2019年05月28日公開

2019年05月28日更新

人付き合いが苦手な人の特徴・性格6つ!心理的原因・診断とアドバイスを紹介

会社での飲み会が苦手だったり、恋人は欲しいけどなかなか合コンなどで会話が弾まないなどの悩みはありませんか?こういった人付き合いが苦手な人って多いですよね。一体どうして人付き合いが苦手になってしまうのか?その心理や特徴について解説してみたいと思います。

人付き合いが苦手で辛いあなたへ

仕事自体は楽しいと思えるのに、職場の人間関係が辛く、なかなか会社になじめなくて、辛い思いをしたことはありませんか? また、恋愛のシーンでも、恋人は欲しいけれど、いざデートに誘ってみると、一体何を話せばいいのかわからなくて困ってしまったり、人付き合いが苦手だと、仕事でも、プライベートでも悩みは尽きないですよね。 そこで、今回は人付き合いが苦手な人の特徴や性格、心理的な原因などについて書いてみようと思います。

人付き合いが苦手な人の特徴・あるある

人付き合いが苦手な人は一体どんな特徴があるのか、いくつかご紹介してみようと思います。きっと人付き合いが苦手だと感じているあなたなら、「あるある!」と共感できることがあると思うので、あてはまるものがあるかな?と考えながら読みすすめてみてください。 また、自分の周りにいる人で、人付き合いが苦手そうな人に当てはまるものがあれば、こんな考えを持っているんだと理解してあげて、ぜひフォローしてあげてくださいね。

恋愛が苦手でなかなか進展しない

人付き合いが苦手だと、どうしても合コンなどで素敵な異性に出会っても、なかなか進展しづらいことがあると思います。人付き合いが得意な人は、「お休みの日は、何してるの?」「それなら今度○○に一緒に遊びに行こうよ!」なんていう具合に、デートまで簡単に持ち込むことができますよね。 一方で、人付き合いが苦手な人は、「何から話せばいいんだろう?」と、頭の中でもんもんと考えすぎてしまって、いつのまにか狙っていた異性をとられてしまうなんていう苦い経験もあるかもしれませんね。

仕事の付き合いがストレスに感じる

どんなお仕事であっても、人付き合いをする場面って多かれ少なかれあると思います。組織に所属していれば、歓迎会、送別会、忘年会、新年会などと、飲みニケーションとしてお付き合いしなくてはいけないこともありますよね。 仕事自体は好きなんだけど、人付き合いが苦手で辛いし、転職しようかなぁなんて悩みを抱えることも多々あると思います。

周りの人からノリが悪いと言われる

人付き合いが得意な人は、人の集まりが得意なので、「今から○○行っちゃう?」というその場のノリで、どこかに遊びに出かけることができたり、フットワークが軽い人が多いですよね。 一方で、人付き合いが苦手な人からすると、「早く家に帰って、一人になりたい!」と思っているので、「今日は、ちょっと予定があるからごめんね。」と誘いを断りがちになってしまい、「ノリ悪いよね」と周りの人から思われてしまうこともあると思います。 そうなってしまうと、なかなか誘われる機会も減ってしまって、余計に人付き合いが苦手になってしまうこともあります。

人付き合いが苦手な人の性格

人付き合いが苦手な人の性格とは、どんな性格なのでしょうか。人付き合いが苦手というと、なんだか暗いイメージがあるかもしれませんが、「おひとりさまブーム」の影響もあり、一人で海外旅行に行ってみたり、意外とアクティブなタイプの人付き合いが苦手という方も中にはいると思います。 そんな色々なパターンがある中でも、人付き合いが苦手な人に共通しやすい性格について、書いてみようと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

マイペースを乱されるのがとにかく苦手

人付き合いが苦手ということは、裏を返せば「マイペースを崩したくない、つらぬきたい!」という、少しわがままな一面が考えられると思います。 人付き合いをうまく楽しもうとすると、相手に合わせてみたり、自分の意見を通すことよりも、その場の空気を読んで、みんなに同調することが求められる場面も多くありますよね。それを、苦痛に感じてしまうことが、人付き合いが苦手な人の性格にはみられると思います。

