2019年05月31日公開

2019年05月31日更新

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向!特徴・性格・長所と付き合い方、改善法も

熱しやすく冷めやすい人と付き合うのは大変だと聞いたことはありませんか?この言葉は果たして本当なのでしょうか。ここでは、熱しやすく冷めやすい人の特徴や性格をはじめ、恋愛傾向に至るまで徹底解説します。また、改善法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

熱しやすく冷めやすい人と付き合ったら?

「熱しやすく冷めやすい人と付き合うのは大変だ」という意見や、「熱しやすく冷めやすい恋人とはすぐに分かれてしまう」という考えを持っている人はたくさんいますよね。そもそも、熱しやすく冷めやすい人とはどのような人のことを指すのでしょうか。 今回は、熱しやすく冷めやすい人の特徴や性格、恋愛傾向などを徹底分析します。また、寝しやすく冷めやすい人と長く恋人関係でいるための方法も紹介するので、恋人が熱しやすく冷めやすい人だという人や好きな人にその傾向がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

「熱しやすく冷めやすい」の意味とは?

そもそも、熱しやすく冷めやすいとはどのような意味があるのでしょうか。熱しやすく冷めやすいの「熱しやすい」とは、具体的には「誰かのことをすぐに好きになったり、情熱的にアプローチしたりする」ことを指します。 次に、熱しやすく冷めやすいの「冷めやすい」は、具体的には「恋人関係になった途端急速に相手に対する情熱や感情がなくなってしまう」ことを指します。熱しやすく冷めやすい人は、短くいうと、「惚れやすいけどすぐに恋人に飽きてしまう人」と言えますね。

熱しやすく冷めやすい人の特徴

熱しやすく冷めやすい人の行動面などの外面にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、熱しやすく冷めやすい人の特徴をいくつかに分けて解説します。

1.辛い時にすぐに逃げてしまう

熱しやすく冷めやすい人の特徴の1つめは、辛い時にすぐに逃げてしまうということです。恋人関係は山あり谷ありで、いつでも楽しい時ではないですよね。熱しやすく冷めやすい人は恋人関係の甘い部分は好きですが、辛い時を乗り越えようという気持ちがありません。 そのため、恋人との関係の中で苦難に直面した時、それを嫌だと思ったり、冷めたと思うことで、一緒に乗り越えるのではなく逃げようとしてしまいます。熱しやすく冷めやすい人は、辛いことを乗り越えるのが苦手だというのは恋愛面に限ったことではありません。 そのほかの仕事や、友達関係でも熱しやすく冷めやすい人は、熱しやすく冷めやすいです。仕事などは何かに一度集中して夢中になってもふと飽きてしまうということがあります。 友人関係でも、仲の良い時はとても仲が良いのにふとした瞬間から急に飽きてしまってその友達と疎遠になってしまうということがよくあります。

2.社交性がある

熱しやすく冷めやすい人の特徴の2つめは、社交性があるということです。熱しやすく冷めやすい人が次々に恋人ができたり、友達ができたりして結局人間関係に困ることがないのは社会性があるからです。 熱しやすく冷めやすい人は社交性があるので、友達の幅が広いです。さらに、相手を惚れさせるのが上手かったり、自分の魅力を相手に伝えることに長けているので人を惹きつけることができます。 その結果、親密な関係にならない程度の人間関係だと周りの人に対して熱しやすく冷めやすい性格のことに気づかないので、友好的にいお互いがお互いを捉えます。

3.行動力がある

熱しやすく冷めやすい人の特徴の3つめは、行動力があるということです。熱しやすく冷めやすい人は彼女や彼氏が尽きないようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、その原因はこの行動力です。 熱しやすく冷めやすい人のアプローチはとても情熱的です。それは、アプローチがとっても情熱的なので必然的にすぐに会いに行ったり、いつでも一緒に行動したりと、フットワークがとても軽いからです。 熱しやすく冷めやすい人はそのような行動力を兼ね備えているので、恋愛関係だけでなく今夢中になっているものなどに対しての行動力も非常に高く、思い立ったらどこにでも行けてしまうようなタイプです。

