2019年05月26日公開

2019年05月26日更新

仕事で失敗ばかりな人の特徴と立ち直り方!失敗の理由と対処法・失敗防止法を解説

仕事で失敗ばかりな人は失敗から学ぼうとしなかったり、焦りから質よりもスピードに集中しがちです。あなたの周りにもそんな人がいませんか?この記事では仕事で失敗ばかりな人の特徴・よくやる失敗・失敗ばかりする理由の他に、失敗の対処法・回避方法などを紹介します。

仕事で失敗ばかりの自分が嫌になっていませんか?

なれない仕事をしていたり苦手な仕事をしていると失敗が続いていしまい、なかなか思うような成果を出すことができなくなってしまいます。仕事で思うような成果が出せなくなると嫌になってしまいますよね。 あなたも新しい仕事を始めた時などに失敗が続いてしまい、自己嫌悪になってしまうようなことはありませんか? この記事では仕事で失敗ばかりしてしまう人の特徴やそんな人の失敗例、失敗してしまう日理由やその対処法。更に失敗をしないようにする方法と失敗してしまった時の対処法を紹介します。

仕事で失敗ばかりの人の特徴・あるある

まずは、仕事で失敗が多い人の特徴・あるあるを見てみましょう。ここで紹介する内容に当てはまることが多い人は失敗が多い人であり、これから新しい仕事に取り組んだり転職したりしても、今までと同じように沢山失敗する可能性があります。 また周りにここで紹介する特徴がある人がいる場合は近い将来沢山失敗をする可能性があるので警戒しておきましょう。

本当に理解しているのかが見えない

仕事で失敗ばかりする人の特徴・あるあるの1つ目は、「本当に理解しているのかが見えない」ことです。 仕事で失敗ばかりする人はミーティングや取引先との打ち合わせの中で取り決められた方針や仕事の目的について、本当に理解できているのかがはっきりとは分かりづらいことが非常に多いです。 しかし、打ち合わせの最中に自分が理解できていないことについて質問することはなく、なんとなくの理解のままでいたり、そもそも自分が何を理解していないのかが分かっていません。そのため、打ち合わせが終わってからも誰かに確認すること無くなんとなく仕事を始めるので、失敗してしまいます。

メモを取らない

仕事で失敗ばかりする人の特徴・あるあるの2つ目は、「メモを取らない」ことです。 仕事で失敗ばかりしてしまう人は、受けた指示や打ち合わせの取り決めについて忘れ内容にメモを取ろうとせず、全て記憶しておこうとします。 本当にすべて記憶できているのであれば全く問題ありませんが、失敗ばかりする人の場合は仕事の内容をしっかりと記憶できておらず、あとになって「あれどうなってましたっけ?」と周りの人に確認を始めます。もしくはその確認すらせずに仕事を進めて、出来上がったものが取り決められた内容と全く異なるものになっています。

当事者意識がない

仕事で失敗ばかりする人の特徴・あるあるの3つ目は、「当事者意識がない」ことです。 仕事で失敗ばかりする人は、自分が任された仕事に対して「自分がその仕事に携わっている」というという当事者意識が無く、一緒に仕事をしていてどこか人任せであったり積極セが感じられないことが非常に多いです。 そのせいで、求められているせいかを出すために自分ができる最大限のことをやろうとしたり、わからないことをクリアにしてから仕事に取り掛かろうとすることがなくなり、結果的に失敗の多い人になってしまいます。

納期ギリギリまで確認をしない

仕事で失敗ばかりする人の特徴・あるあるの4つ目は、「納期ギリギリまで確認をしない」ことです。 失敗ばかりする人の特徴として、確認が少ないことがあります。仕事に取り掛かりはじめてすぐに出てきそうな疑問点に関しても全て自分で解決しようとしていたり、最初のうちに確認しておくべきことも納期ギリギリになって、周囲にいる人をゾッとさせるようなこともあります。 わからないことがあればその時点で確認すればすぐに解決できるのにそれをしないため、こなした仕事の方向性を誤っていたり、いつまでも成長できずなかなか高い成果を挙げられなくなってしまいます。

力の入れどころを間違えている

仕事で失敗ばかりする人の特徴・あるあるの5つ目は、「力の入れどころを間違えている」ことです。 仕事で失敗ばかりする人は、仕事で一番力を入れるべき所を見極めることができず、力を入れるべきところに時間をかけられず、力を入れる必要のない非常に細かい部分に時間をかけすぎてしまいます。 そのため、仕事で失敗ばかりする人がこなしたものは「ムラ」や抜けが多く、手直しが必要になる部分が非常に多く、結果的に納期に間に合わずに仕事が遅れたり、求められている成果が出せなくなってしまいます。

