2020年09月26日公開

2020年09月26日更新

ペンギン系女子の性格や特徴・恋愛傾向!相性の良い男性のタイプを紹介!

ペンギン系女子ってどんな女子?性格や特徴・恋愛傾向を大公開します。実はモテると噂されるペンギン系女子の実態と、ペンギン系女子と相性の良い男性の特徴をご紹介します。ペンギン系女子を落としたい男性には接し方もまとめているので、合わせてご覧ください。

ペンギン系女子って?

ペンギン系女子と聞いてパッとどんな女子か浮かばないですよね。あなたの周りに流行りに無頓着で、いつも自分は自分と自然体でいる女性はいませんか?そんな人がペンギン系女性です。今回はペンギン系女子の特徴や、相性の合う男性についてご紹介していきます。

ペンギン系女子の性格・特徴

どんな女子がペンギン系女子と言われるのか?ペンギン系女子の性格や特徴について見ていきましょう。

責任感が強い

ペンギン系女子は責任感が強い人が多いです。根が真面目なため、任されたことは必ずやり遂げます。また、どんなことに対しても「自分がやらなければ」と考える傾向にあり、責任を全うします。 責任感が強いあまりに、不真面目な人を許せない一面もあります。正しくないことをしている人に対して強くあたってしまうことがあるので、時に喧嘩となりやすい場面もあります。

客観的に周りを見れる

ペンギン系女子は落ち着いており、自分を客観的に見ることができます。感情的に動くことがなく、周りを客観的に見た上で必要な行動を取ります。そのため周りからは計算高い、冷めていると思われてしまいがちです。 ただ客観的に周りを見れるため、仕事の面では重宝される存在となれます。仕事ですぐに昇進をしてバリバリ働く人はペンギン系女子が多いです。周りを見る力がある分、部下を育てる存在として駆り出されるのでしょう。

周りに影響されない

ペンギン系女子は、女友達たちが「これいいらしいよ」と言い合っている中で、一人だけ興味を示しません。自分の興味のないことは、例え世間や周りの人の中で流行っていても関係ありません。 いい意味で周りに影響されないので、常に自分を保ち続けています。流行りや、世間の風潮に流されることがないので、騙されることもありません。自分の芯をしっかりと持っているということですね。

マイペース

周りに影響されないのは、自分のペースを保ち続けているからです。ペンギン系女子は誰かのために頑張ろうとしたり、無理して足並みを揃えようとはしません。マイペースに自分のやりたいように行動をします。 そのため自分のペースが乱されるような場所では、ストレスが溜まってしまいます。人間関係もペースを保てない関係が苦手なので、色んな人と交流するというよりかは狭く深く交流することを好みます。

コツコツと努力ができる

ペンギン系女子はコツコツと努力ができるタイプです。周りに影響されないために、人から評価を得たいという行動を取ることはありません。ただ自分がやりたいことのために、自分が成し遂げなければならないことのために頑張ります。 影で努力をしていることも多いので、周りからはなんでもそつなくこなせる人だと思われています。仕事では尊敬されることが多いですが、冷たい印象も抱かれているために遠巻きに憧れられる存在が多いタイプです。

前に出るのが好きではない

ペンギン系女子は縁の下の力持ちタイプが多いです。前にどんどん出ていって、自分をアピールしなければならないことは苦痛でしかありません。会社のプレゼンなどを嫌い、それならば企画書を作っているだけの方が良いと思うタイプです。 プライベートでも、よく話す友達の影に隠れていたりします。決して照れ屋というわけではないのですが、ただ自分を全面に出して目立つという自体を避けようとします。ただ、頼られる立場になりやすいために嫌々前に出ることはあります。 前に出る機会があっても、そつなくこなせてしまうので前に出てほしいと言われる機会も多くあったりします。人から頼られること自体は嫌いではないので、結局色んなことをこなしていることもあります。 そのため、本当に苦手なの?と周りの人に思われてしまうことがよくあります。クールなあなたの周りにいるペンギン系女子は、内心大変な思いをしているかもしれませんよ。

