2019年09月04日公開

2019年09月04日更新

面白い人はモテる?面白い人の特徴・面白い人になる簡単テクニック厳選!

面白い人になりたいと思いませんか?いつも楽しい会話や行動で、人を楽しませることが出来るのが面白い人です。面白い人は頭が良いと思われたり、恋愛でモテるとも言われます。今回は、面白い人の特徴と面白い人になるための簡単テクニックを、いくつかご紹介していきます。

面白い人になりたい!特徴やテクニックを解説

面白い人になりたいと思ったことはありませんか?他人を笑わせることができて、いつもニコニコ楽しそうで、みんなの人気者。それに話が上手な面白い人は、頭がキレるように思えます。人間として、かなり魅力的と言っても良いのではないでしょうか。 また面白い人は、異性からモテる傾向にあります。特に男性で面白い人は、いつの時代も女性から大人気です。人気の男性お笑い芸人をみると、女優さんと噂になったり、結婚することも多く、モテているのが良くわかります。 そんな面白い人になるためには、一体どうすれば良いのでしょうか。今回は、面白い人になりたいあなたのために、面白い人の特徴をご紹介します。また面白い人になるための、テクニックについても、詳しく解説していきます。

面白い人ってどんな人?

面白い人というと、テレビで見るお笑い芸人や、バラエティー番組に出ているような芸能人を思い浮かべますよね。しかし面白い人について考えてみると、狙って面白くなれる場合もありますし、狙ってなくても面白い人はいます。 では面白い人とは、具体的にどんな人なのでしょうか。一般的に面白い人には、「存在が面白い人」と「行動が面白い人」の2パターンがあります。ここでは、この2つの特徴と違いについてご紹介していきます。

存在が面白い人

存在が面白い人とは、その人がいるだけで、またその人を想像しただけで、なんだか面白いと感じてしまうような人のことです。わざとらしさがなく、天然の面白さがあります。 なぜ存在が面白いと言われるのかについては、コレだという理由はありません。この人なら必ず何かして笑わせてくれるはずだという雰囲気を、漂わせているような感じです。そういった人は、存在が面白い人だと感じます。 そんな存在が面白い人は、何ごとも笑いに変えてしまうところがあります。とはいえ、必ずしも狙ってやっているわけではないでしょう。

自分では普通に真面目にやっているつもりなのに、なぜか存在が面白いと言われるので、そんなつもりじゃないと不満に感じる人もいるでしょう。 しかし存在が面白いと言われるということは、相手から一緒にいて楽しい人だと思われているということです。それも自分の長所と言えますので、喜んで認めて下さい。

行動が面白い人

行動が面白い人とは、しぐさや癖、表情や行い、会話などの表現が変わっていて、面白く感じるような人のことです。 自分を面白く見せるには、面白い行動をとるのが手っ取り早いです。テレビで良く見るお笑い芸人は、この行動が面白い人に当てはまります。 とくに何もしなくても天然で面白い人もいますが、狙って行動を面白くすることが出来ます。お笑い芸人のネタを見ればわかりますが、動きや言葉を工夫して、コミカルに感じられるようにしていますよね。このように面白さは、面白い行動で作ることが可能なのです。

面白い人は頭がいい?面白い人の特徴

面白い人を見ていると、良くこのタイミングで、こんな面白いこと言えるよなと、感心してしまいますよね。タイミングもばっちりだし、言ってることも的を得ています。そして、人をおとしめるようなマイナスの要素が一切ありません。 瞬時にこれだけ空気を読んで、しかも面白いことを言えるのは、やはり頭がいいと言えるでしょう。しかしあまり何も考えていないような天然キャラの人も、面白い人だと感じることがありますよね。 頭がいいといっても、計算が得意というような頭の良さとは、少し違うように思いますが、どうなのでしょうか。ここでは、そんな頭が良い人に見える「面白い人」の特徴について、詳しくご紹介していきます。

笑顔が絶えない

面白い人に欠かせないのは、やはり笑顔です。いくら面白いネタを披露しても、無表情だったら、面白く感じません。明るく感情が豊かで、喜怒哀楽がハッキリしている人のほうが、見ていて面白さを感じます。 中でも笑顔は他人を明るくして、見ている人までも笑顔にすることが出来ます。面白い人は、他人を楽しませたいというサービス精神から、無意識に笑顔になっているのかもしれません。 人を笑わせたいなら、まず自分が笑顔になることです。素敵な笑顔が、あなたの面白さを間違いなくアップさせてくれるでしょう。