ネガティブ

仕事で失敗ばかりする人の特徴・あるあるの6つ目は、「ネガティブ」なことです。 仕事で失敗ばかりする人は、自分が失敗ばかりすることが分かっているものの、そこから失敗しないようにする方法を考えたり、「今は失敗ばかりでもやるべきことをこなしていれば改善できる」のようにポジティブに考えることができません。 そのため、立ち直るのが遅かったり学習せず、いつまでも同じ失敗を繰り返し、周りの人からも「学習能力がない人」と思われるようになり、一緒に仕事をいたくない人と思われるようになってしまいます。

仕事で失敗ばかりする人のやりがちな失敗例

前の見出しで紹介したような特徴が多い人は、仕事で同じ失敗を何度も繰り返すため、周りにいる人からも煙たがられてしまう傾向があります。 この見出しでは仕事で失敗ばかりする人がよくやる代表的な失敗例を4つ紹介します。前の見出しで紹介したような特徴がある人が周りにいる方は、近々ここで紹介する失敗が発生する可能性がありますので、事前に対処法を考えておきましょう。

納期に遅れる

仕事で失敗ばかりする人がやりがちな失敗の1つ目の例は、「納期に遅れる」ことです。 仕事で失敗ばかりな人は自分の仕事のスケジュールを立てることができません。これは更に深掘りすると自分がやるべき仕事が何かを把握できていない・自分がやるべき仕事にどれだけの時間がかかるかを理解できていないことが挙げられます。 こうした状況で仕事に取り組むため、毎日・毎週の仕事のスケジュールが立てられなくなり、気付いた時には仕事の納期ギリギリになっています。しかも仕事が全く進んでいないことを周りにも知らせないため、周りの人がフォローに入っても間に合わなくなっていることがほとんどです。

取引先や社内での打ち合わせの日時を忘れている

仕事で失敗ばかりする人がやりがちな失敗の2つ目の例は、「取引先や社内での打ち合わせの日時を忘れている」ことです。 仕事で失敗ばかりの人は「納期に遅れる」でも紹介したとおり、自分の仕事が把握できておらずスケジュールが立てられていません。これは社内のミーティングや取引先との打ち合わせに関しても同じです。 そのため、当日になって取引先との打ち合わせがあることに気付いて慌てて提案資料を作成するようになります。その結果打ち合わせの中でも大した取り決めができず、相手のニーズを正確に把握できず、そのまま仕事を進める結果求められているセカを出すことができなくなってしまいます。

指示された内容を間違って理解している

仕事で失敗ばかりする人がやりがちな失敗の3つ目の例は、「指示された内容を間違って理解している」ことです。 仕事で失敗ばかりの人は上司から支持された内容を正しく理解できていないことがほとんどです。上司からの指示が曖昧に感じられる時にもその内容を確認するために質問することはなく、なんとなくの理解で仕事を進めます。 もしくは上司外とした指示と全く異なる形で指示内容を理解し、そのまま仕事を進めてしまいます。そんな状況で仕事を進めればどこかで矛盾点に気付いて質問すれば解決することも、何となくそのまま進めてしまいます。

言われたことをこなせていない

仕事で失敗ばかりする人がやりがちな失敗の4つ目の例は、「言われたことをこなせていない」ことです。 仕事で失敗ばかりの人は仕事が理解できていない上に、言われたことをきっちりとこなすこともできません。これも仕事への理解が曖昧なこととそれをクリアにするために質問できていないことが原因です。 普通の人ならその場ですぐにわからないことを質問して簡単にこなせる仕事も、その質問ができないのでいつまで経っても同じ失敗を繰り返します。

提出した資料に誤字脱字が多い

仕事で失敗ばかりする人がやりがちな失敗の5つ目の例は、「提出した資料に誤字脱字が多い」ことです。 仕事で失敗ばかりの人は何度も失敗していて周りの人からも「失敗が多い人」という印象を持たれているので、仕事で焦りがちになってしまいます。その結果仕事も質よりもスピードを重視するようになり、細かいミスが目立ちます。 その典型例として、作成した資料などの誤字脱字が多くなります。こうしたミスも、資料を提出する前に少し時間を取って確認すれば未然に回避できるミスです。しかし、失敗ばかりする人は焦りからそれができず、細かいミスを続けることになります。

仕事で失敗ばかりしてしまう理由とは?

