2019年05月29日公開

2019年05月29日更新

エニアグラムタイプ4の性格は?恋愛・仕事・タイプ変化まで徹底分析!

エニアグラムタイプ4の人は「芸術家」「個性的な人」と言われています。エニアグラムタイプ4の人の性格の特徴や性格の長所、短所を解説しています。エニアグラムタイプ4の人の恋愛や仕事の傾向、エニアグラム4のウイングタイプ、どのタイプと相性がいいのかを紹介します。

エニアグラムタイプ4の人は芸術家!

エニアグラムタイプ4のあなたは芸術家タイプです。「芸術家」以外の名称として「個性的な人」とも言われています。 芸術家タイプとは自分の感性や情緒を大切にし、芸術などにより自己表現をしたいタイプのことを指します。芸術家タイプは直感的な行動、考えを好み、集団に属すよりは個人で自由に過ごしていたいと感じています。芸術家タイプの人は自分の世界観を何よりも大切にします。 芸術家タイプのエニアグラムタイプ4の人はどのような性格の持ち主なのでしょうか。

エニアグラムタイプ4の基本的な性格の特徴は?長所や短所も!

エニアグラムタイプ4の人は感受性が強く、とてもセンスがいいと言われています。自分の世界観を築いている人が多いことから、他人から独特な雰囲気を持つ印象をと思われることが多いみたいです。 タイプ4の性格がこのような性格のため、人間関係や行動も「情動」を優先する傾向にあると言われています。タイプ4は自分の感情を第一に動く性格だからこそ、感情が豊かである反面、感情に振り回されやすいとも言われています。 タイプ4の人の基本的な性格の特徴や、長所になる面、短所になる面を見ていきましょう。

タイプ4の性格の特徴

エニアグラムタイプ4の人は感受性が豊かで芸術肌な面があります。その感受性から、タイプ4の人は他人とは違う視点を持つことを意識しています。そのため、タイプ4の人は自意識がとても強く、他人からの承認を受けることができないと自分を責めてしまい、感情の起伏が激しいのも特徴です。 しかし、タイプ4の人が持っている独特の感性は、人を魅了する能力があります。独特の感性を生かすには、その能力がタイプ4の人が特有の武器であることをしっかり理解し、仕事や恋愛など、日常生活で使っていくことが大切です。 それでは、タイプ4の人がどのような性格の特徴があるのか見ていきましょう。

感受性が高い

タイプ4の人は感受性が高く、抽象的なものやことに心を惹かれます。芸術や音楽、文学などを好みます。日常の風景や出来事からときにセンチメンタルな気分になることもあります。タイプ4の人は感受性が高いことから人間の洞察力も非常に優れています。

共感能力が非常にある

タイプ4の人は他人の気持ちを恐ろしいほど共感し、感じ取ることができます。タイプ4の人が他人の感情や気持ちに共感するあまり、ときに自分の感情なのか、他人の感情なのか、わからなくなることがあるほどです。

人を献身的に支える

タイプ4の人は共感能力が高いので、つらそうにしている人や苦しんでいる人を献身的に支えます。人の痛みが自分の感情であるかのようにわかるため、自分ができることをしたいという気持ちからの行動です。他人を献身的に支えることで自分を承認してほしいという気持ちもあります。

センスがいい

タイプ4の人は他人には持っていない鋭いセンスを持っています。このセンスがタイプ4の人にとって「自分のアイデンティティを表す」と考えているほどです。 センスがいいからこそ、他人が思いつかないような奇抜なものやことを選ぶ傾向にあるでしょう。このようにセンスがいい自分のことを「特別な人」だと認知しています。

独創的でユニークなアイデアを出せる

タイプ4の人はセンスがよく、感受性に優れているため、ほかの人が思いつかないような独創的でユニークなアイデアを出すことができます。 タイプ4の人はは普段から、感受性という情報のインプットを行っているからです。ほかの人が気づかないような観点や感情を読み取り、それをアウトプットすることで独創的なアイデアになります。

どんなことにもロマンを求める

タイプ4の人はとてもロマンチストです。自分のセンスを他人に常に披露したいことや、他人に喜んでもらいたいと常日頃から考えています。他人の予想をいい意味で裏切り、タイプ4の人は人々をあっと驚かせるのが得意です。タイプ4の人はこうしたことができる自分を誇らしく思っています。

