2019年05月31日公開

2019年05月31日更新

自己顕示欲が高い人の特徴は?自己顕示欲の強さ診断と克服方法とは?付き合い方も!

自己顕示欲という言葉を最近ではよく目にすることも多いのではないでしょうか。しかし、実際にこの自己顕示欲の意味を、知っている人はあまり多くはないと思います。今回は、自己顕示欲の意味から、自己顕示欲の強い人の特徴や心理、自己顕示欲の強さ診断までを、ご紹介していきます!

自己顕示欲が強くて嫌われてるかも?

自己顕示欲が強い人は、自分を全面的にアピールする度合いが激しいため、周りの人たちから嫌われている人が多いです。とくに、現代では、SNSなど自分をアピールするために、便利なツールが多く存在しています。 自己顕示欲が強い人は、これらのツールを使い、自分の近況を1日に何度も更新して、アピールすることを欠かしません!しかし、このような自己アピールは、その人に興味がない人にとっては、とても迷惑なものです。 そのため、自己顕示欲が強い人は、じつは周りの人から嫌われている可能性が高いのです!このように、知らず知らずのうちに、周りの人から嫌われることのないよう、自分の自己顕示欲の強さについてを、今回の記事にてぜひ確認してみてください!

自己顕示欲の意味とは?

自己顕示欲とは、自分自身の存在の大きさを、周囲の人たちに見せつけたい!というような気持ちのことを指します。 ただ単に、注目を浴びたいというだけでなく、「本来の自分以上の自分」を演出したい・「本来の自分以上の能力」を評価されたい!、というような気持ちであることが多いようです。 そのため、自己顕示欲が強い人は、ただの「目立ちたがり屋」よりも、厄介な存在であると言えるでしょう。

自己顕示欲と承認欲求の違いは?

自己顕示欲と承認欲求とは、似たような意味合いで使われることも多いです。しかし、じつは自己顕示欲と承認欲求とは、全く異なる意味合いの言葉なのです! 自己顕示欲とは、「自分自身の存在をアピールしたい!」という欲求であり、他人から注目されることによって、ある程度目的を達成している欲求です。 それに対し、承認欲求とは、「他者に自分のことを認めて欲しい!」という欲求であり、「他人に注目をされること」が目的ではありません。あくまでも、承認欲求の場合は、「他者が自分を認めてくれること」を目的としているため、人から注目を浴びることで解消する欲求ではないのです!

自己顕示欲の強い人の特徴は?

自己顕示欲とは、自分を他者にアピールしたいという欲求を指す言葉です。しかし、このような他者から注目されたい!というような欲求は、人間、誰しも持っている欲求ではないでしょうか。 それでは、このような自己顕示欲が強い人とは、いったいどのような特徴があるのでしょうか?次からは、自己顕示欲の強い人の特徴を、詳しく解説していきます!

外見を異常に気にする!

自己顕示欲が強い人は、自分の外見を異常に気にする人が多いです。ファッショニスタのように、ファッションをこよなく愛している訳ではなく、自分自身をより良くみせたいがために、外見に気を配っているのです! そのため、自己顕示欲が強い人は、自分の姿を確認できる場所においては、外見のチェックを欠かしません!そして、チェックが完了すると、SNSに投稿をし始めるのです。

じつは寂しがりやで構って欲しい!

自己顕示欲が強い人は、じつは寂しがりやで構って欲しい!という特徴があります。自己顕示欲が強い人とは、自分を見てほしいという気持ちの裏側に、自信のなさや寂しさが隠れていることが多いからです。 そのため、自己顕示欲の強い人は、自分の自信のなさと寂しさから、人に構ってもらいたいがために、注目されるような行動や外見に労力を注いでいるのです!そして、人から注目され、構ってもらうことにより、自分に自信を持ち、寂しさを埋めることができるのです。

向上心が高い

自己顕示欲が強い人は、向上心が高いのも特徴であると言えるでしょう。なぜなら、自分を目立たせるためには、人生においても自分の立ち位置を向上させていくことが、重要であると分かっているからです! 人間とは、やはり「普通の人」よりも、何かしら「業績や功績を残す人」に注目をしがちです。そのため、自己顕示欲が強い人は、自分を「普通の人」以上に目立たせるためには、自分自身も業績や功績を残した方が良いと考えることから、向上心が高い人が多いのです!