4.新しいものが好き

熱しやすく冷めやすい人の特徴の4つめは、新しいものが好きということです。熱しやすく冷めやすい人は新しいものがあると、高くても後先考えずに飛びついてしまうような癖があります。 熱しやすく冷めやすい人にとって、ものは買う時が一番目新しくて魅力的ですが、買って時間が経つと、だんだんその魅力が褪せてしまうことがとても多いです。これは人でも同じことが言えて、恋人関係になるまでがとても魅力的で、いざ恋人になって時間が経つと魅力が褪せてしまいます。

5.飽き性

熱しやすく冷めやすい人の特徴の5つめは、飽き性ということです。上記で新しいものが好きと紹介しましたが、飽き性だからこそ新しいものが好きなのです。 だからこそ、新しいものを手に入れたりするとその時は有頂天になって喜びますが、熱しやすく冷めやすい人はその「手に入れた」という事実で物事が完結してしまってそれ以上がありません。 その結果、すぐに飽きてしまって、熱しやすく冷めやすい人はまた新しいものを手に入れたいと考えるようになります。これは恋愛でも同じで、付き合うことで熱しやすく冷めやすい人は相手のことを理解して手に入れたつもりになってしまって、すぐに飽きてしまうということがとても多いです。

熱しやすく冷めやすい人の性格

熱しやすく冷めやすい人の行動面などの外面を紹介しましたが、外面と心の中、つまり性格は密接に関わりあっていますよね。ここでは、そんな熱しやすく冷めやすい人の性格についていくつかに分けて解説します。

1.プライドが高い

熱しやすく冷めやすい人の性格の1つめは、プライドが高いということです。熱しやすく冷めやすい人は自分が欲しいと一度思ったものを手に入れずにはいられない性格をしています。そのために、人の場合は情熱的にアピールしたり、ものの場合は後先考えずに購入したりしてしまいます。 これは、基本的にプライドが高いので手に入れずにはいられないという性格の持ち主だからです。しかし、プライドが高いから手に入れたいのであって、いざ手に入れるとそのプライドは保たれたことになり、欲求が満たされてしまいます。 その結果、熱しやすく冷めやすい人はその人やものに対して急速に魅力を失ってしまうのです。

2.ロマンチスト

熱しやすく冷めやすい人の性格の2つめは、ロマンチストということです。熱しやすく冷めやすい人は熱するときはとことん相手やものに対して情熱的になります。 というのも、熱しやすく冷めやすい人が情熱的に誰かにアプローチするというのは、本人の中では「それが良い」、「理想だ」と思っているからです。熱しやすく冷めやすい人は、自分が手に入れるためにはあれやこれや工夫します。 そのため、その時の感情に合わせて自分が一番ロマンんチックだと思う方法でアプローチします。その、アプローチの方法が結果的に恋愛ドラマのようなロマンチックさなのです。

3.周囲の目を気にしない

熱しやすく冷めやすい人の性格の3つめは、いい意味でも悪い意味でも周囲の目を気にしないということです。熱しやすく冷めやすい人は、自分が熱している状態、つまりとても人やものが魅力的に見えている時はまさに猪突猛進といったようにアプローチしたりします。 熱しやすく冷めやすい人のアプローチは上記で紹介したようにそれは周りの人から見たらかなり露骨に感じるような節さえありますよね。しかし、当の本人はそれに気づいていません。 反対に、熱しやすく冷めやすい人の冷めている状態の時は周りの人からすると「昨日までの熱された状態はどこにいったのか」と思うほど急速にその人やものに対する態度を変えてしまいます。 熱しやすく冷めやすい人はよく言えば周囲の目を気にしないと言えますが、あまり人に左右されることを好む性格ではありません。

4.好奇心が旺盛

熱しやすく冷めやすい人の性格の4つめは、好奇心が旺盛ということです。熱しやすく冷めやすい人は、何かを差別したり、バイアスがかかったような状態で人やものを見たりすることがありません。 そのため、物事の見方が偏っているということはありません。あくまでも自分の軸で魅力的だと思ったっことは魅力的に感じるような一面を持っています。具体的には、自分が「面白い」と感じたらその物事や人のことを集中的に知ろうとします。 ある一定知ることができたりマスターできたときは、急速にその人やものに対する情熱が冷めてしまうということはありますが、基本的には好奇心に満ちていて、楽しいことや面白いことが大好きという側面は確かです。

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向5個

世の中ではよく「熱しやすく冷めやすい人との恋愛は大変だ」と言いますが、それは本当にそうなのでしょうか。具体的に、熱しやすく冷めやすい人はどのような恋愛傾向があるのでしょうか。 ここでは熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向について詳しく紹介します。

