2019年05月26日公開

2019年05月27日更新

長男の10の性格・特徴と恋愛傾向とは?相性の良い女性・落とし方を紹介!

長男は面倒見がよくリーダーシップがある反面、自分を表現するのが苦手で人に頼るのが下手な人です。あなたの周りにもこういった特徴や性格がある男性がいませんか?この記事ではタイプ別の長男の特徴・性格長男の男性の落とし方を紹介しています。

あなたの周りの長男はどんな人?

あなたの周りにはどんな長男がいますか? 一般的に「長男」と聞くと「面倒見がいい」「責任感がある」「リーダーシップがある」というポジティブなイメージと、「自分を表現するのが苦手」「プライドが高い」などネガティブなイメージが有るかと思います。 この記事ではそんな長男の特徴を更に幅広く見ていく他に、タイプ別の長男の特徴や性格・長男と相性のいい女性や長男の落とし方を紹介していきます。

長男のあるあるな性格・特徴

基本的には「面倒見がいい」「責任感がある」「リーダーシップがある」といった特徴があるのが、長男の男性の特徴です。 ここでは更に幅広く、長男の男性の性格や特徴を見ていきます。上記のようなポジティブなイメージの他に、長男の男性によくあるネガティブな特徴や性格についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

責任感がある

長男の男性の1つ目の性格・特徴は、「責任感がある」ことです。 長男の男性は幼い頃から親に「兄であること」をことあるごとに意識させられています。「お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい」「弟・妹の手本になりなさい」と言ったことをことあるごとに親から意識させられます。 そのため、自然とその意識が強くなり自分が任された仕事などに対しては責任を持って取り組むようになり、「人に恥ずかしいところを見せない」ために自分にできることややるべきことを着実にこなすような性格になります。

思いやりがある

長男の男性の2つ目の性格・特徴は、「思いやりがある」ことです。 長男の男性は、妹・弟の世話をすることを幼い頃から意識するようになっています。そのなかで、無意識に人のことを考えて行動するようになり、困っている人がいる時には助けてあげるという行動が身についています。 こうした思いやりのある行動が自然とできる性格になるので、周りの人からも頼られる存在になることが多く、慕われる傾向が強くなります。

面倒見がいい

長男の男性の3つ目の性格・特徴は、「面倒見がいい」ことです。 「思いやりがある」にも通じますが、長男の男性は幼い頃から弟・妹の面倒を見ることが習慣になっているため、本人が意識していなくても「周囲の人に対して何か自分がしてあげられることはないか」ということをいつも考えています。 そうした性格があることで、特に後輩を持った時やチームメイトが困っている時などは、ことあるごとに周りの人の状況を見て回り、問題を抱えている人に対してはフォローをしたり、アドバイスをくれることが多くなります。

リーダーシップがある

長男の男性の4つ目の性格・特徴は、「リーダーシップがある」ことです。 長男は兄弟の中で1番上の立場にあるので、幼い頃から自分がリーダーになって物事を進める機会が多くなります。また本人がそのことを意識していなくても親から弟や妹の面倒を見ながら物事を進めるように教育されます。 そうした性格が身に付くため、社会に出てからもその意識が染み付いているためチームで仕事をする時にも物事の段取りを考えたり、仕事の進捗を管理するような役回りになることが多くなります。

プライドが高い

長男の男性の5つ目の性格・特徴は、「プライドが高い」ことです。 長男は「弟・妹に恥ずかしい姿を見せないように」と繰り返し親から意識させられます。学校の成績については常に上位に入るように言われたり、運動会などのイベントごとでもいい成績を出すように言われることが多くなります。 そのため、自然とプライドが高くなり「人に恥ずかしい所を見られないようにしなければならない」と考えるようになります。その程度が強くなっていくと、頑固になってしまって融通が利かない性格になることもあります。

行動力がある

長男の男性の6つ目の性格・特徴は、「行動力がある」ことです。 長男は兄弟の中で手本となる兄弟がいないため、自分で考えて行動する必要がある人です。習いごとをする時も、自分で試行錯誤しながらうまくいく方法を探すようになったり、そもそも自分が何をしたいのかをよく考えて行動する性格になります。 そのため、社会に出てからも「自分で考えて行動する」ということが自然とでき、周りの人からは「頼れる人」「行動力のある人」という印象を持たれることが多くなります。