タイプ4の長所

エニアグラムタイプ4の人は自分の世界観を大切にするため、独創的なアイデアや他の人にはない、鋭い感性があります。 タイプ4の人は感受性が豊かなので、非常に他人への気持ちに共感することができます。その共感能力から、音楽や芸術、文章などの表現で人の心に響く、共感される作品を作ることができます。このタイプ4の能力は、ほかのエニアグラムタイプにはないもので、タイプ4特有の特性です。 タイプ4の人が持つ、感受性が豊かな面は、他のエニアグラムタイプの人から見ると、どのように魅力的に感じるのでしょうか。タイプ4の人の長所について見ていきましょう。

人の気持ちを理解できる

タイプ4の人は共感能力の高さから、悩み、苦しんでいる人に対して適切な距離感で接することができます。タイプ4の人はちょっとした表情のゆがみなどから、相手の感情を読み取ることができます。タイプ4の人は相手が元気になるまで粘り強くサポートします。

人がどのようなことで感動をするのかわかる

自分が普段から、いろんなことに感動の気持ちを覚えることから、どのような行動や演出をすれば人を感動させることができるのかをタイプ4の人は肌感覚で理解しています。タイプ4の人は音楽や芸術作品で人に対して感銘を与えることが得意です。

アイデアマンである

タイプ4の人は感受性が高く、センスがいいことからアイデアを多く出すことができるでしょう。人が思いつかないような独創的なアイデアが多く、突拍子のないアイデアも中にはあるでしょう。しかも、タイプ4の人が思いつく、どのアイデアも他人には思いつかないものばかりのはずです。

鋭い洞察力がある

タイプ4の人は自由奔放な性格なので、社会やルールに縛られることを嫌う傾向にあります。そのため、社会やルールなどを斜に構えているので、問題の本質や核心を見抜く力に長けていると言われています。 タイプ4の人は、見抜いた問題の本質を人目を気にせず「問題点」であると提起します。そうした、鋭い洞察力や問題を指摘する力が、現代のイノベーションを支えているといっても過言ではありません。しかし、そうした歯に衣着せぬ言動が周囲からマイナスに見られることが多々あります。

忍耐力がある

タイプ4の人は何かを成功させる秘訣は「待つこと」だと考えています。そのため、タイプ4の人は基本的に相手の反応をじっと待つことができます。 また、自分の興味が強いものに対して、深く探求していく性格です。タイプ4の人は答えが出にくいものごとも忍耐強くリサーチを行い、問題や課題についてベストな結果を導き出すことができます。

自分の芯をしっかり持って、物事を対処することができる

タイプ4の人は自分の芯を持って、物事を対処することができます。 人は意思決定をするときや問題を対処するとき、そのときの状態や情勢によって、自分の意思が周囲に流されやすくなります。しかし、タイプ4の人は自分の意思を貫き通すことができます。タイプ4の人は流行や周りの保守的な意見に惑わされず、自分がベストだと考えた意思を強く主張します。

人生観が深い

タイプ4の人は「死生観」や「倫理観」など深く考える傾向にあるといわれています。タイプ4の人は感受性が高いからこそ、自分の身や自分の周りで起きた事実から感情を深く読み解くことを習慣にしているからです。 タイプ4の人は人生観を深く考える癖があるからこそ、他人の精神的な痛みなどを理解することのなどの共感能力の糧になっています。

インテリジェンスに見える

タイプ4の人は知性や品性を大切にするため、インテリジェンスに見られます。 実際にタイプ4の人は自分は上品で知的であろうとします。そのように他人から見られることで承認欲求を得ようとするからです。それを現実のものにするために、自分の興味があるものは貪欲に学びます。また、文学にたけている人が多いことから、言葉使いからも品があるように感じます。

タイプ4の短所

エニアグラムタイプ4の人は他人とは違う視点を持てる半面、平凡さを避ける傾向があります。 また、自分の感性に自信を持っているため、現実を無視しがちな傾向にあります。特に社会のルールなど自分が縛られると感じることに抵抗感があります。タイプ4の人は自分の世界観で自由気ままであることを常に求めています。 タイプ4のこうした性格から、ときに長所としての武器が短所になることがあります。それはどのようなことか見ていきましょう。

協調性が欠け、独りよがりになる

タイプ4の人は自由奔放でいたいので、周りからは協調性が低い人と思われてしまいます。タイプ4の人はルールなどの決まりごとに抵抗があり、独創的なアイデアを練るために一人で過ごす時間を優先したいという考えがあるからです。

他人から認められないと不安になる

自分の理想と現実とのギャップが大きいとき、タイプ4の人は人から認められにくいと感じる傾向にあります。タイプ4の人はそのギャップが大きくなるほど、周囲から理解されないと考え、孤独感を感じ、自分の内に引きこもろうとします。