SNSの更新頻度が高い

自己顕示欲が強い人の特徴で、もっともわかりやすいのが、このSNSの更新頻度です!自己顕示欲が強い人は、多くの人に自分の存在を知って欲しい・注目して欲しいと思っているため、1日に何度も更新する人が多いからです。 そのため、1日に何度も何度もSNSを更新する人は、自己顕示欲が強い人であると言えるでしょう。

協調性がなく、周りに合わせることができない

自己顕示欲が強い人は、「普通の人」の中に埋もれたくないと思っているために、あえて人に合わせない人も多いです。なぜなら、自分が一番に注目されていないと気が済まないため、周りの人と馴染んでしまっては、「普通の人」に成り下がってしまうと考えているからです! このようなことから、協調性がなく、周りと合わせることができないのも、自己顕示欲の強い人の特徴であると言えるでしょう。

自分の存在を大きく見せたがる

自己顕示欲が強い人は、自分の存在を大きく見せたがる、という特徴もあります。なぜなら、本来の自分自身には自信がなく、存在感も薄いと思っているからです! そのため、自己顕示欲が強い人は、本来の自分以上に自分を大きく見せたい、と常日頃から考えています。そして、人よりも少しでも上になるような情報があれば、いち早くSNSなどにアップし、「自分はすごい人間だ!」というようなアピールをすることが多いです。

自己顕示欲が強くなる心理的原因

自己顕示欲が強い人は、どんな人であるかがわかりました。しかし、このような自己顕示欲が強い人になってしまうのには、いったいどのような心理的原因があるのでしょうか? 次からは、自己顕示欲が強くなる心理的原因についてを、詳しく解説していきます。

自己価値観が低いのが原因

自己顕示欲が強くなる原因には、自己価値観の低さが関係しています。自己顕示欲は、自分に自信がないことから、必要以上に自分のことをアピールし、自分の価値を高めようとする欲求でもあるからです! そのため、大元の原因としては、自分に自信がない=自己価値観が低いことであると言えます。このようなことから、自己顕示欲が強くなるのは、自己価値観が低いのが原因の一つです!

「優越感」を感じたい心理が原因

自己顕示欲が強くなってしまう原因には、人よりも「優越感」を感じたい、と思う心理的願望もあります。人間とは、「他者よりも高い立ち位置」にいることにより、心理的な優越感を感じることができます。 そのため、人からたくさん注目されることによって、「他者よりも高い立ち位置」であると認識し、優越感を感じることができる心理的作用を求めて、自己顕示欲が強くなってしまう人もいるのです。

承認欲求が強いことが原因

じつは、承認欲求が強いことも、自己顕示欲が強くなる原因です!「他者から認められたい!」というような、承認欲求が強いことによって、「もっと自分を見て」というような、自己顕示欲の強さへと発展するのです! そのため、自己顕示欲が強い人とは、承認欲求が強い人でもあると言えるでしょう。

自己顕示欲が問題視されてきているのはSNSのせい?

ツイッターやインスタなどのSNSが、日常的に利用されることが、ごく一般的な現代ですが、同時に自己顕示欲についても、問題視するような声も上がっていると言われています。 その理由は、SNS上で個人の自己顕示欲が、「可視化」されるようになったからです。ですが、自己顕示欲自体は、人間誰しもが持っている欲求であるため、なんら問題ではありません。 しかし、SNS上だけで、自分の自己顕示欲を満たそうとする場合に限り、問題であると言えるかもしれません。なぜなら、SNS上では、実際の相手の反応が見えることがなく、リアルでの反応との温度差が激しいからです! そのため、SNS上で自己顕示欲を開示する場合には、リアルな世界での反応とは違うものである、といった認識を持った上で、発信していく必要があるでしょう。

自己顕示欲の強さ診断!あなたは自己顕示欲が強い?

