2019年06月07日公開

2019年06月07日更新

弱い人間の特徴とは?強い人間との違いから弱い人間が立ち直る方法を解説

自分、あるいは周りの人間に対して弱い人間だと感じることはありませんか。「弱い人間」一言で済ませると簡単ですが、どのような人間が弱い人間なのでしょうか。ここでは、弱い人間の特徴や強い人間との違い、弱い人間が立ち直る方法についてもご紹介していきます!

自分は弱い人間なのではないかと悩むあなたへ

毎日の生活の中「自分は弱い人間なのではないか」と悩むこともあるのではないでしょうか。人は誰もが弱さと強さ、両方をもっているものです。ときには弱いときがあっても当たり前のことですよね。しかし、いつも「弱い人間」になってしまう場合はどうすればよいのでしょうか。 そこで「弱い人間」に対する理解を深めてみましょう。「弱い人間」を知ることで困難を乗り越えられたり、違った世界が見えてくるかもしれませんね。少しでも生きやすい人生になるように、「弱い人間」について具体的にみていきましょう!

弱い人間の特徴

弱い人間と一言でいっても、様々なタイプや特徴があります。弱い人間とはいったいどのようなタイプや特徴があるのでしょうか。弱い人間の特徴を理解すれば、自分との向き合い方や周りの人間との接し方もより良く変えることができます。 ここでは、一般的に弱い人間の特徴とされるものを紹介していきます。参考にしてみてください。

ネガティブに捉えやすい

弱い人間の特徴の一つとして「ネガティブに捉えやすい」という傾向があります。日常生活に起きることは、その人の受け取り方一つで良くも悪くも変わるものではないでしょうか。ネガティブに捉える人は、全てを悪いことだと受け止めてしまいます。そのため落ち込んだ状態から抜け出せず、どんどんネガティブな感情が増え続けてしまいます。

完璧をもとめすぎる

社会においては、完璧をもとめることは大切なことですよね。しかし、求めすぎると自分を追い詰めてしまいます。完璧を求めすぎる分、失敗したときの落ち込みも強くなります。弱い人間は失敗や挫折を避けたい思いが強く、完璧をもとめすぎる傾向があります。

意思表示ができない

弱い人間の特徴の一つとして、「意思表示ができない」という傾向があります。他人の目や人にどう思われるかが気になるあまり、自分の意見を言うことができません。自分に責任がかかってしまうことを恐れて、意思表示を避けてしまうからです。このように会社などで自分の意思表示ができないと、信用や活躍の機会が減ってしまうことにもなりかねません。

依存性が高い

「依存性が高い」のも、弱い人間の特徴の一つです。弱い人間は、極度の寂しがりの人が多い傾向があります。そのため一人で決めることや一人でいることが、不安で苦手です。何かに頼っていないと不安で仕方がなく、依存度を高めてしまうのですね。依存する対象は様々で、他人に依存し過ぎるタイプと物に依存し過ぎるタイプがあります。

根気がない

弱い人間は「根気がない」という特徴があります。人は困難に遭遇したとき、その困難を何とか乗り越えようと努力するのではないでしょうか。その努力の結果として、諦めることもあるかもしれません。しかし弱い人間の場合は、失敗や挫折を恐れる気持ちが強く、最初から諦めてしまう傾向があります。

生活習慣が乱れている

弱い人間の特徴の一つに「生活習慣が乱れている」傾向があります。生活習慣は、人間の自律神経の働きに大きく関わります。自律神経が乱れると、精神的にも大きな影響を与えてしまうのです。 人の心と体は上手にバランスを取りながら成り立っています。生活習慣が乱れて弱い人間になることもあるので、規則正しい生活を心がけましょう。

他人のせいにする

弱い人間は、失敗や嫌なことを他人のせいにしやすい傾向があります。落ち込みやすく、ネガティブな考えが長引く弱い人間は、失敗や嫌なことを受け止めることができません。そのため、他人のせいにして逃げてしまいます。いつも他人のせいにしていると、逃げてばかりでいつまでも成長することができないでしょう。

失敗を引きずる

弱い人間の特徴として「失敗を引きずる」傾向があります。日常生活では、良いことも悪いことも起きるものですよね。悪いことが起きても、自分なりのリフレッシュ方法や思考の転換などで、何とか乗り切ろうとするのではないでしょうか。 しかし弱い人間は、悪いことを更に悪く考えてどんどん落ち込んでしまいます。そのためいつまでも失敗を忘れられず、引きずってしまいます。

弱い人間と強い人間との違いとは?

