇な時でも自由時間にしていいわけではないのが、仕事です。職場にいるというだけで、拘束されていることになります。会社に貢献もできていないということであれば、「自分は会社から必要とされていない」と精神的にも不安定になりやすいのです。 そうならないためにも、今回ご紹介した過ごし方を是非実践してみてください。仕事に関連したことばかりですから、きちんと役立っている自覚が持てるようになります。

仕事内容や職場の人間関係がどうでもよく考えられる

熱心に仕事に打ち込む機会がないと、だんだん仕事内容にも、人間関係にも関心が向かなくなります。仕事を覚えても人間関係を気にしても無意味だと感じ、どうでもよくなってしまいます。 ですが、仕事内容がまともに頭に入っていないと、情報を求められた時にすんなり答えることはできません。人間関係においても、職場にいるのは自分だけではないので、関りがないと助け合うこともできません。 「どうでもいい」と思ってしまいそうな時には、少しの会話でも人に積極的に話しかけ、携わる仕事の内容は隅々まで吸収できるように時間を有効的に使いましょう。

いざというときに集中力が発揮できない

暇な時には、することもないわけですから、何かに集中するということもありません。何かで時間を潰しても、本来の仕事でなければ集中するという概念もないでしょう。 暇な時こそ集中力は失わないようにしてください。暇な時にはいろんなことを考えているので、いざ仕事にとりかかる時に散漫した意識が集中することが難しくなります。 暇な時でも目標を立てて、その目標に行きつく為にはどんなことが必要か考えることを習慣づけると、どんなに小さなことでも集中力を失わないままやり遂げることができます。

サボり癖がついてしまう

仕事が暇な時に、隠れてスマホをいじったり、社用のパソコンを娯楽に使ったりサボってしまう人もいます。用もないのに席を離れて、息抜きをしてきたりなども、自分のタイミングで好きにサボっているということになります。 こういったサボり癖がついてしまうと、必要なときに仕事に身が入らなくなります。急ぎの仕事であっても、自分のタイミングで息抜きを入れてしまうので、終わる仕事も終わらなくなります。それは職場全体にも迷惑をかけてしまうでしょう。 暇な時でも、自分の娯楽に時間を割くことはやめましょう。パソコンを使うにしても、仕事に関連した使い方をするようにするのが社会人としてのマナーでもあります。

何もしないことが当たり前になる

サボり癖がついてしまうことに似通いますが、何もしないことが当たり前になると、仕事にとりかかること自体できなくなります。仕事を頼まれても「なんで自分が?」という意識になってしまい、さらには「暇な時にやろう」となることもあります。 暇な時にやればいいという考え方は、仕事に対する意欲を失っているとも言えます。仕事をどんどん後回しにしてしまい、結果的には何もやらないで終えます。これは時間を無駄にしただけで、会社にも迷惑なことです。 意識的に「何かをしよう」としなければ、いざとなった時に動けません。暇な時でも何かしら動くようにしましょう。

罪悪感に襲われる

お給料をもらっているのに、何も仕事をしていないというだけで罪悪感を感じることもあります。自分が暇な時に、周りも暇だとは限らないので、周囲が忙しく働いているとなれば罪悪感も増すでしょう。 罪悪感を感じてしまうと、だんだん職場にも居づらくなり、暇な時の時間の潰し方も思い悩んで終わるばかりになってしまいます。このままではいけないと思うと、今度は焦りも感じてしまいますよね。 悪いことをしていないのに、悪いことをしている気分になるのは苦痛でしかありません。「このままでいいのかな」と思い始めたら、暇な時にこそどんどん仕事をもらいにいきましょう。

仕事が暇な時間から逃げたくなったら「転職」も考える

どうしても暇な時間に耐えられない、もっと働いている実感が欲しいという方は、職場で無意味な時間を過ごすことが苦痛でたまらないでしょう。そんな時には転職を考えるのも一つの選択です。転職というのは、「我慢が足りない人の行動」と言われることもありますが、前向きな転職もあります。 やり甲斐を感じるために転職することは、マイナスなことではありません。自分の社会人としての時間を有益に使うことができるきっかけです。 色々な時間の潰し方をしてみたけど、やっぱりそれだけでは疲れるし辛い、という人は転職も視野に入れてみましょう。暇な時に転職について調べることもできます。

仕事が暇な時は「自分を育てる」時間に切り替えよう!

仕事に意欲的な人にとって、暇な時間ほど不毛なものはないでしょう。暇な時こそ身が入らないので時間の経過も遅く感じ、更に無意味な時間を過ごしていることを実感し、辛くなります。 その状況を前向きにとらえ、「自分を育てる」「自分を磨く」時間に切り替えて、暇な時にどんどん自分の評価を高め、スキルアップをして、効率よく仕事ができるようにしておきましょう。 仕事の内容は人それぞれですが、一人のメンバーとして属しているので、自分を育てることは職場全体にも重要な人物になることができます。自分で自由にできる暇な時こそ、ぜひ充実したものにしてくださいね。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

96neko

多感な時期にメンタルケアに触れる機会もあり、自分の中で日常的に心理学や偉人の言葉を考える事が当たり前...

人気記事

新着記事