1.浮気性

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向の1つめは、浮気性ということです。熱しやすく冷めやすい人は新しいものが好きだと上記で紹介しましたが、大きな特徴としてあげられるのは、どこか他の人に魅力を感じてしまったらどうしてもそっちの方に気が向いてしまうということがあげられます。 そのため、熱しやすく冷めやすい人は「まだ恋人に飽きたわけではないけれど、その魅力を感じた人の方も良いなぁ」とついつい思ってしまいます。 このような考えがあるだけではなく、熱しやすく冷めやすい人は実際にすぐに行動に移してしまい、その魅力を感じいた人のことを知りたいと動いてしまいます。付き合っている恋人からするとそのような邪な心を持っていたら十分に浮気ですよね。 このような経緯で熱しやすく冷めやすい人は周囲から「浮気性な人だ」と言われるのです。

2.駆け引きを楽しみたい

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向の2つめは、駆け引きを楽しみたいということです。熱しやすく冷めやすい人は時として情熱的ですが、駆け引きをするのもロマンチックに感じることなので好む傾向があります。 最近では直接的な駆け引きだけではなく、LINEなどでも駆け引きをするようになりました。熱しやすく冷めやすい人はそのようなSNSのツールもフル活用して落としたいと考えている相手に対して駆け引きを仕掛けます。 そして今気になっている相手が自分の仕掛けた言葉に対してどのように切り返すのかを楽しむことを好みます。

3.付き合ったら情熱が冷める

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向の3つめは、付き合ったら情熱が冷めてしまうということです。熱しやすく冷めやすい人は、相手を落とすまでにとても情熱を注いでしまいます。 そうして晴れて付き合えた瞬間が情熱のピークで、熱しやすく冷めやすい人は相手を恋人にすることができたということに満足してしまいます。一度満足してしまうと、熱しやすく冷めやすい人は相手に魅力を感じなくなってしまいます。 さらに、恋は盲目という言葉がありますが、まさにその通りで、熱しやすく冷めやすい人は相手のことを一度良いと思ってしまうと熱が冷めてしまうまでは冷静に物事を考えることができません。それくらい相手に対して夢中になってしまって相手の本当の性格などに目がいきません。 付き合ってみてようやくある程度熱が冷めて、自分がこんな人だと思っていた人は実は違ったということに気づいてしまいさらに熱が冷めてしまいます。こうして、熱しやすく冷めやすい人はすぐに相手に対して情熱が冷めてしまい、別れてしまうのです。

4.考えるのがめんどくさい

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向の4つめは、考えるのがめんどくさいということです。熱しやすく冷めやすい人は上記でも少し触れたように、付き合うまでの甘い関係というのに心地よさを感じてしまう傾向があります。しかし、恋人関係となるとそうはいきませんよね。 恋人となると、デートに行っている時や普段のとりとめもない時までいつでも楽しいばかりではいきませんよね。相手の機嫌を損ねないように気を配ったり、時には喧嘩もしたりと楽しい時ばかりではありません。 普通の恋人は、このような苦しい時も一緒に乗り越えようと頑張りますが、熱しやすく冷めやすい人は苦しい時に遭遇したら「こんなに苦しいことは嫌だ」と考えることをめんどくさがって思考停止状態になってしまいます。 熱しやすく冷めやすい人は本来なら向き合わないといけないところで向き合うことができないので、恋人からすると「自分のことを大切に思ってくれていない」と感じてしまいます。 熱しやすく冷めやすい人と付き合うのは大変だと世の中で言われることが多いですが、その一番の理由は、このような経緯で恋人としてきちんと向き合ってくれないという部分があります。

5.必死に尽くしてしまう

熱しやすく冷めやすい人の恋愛傾向の5つめは、まだ付き合ったばかりの頃は相手は別にして欲しいと思っていないような範囲まで必死に相手に尽くしてしまうということです。熱しやすく冷めやすい人の中でも女性にこの傾向が強くみられます。 具体的になぜこのようなことが起こるかというと、付き合いたてでまだ情熱があるような状態だと、「恋人によく思われたい」という思考が働くからです。相手からすると過剰すぎると感じてしまうくらい必死に尽くすということがよく起こります。 とはいえ、この傾向はあくまで相手に情熱的な時だけなので、熱しやすく冷めやすい人は自然と相手に飽きてしまいます。飽きてくると、必死に尽くしてくるということもなくなって、むしろ「自分のことが嫌いなのではないか」と相手は感じることが多いです。