では、前の見出しで紹介したような失敗が沢山見られてしまうのはなぜなのでしょうか? 次は仕事で失敗ばかりする人が、何度も失敗してしまう理由を紹介します。今の自分自身が失敗ばかりしてしまっている人であったり、部下に失敗ばかりしてしまう人がいる場合はここで紹介することを理解して対処法を考えるようにしましょう。

楽に仕事をこなそうとする

仕事で失敗ばかりしてしまう1つ目の理由は、「楽に仕事をこなそうとする」ことです。 仕事で失敗ばかりする人は仕事で手を抜こうとしていることが多く、やるべきこと・手を抜いてはいけないところで手を抜くため、いつまでも失敗が続きます。 確かに仕事では注力すべきところと、手を抜いても問題ないことはありますが、その正しい判断ができずに全てについて手を抜いてしまうのが失敗ばかりする人で、「いかに楽にやるか」ばかり考えているために、失敗ばかりしてしまいます。

基本的なことを理解していない

仕事で失敗ばかりしてしまう2つ目の理由は、「基本的なことを理解していない」ことです。 ここまでにも何度かお伝えしていますが、仕事で失敗ばかりな人は任された仕事で何をしなければならないか、どうこなすべきか、どのように仕事をこなすべきかということが理解できていません。 仕事をする上では自分のタスクを把握してスケジュールを立て、それを最短時間でこなせるようにしておく必要がありますが、そうした基本的なことも理解できていないため、いつまで経ってもムラのある仕事を続けるようになります。

失敗から学ぼうとしない

仕事で失敗ばかりしてしまう3つ目の理由は、「失敗から学ぼうとしない」ことです。 仕事で失敗ばかりの人は、一度失敗したことから同じ失敗をしないようにするためにはどうすればいいかということを考えません。そもそもそういう意識がまったくないことが多いです。 そのため、同じ仕事について同じ失敗を何度も繰り返し、いつまで経っても成長しません。それでも、仕事で失敗したことをリストアップしておいて対処法を考えようとはしないので、「失敗ばかりの人」という状況から抜け出すことができません。

焦っている

仕事で失敗ばかりしてしまう4つ目の理由は、「焦っている」ことです。 仕事で失敗ばかりの人は、自分がそういう人になってることを理解はしています。そのため仕事をする時は「なんとかして結果を出さなければいけない」と焦りながら仕事をしていることが多くなります。 その結果、いかに速く仕事をこなすかということを考えるようになり、仕事を「丁寧にこなすこと」よりも「速く終わらせること」に意識を向けるようになり、仕事をこなす前の確認や仕事をこなした後の確認を怠るようになります。

記憶力が無い

仕事で失敗ばかりしてしまう5つ目の理由は、「記憶力が無い」ことです。 仕事で失敗ばかりのひとは、人から教わった仕事のやり方を覚えられなかったり、1日の仕事の中で何が上手く行かなかったか・何をしたら上手く言ったかということを覚えていません。 そのため、同じ仕事が来ても毎回はじめてこなす仕事と同じような取り組み方をします。前にうまくこなせた仕事は同じようにこなせばいいのに、それができず前上手くできていたこともできなくなり、失敗を繰り返すことになります。

睡眠不足

仕事で失敗ばかりしてしまう6つ目の理由は、「睡眠不足」です。 仕事で失敗ばかりの人は生活習慣が整っておらず、毎日兵器で夜更かしして夜中の2〜3時ごろまでゲームをしたりTVを見たりしています。 睡眠不足になれば日中の集中力が下がって注意力も散漫になり、簡単な仕事でもミスするようになってしまいます。

仕事で失敗した後の対処法は?

仕事で全く失敗せずに行きていくことはとても難しいです。 失敗した時には相応の対処法があります。それを理解して、事後処理を正しくこなして、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

自分の過失を認めて素直に謝る

仕事で失敗した時の1つ目の対処法は、「自分の過失を認めて素直に謝る」ことです。 失敗は認めたくないものではありますが、自分が失敗したことは事実です。まずはそれを認めて、上司や仕事の依頼を受けた取引先に謝罪しましょう。 これがなければ信用を失い、そもそも仕事を受けることもできなくなってしまいます。もう一度チャンスをもらうためにも自分の過ちは素直に認めて誤りましょう。

今回の失敗の原因と今後の対処法を伝える

仕事で失敗した時の2つ目の対処法は、「今回の失敗の原因と今後の対処法を伝える」ことです。 失敗をした場合は、上司や依頼主は今後どう対処していくのかを気にしています。なので、謝るのと同時に今後どう対処していくかも一緒に伝えましょう。 今後の対処法を伝える時には、今回なぜ失敗してしまったのかの原因と、その失敗を二度と起こさないための方法の2つを必ず伝えるようにしましょう。

同じ失敗を繰り返さない方法を考える

仕事で失敗した時の3つ目の対処法は、「同じ失敗を繰り返さない方法を考える」ことです。 ここまでの2つは仕事の関係者に対して筋を通すことでしたが、3つ目の「同じ失敗を繰り返さない方法を考える」は仕事で失敗してしまった人自身のための対処です。 仕事の中では、1つ1つの仕事の中で個別に考えるべきことと、ある程度ルーティーン化できる部分がありますが、ルーティーン化できる部分については同じ失敗を繰り返さないようにうまくいく方法を固定して起きましょう。