感情の起伏が激しい

タイプ4の人は他人から承認されない不安感から、情緒不安定になることが多々あります。タイプ4の人が調子いい時は活発に動き回りますが、気持ちが不安定になると自分の内にふさぎ込みます。その落差が大きく、周囲の人を驚かせたり、振り回してしまうこともあります。

自分の考えが正しいと思い込みがち

自分の感性が一番の武器と考えているため、タイプ4の人は理想が高くなりがちです。自分の理想が高いからこそ、理想通りにいかなかったとき、「他人から認めてもらえなかった」と感じ、自尊心が低くなってしまいます。タイプ4の人は自分の人生にあまり満足することはないでしょう。

自分を特別な存在だと思い込んでいる

タイプ4の人は群をぬくセンスを持っているので、自分が「特別な存在」だと思い込んでいます。 これはうぬぼれではなく、実際に自分のセンスで数々の問題を解決してきたからこその自負なのです。タイプ4の人が持つセンスを相手にも要求することがあります。相手に対しての求めすぎ、承認欲求が満たされない原因になることもあります。

ルールに縛れたくない

タイプ4の人は物事に正解、不正解はないと考えがちです。これは自由奔放でありたいという自分の欲求からきています。また、自分のアイデアが他のアイデアより優れていると考える傾向があるため、タイプ4の人は自分の想いにこだわりすぎる傾向があると言われています。

自分が平凡であることを嫌う

タイプ4の人は自分のハイセンスなところをアイデンティティにしているので、自分が平凡になることを嫌います。常に斬新なものや平均から外れているものの考え方をします。そのため、タイプ4の人は自分の環境にも変化を求めてしまう傾向にあります。

時間に縛られたくない

タイプ4の人は自分の情動を優先してしまうため、時間に囚われることを嫌います。そもそもタイプ4の人はあまり時間に意識を置いていません。タイプ4の人は自分が強く感動を味わっているときに時間を感じます。 タイプ4の人は単調な日常を好みません。仕事などのルーティンに感動を覚えることが少なく、単調に感じてしまうためです。タイプ4の人がこうした時間のとらえ方をしているため、時間に縛られている社会に適応することは困難だと感じてしまいます。

エニアグラムタイプ4の恋愛観は?

エニアグラムタイプ4の人の恋愛も自分が相手にとって特別な存在でありたいという恋愛観を持っています。自分が特別な存在でありたいからこそ、相手のことを深く理解するように努力をしますし、相手の言葉を丁寧に受け入れます。 また、タイプ4の人はロマンチックな恋愛を選ぶ傾向にあります。センスがあるからこそ、相手に喜んでもらいたいという気持ちが生まれます。 エニアグラムタイプ4の恋愛傾向や恋愛における注意点を見ていきましょう。

タイプ4の恋愛傾向は?

エニアグラムタイプ4の人は一人の人に深くほれ込む傾向があります。これは人のことを献身的にサポートしたいという性格からであるといえます。これはタイプ4の人の強い承認欲求と人間関係において、信頼感を大切にするからだと言えます。 タイプ4の人は恋愛においても信頼感や相手との居心地の良さを重視するため、相手の外見より、内面のほうで恋愛まで発展させるかどうかを考えます。タイプ4の人が相手に信頼を置けそうと感じたら、相手に対して、深く、長い付き合いを求めていきます。 また、ロマンチックな性格なので、誕生日や記念日などのお祝い事でサプライズを仕掛けるのが大好きです。タイプ4の人がロマンチックなアイデアを思いつくと細部までこだわった演出になるように努力します。

タイプ4の恋愛における注意点は?

エニアグラムタイプ4の人は感情の起伏が大きく、相手への承認欲求が強いので、相手を振り回してしまう可能性があります。 タイプ4の人は共感能力が極めて高いことから、相手にも自分と同じような共感能力を求めてしまいます。タイプ4の人と比べ、他のタイプの人たちは、共感能力は高くないです。相手の微細な表情や仕草から相手の感情を読み取れるのは、タイプ4の人しかできない技でもあります。 タイプ4の人が自分を基準に相手の共感能力は低いと考えてしまうと、ほとんどの人が低いことになります。タイプ4の人が「相手は自分の気持ちを察してくれない」と思う前に、相手に対して、自分の感情を伝えることをしましょう。相手に承認をあまり求めすぎないように注意が必要です。

エニアグラムタイプ4の仕事関係は?