教えるのが上手

長男の男性の7つ目の性格・特徴は、「教えるのが上手」ことです。 長男は幼い頃から親の代わりになって弟や妹に勉強や習いごとで必要なスキルを教えてあげたり、生活に関わることも教えることが多いです。 そのため、「どう教えたら人が理解してくれるか」ということを考える機会が多くなり、自然とそれが上手くなり長男の性格の1つとなります。そのため、社会人になってからも教師になったり、後輩の世話役を任されることも多くなります。

甘えるのが苦手

長男の男性の8つ目の性格・特徴は、「甘えるのが苦手」ことです。 長男は幼い頃から弟や妹の世話をすることが日常になっているので、自分が甘えることが殆どありません。 そのため、おとなになってからも恋人に対して甘えるのが苦手な性格になるので、交際している女性からは「もう少し甘えてほしい」と物足りなさを感じられてしまうこともあります。

人に頼るのが苦手

長男の男性の9つ目の性格・特徴は、「人に頼るのが苦手」ことです。 「甘えるのが苦手」にも似ていますが、長男は幼い頃から「人に頼られる」経験は兄弟関係を通じて沢山していますが、「人に頼る」という経験をすることは非常に少ないです。 そのため、大人になってからも「どうすればうまく人に頼れるか」「どうすればうまく人の力を使えるか」ということに頭が回らず、全て自分ひとりでやろうとする性格になります。

感情を表に出さない

長男の男性の10個目の性格・特徴は、「感情を表に出さない」ことです。 長男は幼い頃から「お兄ちゃんなんだから泣かない!」と親に言われることが多く、自分の感情を表に出すことを止められることが多くなります。 これは特に上記のような泣く・悲しむ・怒ると言ったネガティブな感情を表に出さないように言われることが多く、自然と自分の弱みを見せるのが苦手な人になりやすいです。

妹か弟がいるかどうかで長男の恋愛傾向は違う?

ここまでは長男の基本的な特徴や性格について紹介してきました。 ここからは弟がいる長男と妹がいる長男という2つに分けて、恋愛の傾向を見てみます。同じ長男でもその傾向は変わりますので、この見出しの内容を参考にしてみて下さい。

妹がいる長男の恋愛傾向

まずは「妹がいる長男」の恋愛傾向です。 「妹がいる長男」は女性の扱い方を分かっているため、女性の感情の変化に対する対応力は高くなります。

真面目で一途な女性を好む

妹がいる長男の恋愛傾向の1つ目は、「真面目で一途な女性を好む」ことです。 長男は非常に責任感が強くリーダーとしての考え方が染み付いているため、真面目な付き合い方や真剣な恋愛を好む傾向にあります。 自分自身が人の手本になることを1つのあり方としていきているため、交際相手の女性にも恥ずかしい姿を人前に晒すことにならないことを求め、真面目な恋愛をするようになります。

自分が主導権を握りたがる

妹がいる長男の恋愛傾向の2つ目は、「自分が主導権を握りたがる」ことです。 妹がいる長男は家族の中では一家の長である父親の次に主導権を握っている人です。そのため幼い頃から何かと意思決定を求められることが多く、その習慣が身についていることが多いです。 そのため、恋愛の中でも女性に主導権を握られることよりも自分が主導権を握って物事を進める方が安心感を得ることが多くなります。

「女の涙」は通用しない

妹がいる長男の恋愛傾向の3つ目は、「女の涙」は通用しないことです。 妹がいる長男は幼い頃からどんな時に女性が泣くかということや、その涙が本当の涙か嘘泣きかということを沢山経験してきています。 そのため、女性の武器の一つでもある「泣く」という方法は通用しません。女性が泣き始めた時は「またか」と客観的な視点から捉えていて、泣き止むまで待つかまともに取り合わないようにします。

弟がいる長男の恋愛傾向

次は弟がいる長男の恋愛傾向です。 弟がいる長男は家族構成の中に母親以外女性がいないので、基本的に女性と付き合うのが苦手で、女性に対して不器用な点が目立ちます。

ぶっきらぼう

弟がいる長男の恋愛傾向の1つ目は、「ぶっきらぼう」なことです。 兄目線からすると弟はただの年下の男であり、女性のように丁寧に扱う対象ではありません。もちろん倫理的に反することはしませんが、一般的に見るとぞんざいな扱いをするのが弟です。 人付き合いの中でもそうした傾向が出ることがあり、恋愛についても女性の扱いがやや乱暴で、「女心をわかってない」と思われてしまうような言動を取ることが多くなります。

