2019年06月10日公開

2019年06月10日更新

流されやすい人の特徴や長所・短所は?原因や性格から改善方法を解説

人が集まれば、周りの意見に流されやすい人が必ず出てきます。周りに流されやすいと、言動が矛盾してしまったり、意見を聞かれても答えられなかったりしてしまい、信用を失ってしまうことがあります。今回はそんな流されやすい人の長所や短所、改善方法などを見ていきましょう。

流されやすい人の特徴や改善方法を知ろう

周りの意見に逆らえず、流されてしまうことは誰もが一度は経験するのではないでしょうか。特に周りの空気を読む日本人には多いタイプです。しかし一度や二度ではなく、周りに合わせてばかりいると周りから流されやすい人と思われてしまいます。 今回はそんな流されやすい人の特徴や原因、流されやすいことの改善方法などについて詳しくご紹介していきます。あなた自身が流されやすい人かどうかを判断するための診断もありますのでぜひ試してみてください。

流されやすい人ってどんな人?

まずは流されやすいという言葉の意味やと使い方、例文をご紹介します。周りから流されやすい人がどのように見られているか、流されやすいと言われる定義がわかります。また、類語や対義語なども見てみましょう。

流されやすいの使い方や例文

流されやすいとは、周りの影響で意見がすぐ動かされることを意味しています。 「周りの意見に流されやすいよね」のような使い方の場合、自分の意見がなくて人に合わせてばかりだなと受け取られていたり、その場にいる人によって意見が変わっていることから信頼されなくなっていることも感じ取れます。 また、「ムードに流されやすい」「雰囲気に流されやすい」などと使われることもよくあります。例えば明るいよりもやや暗い方が開放感を感じられます。そのためバーなどのお店はやや暗めにしてムードを楽しめるようにしています。

流されやすいの類語

流されやすいという言葉の類語には、どのようなものがあるのでしょう。「二転三転する」「ころころと変わる」「定まらない」などのように、不安定ですぐに変わることが表されています。 また、「ご都合主義」「二枚舌」「一貫性がない」「筋が通らない」「ダブルスタンダード」「風見鶏」のように、相手に合わせて流されやすいことを批判するような、否定的な類語もたくさん見つかります。中でも風見鶏は風の向きによって向きがすぐに変わることから皮肉られています。 流されやすいを意味する四字熟語も多くあります。「付和雷同」は、雷がなるとそれに応じて物が響く自分の考えがなく、他人にすぐ同調することを意味しています。このほかに「唯々諾々」「同堂伐異」「雷同一律」などがあげられます。

流されやすいの対義語

では、流されやすいの対義語を見てみましょう。代表的なものとしては「首尾一貫」があります。首は頭を意味し、尾は見たままに尾っぽのことです。一貫とは貫き通すことを表しており、意見や方針を最初から最後まで貫き通すという意味の四字熟語です。 他に「筋が通る」「矛盾しない」「主体性がある」「マイペース」「意志を貫く」「一途」「ストイック」など、意見をしっかりと持っている意味の言葉が連なります。

流されやすいの英語表現

流されやすいという英語はあるのでしょうか?単語としてはありませんが、英語表現としては存在します。いろいろな表現がありますが、一番日本語表現に近いニュアンスを出せるのは、「敏感である」「〇〇を受けやすい」という意味のsuggestibleです。 また、「影響を受けやすい」「暗示にかかりやすい」という意味をもつsusceptibleも流されやすいという意味合いが出せるでしょう。

流されやすい人の特徴・あるある

流されやすいという言葉の意味などがわかったところで、流されやすい人の特徴を見てみましょう。もしかすると気づいていないだけで自分も流されやすい人なのかもしれません。自分の行動とも照らし合わせてみるといいでしょう。

自分の考えを持っていない

流されやすい人は、自分の考えを持っていないという特徴があります。考えがあっても、どうせ採用されない…と思っていることも多いため、じっくり考えることを放棄してしまっています。 周りの意見に合わせていれば、頭を悩ませなくてもその場をしのぐことができるため、効率的だと考えている人もいるでしょう。しかし、詳しく聞かれたり説明を求められたりした場合答えることができないので、常に人を頼ってしまいます。