自己顕示欲が強い人の、特徴や原因を解説してきました。それでは、ここからは、あなたの自己顕示欲の強さを診断してみましょう! 当てはまる数が多いほど自己顕示欲が強いと言えるでしょう。 1、自分の話ばかりをしてしまう 2、負けず嫌いである 3、主語が「私〜」から始まる会話が多い 4、「目立ちたがり屋だ」と言われることがある 5、SNSなどの投稿には必ず「自撮り(セルフィ)」が入っている 6、自分よりも目立つ人がいると嫉妬心が湧く 7、自分が主役でないと気が済まない! 8、自分が目立つためには他人を犠牲にしても構わないと思う 9、声が大きい 10、じつは自分に自信がない

自己顕示欲を抑えるための5つの方法

自己顕示欲があるのは、人として普通のことです。しかし、自己顕示欲が強すぎる人の場合は、生活をする上で、人とのコミュニケーションに支障をきたす可能性もあります! 人とのコミュニケーションに支障がでないためにも、このような自己顕示欲を抑えるためには、どのような方法があるのでしょうか?次からは、自己顕示欲を抑える方法についてを、ご紹介していきます。

人にアピールすることは、意味がないと理解する

自己顕示欲を抑えるには、人にアピールすることは無意味である、ということを、理解する必要があるでしょう。なぜなら、自己顕示欲を満たすために、人にアピールし、注目を集めることには、永遠に終わりがないからです。 自己顕示欲が強い人とは、どうしても他人に自分の存在をアピールし、注目してもらうことによって、自分の欲求を満たそうとします。しかし、人に注目されることで自分の欲求を満たすこととは、つねに人から注目され続けなければならない、ということになります。

人からつねに注目され続けるようにするには、日々かなりの労力を必要とします。さらに、このようなループに入ってしまうと、他人からも自己顕示欲が強い人であると思われ、人間関係もうまく行かなくなってしまう可能性もあります。 このようなことにならないためにも、自己顕示欲を抑えるには「人にアピールすることは意味がない」ということを、理解することが重要です。

自分自身を受け入れ、認めること

自己顕示欲が強い人は、自分に自信がないために、他人から認めてもらうことや、賞賛が欲しい!と強く願ってしまいます。そのため、自己顕示欲を抑えるには、自分自身を受け入れ、認めてあげることが、もっとも重要であると言えるでしょう。 そもそも、人間とは、本来自分自身が自分を満たすことができていれば、他人から認められたいと言うような欲求は、湧いてこないからです!そのため、自己顕示欲が強い人とは、根本的に自分に自信がなく、人間的価値がない、と思っている人が多いです。 自分に自信がなく、人間的価値がないと思っていることから、自分自信が満たせない「承認」を、他人に求めるようになるのです。このようなことから、自己顕示欲を抑えるためには、自分自身が自分を「どう思っているか」を今一度見つめ直し、自分を受け入れ認めることが、もっとも重要であると言えるでしょう!

SNSから離れてみる

自己顕示欲を抑えるには、SNSから離れてみることも、一つの方法です。自己顕示欲が強い原因は、基本的には「自分自身」にあるため、本来は自分自身と向き合う必要があります。 しかし、自己対話をし、自分のセルフイメージを変えるには、人によってかかる期間なども異なります。また、急に自分自身と向き合うと言われても、なかなか難しい人も多いことでしょう。 このように、自己対話をすることに抵抗がある人の場合は、まずはSNSから離れることをおすすめします!結局のところ、他人との関わりがあり、他人からの目線が気になる、ということが原因で、自己顕示欲が強くなる場合も多いからです。

ありのままの自分にOKを出す!

自己顕示欲を抑えるには、現状の「ありのままの自分」にOKを出すことも、有効な方法であると言えるでしょう。自分に自信がなく、認められていない状態を脱するには、特別な方法を用いなくとも、自分の中で「ありのままの自分でOK!」と、決めてしまえばいいのです! 自分に自信を持つには、「何かを成し遂げなければいけない!」などと、つい思ってしまいがちです。しかし、自分に自信を持つとは、ただの自分の「心の状態」であり、在り方です。

そのため、自分自身が「ありのままの自分でOK!」と決めてしまえば、それだけで気持ちが自然と変わっていくのです!長い間、自分に自信がなかった人は、「そんな簡単に変わるわけがない!」と思う人も多いことでしょう。 しかし、人の心理とは、意外と簡単に書き換えられるものです。自分に変わりたいという強い意思さえあれば、きっと変わるはずなので、一度試してみることをおすすめします。

自己顕示欲があることを認め、うまく利用する!

