2019年12月16日公開

2019年12月17日更新

頑固の意味とは?頑固な人の特徴や性格・心理!頑固度診断と改善方法も

頑固親父、頑固者など、頑固という言葉を単語の前に付けて言われることがよくあります。頑固とはどんな特徴があり、どんな性格で、頑固になってしまう原因は何故なのでしょうか?頑固な人の性格や心理を分析し、その特徴を知った上で頑固と言われない方法を見つけましょう。

日本人は頑固?

日本人という人種は、とても親切で、礼儀正しいなどと世界からよく言われます。確かに、自然災害が起こった時でも、略奪や暴動が起こることはありません。どんな大変な時にでも譲り合い、順番を待ちます。そこには、日本人が持つ「頑固」という性格の一面がいい意味で、大きく関わっています。

頑固の意味とは?

頑固とは、「固」=「他におかされない」、「かたくな」という語が入っているように、かたくなに、自分の意見や考え、態度を変えず貫きとおすという意味があります。

頑固の使い方と例文

病院の先生から、身体に悪いものは辞めて下さいと言われているけれど、やめない父親がいます。息子は、なんとか辞めてもらおうと説得するも、話を聞かない父に対して、ついつい発してしまうのが「この頑固親父!」ではないでしょうか? 「お風呂場の大掃除に、タイルの目地も綺麗に掃除しようとしました。しかし、なかなか取れない頑固な汚れに骨を折りました。」このように、洗剤の宣伝の中でも、頑固な汚れという使い方がされています。

頑固の類義語

かたくなにという意味を持つ言葉になります。意地っ張り、意固地、強情、片意地など頑固と同じ意味を持つ言葉は多数あります。

頑固の対義語

かたくなではなく、その場に応じて対応できるという意味になるため、対義語としては、柔軟、従順、素直などの言葉があげられるでしょう。

頑固の英語表現

頑固という、文中で使われる意味合いにより使う単語も異なりますが、一般的に頑固者という場合は、stubbornを使います。「私は、頑固です。」を英語にすると、「I am stubborn.」となります。

頑固一徹とは?

一徹の意味は、「思いこんだことは、かたくなに押し通すこと」という意味です。言うならば、頑固と同じような意味となり、ほぼ同類語の言葉を重ねることで、語意も強まります。頑固一徹とは、一度決めたことは、周りの人に何を言われても耳をかさず、自分の考えや意見を押し通すことをいいます。

頑固な人の特徴

人付き合いや日常の会話の中でも、「あ、この人頑固だな」と感じることってありますよね。では、そう感じるような頑固の特徴を見ていきましょう。

自分の意見を曲げない性格

頑固な人の特徴の一つとして、自分の意見を貫きとおすということが挙げられます。普通であれば、話し合いをする中で、他の人の意見を聞き、自分と違う考えでもいい意見だと思えば、その考えを自分の中に取り入れます。しかし、頑固な人の特徴として、自分の意見が間違っていようと、その考えを変えずに最後まで自分の意見を発信し続ける傾向があります。

自分の非を認めない性格

頑固な人の特徴で、自分が間違っている場合でも素直に認めず、何かしら話をつけて、自らの正当性をアピールしてきます。遠い昔の記憶に対しても、自分の記憶が正しいと思いこんでいることがあります。昔話をしても、自分の記憶と違うことをいう相手に対しては、間違っていると責めることも特徴です。

他人の意見を聞き入れない性格

頑固な人の性格の特徴として、他の人の意見をまったく聞き入れない傾向があります。 自分が思っていることが一番正しいと思っている傾向があるため、その考えと違う考えをいくら言われても、聞く耳をもちません。そのうち、押し問答のようになり、口喧嘩にまで発展するような場合もあるほどです。 他人の意見を素直に受け入れることができれば、人との関わり方もスムーズにいくわけですが、頑固な人は、プライドも高いという特徴があります。人が何を言おうか、自分は自分の道を貫くという特徴があります。

頑固な人の性格・心理

ついつい、頑固な人を目の前にすると、「本当に頑固なんだから!」と言ってしまうことがあると思います。では、頑固な人の性格やその時の心理とはどんなものなのでしょうか? 相手を知ることが、うまくいくきっかけとなることがあるので、頑固な人の性格や心理を探っていき、近くにいる頑固な人に当てはめてみてもいいでしょう。