空気を読んで立ち回るのが上手い

ペンギン系女子は目立ちたくないという気持ちと、客観的に周りを見れることから、立ち回りが上手です。今自分が何をするべきか、どんな話をした方がいいのかを瞬時に理解して動きます。 空気が読めるため、言葉数は少ないですが飲み会や集まりにはよく呼ばれます。立ち回りが上手いので、気が利く人が多いです。今しようと思っていたことを先回りしてできる女子っていませんか?それがペンギン系女子です。

意見をはっきりと言える

ペンギン系女子は自分の主張をはっきりと持っています。クールで言葉数は少ないものの、自分の意見を言うべき時はどんな人相手にもはっきりと言います。そのため意見を求められることが多いです。 仕事においてはアドバイスをしたり、部下への教育にも向いています。上司にも改善点を明確に伝えるため、右腕のような存在として頼られることもよくあります。

高値の花に思われる

ペンギン系女子は完璧主義者であり、クールに見えます。男女共に人気はありますが、高嶺の花として扱われることが多いです。本人からしたら普通に接しているつもりでも、周りの人間は「すごい」「近寄りがたい」と感じます。

クールな印象を与える

ペンギン系女子は感情をそこまで表に出さず、なんでもてきぱきとこなすためクールだと思われやすいです。声を荒げて笑うこともないですし、流行にも乗らないところから冷めている印象が強いのでしょう。 しかしペンギン系女子の中身は意外と情熱的だったり、表現力が豊かな一面も持ち合わせています。本人は全く冷めているつもりはなく、クールだと言われることに違和感を抱いていることがあります。 実際ペンギン系女子は外から見るとクールですが、友達として仲良くなると第一印象がどんどん崩れていくことがよくあります。それがペンギン系女子の良さとも言えますね。

ペンギン系女子の7つの恋愛傾向

クールで冷めていると言われるペンギン系女子ですが、恋愛をするとどうなってしまうのか?ペンギン系女子の恋愛傾向について見ていきましょう。

慎重に様子を伺う

ペンギン系女子は一目惚れをして相手を好きになったり、好きになった一直線という恋をすることはありません。相手から好意を寄せられたとしても、「本当に自分のことが好きなのかな?」と慎重に相手の様子を伺います。 積極的に男性から来てほしいとは思っていますが、その反面積極的に来られすぎても逃げてしまいます。基本的に恋愛を重要視していないため、ゆっくりとしていけばいいと考えています。そのため、相手が本当に自分にとっていい人かもじっくり見定めます。

自分から積極的にはいかない

ペンギン系女子は自分からアプローチすることはありません。ただ完全に草食系ということでもなく、時に突然肉食系のように積極的になることもあります。ただペンギン系女子は基本的に感情を表に出さないため、好きでも好きという気持ちが出せていない場合があります。 男性側からしたら、反応がいいのか悪いのか悩んでしまいます。時に積極的になる行動が余計に男性を困惑させてしまうので、「もっと知りたい」と思われやすいです。ペンギン系女子は駆け引きは苦手ですが、駆け引きしているつもりじゃないことが駆け引きになっていることがあります。

自立している

ペンギン系女子は付き合ってからも彼氏に依存することがありません。自分は自分の時間、彼氏といる時は彼氏といる時の時間と考えているからです。自立しているため、とても頼りがいがあり年下からモテることが多いです。可愛がられるというよりかは、大人な恋愛をしやすいです。

ベタベタ甘えない

ペンギン系女子はベタベタ甘えるということがありません。スキンシップが好きな男性や、彼女と常に一緒にいたい男性からしたら物足りないかもしれませんね。人前でいちゃつくなど考えられません。 二人でいる時にスキンシップをすることはありますが、あまりベタベタしたいとは思いません。恋人関係でいるのは、お互いを支え合う関係だと考えています。

平穏な関係を望む

ペンギン系女子は危ない恋愛をすることはありません。恋愛に対して刺激を求めないので、平穏な関係を望みます。不倫や浮気などの恋をすることはなく、手に入らないような恋に執着するようなこともありません。 自分から積極的に恋愛をすることもありますが、受け身であることが多いです。友達関係から始まったり、気づいたら恋愛関係になっていたということが多いです。恋愛として最初から意識した恋を自分からすることは少ないでしょう。