エニアグラムタイプ4の仕事においても「自分を表現」することに注力をする傾向があります。タイプ4の人が持つ、センスや独創的な世界観を仕事に生かすことができると周りから一目置かれる存在になることでしょう。 できることなら、タイプ4の人は企業などの組織には属さず「自分の得意な表現を認めてくれる仕事」をするのがベストでしょう。しかし、タイプ4の人たちすべてが、企業などの組織に属さずに生きていけないのも現状としてあります。 そのようなタイプ4の人たちがどのように自分の特性を仕事に生かすのがベストなのか、タイプ4の人たちの仕事の特徴や適職から考えていきましょう。

タイプ4の仕事の特徴

タイプ4の人のほとんどは一人で黙々と仕事に打ち込むことを好みます。タイプ4の仕事観は「自分の能力が求められ、自分の能力で貢献する」ことを指します。たとえ、タイプ4の人が企業に所属していても、企業と自分はギブアンドテイクをしているため、対等であると考えています。 タイプ4は自由奔放さが仕事にも現れ「皆が従っているルールだから、君だけ例外はない」ということにイマイチ理解することができません。タイプ4の人は「自分にはそのルールは該当しない」と考えます。仕事でも自分の感情を優先しがちになります。 タイプ4の人は仕事の中でも独創性を求め、自分のアイデアでもっと仕事がよくならないかと考えます。例えば、一見小さい価値のように見える仕事にもユニークさを求めます。タイプ4の人の手にかかると誰も考え付かなかったアイデアを取り入れ、大きな価値の仕事に変化することがあります。

タイプ4の適職

タイプ4の人の適職は自分のセンスを生かす仕事が適職と言えます。タイプ4の人の一番の適職は音楽、芸術、文芸などのクリエイターであると言われています。また、タイプ4の人は他人への共感能力が高いことから、カウンセラーや福祉職、医療関係も適職と言えるでしょう。 一方、タイプ4の人が自分の自由奔放な面を抑え、会社員や公務員として働く人もいます。タイプ4の人が持つ、独創的なアイデアを生かし、業務の改善や企画の提案で力を発揮することもできます。しかし、事務作業は単調で苦く感じるためバランスが必要です。 最近はタイプ4の人のように感性豊かな才能を生かせるプラットフォームが増えてきました。タイプ4の人の芸術的な特技や、創作力を生かしてYoutuberをはじめとするインターネット上で自分の表現を発表する職業も適職と言えます。

エニアグラムタイプ4のストレス時と安定・成長時のタイプ変化は?

エニアグラムは人がストレスがかかったときや安定や成長をするとき、タイプが変化すると言われています。近年のエニアグラムの研究では完全にタイプを9つに分けるのではなく、状況や環境でエニアグラムタイプは変化するものであると考えられています。 タイプ4の人がストレスにさらされたときや安定や成長をしているとき、どのようなタイプの傾向になるのか見てみましょう。

ストレス時のタイプ変化は?→タイプ2

タイプ4の人は「自分が認められていない」と思ったり、自分が描く理想と現実にギャップがあるときに大きなストレスを受けます。 タイプ4の人はストレスを受けると、自分を認めてほしいという欲求から、自分から他人に寄り添う行動にでます。このとき、タイプ4の人は自己肯定感がとても低く、他人から認められなければ、自分の価値はないと考えてしまいます。

安定・成長時のタイプ変化は?→タイプ1

タイプ4の人は共感力が高いことから、自分が安定、成長するときは他人をモニタリングして、他人の基準に自分を合わせることをします。タイプ4の人の行動がこのように変化するとき、タイプ1の「完全主義者」の傾向になると言われています。 他人をモニタリングするということはタイプ4の人が自分の世界観や空想など創造上から物事を考えることを一時的に抑えて、他人や世間のニーズに目を向けて物事を取り組もうとします。 また、タイプ4の人は自由奔放でありたいため、時間や約束事にルーズな傾向にありますが、現実性を身に着けることで社会に「自分を合わせる」ような行動をします。そうした行動はタイプ1の行動だと言われています。

エニアグラムタイプ4のウイングは?