負けず嫌い

頑固な人の特徴として挙げられる一つが、負けず嫌いな人が多いということです。相手の意見を聞き入れてしまうと、それは負けにつながると考えている場合があります。負けず嫌いな性格は、いい面ももちろんあります。スポーツや勉強に対して、負けず嫌いの性格であれば、負けるものかと必死に努力する力の源にもなります。 ただ、負けず嫌いが度を超すと、様々な弊害が及ぶことがあります。自分の意見が通らなければそれは負けと思い、貫きとおしているうちに、周りから見れば、頑固な人だなと思われてしまうのです。

わがまま

頑固な人の特徴として、わがままであることが挙げられます。頑固な人は、自分の意見を曲げるのが大変苦手で、その分自分の都合の良いように物事を考えがちです。 なので、頑固な人は自分の思ったことなどを相手に押し付けたり、自分の思い通りになるように勝手に行動することがあります。このような時、周りからは「周りを無視して自分の思うがままに行動するなんて、わがままな人だ」という印象を持たれてしまうでしょう。

失敗を知らない

頑固な人の特徴として、大きな失敗をせず、挫折をしらない場合があります。今まで、自分が思うようにやってきて、壁にぶちあたったことがない場合です。失敗をしていないので、自分の考えが正しい、自分の行動だと間違いがないと思いこんでいる場合です。 人の価値観はそれぞれですので、何かを決定する時には、様々な意見が出てきます。その時でも、今まで失敗した経験がなければ、自分の考えが一番だと、相手の話を聞かずに、自分の意見を全面に前に出そうとしてしまいます。

新しいことを受け入れられない

頑固な人の性格の特徴として、新しいことに積極的にチャレンジしていこうという人は少ないかと思います。頑固な人は、自分が考える枠の中でしか、自信をもって行動したり、発言ができないからです。新しいことにチャレンジする=新しい考え方を試していくということになります。 新しいことにチャレンジする柔軟性が、頑固な人にはないので、なかなか枠の中から抜け出さず、新しいことも受け入れない傾向にあります。頑固な人は、いい意味で言えば、自分の意見を貫くということですが、そのかわり新しい物事には拒絶を示すということにもなります。

ぶれない芯の強さ

頑固な人の性格の特徴として、どうしてもマイナスのイメージを持ってしまうかと思います。話をしている中で、一歩も譲ろうとしない頑固な人に、ついため息をついてしまうなんてこともあります。そんな頑固な人の特徴をいい意味で考えてみると、それは芯の強さです。 自分がこうだと思ったことは貫き通す意志の強さがあるといえば、頑固な人でも良い特徴といえるのではないでしょうか。何かを決めるにあたって、頑固な人が一歩も引かない時には、頑固者!!と言いたい所をぐっと我慢して、意思が強いね!といってみましょう。相手も、気分がよくなり、案外こちらの意見にも耳を傾けてくれることがあるかもしれません。

過去のトラウマの影響

頑固な人の特徴として、どうしても思い浮かべるのは、「頑固親父」という言葉からも、年配の人や中年世代の人を思い浮かべるかと思います。時たま、子供でも頑固な子もいますが、ある程度、歳を重ねて頑固な性格が、より頑固になっていくのでしょう。 その過程には、子供のころや、今まで経験した中でのトラウマも影響していることがあります。 頑固な人の特徴からも、なかなかそのトラウマを話しだすことはない可能性が大ですが、頑固な人だと思った時は、まず世間話をすることから始めてみましょう。話をしている中で、頑固にならなければいけなかった事情がわかるかもしれません。 例えば、信頼する相手に裏切られ、人を信じられなくなったことから、自分を守るため 相手の話には聞き耳をもたなくなったなんていうトラウマもあるかもしれません。

人が頑固になってしまう理由とは?

頑固な人の性格や特徴をあげてみましたが、そもそも、頑固になる理由とは何が原因なのでしょうか?生まれたたての赤ちゃんに対して、この子は頑固だ。ということはまずないでしょう。成長する上で、人は様々な人の影響を受けます。家族、学校の先生、近所のおじさん・おばさんなどたくさんの人と接します。 家族の存在は、大きなもので「子は親の背中を見て育つ」といいますが、もともと親がものすごく頑固者だとします。常に我が道を行くという親であれば、その考えが自然と身について頑固になっていきます。このように、頑固な性格になる理由の一つに、大きく言えば遺伝というものもあります。 また、大きく成長する時期には、学校の先生の影響も受けやすくなります。そんな中、頑固者ともいかずとも、芯が強すぎる先生がいたとしましょう。その先生を尊敬するようになれば、知らずと先生のように、まっすぐぶれずに生きていこうと影響をうけることも頑固な性格になっていく理由になります。