実は寂しがり屋

弟がいる長男の恋愛傾向の2つ目は、「実は寂しがり屋」なことです。 弟がいる長男は幼いうちに年下の兄弟を持つことになります。長男自身も幼い頃は親に甘えたい時期ですが、両親は「兄」であることで長男に対しては自分で何でもできるようになることや、弟の面倒を見ることが優先されて親にかまってもらう時間が少なくなります。 特に弟がいる兄は、男性として弟の手本となることを求められ、「お兄ちゃんなんだからしっかりして」と親から言われます。そのため自分ひとりでなんでもやるような性格になり、寂しさを満たすことができないまま成人になっていきます。

甘えベタ

弟がいる長男の恋愛傾向の3つ目は、「甘えベタ」なことです。 「実は寂しがり屋」の中でも紹介したとおり、弟がいる長男は幼い頃から弟の手本になることを求められ、親に甘えるよりも自立して行動できるようになり、それを弟に示すことが求められます。 そのため、大人になって恋愛をするようになっても女性に甘える方法がわからず、2人きりになっても、女性が期待しているほど甘えられることは少ない性格の持ち主になります。

血液型で違う長男の特徴

次は血液型別に長男のタイプを分類してみてみます。 ここまでに紹介した特徴が、血液型別によく言われる特徴と合わさることで、少しづつ変わってきます。A型・B型・O型・AB型それぞれの特徴を見てみましょう。

A型の長男

A型の長男は几帳面さ、面倒見の良さは他の血液型の長男と比べて圧倒的に高いです。 つまり兄としての「面倒見の良さ」や「リーダーシップ」の特徴が更に強まったタイプです。周りの人への気配りが上手で、困っている人がいれば自分から積極的に動いてフォローをしてあげることができます。 しかしその一方で、几帳面さが強くなりすぎて融通が利かない性格になることも多く。責任感の強さも相まって一度決めた方法を買えることが出来ずに頑固になってしまうこともあるので、注意が必要です。

B型の長男

B型の長男は自分中心、気まぐれになることが多いです。 これは長男の「主導権を握る」という傾向が、一般的にB型の特徴と言われている自分中心と合わさって強くなっているということです。また自分の感情に正直に生きるので「きまぐれ」になることもあります。 その一方で、「自分の感情に素直」なので、好きになった人への愛情表現は深く、好きになった女性に対しては徹底的に尽くすようになります。自分の感情に嘘はつかず、好きな女性に対してはとことん愛情表現をします。

O型の長男

O型の長男は、細かいことは気にせず包容力のある人になります。 一般的にO型の人はおおらかと言われます。この特徴と長男としての面倒見の良さや思いやりの深さという性格が合わさって、包容力のある男性になることが多くなります。 その一方で家事や細かい仕事が苦手で、2人で決めたことを忘れていたり一つ一つの仕事のこなし方がやや雑になることもあります。

AB型の長男

AB型の長男は、人を選ばず気取らない人になります。 AB型の人は一般的に変わり者・気取らない人と言われます。この特徴と長男の特徴が合わさり、誰とでも気軽な態度で接することができる懐の広い男性になることが多くなります。 一方で、AB型であることで周りから「変わり者」と言われることが多いので、自分自身が変わり者であることも自覚していて、そういった自分を受け入れてくれる人を好む傾向が強くなります。

長男と相性のいい女性のタイプ

次は長男の男性と相性のいい女性のタイプを紹介します。 兄弟構成から2タイプ、性格や特徴から2タイプずつ紹介していきます。

兄がいる女性

長男と相性のいい女性のタイプの1つ目は、「兄がいる女性」です。 兄がいる女性は良くも悪くも男性がどいういう人かということを幼い頃の兄との関わり方で熟知しています。兄には嘘泣きが通用しないことを理解した上で、どうすれば兄にかまってもらえるか、助けてもらえるかを理解しています。 この兄妹関係がそのまま当てはめられるので、兄がいる女性は長男の男性と相性が良くなりやすくなります。