自分の考えに自信がない

流されやすい人は、自分の考えに自信がない人が多いです。自分の考えがないわけではないのですが、周りと異なっていた場合は特に自信がなくなり、周りに流されてしまいます。 また、流されやすい人の背景には自分の考えに賛同してもらえなかった経験がある場合があります。過去の経験から、周りに否定されることを避けたいと思い、自分の考えを口にせず、周りに合わせようとしてしまうことがあります。

自分より他者を優先する

流されやすい人は、自分より他者を優先する特徴があります。流されやすい人は人の心の機微に敏感なため、他者が傷つかないようにと自分よりも他者を優先する傾向があります。 流されやすい人は例え自分の意見があったとしても押し通さず、お互いの意見を合わせるなどの妥協策を探すこともしません。周りの意見を尊重して、優先しようとするのです。その行動は、周囲の人間から見ると周りの意見に流されやすいと見えてしまうのです。

失敗したり嫌われたりすることが怖い

流されやすい人は、失敗したり嫌われたりすることが怖いと考えています。自分の意見や石で行動して失敗してしまうという結果を恐れています。周りの意見に従えば、失敗しても責任はありませんし、合理的だと考えているのでしょう。 また、他者と意見が異なることによって意見が対立してしまうことがあります。流されやすい人はそのような対立を避けようとします。意見交換や討論という意味で、意味のある事でも流されやすい人にとっては人との対立は恐ろしく、また面倒なことなのです。 このように自分の意見は表面に出さず、周りの意見に従ってその場を穏便に過ごそうとするため、周囲の人間からは流されやすい人と見られてしまうのです。

こだわりがなく諦めることが多い

流されやすい人はこだわりがさほどなく、あったとしても固執せず諦めることが多いという特徴があります。こだわりがさほどないため、柔軟に人と合わせることができます。あまりこだわりが強いより、社会の中では上手に関係性を築けます。 しかし自分の意見があるのに諦めることが続くと、諦め癖がついてしまうこともあります。自分の考えにますます自信が持てなくなってしまうので、いざ責任のある仕事を任された場面などで信頼を失ってしまうこともあるでしょう。

流されやすい人になる心理的原因は?

流されやすい人になってしまった心理的原因には、何が隠されているのでしょう。流されやすい人の心理がわかれば、職場や周りにいる流されやすい人との付き合い方も楽になります。また、自分自身が流されやすい人なのであれば、隠された心理を知ることで改善していくこともできるでしょう。

もともと臆病で押しに弱い

流されやすい人は、人と接するときに臆病になってしまう傾向があります。さらに、流されやすい人は押しに弱く、強くぐいぐい押されると従ってしまいます。強気で押してくる人の機嫌を損ねたくないと思うからです。 自分の意見を通して周りから嫌われるのが怖い、意見がぶつかってトラブルになるのを避けたいという臆病な気持ちから、流されやすい心理になるのです。また、流されやすい人は特に多人数の意見に従います。それは周囲から1人浮いてしまうことを恐れているからです。

服などを買いに行くと店員さんに勧められますが、断れずになんでも買ってしまうなどがわかりやすいでしょう。「相手が勧めてくれたものを断るのはかわいそう…」「断るのは悪いし…」と、自分が欲しいものじゃなくても受け入れてしまいます。そのため、訪問販売などで断れません。

流されたほうが生きやすい環境にいた

流されやすい人は、元から流された方が生きやすい環境にいたとも言えます。自分の意見は聞き入れられず、「黙って言うことを聞きなさい」と言われ、親の意見に従って生きることが正しいと育ってきた人が多いでしょう。 さらに、流されやすい人は自分の意見を言っても頭から否定されたり、褒められたりした経験が少ないため自己肯定感が低いまま成長しています。そのため自分の意見に自信がなく、口にもあまり出しません。多数決など周囲の状況を見て、大人数の意見に従うのです。

人間はそもそも流されやすい?