人が好きで好意的

面白い人は他人に好意的で、人が好きなのが特徴です。人付き合いに壁が無く、基本的に誰に対してもオープンです。こだわりがなく、思ったままの素直な気持ちを表現するので、それだけで人から見れば、十分面白い人に見えます。 また好意を素直に表現するので、相手からも好かれるのです。その結果どんな言動をしても好意的に受け取られて、より面白い人だと評価されやすくなります。 人から好かれたいならば、まず自分から好意を示しましょう。面白い人は無意識にこれが出来ているのです。

リアクションが大きい

面白い人はリアクションが大きいのも特徴です。オーバーなリアクションは、自分をアピールしたいという気持ちの表れでもあります。自分の面白さを分かってもらいたくて、無意識にオーバーな反応をしているのでしょう。 相手の話に大袈裟に反応することで会話は盛り上がります。そのオーバーな様子を見ていると、とてもコミカルに感じられるのです。また自分の話に、大きな反応をしてもらえると、相手も嬉しいものです。 相手の話に大きく相槌をうったり、身振り手振りを使ったりして、大袈裟に反応してみましょう。相手の話を取ってしまってはいけません。あくまでもリアクションに徹することが大切です。

話のネタや語彙力が多い

面白い人は、話のネタや語彙力が多いのも特徴です。普段何気なくテレビで聞いた言葉や、本で読んだ言葉やネタをよく覚えていて、会話にうまく活かします。 普段から話のネタになりそうなことに、アンテナをしっかり立てているのです。そして引き出しに入れたネタを、相手や状況に合わせて上手に使っていきます。こういったところは、やはり頭が良いと言えるでしょう。 本を沢山読んでいたほうがもちろん会話ネタや語彙力は増えます。しかし知識だけ入れても、いざという時に応用できなければ意味がありません。面白くするには、会話にどう活かすかのセンスが重要になってくるのです。

サービス精神が旺盛

面白い人はサービス精神が旺盛です。他の人が喜んでくれることが生きがいになっている人もいるでしょう。 義理人情に厚く、素直で親切、典型的な「良い人」です。そんな人柄から、周りに自然と人が集まり、友人は多いでしょう。いつも人の様子を良く見ていて、気が利くのも特徴です。 自分が面白いことを言ったり、面白い行動をして、他の人が笑ってくれれば、それが自分の幸せにつながります。基本的に人は、誰かの役に立つことで存在意義を感じられる生き物なのです。

ノリが良い

面白い人はノリが良いのも特徴です。誰かがボケれば必ずツッコミを入れてくれます。楽しい雰囲気だったら、より盛り上げる方向に導いてくれます。 一緒にいると楽しいことはより楽しく、感動することはより感動的にしてくれるような、そんなノリが良い人は重宝されます。周りの空気を読む能力に優れていて頭がキレる人と言えるでしょう。 会社の飲み会などでは、必ず連れて行きたい盛り上げ役に抜擢されることでしょう。

面白い人は恋愛でモテる?モテない?

では、面白い人は恋愛でモテるのでしょうか?女性にどんな人が好みのタイプかと聞くと、「面白い人」と答える人が結構います。確かに芸能人を見ても、人気のお笑い芸人は良くモテますよね。人気女優と結婚する人も沢山います。 しかし、ただ面白ければモテるというわけではありません。女性に恋愛を意識させる「面白さ」というものが存在するのです。 では、どのように面白い人がモテて、どのような面白い人がモテないのか、具体的にご紹介していきます。

一緒にいて楽しい「面白い人」はモテる

実は、女性が求める面白い人とは、「一緒にいて面白いと思える人」のことです。芸人のようなギャグのセンスや、面白いネタを言っていれば良いというものではありません。 つまり、二人で一緒にいるとき、楽しい時間を共有できて、自分を面白くさせてくれる人が、女性から見た「面白い人」なのです。例えばデートで遊園地に行ったら さらに一緒に盛り上がれるような、楽しい工夫をしてくれるような人のことです。 ただ何も考えずに、流行りのネタを披露するだけならば簡単です。しかしそれだけでは女心はつかめません。何をすれば女性が喜ぶか、どんな話をすれば女性が笑ってくれるか、良く考えた上での、気が利いた面白さが必要なのです。