熱しやすく冷めやすいのは悪いこと?熱しやすく冷めやすい人の長所とは

熱しやすく冷めやすい人は悪い人だと思われることが多いですが、果たしてそうでしょうか?何事にもメリットとデメリットがあるように、熱しやすく冷めやすい人にも長所はあります。ここでは、熱しやすく冷めやすい人の長所をいくつか紹介します。

1.知り合いが多い

熱しやすく冷めやすい人の長所の1つめは、知り合いが多いということです。熱しやすく冷めやすい人は恋人が絶えないことが多いですが、捉え方を変えてみれば、誰もが魅了されてしまうような一面を持っているということになります。 さらに、恋人が絶えないくらい周りにはたくさん人がいるという考え方もでき、社交性があると捉えることもできます。実際、熱しやすく冷めやすい人には知り合いが多いです。 親密な関係の友達になると、熱しやすく冷めやすい性格が災いしてしまって固定で何人か仲がいい友達が常にいるということはありません。とはいえ、何かつてがほしいと思った時に、熱しやすく冷めやすい人に聞いてみると意外と見つかったりするというケースも多くみられます。

2.目標を明確化することが得意

熱しやすく冷めやすい人の長所の2つめは、目標を明確化することです。熱しやすく冷めやすい人は付き合ったらゴールだと考えたり、ものを買ったらゴールだと考えてしまう傾向が強いです。 しかし、これを逆に捉えると、しっかりと自分の中でゴールを決めることができている、つまり、目標を明確化することができるということです。さらにこの人を恋人にしたいと熱しやすく冷めやすい人が思った場合、その人を落とすためにはどのようなことをすれば良いかと考える傾向があります。 これも、捉え方を変えれば、目標を具体化して明確にすることができるということです。目標を明確化したり、具体化して実行するのは実はとても難しいことですが、熱しやすく冷めやすい人はこれを普通にこなすことができます。これは十分長所と言えます。

3.自分自身の価値観がある

熱しやすく冷めやすい人の長所の3つめは、自分自身の価値観があるということです。熱しやすく冷めやすい人は上記でも少し触れたように好奇心が旺盛で、バイアスがかったような状態で物事を見たりしませんし、差別したりすることもありません。 一見普通のように感じるかもしれませんが、容姿や服装、噂などのフィルターをかけないで他人をみることはなかなか難しいことです。しかし、熱しやすく冷めやすい人はこの点自分自身の価値観を持っているので、そのようなバイアスにとらわれることはありません。

熱しやすく冷めやすい恋人と長く付き合う方法4個

今、熱しやすく冷めやすい恋人と付き合っているけれど長続きさせるにはどうしようと迷っている人も一定数いますよね。ここでは、そんな悩みを抱えている人に向けて、熱しやすく冷めやすい恋人と長く付き合う方法をいくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.自分のことをすぐに全部ひけらかさない

熱しやすく冷めやすい恋人と長く付き合う方法の1つめは、自分のことをすぐにひけらかさないということです。熱しやすく冷めやすい人は自分が恋人のことを理解したと思うとその人に対して急速に魅力を失ってしまうという傾向が全体的にはあります。 そのため、自分のことを聞かれても、一度に全部を答えるのではなく、聞かれたことだけを答えるなどの工夫が必要です。また、自分から相手に情報を与えないことで、熱しやすく冷めやすい人は「ミステリアスな人だ」と思ったり、「この人を理解したい」と思うようになります。 とは言え、好きな人には自分を知ってもらいたいという心理はもちろんありますよね。しかし、熱しやすく冷めやすい恋人がいるという人はっこ子をグッと我慢しましょう。このようなことを常に心がけることで、熱しやすく冷めやすい人の心を独占しやすくなります。

2.駆け引きを大事にする

熱しやすく冷めやすい恋人と長く付き合う方法の2つめは、駆け引きを大事にするということです。熱しやすく冷めやすい人は情熱的な反面、駆け引きを楽しむことができるタイプです。 熱しやすく冷めやすい人と恋人になったら駆け引きは終わりかと思う人もいるかもしれませんが、付き合ってからも駆け引きは大切にしましょう。熱しやすく冷めやすい人は言葉のあやを大切にしたりするなどテクニックを持っている場合が多いです。 そのテクニックで意中の人を落とすことが多いのですが、それを逆手にとって恋人を夢中にさせることができます。具体的には、相手のテクニックを常にくすぐるように心がけることが大切です。恋人が駆け引きをしたそうな時はそれに嫌な顔をするのではなく乗ってあげることを心がけましょう。