自己顕示欲を抑えるのではなく、うまく利用することも良い方法の一つです!自己顕示欲とは、そもそも、人間に備わっている欲求の一つです。そのため、それを「抑えよう」とすると、逆にコントロールできなくなってしまう場合もあるからです。 そのようなことにならないためにも、自己顕示欲を無理に抑えようとせずに認め、自分の目標などと絡めてうまく利用することをおすすめします!「何かを成し遂げたい!」という気持ちが自己顕示欲からだったとしても、それを成し遂げることにより、自分の人生にとって大きな成果になるものもあるからです!

自己顕示欲が強い人との付き合い方は?

自己顕示欲が強い人とは、SNSが発達した今では、世の中にたくさんいることでしょう!しかし、このような自己顕示欲が強い人が、嫌いな人も多いはずです。 しかし、嫌いであっても、どうしても付き合いをする必要がある、というような状況の場合もあります。このような場合に、自己顕示欲が強い人とうまく付き合うには、どうしたら良いのでしょうか?

距離を置いて付き合う

自己顕示欲が強い人とうまく付き合うには、ある程度の「距離を置く」ことが大切です。自己顕示欲が強い人とは、特徴でも挙げたように、自分の話ばかりをしてきたり、相手に承認してもらうことばかりを考えています。 そのため、自己顕示欲が強い人との距離が近く、つねに一緒に居るような状況となってしまうと、自分自身が疲れ切ってしまうことになります!このようなことにならないためにも、自己顕示欲が強い人とは、距離を置いて付き合うことが、ベストな付き合い方であると言えるでしょう。

とりあえず話は聞き流す!

自己顕示欲が強い人は、自分の話を聞いて貰うことや、自分を認めてもらうことを重要視しています。そのため、自己顕示欲が強い人とうまく付き合うには、相手の話は全て、とりあえず聞き流してしまいましょう! なぜなら、自己顕示欲が強い人は、自分の話を聞いて欲しいだけであるため、アドバイスや異なる意見を求めていないからです。このような相手の話をまともに聞いても、自分自身が疲れるだけで、なんの意味もありません。 そのため、自己顕示欲が強い人とうまく付き合うには、とりあえず話を聞き流しておくのが良いでしょう!

なんでも褒めてあげる!

自己顕示欲が強い人は、とにかく「褒めて」欲しいのです。そのため、何かにつけて「自分はすごい!」というようなアピールをしてきます。このようなアピール話は、誰でも「早く終わらせたい!」と思いますよね? このような、自己顕示欲の強い人のアピール話を、早く終わらせたい場合には、先に「褒めて」しまえばいいのです!結局のところ、最終的に褒めて欲しいがための長い会話なので、その話を終わらせるには、タイミングがいいところで「すごいね!」と、先に褒めてしまいましょう!

同じレベルで付き合わない!

自己顕示欲が強い人と一緒にいると、相手の身勝手な態度に、イライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、このように、自己顕示欲が強い人を見て、イライラしてしまう心理とは、「自分も相手と同じレベル」になっていることが原因です。 そのため、自己顕示欲の強い人を見て、無駄なストレスを溜めないためにも、自己顕示欲が強い人とは「自分とは違う生き物なのだ」と割り切って、付き合うようにすることが大切です!

自己顕示欲はあるのが普通!うまくコントロールして、自分の人生に活かそう!

自己顕示欲とは、誰しもが持ち合わせている、心理的な欲求の一つです。そのため、自己顕示欲自体があることは、普通のことです。しかし、自己顕示欲が強すぎてしまうと、自己アピールが過剰となり、他人から疎まれてしまうおそれがあります! このように、周りの人との人間関係が悪くならないためにも、自己顕示欲が強くならないように、自分自身でうまくコントロールしていく必要があるでしょう。自己顕示欲をうまくコントロールするには、つねに自分を「客観視すること」が大切です。 また、自己顕示欲とはマイナスな面だけではなく、自分が目標を達成する際には、心理的なプラス要素になる場合もあります!そのため、自己顕示欲自体を「悪いもの」として捉えるのではなく、自己顕示欲がある自分を認め、目標達成のためにうまく利用すれば、自分にとってプラスのものとして、人生に活かすことができるでしょう!

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

stargod

stargod

20代半ばから潜在意識や心理学・宇宙の法則に興味を持ち、独学で書籍を読みつつ催眠療法の講座も受けJB...

人気記事

新着記事