放置してほしい

ペンギン系女子は常に一緒にいるというのが苦手です。長電話をしたり、毎週末は会うのが当たり前ということができません。放置してほしいと思っているため、ガツガツときすぎる男性は遠ざけてしまいます。 自分のペースを乱さない男性と付き合いたいと考えています。一歩引いた付き合いを望んでいるので、過干渉な人は苦手です。ペンギン系女子は中身は猫のような一面があるのでしょう。

相手のことを考えすぎてしまう

ペンギン系女子は空気を読んで行動をする性格から、恋愛においても相手の気持ちを考えすぎてしまいます。連絡一つとっても「こんな時間にしてもいいのかな?」「こんなことでいちいち連絡していいのかな?」と頭を悩ませてしまいます。 相手のことを考えすぎるあまり行動に出られないこともあります。自分が片思いをしてしまった時には、見ているだけで終わってしまうこともあります。ただモテるため、相手から告白された場合には相手のペースに合わせようと頑張りすぎる傾向にあります。

ペンギン系女子はモテる?5つの理由

ペンギン系女子の特徴について見ていきましたが、ペンギン系女子はモテるのか?理由と共に見ていきましょう。

家庭的

ペンギン系女子は落ち着いた恋愛を好みます。自分自身も落ち着いているため、家庭的な一面があります。理想や夢を追い求めるのではなく、何事も現実的に考えられるペンギン系女子だからこそ、将来も安心だと思えるのでしょう。 結婚をしてからも堅実だと思えると、結婚を考えた男性からモテるようになります。大人になればなるほど家庭的かどうかというのは、モテるポイントになっていきます。

安定感がある

ペンギン系女子は感情が激しく移り変わることがありません。女子は突然怒ったりとヒステリーな一面も持ち合わせています。しかしペンギン系女子だとそういった変化を恐れることがありません。 安定感があるため、刺激を求めず安心できる恋愛を楽しみたい男性からモテます。「この子と一緒にいたら、落ち着いた日々が過ごせそうだ」と思ってもらえるため、将来のことも考えた男性から好かれます。

一途に思ってくれる

ペンギン系女子は他に目移りすることがなく、一人の男性を一途に思い続けます。他の男性も見たい、もっといい恋をしたいという欲求がないので付き合った後も安心できます。男性はモテる女子と付き合うことほど不安なことはありません。 しかしペンギン系女子は、密かにモテるため男性が不安に感じることがありません。一途に長く相手を思い続けるため、ずっと穏やかな恋愛ができます。

お互いを尊重した恋愛ができそうだから

ペンギン系女子は自立しているため、一方的にどちらかが依存することがありません。お互いを尊重しあった恋愛ができるため、ベタベタするのが嫌いな男性からモテます。冷めているわけではなく、自立しているため男性も依存することがありません。 自立しあった、時にお互いを頼って、お互いを支え会えるような恋ができます。そのため恋人関係になった時から夫婦のような落ち着きがあるかもしれません。

自然体でいられて楽だから

ペンギン系女子は自分を着飾ることなく、常に自然体でいます。流行に流されたり、女子のキャピキャピしたこともしないので、一緒にいて楽ちんです。男性は女性の流行りに付き合うのを辛いと感じることもありますからね。 ペンギン系女子は無理に良く見せようとしないので、男性にも求めることがありません。もっと格好良くして、ダサいのは嫌だ、高級なお店に連れて行ってほしいと求めることがないので、男性は過ごしやすいと感じます。

ペンギン系女子と相性の良い男性の特徴

ペンギン系女子と相性の良い男性はどのような人なのか?特徴を見ていきましょう。

落ち着いている人

ペンギン系女子が落ち着いているタイプなので、同じように落ち着いている男性とは相性がいいです。年上の男性でなくても、落ち着いた大人な人であれば同い年でも年下でも相性いいです。ちょっとしたことには動じない、冷静沈着な男性がいいでしょう。

意外とプレイボーイ

ペンギン系女子とは正反対ですが、意外とプレイボーイとも相性がいいです。プレイボーイは色んな女性と遊んでいますが、意外と本命にする女性は落ち着いた人であることが多いです。 遊んできたからこそ、遊べる女性を本命にはしたくないと思うようです。ペンギン系女子は自立しているので、プレイボーイが軽い言葉を吐いてもたしなめられる落ち着きを持っています。 プレイボーイもそういった落ち着きを癒やしだと感じられるようです。周りからしたら正反対で意外ですが、正反対だからこそお互いにないものを補い合えます。