芯が強くぶれないという意味で頑固な人でいえば、職人気質の人があげられます。自分の力で、生活をするために道を切り開いてきた人達です。相当な努力や、大変なことを乗り越えてきた課程で、自信につながり、他人よりも自分の力を信じるうちに、人の意見を聞けない頑固な性格になってしまったということもあるでしょう。 また、頑固な性格じゃなかったけれど、頑固にならざる負えなかったという場合もあるかと思います。相手の意見を正しいと思い聞いてきた結果、どれもうまくいかず、相手のことが信じられなくなったという場合です。自分を守るためにも、他の人の意見が聞けなくなり、その思いが強くなることで頑固者といわれる域にまで達することがあります。 頑固な性格といえど、頑固な特徴は一人一人違います。なぜなら、それぞれ違った環境で育ってきたからです。今まで出あって影響をうけた人も違います。頑固者が100人いたとすれば、その頑固になった理由や原因は100通りあります。 仕事をしていく上でや、何かで頑固な人と接することがある時には、まずその特徴を分析し、その上で普通の話から、相手がどんな考えを持っているかを聞きだしてみましょう。また、その時の心理的な気持ちもわかれば、なぜその人が、こんなにも頑固になってしまったかの手がかりが見つかるでしょう。

頑固の長所と短所

頑固な人を一方的に悪いと決めつけず、一つの個性と捉えられる気持ちをもちたいものです。ただ、頑固な人と付き合う上で、頑固な性格の長所と短所を知っておくことも大事です。長所、短所がわかっておけば、気持ちを整理して、心理的にも落ち着いて接することができるでしょう。

頑固の長所

誰でも、相手に対して先入観を持ってしまうといいことはありません。良い所をみつけ、相手を褒め、褒められることで嬉しくなる心理にもっていけば、話も通じやすくなるでしょう。

貫きとおす意志の強さ

他人に、思っていることと違う意見を言われたら、自分が間違っているのかという心理になります。人の意見に流されやすい性格であれば、そこですぐに相手に合わせることになります。ただ、頑固な人の特徴として、自分の意志は、誰が何をいおうと最後まで貫きとおす力を持っています。 貫きとおすためには、どんなことでも惜しまず努力をするでしょう。

大事なことを決める力

頑固な人の特徴として、ある程度自分の中の考えがしっかりしているという長所があります。他人の意見に流されず、しっかりと自分の意見を言えます。何かを決める時には、自分を信じて決定できる心理が働くわけです。

頑固の短所

ここまで頑固の長所を説明してきましたが、次に頑固の短所についても見ていきましょう。 長所と短所の両方を知ることが、良い深い理解につながります。

人間関係がうまくいかない

頑固な性格であれば、人と意見がぶつかりあうことが多くなります。正しいと思っていうことでも、相手にすれば押しつけられているという心理になります。そんな意思疎通がうまくいかないことが続くと、頑固もわがままだと捉えられることになりかねません。 頑固な人といると、邪魔臭くなるという心理になり、人間関係にも亀裂が生じることになります。

融通がきかない

他人の意見を受け入れられないことが多く、その時々に対応ができるという柔軟性がありません。そのため、融通がきかないことが多々あります。人との関わり合いの中で、融通が利かなければ、孤独になってしまうこともあります。常に、自分の考えが一番という心理からくる短所といえるでしょう。

頑固な人との付き合い方

頑固な人は世の中にたくさんいます。なかなか意見を曲げなかったり、人の話に耳を傾けなかったりする人に出会った時は、その人の性格を分析してみましょう。頑固な性格の人なのか、それともただのわがままな性格なのかくらいはすぐに判断できるでしょう。 そこから、頑固な人との上手な付き合い方の糸口をさがしましょう。

仕事編

仕事で頑固な人と出会った場合、それがどんな立場の人かによって変わってきます。ただ、仕事の場合、感情的になることは避けましょう。相手が意見を曲げずとも、なぜその発言をするのだろうかと考え、心理戦に持ちこみましょう。 本当に頑固な人であれば、真っ向から反論しても、聞き耳をもちません。まずは、相手の意見を一旦飲み込み、一定の理解をしていることを伝えましょう。その時に、相手の意見に対して、持ちあげることができればさらによいでしょう。その上で、相手がどう思っているのかを心理的に分析しましょう。 褒められて嫌な思いをする人はいません。この人は、自分の味方だと思えば、まずは心を開く心理に誰でもなるはずです。そこで、少しずつ、自分の意見をいい、相手の考えを探る。この繰り返しで、相手に自分の意見を少しずつ刷り込んでいくと、いくら頑固な性格でも、聞き耳をもつかと思います。