弱い人間についてご紹介してきましたが、反する強い人間とはどのような特徴があるのでしょうか。弱い人間と強い人間とはどのような違いがあるのでしょうか。その違いを知る事も「弱い人間」の理解を深める一つになります。弱い人間と強い人間との違いについてまとめてみました。

責任感が強いかどうか

強い人間は、仕事や困難から逃げずに乗り越える努力をします。その責任感の強さが、強い人間の特徴でもあります。しかし弱い人間は、先に恐怖心やリスクを強く考えてしまい、逃げる選択をしやすいのが特徴です。困難や物事から逃げない、責任感があるかどうかが強い人間と弱い人間の違いの一つです。

思考の切り替えが早いかどうか

ときには失敗することや、気持ちが落ち込むこともあるのではないでしょうか。そんな時、強い人間は自分の気持ちの整理や切り替えが早くできます。したがって落ち込んでいる時間も短くてすみます。 一方弱い人間は、いつまでも落ち込んだまま考え続ける特徴があります。どんどん自信をなくしてしまい、落ち込んでいる時間も長くなります。このように、思考の切り替えが早くできるかどうかが、強い人間と弱い人間の違いになります。

ポジティブな考え方かどうか

弱い人間は物事をネガティブに捉えやすい特徴があるのに対して、強い人間は物事をポジティブに考える特徴があります。考え方がポジティブなので、他人の目を気にすることもありません。ポジティブな考えの人間は悩んでいる時間も少なく、気持ちの切り替えも早くできます。物事をポジティブに考えるられるかどうかは、弱い人間と強い人間の大きな違いになるでしょう。

繊細な性格かどうか

ストレスや困難などで傷つきやすい繊細な性格は、弱い人間に多い特徴です。落ち込むきっかけも、傷つきやすい分多くなります。しかし強い人間は、ストレスや困難に対しての思考の切り替えが早く、考え方がポジティブな分受けるダメージも少ない傾向があります。このように繊細な性格は、弱い人間と強い人間の違いには、大きく影響しています。

他人を気にし過ぎないかどうか

弱い人間は自分に自信がないので、他人の目を気にし過ぎる傾向があります。いつもびくびくして不安を抱えてしまうのが特徴です。一方強い人間は自分の考えや意思がしっかりしているので、他人の目を気にすることなく突き進む人が多いのが特徴です。考え方もポジティブなので、不安も少なく行動力もあります。 弱い人間と強い人間の違いは、自分に自信があるかどうかが大きく影響しています。その結果として他人の目を気にし過ぎるかどうかが、弱い人間と強い人間の違いにもなるのでしょう。

積極的であるかどうか

弱い人間は、新しいことに挑戦するのが苦手です。失敗や不安を恐れてしまい、積極的に挑戦することをさけてしまいます。しかし、強い人間は考え方がポジティブなので、恐れることなく積極的に行動します。積極的に行動できるかどうかは、弱い人間と強い人間の違いです。

弱い人間が立ち直る方法

毎日の生活の中、何かしらの原因や環境に影響を受けて、弱い人間の部分が出てしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、元々いろいろな影響を受けやすい弱い人間もいます。その原因や弱さの度合いによっても立ち直る方法は異なります。 そこで、様々な立ち直る方法を知っておくと、対処がしやすく立ち直りも早くなります。 ここでは、弱い人間が少しでも早く立ち直る方法をご紹介していきます!