そもそも人間は流されやすい生き物です。ある研究では、「待合室にピーという音を鳴らし、その度に中にいる人たちが立ち上がる」ようにしていたところ、待合室に入った女性は3度目くらいから一緒に立ち上がり始めました。その後待合室の人がいなくなっても、立ち上がることを続けます。 新しく入って来た男性も、女性になぜ立ち上がっているのか質問します。女性は「他の人たちもそうしていたから、しなくてはならないと思った」と答えます。質問した男性や、その後新たに入って来た人たちも同じ行動を取るようになります。 マーケティングの世界的権威であるペンシルバニア大学のジョーナ・バーガー博士は人に流されやすい行動のことを「社会的学習」と言い表しています。この「社会的学習」によって人間は社会的に生きることができます。しかし周りによっては悪い習慣がつくこともあります。

社会的心理学者のソロモン・アッシュによっても人間の同調行動が実験されました。実験内容は、質問に対する正解と不正解が明らかでも、その中にいる人達があえて不正解を選択すると同調して不正解を選ぶ人が増えるというものです。周りと同じ行動を取ることを「社会的同調」と言います。 周りの行動に合わせて同調行動を取ることで、その場での居心地がよくなると感じます。それは脳内で信念が更新されて、ドーパミンが出る脳の領域が活発化するからです。この社会的同調とドーパミンについては米国科学アカデミー(PNAS)でも研究で明らかにされています。

流されやすいことはダメ?流されやすい人の長所・短所

流されやすいことは、ダメなのでしょうか?流されやすい人の長所と短所を見てみましょう。今まで短所だと思っていた面も、見方を変えれば長所ととらえることもできます。長所と短所を知ることで、上手な付き合い方を見つけ出しましょう。

流されやすい人の長所

まずは流されやすい人の長所を見てみましょう。あまり良く言われない流されやすい人ですが、どのような長所があるのでしょうか。

柔軟な対応ができる

周りの意見に流されやすいということは、周りの意見を柔軟に取り入れることができるという長所だと言えます。意見の衝突や対立を避けて、人間関係をスムーズにしていくことができます。 会社や学校などたくさんの人間の中で生活している私たちにとって、流されやすい人の柔軟性と協調性が人と人とのパイプ役となっていることもあります。

多様な意見を吸収して成長する

流されやすい人は、自分の意見に強いこだわりがありません。そのため、たくさんの意見や情報を受け入れ、その中から、自分に最も有益なものを取り入れることができます。 信念があり、自分の意見を信じている人は他人からアドバイスされても受け入れられず、自分の考えを通してしまいます。それも悪い事ではありません。しかし、流されやすい人の場合経験が豊富な人やその分野に詳しい人の意見を聞きながら最適な道を選ぶことができるでしょう。

ストレスを感じにくい

流されやすい人はこだわりが強くないため、周りにあれこれ意見を言われても素直に聞き入れてストレスを感じないという長所があります。周りが褒めればその気になってあれこれ頑張りますし、周りの言葉はアドバイスととらえられるため、良い結果を出せることも多いでしょう。 ただし、流されやすい人は自分に自信がありません。否定的な言葉などが多いと一気にネガティブになってしまいます。与えられた仕事はしっかりとこなしますが、どんどんと自分を否定して落ち込んでしまうので注意が必要です。

流されやすい人の短所

では、流されやすい人の短所にはどのような部分があるでしょう。詳しく見てみましょう。

八方美人に見られる

流されやすい人は、色んな人の意見に合わせてしまいます。そのため周りの人からは八方美人と見られがちです。八方美人は周りの人によく思われたいという気持ちが却って周りにわかってしまい、いい印象を与えません。 相手の気持ちを第一に考えているつもりの流されやすい人ですが、流されて意見に同意していることが逆に相手を傷つけてしまうのです。だんだんと周りから信頼されなくなってしまいます。 また恋愛においても八方美人はデメリットになってしまいます。どの異性にも気があるように見えてしまうと、同性からも嫌われてしまいます。予想していない人に気を持たせてしまったり本命に気持ちが伝わらなかったりとうまくいきません。