なかなかハイレベルな話に思えますが、出来るようになれば、めちゃくちゃモテます。見た目を頑張ってそれなりにすれば、狙った女性の理想の男性になることだって、夢ではありません。 女心を理解することは、男性にとって難しく感じるかもしれません。理解できるようになるためには、まず女性の話を良く聞くことです。完全に理解できていなくても、話を聞こう、理解しようとしてくれている姿勢が伝われば、それだけで十分です。かなり効果はあるでしょう。

必要以上にアピールする「面白くない人」はモテない

面白い人がモテると聞いて、必要以上に自分の面白さをアピールしようと努力しても、逆効果にしかなりません。 男性にとって「面白い人」とは、流行りのネタを披露したり、笑えるギャグやネタを連発する、芸人のようなイメージを持っている人が多いかもしれません。しかしそれだけでは、女性が恋愛面で魅力を感じることはありません。

先ほども言いましたが、女性は「自分を巻き込んでくれる面白い人」を求めているのです。そこには、女性を大切にしているという気遣いが、含まれていなければなりません。 そのため、自分勝手な面白さアピールばかりしていては、男性からはウケても、女性からはいずれ、「面白くない人」の烙印を押されてしまうことになるでしょう。

面白い人と言われるのは誉め言葉?

面白い人と言われるたら、誉め言葉だと感じますか?ひとくちに面白い人といっても、色々な意味があります。そのため人によって、誉め言葉として受け取る人と、バカにされていると感じる人の2パターンがあるのです。 ここでは、面白い人を誉め言葉として受け取る人と、バカにされていると感じる人について、違いをそれぞれ説明します。

誉め言葉として受け取る人の場合

面白い人を誉め言葉として受け取る人は、素直に面白い人を目指している場合です。お笑い芸人を目指している人や、純粋に人を楽しませたいと考えている人にとっては、最高の誉め言葉と言えます。 また男性で見た目がイケメンの人は、「面白い人」と言われると、最高の誉め言葉と受け取る人が多いかもしれません。イケメンなら、褒めるならまず外見です。持って生まれた外見を褒められても、良いのは顔だけなのかととらえてしまい、逆にコンプレックスを感じてしまいがちです。 そんな外見にコンプレックスをもったイケメンにとって、「面白い人」のように中身を褒められることは、かなり嬉しいことなのです。

バカにされていると感じる人の場合

「面白い人」と言って褒めるときは、言い方に気を付けないと、バカにされていると取られてしまう可能性があるでしょう。 特に相手が女性の場合は、バカにされていると感じやすいでしょう。一般的に「良い女」として褒められるのは、可愛くて優しい女性でしょう。それなのに「あなたって面白い人だね」と言われたら、素直に喜べなくても仕方がありません。

まるで可愛らしさや性格の良さで褒めるところがないから、仕方なく「面白い人」と褒めるしかなかったように、感じてしまいます。 また誰から「面白い人だね」と言われるかによって、ニュアンスが変わってきます。親しい人なら、面白い部分を指した誉め言葉でしょうし、会って間もない人から言われたら、「変わっているね」とバカにした皮肉と取られやすいでしょう。

面白い人になるには?おすすめテクニック

周りを明るくして、女性からもモテる「面白い人」。そんな面白い人になるためには、どんな方法があるのでしょうか。ここでは、面白い人になるためのおすすめテクニックについて、いくつかご紹介していきます。

面白い話のネタをいつも探す

面白い人になるには、まず会話の引き出しを増やさなければなりません。そのためには、普段から話のネタになりそうなことはないかと、アンテナを張っておく必要があります。 自分に関する出来事や、周りの人や世間のニュース、バラエティー番組、ドラマやアニメのセリフなどから、本で読んだことまで、日常生活にはいくらでも面白い話のネタが、転がっているのです。

普段から、この出来事はこんな風に話せば面白いかもしれないと、意識して考えるようにしましょう。また、使えそうな単語や熟語、ことわざなども意識して自分のものにしてしまうといいかもしれません。 ものごとは、見方によってとらえ方が変わってきます。何でも面白い角度から物事を見られるように、意識すると良いでしょう。