あまりにも完璧主義・個人主義すぎる

何もかもを自分の計画通りにこなしたい、他人に口をはさまれるのが苦手だと感じるような完璧主義の人は、人付き合いが苦手だと思う方は多いと思います。 表面上は取り繕っていても、「どうしてもっと要領よくできないんだろう」などと、相手に対して内心イライラしてしまったり、ストレスに感じてしまった結果、「やっぱり人付き合いが苦手だ」と考えてしまうことがあると思います。 また、結婚生活なども、家事のやり方や生活スタイルの違いなどから、うまくいかなくなることもあるかもしれません。

自分に自信が持てない

なかなか自分に自信がなくて、人とうまく話すことができなかったり、コミュニケーションをとることに過度に緊張してしまうような性格の方も、人付き合いが苦手になりやすいといえます。 「どうせ自分なんて」と、自分に自信が持てないと、なかなか人付き合いを楽しいと思えないかもしれません。コミュニケーションをとっている相手も、なんとなく距離を感じてしまって、仲良くなりづらいと感じさせてしまうこともあるでしょう。

人付き合いが苦手になる心理的原因

人付き合いが苦手になってしまうのには、なにか心理的な原因がきっとあると思います。原因さえわかってしまえば、意外と解決策が見つかったりすることもあります。 ひとそれぞれ原因はあると思いますが、これからご紹介する人付き合いが苦手になる心理的原因を参考にしながら、「自分の場合は、一体どんな原因があったのだろう?」と考えながら読んでみてください。

自尊心が低すぎる

自尊心とは、とっても簡単に説明すると、「自分のことを肯定する気持ち」のことをいいます。これが低いと、自分に自信が持てなくなってしまいます。「私なんて、俺なんて」と、自分を否定してばかりいると、どんどん自尊心は低下してしまいます。

そして、誰かに「すごいね!」などと褒めてもらおうとするのではなく、自分が自分に「いいね!」するような気持ちを持つことで、自尊心は高まります。 そうすれば、たくさんの人がいるような場所でも、自分の意見をしっかりと言えるようになったり、人と意見が違ったとしても、「そういう考えの人もいるんだ」と受け入れやすくなり、人付き合いが苦手だと感じることも少なくなるかもしれません。

人前での失敗を極度に恐れすぎてしまう

人付き合いが苦手だと感じている方の中には、過去に大勢の人前で何か失敗してしまったことがトラウマのように怖くなってしまったからという方もいると思います。 たった一度の失敗くらい笑い飛ばせるというようなメンタルの持ち主なら、なんてことないようなことでも、心配性だったり、完璧主義な方にとっては、すごく嫌な記憶としてインプットされてしまうと思います。 また、周りの人に笑われてしまうのではないか、馬鹿にされてしまうのではないかと必要以上に恐れていると、人付き合いが苦手に感じる原因になります。

完璧になんでもこなしたいという理想は、誰しもが抱えていると思いますが、「少しくらい失敗したって、大丈夫だ!」というような、心のゆとりを持つと人付き合いの苦手も、少しは楽になるかもしれません。 「誰にどう思われたって、精いっぱい自分なりに頑張った!」と、過去の自分の失敗も受け入れてあげると、一歩前に進むことができると思います。

人付き合い苦手度診断!あなたは人付き合いが苦手?

自分ってもしかして人付き合いが苦手なのかなぁと疑問に感じている方も多いと思います。そこで、人付き合いが苦手かどうかの診断項目を10個用意してみました。 たくさん当てはまると感じる方の方が、人付き合いが苦手な傾向にあると思うので、「自分はどれくらい当てはまるかな?」と考えながら見てみてくださいね。

・前もって人と会う約束をしていたのに、日が近づくとおっくうになる ・仕事は好きだけど、飲み会には参加したくないと思ってしまう ・一人でお出かけするほうが、楽しく感じてしまう ・休日は、誰かと遊びに出かけるよりも、家で過ごしたいと思う ・人といると気を使いすぎて、強いストレスを感じる ・人の意見よりも、自分の意見で物事を選ぶ方だ ・他人の前で、本当の自分をさらけ出すのが苦手だ ・一人っ子だったり、小さい頃ご近所の子供との触れ合いが少なかった ・誰かとおしゃべりすることが、ストレス発散にならない ・人と面と向かって話すのが苦手だと感じる