責任感が育たない

相手に流されやすいと、責任感が育ちません。人の意見に合わせていれば失敗したときに責任を問われることはありませんし、人の機嫌も損ねません。しかし年齢や経験を重ねるにつれて責任が生じるのを避けて生きるのは、苦労もしませんが責任を果たした喜びを味わえません。 流されやすい人は、色んな人の意見に合わせてしまいます。何かを決める時も、「どこでもいい」「なんでもいい」「〇〇に合わせるよ」などと責任を相手にゆだねるため、周りの人からは自分の意見のない人として物足りなく感じられてしまいます。

恋愛面で相手の言いなりになってしまう

流されやすい人は、恋愛面でも流されやすいものです。本当に好きな相手じゃなくても、自分に好意を持ってくれていることがうれしくて本命じゃない人と付き合ってしまったり、親密になってしまったりしやすい傾向があります。 また、相手に決断を委ねてなんでも従っていく依存性も持っています。相手への依存はモラハラやDVなどのように相手がだんだんとエスカレートして大変な思いをすることもあります。それでいて相手が嫌がれば別れることもなかなかできないため、苦しい恋愛が多いでしょう。 他の異性の押しに負けて関係を持ってしまったり、すぐに付き合う相手がころころ変わって悪評がたったりしてしまいます。恋愛面で流されやすいのは、押しに弱く周囲からは軽い人と思われてしまいかねないので、気を付けましょう。

流されやすい人との付き合い方

それでは、自分の周りにいる流されやすい人とどのように接していけばいいのでしょう?流されやすいからと言って、自分の意見を押し付けて自由にふるまっていいというわけではありません。早速上手に付き合う方法を見てみましょう。

選択肢を少なく提示する

流されやすい人との上手な付き合い方まず1つ目は、選択肢を少なく提示することです。どんな人でも、あまりにたくさんの選択肢の中から1つだけ選ぶというのはとても難しいものです。 例えば、「何が食べたい?」だと今の日本では様々な国の色々な料理が食べられるため、答えに困ってしまって「なんでもいい」と答えるのも当然かもしれません。「イタリアンと中華どっちが食べたい?」と聞くと、いくら相手の気持ちを大事にしたい流されやすい人でも、答えやすくなります。 前述した流されやすい人の特徴などから判断して、「この人は流されやすい人だな」と思える人に対して意見を聞く場合は、あらかじめ2~3個に減らした選択肢を提示してみるのがおすすめです。

自分の意見を言いやすい環境を用意する

流されやすい人との上手な付き合い方2つ目は、意見を言いやすい環境を用意してあげるということです。これは細かく分けてみてみましょう。

少数で意見を話し合える機会を作る

流されやすい人は、相手を尊重するその性格からか強引に自分の意見を通そうとする人に味方にさせられがちです。そのため、1対1やごく少数で意見を出して話し合う機会を作ってみましょう。 最初はなかなか意見を言えないかもしれませんが、何度も聞かれているうちに少しずつ自分の意見を発現できるようになるはずです。もし流されやすい人が、強引な人の言いなりになっている場面に遭遇したら「自分の意見を言ってもいいんだよ」と助け船を出してあげましょう。

意見を否定しない

流されやすい人が意見を言いにくくなった原因に、「人に否定されたくない」というものがあります。そのため、意見や発言に否定をしないというのをルールにしてみるのも効果的です。 何か意見を言っても「でもそれは…」「前にこうだったから…」と否定的な発言で返していると、流されやすい人じゃなくても意見を出しにくくなってしまうものです。まずは意見を否定せず、受け入れてみましょう。

流されやすさ診断!あなたは流されやすい?

周りにいる流されやすい人との付き合い方がわかったところで、自分自身が流されやすいかどうかもチェックしてみましょう。そんなことないと思っていても、意外と流されやすい面があるかもしれませんよ。

・親に厳しく育てられた方だ ・協調性はあると思う ・占いが好き ・悩み事は1人で抱えず周りに相談する ・頼まれたり誘われたりすると断れない ・流行に敏感である ・話題のドラマはチェックする ・自分より能力のある人はたくさんいると思う ・人に喜ばれるとうれしい ・寂しがり屋な方だ

いくつイエスがありましたか?イエスの数が3個以下なら、我が道を行くタイプです。5個以上当てはまっている!という人はやや流されやすい傾向があります。7個以上当てはまっている人は、とても流されやすいです。少し自分の意見を示してもいいかもしれません。