話すだけではなく聞き上手になる

人との会話の中にも面白いネタは転がっています。そのためには、相手の話に耳を傾けて、聞き上手になることも大切です。 また人は、自分の話を聞いてくれる人に、好意を感じる傾向があります。嫌いな人を面白いと感じることは、まずありませんよね。つまり面白い人になるためには、まず好かれる人にならなければならないのです。そのためにもまず、聞き上手になりましょう。 面白い人を目指していると、ついつい面白い自分を披露したくて、自分の話ばかりしてしまいがちです。ここは意識して聞き上手を目指すようにしましょう。

自分を飾らない

面白い人になるためには、自分を飾らず、素直にさらけ出す勇気が必要でしょう。自分をいつわって全然違う人を演じても、そんなあなたを見て、面白い人だと感じることはありません。 たとえ本当の自分が常識とかけ離れていると思っても、どんなに人と観点がズレていると感じても、恥ずかしがって自分を隠さない事です。ありのままの自分をさらけ出し、表現することこそが、真の面白さにつながるのです。 この際もう恥は捨てましょう。それだけでも十分人と違っていて、面白く感じられます。

面白い人を参考にする

やはり一番良いのは、実際に存在する面白い人を見て、参考にすることでしょう。人気のお笑い芸人でも良いです。どんな雰囲気を持っていて、どんな口調、どんなセリフが面白さのポイントなのかを、観察して分析してみましょう。 他人の丸パクりでは、面白い人にはなれませんが、笑いのポイントや、なぜそこを面白く感じるのかという部分は、参考になるはずです。 また面白い人のネタがヒントになって、自分のネタを思いつくこともあるでしょう。この人面白いなとと思ったら、どんどん参考にしてみてください。

いつも明るく元気を心がける

面白い人というのは、常に人を楽しませたいと思っています。そのためいつも元気で明るいのが特徴です。ネガティブな部分はあまり見せません。 いくら話が面白くても。雰囲気が暗かったり、元気がなければ、みんなあなたを面白い人と思うどころか、むしろ心配させてしまうでしょう。 面白い人に対して、人はどうしても、明るさや元気さを期待します。そのため、落ち込むことがあっても、すぐに立ち直れるように心を強くしたり、ポジティブ思考にするなど、工夫してみましょう。落ち込むにしても、人が見ていないところで落ち込むようにしましょう。

ウケなくても気にしない

自分が面白いと感じる事を言っても、思ったほどウケないなんてことは多々あります。自信満々のネタだったのに、気づいたら相手がシーンとしている、なんてことも良くあるでしょう。 これはもう仕方がないことです。人気のお笑い芸人だって、全てのネタがウケるわけではないのです。ウケなかったからといって、いちいち気にして落ち込んでいては、面白い人にはなれません。またスベった経験から学べることだって沢山あります。 本当に面白い人は、どんなことでも笑いに変えるスキルを持っているものです。いっそのこと、自分がスベったことすらネタにして、笑いにしてしまいましょう。

女性の気持ちに寄り添える面白い人がモテます

ここまで、面白い人の特徴や、面白い人になるためのテクニックを、ご紹介してきました。面白い人は、明るくサービス精神が旺盛で、好感度が高いことがわかりました。 また女性にモテるのは、笑いのセンスが高いお笑い芸人のような面白い人ではなく、一緒にいて面白いと思える人だということもわかりました。 恋愛では見た目が大切なのは変わりません。しかしイケメンは3日で飽きるものです。長く一緒にいるならば、性格もかなり重要になってくるのです。

そんな時に、「面白い人」というのは、かなりポイントが高くなります。女性にとっては一緒にいて、自分を楽しませてくれる人というのは、まさに理想のパートナーだからです。 人生には、楽しいことばかりではなく、辛いこと、しんどいこと、理不尽なことも沢山起こってきます。そんな時に、持ち前の明るさで気分を上げてくれて、一緒に乗り越えてくれそうな人は、とても魅力的です。 そんな風に、女性に寄り添うような、気遣いを含んだ面白さを持つ事が、女性からモテる一番の秘訣と言えるでしょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

みんく

みんく

マインドブロックバスターの資格を取得してから、スピリチュアルを学び、ヒーリングセッションでクライアン...

人気記事

新着記事