3.下手な気遣いをやめる

熱しやすく冷めやすい恋人と長く付き合う方法の3つめは、下手な気遣いはやめることです。熱しやすく冷めやすい恋人は男女共、自分に対して従順なのを嫌います。むしろ、おてんばなくらいが丁度良いです。 そのため、恋人ができたら恋人に気遣いすることは基本的に大切ですが、熱しやすく冷めやすい恋人の場合はそうともいかないということを覚えておきましょう。付き合う前のような感覚で時にはさらっとあしらっても良いくらいのモチベーションの方が結果的に長く続きます。

4.感情の起伏を理解する

熱しやすく冷めやすい恋人と長く付き合う方法の4つめは、熱しやすく冷めやすい人の感情の起伏を理解してあげることです。熱しやすく冷めやすい人は総じて感情の起伏が激しいです。そのため、不機嫌な時は目に見えてとても不機嫌です。 このような状態の時に話しかけるとどんなことでもマイナスに働いてしまいます。そのため、あまり余計なことはせずにそっとしておきましょう。何か話したいことがあっても、緊急の用件じゃないことは出来るだけ控えることをおすすめします。

熱しやすく冷めやすい性格を改善する3つの方法

熱しやすく冷めやすい性格の人が、自分の熱しやすく冷めやすい部分を直したいと思ったとき、どのようなことをまず心がければ良いのでしょうか。ここでは、熱しやすく冷めやすい性格を改善する方法をいくつかに分けて紹介します。

1.辛いことから逃げない

熱しやすく冷めやすい性格を改善する方法の1つめは、辛いことがあってもそこから逃げないことです。熱しやすく冷めやすい人の全体的な傾向として、辛いことから嫌なことから逃げてしまうという部分はあります。 そのため、まず改善するべきは、辛いことがあってもそこから逃げ出さずにグッと踏みとどまることです。具体的には、恋人とけんかしてしまった場合など、逃げ出したくなる気持ちが出てきても、きっちりお互いが納得するまで話し合うようにしましょう。 性格はすぐに直るものではありません。ですが、このように、一つ一つ積み重ねていくことで確実に直すことができます。最初は不安に思うかもしれませんが、ぜひ継続してみてくださいね。

2.自分の今やっていることを別の角度から見てみる

熱しやすく冷めやすい性格を改善する方法の2つめは、自分の今やっていることを別の角度から見てみるということです。熱しやすく冷めやすい人は総じて飽き性なことが挙げられます。具体的には自分が取り組んでいることや相手に対してすぐに飽きてしまうということなのです。 熱しやすく冷めやすい人が飽き性になってしまう原因としては、そのものや人を一面的にしか見ていないということが挙げられます。 そのため、熱しやすく冷めやすい性格の人がその性格を直すには、物事や人を色々な面から捉えることによって、より深く理解するということを学習することが大切です。

3.感情ばかりにとらわれない

熱しやすく冷めやすい性格を改善する方法の3つめは、感情ばかりにとらわれないということです。熱しやすく冷めやすい人は総じて感情的に「これが良い」と思ったり、「この人がいい」と思ったら、そのものや人を吟味することなく盲目になってしまう傾向があります。 そのため、実際冷めて落ち着いてきたら思っていたのと違ったということが起こってしまうのです。そのため、一度良いと思った人やもの全てにおいて、一度どこが良いのか理性的に考えてみましょう。 そのように工夫することで、相手やものに対する冷めるスピードが緩やかになったり、冷めることがなくなったりしますよ。

熱しやすく冷めやすい恋人とうまく付き合おう

熱しやすく冷めやすい人について詳しく解説しました。熱しやすく冷めやすいことは悪いことというイメージが強いかもしれませんが、必ずしも悪いことではありません。 熱しやすく冷めやすい性格を直したいと思っている人や、熱しやすく冷めやすい性格の恋人がいるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

橘 梨花

橘 梨花

心理学、哲学などの勉強を通し、人の心についてて日々思考を重ねています。...

人気記事

新着記事