そのままの自分を受けいれる

弱い人間の特徴として、自分に自信がないことがあげられます。自己嫌悪になって更に追い詰めて、ネガティブな時間を長く過ごすことになります。しかし、そんな自分の弱さも認めて受け入れることができたら、少し楽に生きられるのではないでしょうか。そのままの自分を受け入れることが、次のステップへとつながるでしょう。

できる事から始めてみる

弱い人間の特徴として根気がない傾向があります。いきなり難しいことや大きいことを乗り越えようとしても、すぐに諦めてしまっては意味がありませんよね。まずは小さくてもできる範囲のことから、チャレンジしてみましょう。その積み重ねが、自分の自信につながってきます。自信が増えてくれば、立ち直る力も大きくなってくるはずです。

自分を褒める

少しでもできたことがあれば、自分を褒めてあげるようにしましょう。自分を褒めることで達成感を覚えるようになってきます。その積み重ねで自信も大きくなってくるでしょう。

考え過ぎない努力をする

誰しも困難や壁にぶつかることがあるのではないでしょうか。そんな時、弱い人間は考えすぎる傾向があります。しかし思い悩む時間が長く続くと心身ともに疲れてしまいますよね。まずは立ち直る力を養うために、考える時間を減らすようにしましょう。 例えばリラクゼーションの音楽を聴いたり、瞑想やヨガをしてみたり、自分が「無」の状態になれることを見つけてみましょう。結果として、思考の切り替えもスムーズにできて、立ち直る力もついてくるはずです。

自分の良い所を見つける

弱い人間の特徴として、自己肯定感の低さがあげられます。一日に一つでも良いので、自分の良い点を見つけることを毎日続けてみましょう。繰り返すことで、自分に自信がついてきて自己肯定感も高くなります。自分を受け入れてそのままの自分を好きになる、それが立ち直る力にもなるでしょう。

ポジティブに考える癖をつける

思考は癖になりやすいものです。弱い人間の特徴とされるネガティブに捉える考え方も癖になってしまいます。思考が癖になりやすいことを利用して、物事をなるべくポジティブに考える努力をしてみましょう。積み重ねていくうちに、考え方の癖も変わってくるはずです。焦らずに少しずつ、積み重ねを意識してみましょう。

適度な運動をする

困難や壁を乗り越えるためには、気力も体力も必要になります。無理のない適度な運動は、体力的な効果だけではありません。ストレス発散やストレス耐性を強める、精神的な効果もあるのです。運動をすることでリフレッシュもできて、思考の切り替えも早くできるようになります。心と体の健康のために、適度な運動を習慣にしましょう。

気持ちの切り替えポイントを見つける

自分が落ち込みやすいことや、苦手なことを考えてみてください。それが分かると、対処もしやすくなるのではないでしょうか。対処の仕方として「美味しいものを食べる」や「音楽をきく」など、気持ちの切り替えができるポイントを見つけておくと良いでしょう。そのポイントが分かっていると、気持ちの切り替えが早くできるようになります。

弱い人間に贈る名言

ときには、弱い人間になってしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時、ふとした言葉に支えられたり、勇気づけられたりする事がありますよね。そんな支えや勇気を与えてくれる名言をご紹介します。

逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい―ウォルトディズニー

逆境の中で得た努力や経験が、何倍もの成長につながるという名言です。

簡単すぎる人生に利益はない―ソクラテス

つらいことが多い人生ほど、学ぶことも多い価値のある人生だという名言です。

人の世に道は1つということはない。道は百も千も万もある―坂本龍馬

気分が落ち込んでいる時は周りが見えなくなりがちです。そんな時に、答えは一つではなくいろいろな選択があるという事を教えてくれる名言です。

みんなちがって、みんないい―金子みすず

自分は弱い人間だと落ち込んで抜け出せないときに、自分を受け入れる勇気がもらえる名言です。「わたしと小鳥とすずと」の詩の一文です。

弱い人間を知る事で強い人間になれる!

人はいろいろな面を持ち合わせています。弱い人間だと焦る必要も悲観する必要もありません。しかし弱い人間の特徴や立ち直り方を知ることで、毎日が少し生きやすくなるのではないでしょうか。また、周りの人間に対しても理解ができることが増えるのではないでしょうか。 ここでご紹介した弱い人間についての特徴、立ち直り方や名言などが、少しでも参考になれば幸いです。焦らず、どんな自分も受け入れることから始めていきましょう!

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

ririk

ririk

学生の頃心理学を専攻し資格取得。その後もメンタルケアに興味があり、日々学びながら記事を執筆しています...

人気記事

新着記事