人付き合いが苦手な人へのアドバイス5個

人付き合いが苦手な人は、たくさんいると思いますが、「どうすれば克服できるのか?」また、「必ず克服しなければいけないものなのか?」という視点から、人付き合いが苦手な人へのアドバイスを5つ書いてみようと思います。 人付き合いが苦手なせいで、悩んだり、苦しんでいる方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

聞き上手を目指してみる

人付き合いが苦手な方の中には、人と上手に会話しなくてはいけないと気を張りすぎている人もいると思います。しかし、聞き上手にさえなってしまえば、自分が話さなくても、相手が気持ちよく話し続けてくれるので、気が楽になると思います。 そのためには、単調な「そうなんですね」という相づちばかりでなく、相手の話を広げるような相づちが打てるようになることが理想です。

また、心理学では、人に話をたくさん聞いてもらったと感じると、「楽しい時間が過ごせたなぁ」というように満足度が高くなると言われています。 なので、例えば相手から「○○へ行ったんだ」という話をされたら、「楽しかったですか?」というような、「はい、いいえ」で終わってしまうような質問よりも、「どうやってそこまで行ったのですか?」というように、会話が続くような相づちを打つと、相手も気持ちよく話してくれるようになります。 コツさえつかめば、案外簡単に聞き上手になれるんだなと感じるかもしれないので、まずは家族や友人などとの会話から、練習してみるといいでしょう。

共通の趣味の仲間から人付き合いを増やしてみる

人付き合いを苦手に感じている人の中には、自分の周りの人とは話が合わないから苦痛だと思う方も多いと思います。職場の人間関係などでは、特にそう感じることが多いと思います。そこで、人付き合いに慣れる場としておすすめなのは、趣味の場です。

例えば、カメラ教室やお料理教室に通ってみたり、SNSで同じ趣味を持つ人と集まれるイベントに参加してみるといったことから始めてみるのがいいと思います。 共通の趣味があれば、必然的に話は盛り上がりますし、会話をしなくても、同じ空間で同じ趣味を楽しむだけでも、人の集まりに慣れる練習になるかと思います。 人付き合いが苦手だと一度思ってしまうと、なかなか外に出るのもおっくうになってしまいがちですが、練習のつもりで試しに行ってみようという軽い気持ちで参加してみると、新しい発見があると思います。

嫌われてもいいという勇気をもつ

人付き合いが苦手な方は、人に嫌われることを極端に怖がっていることがあります。そういうタイプの方は、人に嫌われても大丈夫なんだという勇気をもつことも、人付き合いの苦手の克服に役立つでしょう。 どんなに人気の芸能人だって、歴史上の偉人だって、ファンもいれば批判的な見方をする人がいるんだと考えれば、ちょっと気が楽になりますよね。

コミュニケーションではとにかく笑顔を心がける

人の表情の中でも、無表情というのは、相手に誤解を与えることが多いのです。たとえ怒っているわけではなくても、コミュニケーションをとっている相手からすれば、もしかして自分の話がつまらないのかな?と気を使われてしまいます。 どんな時も、なるべく笑顔をでいることを心がければ、自然と話しかけやすい雰囲気になり、自分からコミュニケーションをとらなくても、人が集まってくれて、人付き合いがしやすくなります。

人付き合いを止めてもいい

人付き合いが苦手なら、無理して克服しようと頑張るのをやめてみるのも一つの手です。友達は、必ずしもすべての人に必要なものではありません。どうしても辛くて、人とかかわるのが苦しいときは、少し距離を置いて、心を休めることも必要です。

人付き合いが苦手でも自信をもって

人付き合いが苦手な人の特徴や性格などについて書いてみましたが、当てはまるものはありましたか? もし、少しでも克服できればいいなという気持ちがあるのなら、ほんの少しの勇気をもって、簡単にチャレンジできそうな方法から試してみてください。きっと新しいあなたの魅力を見つけることができると思います。

電話占いが初月5円で使い放題!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、虹運なら今だけ初月5円で始めることができます! 詳しくはこちら↓

関連記事

ライター

PIANO28

PIANO28

独学で心理学検定1級を取得しました。また、ストレスケアや消費者の心理などのセミナーに参加し、趣味で心...

人気記事

新着記事