一途に愛する男性

ペンギン系女子は一途に愛することができます。そして、相手の男性が本当に自分のことを好きかどうか慎重に確かめます。そのため、一途に愛してくれる男性だとペンギン系女子も安心して一緒にいようと思えます。 反対に心変わりしてしまう男性だと、ペンギン系女子は無理そうだと感じて離れていってしまいます。一途者同士だからこそ、上手くいくこともあります。

自立した関係を求める男性

ペンギン系女子は自立しています。ベタベタと甘えることが嫌いですし、束縛をし合うような関係も好みません。そのため同じように自立した関係を求めている男性だと、ペンギン系女子は居心地良く感じられます。 自立している仕事ができる男性がいいでしょう。人に甘えるよりも、自分がやりたいことをバリバリとこなしているような男性とは相性がいいです。無理に毎日連絡を取ろうとせず、会う頻度も高くないのでお互いに無理のない関係を続けられます。

ペンギン系女子と仲良くなれる4つの接し方

ペンギン系女子と仲良くなるための接し方をご紹介します。是非試して、仲良くなっていきましょう。

時間をかけて仲良くなる

ペンギン系女子はすぐに自分の内面を出そうとはしません。この人とは仲良くしても大丈夫、この人になら話せると思えるようになってから初めて自分の本音を打ち明けます。そのため、焦らずにゆっくりと時間をかけることが大切です。 すぐに心を開かせようと無理に入りこんだり、強要したりしてしまうとふさぎ込んでしまいます。ゆっくりとちょっとずつペンギン系女子の変化を見ていきましょう。

嘘をついたり誇張したりしない

ペンギン系女子は真面目です。誠実に接しなければ、嘘を付く人と思われてしまうと嫌がられます。ペンギン系女子は客観的に人を見ることができるので、相手の思惑はすぐに気づいてしまいます。 嘘をつかずに自分のことをありのままに話し、変に格好つけないようにしましょう。恥ずかしいところを見せても、誠実に付き合うことでペンギン系女子からの好感度を上げることができます。

話を聞いてあげる

ペンギン系女子はあまり人に本音をぶちまけることがありません。仲良くなるためには、ペンギン系女子が普段話せない思いを聞いてあげることです。まずは愚痴を話せるような存在になりましょう。 ペンギン系女子の他愛もない話を笑って聞いてあげれば、そのうち「この人に話を聞いてもらいたい」と思ってもらえるようになり好きになってもらいやすいです。

信用してもらう

誰でもそうですが、ペンギン系女子は特に慎重で疑り深いために信用してもらわなければ始まりません。よく知らない、信用できるかどうかわからない人に対しては心を開きません。 まずは自分がどんな人間で、ペンギン系女子に対してどのようなことを思っているのかを正直に伝えてあげましょう。言葉にして伝え続けることで、信用もしてもらいやすくなります。

あなたはペンギン系女子?12個の診断リスト

あなたは今男子からモテるペンギン系女子なのか?診断してみましょう。 ・恋愛に刺激は必要ない ・感情を表すのが苦手 ・周りから冷静だと言われる ・誰にでも自然体で接している ・理想よりも現実を考えることが大切だ ・流行には興味がない ・人に依存しない ・自分は自分と考えている ・コツコツと努力するのが好きだ ・マイペースだとよく言われる ・恋愛になるととても慎重になる ・人から頼られることが多い 当てはまる数が多ければペンギン系の性質が強いです、全部当てはまったあなたは、今回あげた男性と相性がいいでしょう。

ペンギン系女子の特徴を知って、仲良くなろう

ペンギン系女子の特徴や性格についてご紹介しました。ペンギン系女子は冷静で落ち着いた大人の女子だということがわかりましたね。ペンギン系女子と仲良くなるための接し方や、相性の良い男性についてもご紹介しました。 ペンギン系女子と仲良くなりたい男性は、是非今回の接し方を参考にしてみましょう。ペンギン系女子に憧れている女性は、今回の特徴を知って真似してみましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

人気記事

新着記事