末っ子の女性

長男と相性のいい女性のタイプの2つ目は、「末っ子の女性」です。 末っ子の女性も長男の男性と相性が良くなりやすいです。末っ子の女性は年上の兄弟に兄がいなかったとしても、どうすれば周囲の人が自分のことをかまってくれるかを幼い頃の経験で理解しています。 ただ、兄がいる女性ほど「男性がどいう言うものか」ということを理解できていなかったり、男性に嘘泣きが通用しないことを肌感覚で理解していないのでその点でやや苦労することになります。

自分の意見を通すより相手の意見に合わせる方が楽な女性

長男と相性のいい女性のタイプの3つ目は、「自分の意見を通すより相手の意見に合わせる方が楽な女性」です。 つまり恋愛について比較的受動的なタイプの女性が長男の男性と相性が良くなりやすいと言うことです。 長男の男性は自分が主導権を握り、自分で何でも決めて行動することに心地よさを感じるので、「好きな男性といるだけでいい」と思える女性の場合は、長男の男性の決定に従うだけでも幸福感を得られるので相性が良いと言えます。

人の心理を読むのが得意な女性

長男と相性のいい女性のタイプの4つ目は、「人の心理を読むのが得意な女性」です。 長男の男性は基本的に自分の感情を表に出すことはありません。そのため付き合う女性からは「何を考えているのか分かりづらい」と思われることが多くなります。 そのため、人の心理を読むのが上手な女性は、表情の変化が少なかったり感情表現が薄い人の心も読める人は、相手の感情を察した上で付き合うことができるので比較的相性が良いと言えます。

長男と付き合いたい!長男の男性の落とし方

最後に恋愛の中で長男の男性を落とす方法を紹介してこの記事を終わりにします。 長男の男性はリーダー気質・面倒見がいい・自分を表現するのが苦手という特徴があるので、こうした特徴を理解した上で効果的な手段を講じてみましょう。

頼ってみる

長男の男性を落とす1つ目の方法は、「頼ってみる」ことです。 長男の男性は基本的に世話焼きで面倒見が良いので、自分のことを頼ってくれると喜びを感じます。そうした特徴を理解した上で、なにか困ったことがあったら意中の長男の男性に頼ってみましょう。 そうすると、長男お男性は面倒見が良いので快く引き受けてくれます。ただし、これはあくまでも長男の男性は「困っている人を助ける」という感覚で助けてくれているので、もう少しわかりやすく意識していることをアピールすることも必要になります。

一生懸命さをアピールする

長男の男性を落とす2つ目の方法は、「一生懸命さをアピールする」ことです。 この方法も長男の男性が面倒見がよく世話焼きであることを理解した上での方法です。長男の男性は自分の助言やアドバイスによって、人の問題が解決されたり成長していくのがとても嬉しい人です。 そのため、積極的に長男の男性にアドバイスを貰いに行き、一生懸命取り組んでいることをアピールすることで、頼られる心地よさと妹のような一生懸命さに惹かれるようになります。

褒めてあげる

長男の男性を落とす3つ目の方法は、「褒めてあげる」ことです。 この方法は、長男である男性が持ち前の行動力でなんでも自分で方法を考えて結果を出していることを理解してあげることです。 長男の男性は自分で全てをこなすように日頃から心がけていて、その成果が出た時やその行動について人から褒められた時に非常に心地よさを感じます。それを理解した上で、長男の男性が何かを成し遂げた時には、小さなことでも褒めてあげるようにしましょう。

長男の男性の味方になってあげる

長男の男性を落とす4つ目の方法は、「長男の男性の味方になってあげる」ことです。 この方法は、長男の男性が自分の感情を表に出すのが苦手で、なんでも1人でやってしまうことで感じている窮屈さや、寂しがりやであることを理解した上での方法です。 長男の男性は自分が困っていることを人に伝えて頼ったり、悲しい・苦しいといったネガティブな感情を人にアピールすることは少ないです。しかし状況から考えて明らかに辛いだろうなと思える時には、そのことを理解していることを伝えて味方になってあげましょう。

面倒見の良さの反面自分の表現が苦手なのが長男です

長男の男性は自分の周りにいる人への気配りや面倒見の良さは誰よりも強く、自分の力で周りの人の助けになった時にとても喜びを感じます。 その反面自分が困っていることを人に伝えたり、人の力を借りるのが苦手なのでそうした点を理解して付き合うようにしましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事