気分転換をする

仕事で失敗した時の4つ目の対処法は、「気分転換をする」ことです。 仕事をするのは人です。そのため、ここまでに紹介したように仕事の「やり方」を改善したとしても、その仕事をこなす「人」が精神的に参ってしまったままではうまく仕事をこなすことができなくなります。 なので、仕事で失敗ばかり続いてしまった後は、一度思いっきり気分転換をしましょう。ネガティブな精神状態を引きずるのが最も良くないことです。失敗したことで焦りを感じることも分かりますが、一度リラックスして気分をリセットしてから仕事に取り組むようにしましょう。

仕事で未然に失敗を防ぐ3つの方法

次は仕事で失敗ばかりしてしまう人に、未然に失敗を防ぐ方法を3つ紹介します。 ここまでにも簡単に触れてきていることですが、今一度失敗しないための方法を詳しく確認して起きましょう。

仕事を引き受けた時に仕事の目的を確認する

仕事で未然に失敗を防ぐ1つ目の方法は、「仕事を引き受けた時に仕事の目的を確認する」ことです。 どんな仕事にもその仕事をこなす目的があります。目的とは「何のためにこの仕事をするのか?」です。この目的がわからないまま仕事に着手しても、指示者が求める成果を作ることはできません。 まずは、仕事を引き受けた時点で何のためにこの仕事をするのかを考えたり、確認しましょう。

引き受けた直後に時間を取って進め方を確認・指示者に確認する

仕事で未然に失敗を防ぐ2つ目の方法は、「引き受けた直後に時間を取って進め方を確認・指示者に確認する」ことです。 仕事ができる人は、仕事を引き受けた瞬間に5〜10分ほど時間を取って仕事の進め方を一度考えています。これは全く全貌を理解できていない仕事を手元に残してスケジュール管理ができなくなることを防ぐのと、早いうちに失敗の目をつむためです。 簡単にでも仕事の全貌を把握・確認することは、その後仕事に取り組む際の心理的な負担を軽減できます。

逐一連絡・相談・確認を依頼する

仕事で未然に失敗を防ぐ3つ目の方法は、「逐一連絡・相談・確認を依頼する」ことです。 仕事で失敗しないためには、「自己判断で仕事をしない」ことです。今までに何度もこなしてきた同じような仕事でも、依頼主や仕事の目的によってやるべき方法が変わるこtもあります。 なので、少しでも気になることがあったら依頼者に必ず確認しましょう。

仕事で失敗ばかりした時の立ち直り方は?

最後に仕事で失敗した時の立ち直る方法を紹介します。 仕事で全く失敗をしないことは理想ではありますが、非常に難しいです。時には失敗することもありますが、それに引きづられていては翌日の仕事でもミスが増えて符のスパイララルに入っていきます。そうならないためにも立ち直る方法を身に着けておきましょう。

よく寝る

仕事で失敗ばかりした時の1つ目の立ち直り方は、「よく寝る」ことです。 まずは身体的に失敗しづらい状況を作ることです。寝不足は集中力の低下に繋がり、翌日の仕事の質の低下に繋がります。 なので、生活リズムを整えるためにも最低限平日は決まった時間に練るようにしましょう。

休日に思いっきり遊ぶ

仕事で失敗ばかりした時の2つ目の立ち直り方は、「休日に思いっきり遊ぶ」ことです。 この方法は精神的に失敗しづらい状況を作ることです。仕事で失敗ばかりしてしまった時は精神的に参ってしまっています。 そのまま仕事を続ければ思うような成果を出せない可能性が高いので、休日は一旦仕事のことは忘れて思いっきり遊んで気分転換しましょう。

自分を責めずうまくいく方法を考える

仕事で失敗ばかりした時の3つ目の立ち直り方は、「自分を責めずうまくいく方法を考える」ことです。 これは同じ失敗を繰り返さないための具体的な方法を考えておくということです。生活リズムを整えて精神的にポジティブな状況になっても、やり方を変えなければまた同じ失敗を繰り返します。 なので、気分転換ができたら同じ失敗をしないための具体的な仕事のこなし方を考えて、「この方法なら上手くいく」という自信をつけて翌日・翌週からの仕事に取り組めるようにしましょう。

自己否定をせず、やり方を改善しましょう!

失敗ばかり続く人は自分には才能がない・何をしてもダメと考えて、自分の人間性を否定してしまいがちです。 でも、仕事の失敗はあなたの人間性が原因なのではなく、仕事のやり方が良くないだけなので、その方法を改善することをしっかり考えましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事