エニアグラムのウイングとはエニアグラムタイプで隣同士になっているタイプのことをいいます。エニアグラムでは1つのタイプが自分の性質のすべてというわけではなく、相互で「こういう要素もあるよね」という具合に枠にとらわれないで、考え方でウイングもそのひとつです。 では、エニアグラムタイプ4の人のウイングはどのようなものなのでしょうか。

タイプ3をウイングに持つタイプ4

タイプ3の性質を持つタイプ4の人は「貴族」と呼ばれています。 タイプ3の性質は「成功を追い求める」持ち主と言われています。そのタイプ3の性質とタイプ4の性質である「芸術家」の要素が寄与すると、目標達成意識が高くなり、何事も成功を収める傾向にあると言われています。 タイプ3の人は成功にこだわりがあるため、外向的であると言われています。一方、タイプ4の人は自分の殻に閉じこもり、内向型と言われいます。このウイングの人は比較的、外向的でかつ、創造性があるので、結果よりプロセスを重視する傾向にあります。

タイプ5をウイングに持つタイプ4

タイプ5の性質を持つタイプ4の人は「ボヘミアン」と呼ばれています。 タイプ5は「知識を集め、分析できる」性質であると言われています。「ボヘミアン」という名称の通りで、このウイングの人は自由奔放であることを選ぶ傾向にあります。 このウイングの人はタイプ5の知識を集める貪欲さとタイプ4の創造性の要素がミックスされ、元々持っている芸術肌にさらに磨きがかかります。このウイングの人は自分が興味あるものは研究し、極め、そこから自分のオリジナルの創作物を生み出すことでしょう。

エニアグラムタイプ4の相性のいいタイプは?

このようにタイプ4の人は自分の感情や価値観を大切にしますが、タイプ4の人はエニアグラムのほかの8つタイプの人のうち、どのタイプの人と相性がいいのでしょうか。 タイプ4特有の満たされない他者からの承認欲求からくる「孤独感」をやわらげてるくれるタイプはどのようなタイプなのでしょうか。また、タイプ4の人が周囲に助けを求めるときに手助けを手助けをしてくれるのは、どのタイプなのでしょうか。 タイプ4の人がエニアグラムのなかで相性がいいとされている2つのタイプを紹介します。

相性のいいタイプその1:タイプ5

タイプ5の人とタイプ4の人は自分の内側に潜るという性質が似ているため、非常に相性がいいと言われています。 タイプ5の人は知識を集めることに貪欲です。その知的好奇心の高さから、タイプ5は「研究家」とも言われています。タイプ4の人も自分の世界観を作るのにあたり、自分の内面や感性と深く見つめる性格であり、タイプ5の人も孤独になりがちというところで共通点があります。そのため、タイプ4とタイプ5の人はお互いの悩みを理解しやすいと言えます。 また、タイプ4とタイプ5の人とのもう一つの共通点は「一つのことに深く打ち込む」というところがあります。他のタイプでこのような性質を持っているタイプはないので、タイプ4の人が唯一打ち解けやすいタイプがタイプ5の人たちと言っても過言ではありません。

相性のいいタイプその2:タイプ2

タイプ4の人に対して、タイプ2の人は献身的に向き合ってくれるでしょう。タイプ2の人は「ヘルパー」と呼ばれるほど、困っている人がいたら助けたくなる性質を持っています。タイプ2の人は共感力に優れており、他人の痛みを共感してくれます。 タイプ4の人は孤独や人に理解されない釈然とした気持ちから、情緒が不安定になりがちです。そんなとき、タイプ2の人がその痛みを理解しようと努力してくれます。そうしたタイプ2の姿勢をみてタイプ4の人は厚い信頼感を抱くでしょう。 また、タイプ2の人も人に認められないという悩みを抱えているため、信頼感を抱いてくれるタイプ4の人のことを好意的に思っています。あらゆる人間関係で持ちず持たれずの関係になることでしょう。

芸術家だからこそ、相性がいいタイプの人に助けてもらおう

エニアグラムタイプ4の人たちは優れた感性とセンスがあるからこそ、たぐいまれな才能を発揮し、周囲から一目置かれる存在です。しかし、タイプ4の人が認められない環境に入ってしまうとその独創性がアダになり、周りから理解を得ることができず、孤独を感じてしまいます。 タイプ4の人の才能を生かすには、周りに助けを求めるのも必要です。タイプ4の人はその独創性から「独りよがり」と周囲から誤解されがちだからです。タイプ4の人は周りに助けを求めることによって、少しずつ自分の理解者を増やしていくことで自分の理解者を増やしていくといいでしょう。 それでも、タイプの4人が周囲から理解されないようなら、自分の能力、特技を客観視し「自分の能力をどのようにすれば社会に還元できるか」という部分をしっかり見つめなおすことが大切です。一人で黙々と作業し、作り上げたものが他人から高く評価してくれる環境を探してみましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

佐藤ゆうき

佐藤ゆうき

カウンセラーとして、生活困窮者向けの就労カウンセラーの経験があります。 その経験の中で、自己肯定感...

人気記事

新着記事