流されにくい人になりたい!流されやすい性格の治し方

流されやすいことは、悪く受け取られることもありますがデメリットばかりではありません。上の診断で流されやすい傾向のあった人、また流されやすいと自分で感じて気にしている人の中で流されやすい性格を治したいと思っている人もいるでしょう。 流されやすい性格を改善する方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分自身と向き合い自分のポリシーを確立する

まずは自分自身と向き合って、自分のポリシーやこだわりを確立しましょう。急にそんなこと言われても…と思うかもしれませんが、自分の人生にとっての目標と考えてみましょう。「家族と仲良く過ごしたい」でも「お金持ちになりたい」でもいいのです。 そしてそれらの目標を達成させるには、どういう行動をしてどういう状況になっているといいのかを考えます。目標達成のために大切なことを考えて言動や行動を起こすことで、ポリシーが確立されていきます。 「騒がしい場所が苦手」「大きな音が苦手」「食べ物は薄味が好き」など、小さなことや細かい事からでいいので、ここは譲れないと思う点をあげてみましょう。日々の生活の中でのちょっとした選択が自分でできるようになりますし、自信にもつながります。

人と違うことを恐れない

流されやすい性格を治すには、人と違うことを恐れない必要があります。人と違う行動や言動をとってしまうことで孤立するのは、今まで周りに合わせていた流されやすい人にとってとても怖いことかもしれません。しかし周りに合わせていたとしても孤立してしまうことは少なくありません。 どちらにしても孤立する可能性があるのなら、自分の考えを抑え込まず周りに伝えてみませんか?周りの意見と自分の意見との妥協点を見つけていくことで、よりいい案が出てくるかもしれません。 無理に意見を通そうとする人もいるでしょう。しかしそれは相手に問題があるのです。周りと違う意見だったからと言って自分が悪い、嫌われてしまう…などと恐れず勇気を出してみましょう。

他人の意見を鵜呑みにしない

他人の意見にいままで合わせてきましたが、流されやすい性格を治そうと思うのであれば、他人の意見を鵜呑みにしないことが大切です。もちろん全く否定し、拒否するべきだと言っているわけではありません。 他人の意見はあくまで他人のものです。そして絶対に正解というわけでもありません。自分の意見を確定するためのアドバイスや参考程度として聞くだけにしましょう。

成功体験を重ねて自己肯定感を高める

流されやすい性格になってしまったのは、自分に自信がないことが大きな影響を与えています。小さなことでいいので、少しずつ成功体験を重ねて自己肯定感を育てましょう。最初は簡単にクリアできそうな目標を掲げて、クリアしたら次はもう少し難しく…という方法がおすすめです。 例えばダイエットであれば、いきなり「10キロダイエットする!」なんて目標ではすぐには達成できませんし、失敗してしまった時のダメージも大きくなります。まずは「なるべく歩く」「間食をしない」などのような小さなことから始めてみましょう。

失敗しても大丈夫という気持ちを持つ

流されやすい人は、失敗するかもしれないという恐れから周りの意見に流されてしまいます。しかし、失敗を全くせず生きている人などいません。「失敗は成功の母」と昔から言ったものです。 小さな成功を積み重ねて自信をつけていく中で、万が一失敗したとしても自分を否定し、価値がないと思わないでください。失敗の経験を次の成功に生かしていくという気持ちを持ちましょう。

自信を付けて少しずつ流されない人になろう!

流されやすい人について詳しく見てきましたがいかがだったでしょうか。責任のある場面や意見が必要な場面では、あまりよしとされない流されやすい性格ですが、全員が全員主張してしまってはまとまりません。人が集まったときに円満にできるのは流されやすい人のおかげでもあります。 メリットも多く、また日本人にも多い性格なので無理して治す必要もないかもしれません。しかしどうしても改善したいのであれば、強い精神力が必要になります。今回の流されやすい性格の治し方を参考にして自信をつけて意見を主張できる人になりましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

hachu

hachu

学生時代心理学を学んでいました。 現在も占いや自己啓発、カウンセリングなど様々な分野の勉強を独学で...

人気記事

新着記事