恋愛編

頑固な性格の人とお付き合いする上で、注意するの相手の気持ちを理解することです。 そして相手を思いやる気持ちが大事です。最初の頃は、相手が何を思ってそう言ったのかと心理を読み解くのに時間がかかるとおもいます。 ただ、恋愛関係が長くなる上で、自分の素の部分や弱みも見せることができれば、頑固な性格でいる必要もなくなってきます。相手を思いやる気持ち、大事な気持ちが、頑固な性格も少しずつ変わらせることができるのではないでしょうか。愛する気持ちが、頑固な性格もとけさせてくれるでしょう。

あなたは頑固かどうかチェック!頑固度診断

頑固な性格や特徴を見ても、自分は頑固ではない!と思っているそこのあなた。そう思っていることが、もしかすると頑固なのかもしれません。以下の質問に当てはまれば当てはまるほど、あなたは、頑固者です。一度自分の発言や態度を見直してみましょう。

・自分の意見はいつも正しい。 ・こだわりが強い。 ・人のいうことを聞きたくない。 ・負けず嫌いである。 ・人とよく言い合いになる。 ・プライドは高い方。 ・これだと決めたらとことんする。 ・周りは気にならない。 ・孤独を感じることがある。 ・今の考えをかえたくない。

どうでしたか? 頑固な性格や特徴に自分が合っていると思っても心配しないでください。 柔軟姓を持つことで、人はどんどん変わることができます。

頑固は治せる!頑固の改善方法

頑固な性格だ、ともし言われても、自分自身と向き合えば変わることができます。変わるためにも、頑固な人の特徴や性格を客観的に知っておくことが大事です。頑固な人の特徴や性格を知った上で、自身がどのように気を付ければよいかを考えていきましょう。

相手の話に耳を傾ける

頑固な人の特徴に、人の話を聞かないことがあげられます。本当に、頑固な自分を改善したいのであれば、まず自分の意見より、相手の話を聞きましょう。相手の話にすぐ反論するのではなく、まずは、そんな考え方もあるんだと、相手の意図を理解することが大事です。 頑固な性格からすれば、最初は難しいですが、人の話を聞かないという典型的な、頑固の特徴を打ち破るには、少しずつ努力をしていくことが大事です。まずは、相手の話をじっくり聞くことから始めましょう。途中で、「でも、それは」と反論することがないように注意しましょう。

柔軟性を身につける

頑固な人の特徴として、自分が間違いではない範囲でしか行動をしなかったり、新しいことを取り入れなかったりする傾向があります。社会にでると、自分が正しいとしている事とは、違うやり方の方が効率が良かったりすることがあります。そんな時は、頑なに拒むのではなく、やってみましょう。 頑固を改善するためには、幅を広げて、何に対しても柔軟に対応する力をつけることが大事になってきます。幅を広げるということは、自分の可能性も広がることにつながるので、まさに一石二鳥ですね。

何ごとにもチャレンジをする

頑固な人の特徴に、自分が考える範囲から抜け出せないということが挙げられます。まずはその枠から、抜け出るためにも、何か新しいことにチャレンジしてみましょう。そこから、得られる物は、知識以外にも、自分の自信へとつながります。 新しいことを進める中で、様々な人の考えを知り、自分の中に取り入れることができるようになるでしょう。自分を信じるのであれば、自分の可能性も信じてみましょう。

もう「頑固者」とは言わせない!今日から私は「リーダー」だ!

頑固者と言うと、聞こえはマイナスのイメージがつきまといます。自分の考えばかり主張して、人の意見も聞かず、周りも見ないという感じでしょう。しかし、視点を変えると、自分の意志をしっかりと持ち、最後までそれを貫きとおす強さを持っている人と、言い換えることができます。 どちらに思われるかは、自分ではなく周りの人なのです。周りの人に、後者のように思われれば、それは会社であればリーダーになりえる人材なのです。友達からは、自分の意見をしっかりもっていて立派と尊敬されるでしょう。

そこで、大事なのが、人と人との繋がりなのです。人は、一人では生きていけません。様々な人に助けられ、支えあって生きています。だからこそ人間関係は大事なのです。 自分から挨拶をする、まずは相手の話を聞く、自分の意見とも比べ、いいところは取り入れるなど柔軟性を持つことなど、頑固ではなく、皆から愛されるようなリーダーとよばれるように努力してみましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

神住美波

神住美波

心理学を勉強してきていたわけではないですが、興味があります。宜しくお願いいたします。...

人気記事

新着記事